お中元 お礼状 ビジネス 6月。 お中元お礼状】書き方・例文・はがき・メール・ビジネス・会社取引先・梅雨

お中元のお礼状のマナーとは?個人用&ビジネス用の文例もご紹介!

お中元 お礼状 ビジネス 6月

普段お世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈るお中元。 デパートに行くと、夏の風物詩のように様々なギフトの品が並べられていますね。 昔はデパートまで足を運んでお中元の品を選び、相手方のご自宅までご挨拶に出向いていたものですが、近年はデパートから直接相手側へ配送の手配をしてもらったり、ネットで注文して配送するなど、お中元の渡し方も変わってきました。 手渡しではなくなってくると、いただいた側としても直接お礼を言うことができないので、電話で一報を入れた後、あらためて お礼状を送るというのがマナーとなってきます。 お中元の時期は地域によって少し異なり、 早いところでは6月から始まり、最終的には立秋(お盆前)の頃までに終わるようですね。 頭語(拝啓など) 2. 時候の挨拶の流れから相手の近況を伺う言葉や健康を気遣う言葉 3. (必要であれば)自身や自身の家族の近況報告 4. お礼や感想を伝える言葉 5. (必要であれば)今後の付き合いをお願いする言葉 6. 相手や相手の家族の健康を気遣う言葉の流れから結びの挨拶 7. 先にも述べたとおり、お中元の時期は地域によって異なり、早いところでは6月から始まります。 今回は、その 6月の「季語」を、上旬・中旬・下旬に分けて紹介していきます。 これらの「季語」を用いた時候の挨拶を次項で紹介していきますので、併せて参考にしてくださいね。 <時候の挨拶> 暑気払いの会でも設けて、じめじめとした暑さを吹き飛ばしたいと願う毎日ですね。 <結びの挨拶> この夏は猛暑になるとのこと。 皆様どうぞご自愛ください。 【ビジネス向け】お中元のお礼状に使える6月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶&結びの例文 最後に、 ビジネス向けのお中元のお礼状に使える時候の挨拶と結びの例文を、同じように 6月上旬・中旬・下旬に分けて紹介していきましょう。 ビジネス向けの挨拶の特徴は、少し固く、なんとなく難しい表現を用いることが多いというところでしょうか。 特に 漢語調のものを用いて固めの表現をすることが多いですね。 ちょうど末の子が部活動を始め、疲れを癒したいのか入浴剤を楽しむようになった頃でしたので、大変役立っております。 本人も大喜びです。 今時期は我が家の庭の琵琶の木に実がたくさん生っておりますので、お近くにお越しの際にはぜひ、遊びにいらしてくださいね。 時折晴れ間がのぞいてはおりますが、まだまだ雨の日は続きそうです。 くれぐれもおからだを大切にしてください。 取り急ぎお礼まで。 敬具 こうして全体の文章を見ると、お礼状や手紙を書くときの始まりには時候の挨拶を使うと、全体の流れがうまくまとまるということがわかりましたね。 特にお中元のお礼状には、 季語を用いた時候の挨拶で初夏の雰囲気を出すと、とてもキレイな仕上がりに感じますね。

次の

お中元お礼状】書き方・例文・はがき・メール・ビジネス・会社取引先・梅雨

お中元 お礼状 ビジネス 6月

1.頭語 2.時候のあいさつ 3.お礼の言葉 4.相手の健康を気遣う言葉 5.結語 1. 頭語は結語とセットになっていて、 「拝啓」ではじまるお礼状は「敬具」で締めくくります。 拝啓・敬具がもっとも一般的な表現です。 2. 時候の挨拶は、正式なお礼状には季節感を表すものとして必ず入れるものです。 お中元が届きはじめるのは早いところで6月後半ですよね。 その場合は6月の下旬の季語である「梅雨」や「夏至」などの季語を含めた時候の挨拶を書きましょう。 3. お礼が本題です。 いただいた品物に大して、家族が喜ぶようすと共に感謝の気持ちを書きます。 4. 相手の健康を気遣って、「お体を大切に」などの言葉を入れて 5.最後に結語の「 敬具」です そのうえで 改まった文面 親しみのある文面 という具合に、送り主との関係によって文面を使い分けます。 一方友人や親戚には口語で時候の挨拶を書く場合が多いです。 暑い時期になりましたがお元気でいらっしゃいますか などですね。 このページでも、それぞれの場合に応じた例文を載せましたので、自分が書きたい相手に合わせてくださいね。 この記事がお役にたちましたら幸いです。

