ムーヴ キャンバス 後悔。 【新型ムーヴキャンバス】2020年8月ビッグマイナーチェンジ!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

ムーヴキャンバスに乗っている人の辛口評価!後悔しないために

ムーヴ キャンバス 後悔

もし、あなたが、ムーヴキャンバスの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めば、いかにムーヴキャンバスが遅い車であるかがわかりますので、購入前には必ず確認をしておいてください! スポンサードリンク その1. ムーヴキャンバスの馬力とトルクを評価 出典:daihatsu. ただ、ムーブと違うところは、冒頭でお話ししたように車両重量がハイトワゴンクラスでは最も重くなってきますので、加速感や馬力は重要なポイントとなります。 まず、ムーブキャンバスに搭載されているエンジンは、 ・ ムーブキャンバス:KF-VE型 658 cc 直3 DOHC DVVT というダイハツでは、ムーヴ、ミラ、タント等に搭載されている汎用型のエンジンになります。 それでは、ムーヴキャンバスに搭載されているエンジンの 最高出力と最大トルクを検証してみましょう。 参考 排気量の小さな軽自動車の加速や馬力にとってターボは非常に有効なのですが、後述しますが、車両重量がクラス最重量にもかかわらず、ターボ車が選べないのは非常に残念だといえます。 ターゲットが女性中心だからという理由もあるかもしれませんが、ダイハツの「KF-VE型」エンジンは他社と比較すると トルクが弱いために、選択肢としては残して欲しかったものです。 ターボの無い軽自動車の中であれば、普通程度の加速力や馬力を持っているといえますが、ターボのラインナップのある車と比べるとどうしてもエンジン性能は劣ると言わざるをえません。 スポンサードリンク その2. ムーヴキャンバスの実際の加速感を評価! 出典:daihatsu. jp 続いて実際の加速感の評価です。 エンジンのスペック的にはあまり加速が期待できないムーヴキャンバスですが、実際にはどんな加速性能を持っているでしょうか? はっきり申し上げるとこの車で加速を期待するのは厳しいと思います。 ただでさえ、両側スライドドアを装備して部品の数が増えており、上位グレードでは電動スライドドアになるため更に重くなり、下記のような非常に残念な車両重量になります。 更にダイハツは他社と比べると軽量化がイマイチということもあり、ノンターボではトルクが細いということもプラスして、実際の加速感はあきらめた方が良いですね。 参考 ただ、ムーヴキャンバスはCVT仕様独特の滑らかな加速感があり、ムーヴキャンバス1台で運転手1人しか乗っていない時に走る分には爽快に走れるかもしれません。 ですが、幹線道路の合流時などでは一般道でも加速にストレスを感じてしまいますし、登坂車線の無い上り坂では渋滞を作りかねません。 ネットでは近々ターボモデルの追加もあるかもという噂もあります。 ただ、そうなるとタントと価格帯も似てきてしまい、ただでさえコンセプトの似ている車のキャラクターが際立たなくなるので、現状難しいのではないかと思います。 スポンサードリンク その3. 3秒 ムーヴより重くターボのないムーヴキャンバスは加速においては非常に厳しい評価になります。 構造的にはターボのラインナップもあるムーヴコンテに近いので、ターボ化も十分可能だと思うのですが、グレードでも選べないのが非常に残念です。 上記のタイムを見てみると、アイドリングストップも付いているので、信号待ちのとき先頭にいる場合はある程度踏み込まないと後続車が詰まってしまいます。 ダイハツが、タントよりも少し小さめで価格も手ごろな車として、ムーヴキャンバスのキャラクターを位置づけた結果といえます。 俺の一言 車重を考えると現行のムーヴキャンバスでは馬力や加速感を得るのは無理があり、車の加速を重視する人、人数を乗せる方には絶対にお勧めできません。

次の

ムーヴキャンバスに乗っている人の辛口評価!後悔しないために

ムーヴ キャンバス 後悔

使い勝手が良くて満足しています 総合評価 5. 0点 外観5. 0|内観5. 0|走行性能5. 0|乗り心地4. 0|価格4. 0|燃費4. 0 見た目に惹かれて購入しました。 思っていたより大きめで、運転に自信がなくてちいさい車ばかり乗っていた私にはちょっと大き目かもしれませんが、快適です。 私の選んだ色は、パールとベージュのツートンですが、様々な色の組み合わせが選べるのも魅力です。 軽自動車にしては150万円以上するお値段ですが、両側パワースライドドアや、リアカメラなど装備もよく満足しています。 特にリアカメラは、パノラマモニターになっていて、上から全体を見られた理、すれ違う幅寄せ度合いも確認できるので安心して乗れます。 内装はベージュ系で汚れやすいのでブラックインテリアを選択すればよかったと少し後悔していますが、前列シートは180度近く倒すことが出来ますし、座席下の収納、床下の収納等には満足しています。 XリミテッドメイクアップSAII•