次の

6月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶の例・結び|ビジネス/お礼状

お中元 お礼状 ビジネス 6月

もくじ• ビジネス用お中元のお礼状の書き方 お中元のお礼状に限らず、誰かにお世話になったり贈り物をいただいてお礼をするときは、とにかく早く感謝の手紙を書くことが大切です。 特にお中元やお歳暮の場合、確かに受け取ったという報告の意味もあるため、すぐにお礼状は書きましょう。 その上で、お中元のお礼状の書き方のポイントを見ていきます。 時候の挨拶• 相手の健康や息災を喜ぶ言葉• お中元へのお礼の言葉• お中元の中身について感謝や感想、使い道など具体的に• 相手の健康や繁栄を祈る言葉• 結びの言葉 これらを意識して書くことで文面がうまく組み立てられると思います。 「頭語」や「時候の挨拶」「相手の健康や息災を喜ぶ言葉」「相手の健康や繁栄を祈る言葉」「結びの言葉」については、• こちらを参考に選んでください。 ビジネス用でのお中元のお礼状の場合、取引先に「お中元の中身について感謝や感想、使い道など具体的に」という部分は省いても良いと思います。 スポンサードリンク ビジネス用お中元のお礼状の文例 ビジネスでいただいたお中元に対するお礼状はどのように書けばいいのか、その例文をいくつか用意しました。 平素は格別のご交誼を賜り、まことに深く御礼申し上げます。 さて、このたびは結構なお中元の品を賜り、まことにありがとうございました。 御厚志に改めて御礼申し上げます。 酷暑の折から、皆様のご健勝と貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。 さて、このたびは結構なお品をご恵贈賜りありがとうございました。 ご芳志誠にありがたく、謹んで拝受し改めて御礼申し上げます。 これからもご信頼にお応えできるよう誠心誠意努力してまいる所存でございます。 今後とも何卒よろしくご交誼のほどお願い申し上げます。 暑さはこれからが本番でございます。 皆様どうぞご自愛くださいませ。 略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。 毎々格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。 さて、このたびは、結構なお中元の品をいただきまして、誠にありがとうございました。 ご過分なご配慮をいただき恐縮に存じます。 今後とも 貴社のご厚志に報いるためにも一層の努力をする所存でございます。 末筆ですが 時節柄 皆様のご自愛をお祈り申し上げます。 まずは書中にて御礼まで申し上げます。 敬具 スポンサードリンク ビジネスメールでお中元のお礼状はマナー違反なの? お中元のお礼状をメールで返事するのはビジネスにおいてマナー違反なのか? これは形式にもよりますが、相手から送り状などハガキで添えて送ってこられた場合は、こちらもハガキでお礼状を書くのがマナーです。 受けとったという旨をすぐに伝えたい場合は、メールを使ってお礼を述べて後日改めて返礼品と一緒に送り状を届けるなどもありますね。 基本的にお礼をメールで済ますのは避けた方がいいでしょう。 ビジネスメールでお中元のお礼状 拝啓 貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、このたびはご丁寧にも結構な品を賜り、誠にありがとうございます。 ご芳志誠にありがたく、謹んで拝受し、改めて御礼申し上げます。 貴社の益々のご発展をお祈り申し上げますとともに、今後とも変わらぬご交誼のほどよろしくお願い申し上げます。 略儀ながら書中をもちまして御礼申し上げます。 敬具 まとめ ビジネスでお中元のお礼状で返事をする時、その書き方や例文をいくつか用意しました。 参考になる例文もあったと思うので、ぜひ使ってみてください。 また、メールでの返事はマナーとしてはあまり良くないので、親しい友人などのやり取りだけにとどめるのが無難でしょうね。 また、お中元のお礼状を送る相手によって表現の仕方も変わってくるし、お中元の時期なども知っておいた方がいいと思います。

次の