次の

ダイハツムーヴキャンバスの特徴!オススメグレードは?スマアシは付いてる?│AutoReport

ムーヴ キャンバス 後悔

交渉に時間をかけなくてもすんなり値引きが出ることもあります。 なので 消費税の税率アップ分以上の値引きを引き出す腹づもりでいきましょう。 "カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です! 届け出済み未使用中古車も多数出回っているので相場と在庫状況を確認して商談に活かしましょう。 ライバル車種と競合させる ライバル車種を出して競合させたほうが、ムーヴキャンバス一本にしぼって交渉するよりも値引きが出やすくなります。 ムーヴキャンバス同士を競合させる さらにムーヴキャンバス同士を競合させることも効果的です。 ムーヴキャンバスはもちろんダイハツ店で売られていますが、どことでも同士競合できるわけではありません。 競合させられるのは別資本で、別会社の場合です。 基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。 また、 いくつかのダイハツ店を回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。 そのときは 鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。 オプション値引き オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じで大切です。 また、契約直前だけに通用するやり方ですが、 「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。 もちろんサービスしてもらうものなので、 あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。 また、 ハンコと印鑑証明を用意しておくなどして本気度をアピールしましょう。 黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。 ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、 最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。 でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」 などと勝負を賭ける方法もあります。 ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。 最初の商談では値引きは5万が限界と言われてガックリしましたが、諦めることなく食い下がると 「ローンと保険をウチで組んでくれるなら」と態度が軟化! 嫁が乗るのでムーヴキャンバスに決めてはいたのですが、もちろんそれは内緒。 念には念を入れて、営業マンにはギリギリまでワゴンRと迷っているフリをして最終的に15万まで値引きが拡大! コーティングまでサービスしてもらって大成功の商談となりました。 急ぐ場合は売れ筋のモデルにすると早まることもあります。 細かいサービスのオマケをお願いする 思うように値引きが引き出せなかった場合でも、• ・総支払金額からの端数切捨て• ・ボディーコーティング・メンテナンスパック• ・登録手数料のサービス・半額• ・納車時ガソリン満タン• ・ローンを組むなら金利の引き下げ などは 特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、オマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。 特に コーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるなのでサービスしてもらいやすいです。 また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、ディーラー・セールスマンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。 ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い! 新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。 内装色でもベージュや水色などが採用されており、これもまた女性に人気の要因だと思われます。 車内はタントやNBOXなどよりは狭く感じてしまうかもしれませんが、その分車体が小さくなっているので運転がしやすくなっています。 燃費でも、28. 6となっており実燃費でも20前後が期待できることから主婦層からも人気があるようです。 車体価格も120万円程から買えるのでお得感は満載です。 評判、評価は? ムーヴキャンバスは、丸みを帯びた可愛らしい形となっていて女性に多くの支持されています。 インテリアも女性を意識したと思われる作りとなっており、シンプルさと可愛らしさで評判は上々です。 また、使い勝手の点でも後席が大きくスライドする上に、スライドドアで乗り降りも楽にできるというところも評価が高い理由の一つです。 ムーヴキャンバスはスタンダードムーヴよりも室内の広さやスライドドアにより乗り降りのしやすさが実現されています。 通常のムーヴよりも内装が広く設定されていることで、ムーヴキャンバスを選ぶ女性が多いようです。 約5万の価格アップでインパネトレイやドアアームレスト、LEDフォグランプ、リヤコンビネーションランプ、バンパー部分のメッキ加飾が付いてきてお得です。 さらにインテリアのアクセントカラーも選べてお値段以上に楽しめること間違いなしです。 パワースライドドアが無くても良いなら6. 5万安いXにするのもアリでしょう。 理由としてはムーヴキャンバスは、搭載しているエンジンはすべて同じため、どのグレードでも燃費数値は変わらないJC08モード燃費28. 4WD車は2WD車に比べて1. そうなると最もコスパが良いのは、自然と価格の安いグレードになります。 必要最低限の装備は付いているので、特にオプションは付ける必要はありません。 2トーンも捨てがたいのですが、種類が多く好みも分かれる事が想定されるので、上記の2色を選んでおいた方が無難だと思われます。 オプションでブラックインテリアパックを付けておくと、若い方に人気なので予算に余裕があるなら、検討したいポイントになります。 ボディカラーの人気NO. さらにデュアルSRSエアバッグ、ABS、エマージェンシーストップシグナルなども全車標準装備となっています。 収納スペースは? ムーブキャンバスの収納スペースは13ヶ所あるので非常に便利です。 助手席にシートアンダートレイが付いている車種は他にもありますが、後席にもシートアンダートレイが付いているので、フロアに直接置きたくない食品や助手席に同乗者がいる場合の自分のバッグ置きなどに使用できるので、非常に使い勝手が良いです。 1つひとつのスペースは決して大きくはありませんが、小物を入れるには十分な大きさとなっているので、何も不自由する事なくドライブが楽しめると思います。 L系グレード以外は後席座面の下から引き出す形でトレイとしてもボックスとしても使える「置きラクボックス」が装備されています。 居住性・快適性は? ムーブキャンバスの室内長は2115mm、室内幅は、1345mm、室内高は1285mmとなっています。 室内が長く、足元のスペースは広く設計されているので快適なドライブができます。 シートアレンジも多彩で、後席でもシートをスライドとリクライニングができるようになっています。 トランクがあまり大きくないのでリクライニング角度は小さいものですが、多少でも動かすことができれば十分であると思います。 大きな荷物でもスライドドアによって楽に積むことができるので、使用性に長けています。 車体の幅はないですが、長さがある分快適性でも高い評価です。 走行性能・エンジン性能は? ムーブキャンバスの排気量は660ccです。 軽自動車はどれも排気量と馬力などは同じになっているので、数字的にはあまり大差はないように感じます。 しかし、同じスペックなのであれば大事になってくるのが車体重量です。 馬力が52ps程であれば、車体重量は850kg以下が理想とされます。 しかし、ムーブキャンバスは910kgと少しオーバーしています。 車体が若干長いのでその分重くなっていると思われますが、正直このくらいの数字であれば乗っている分には大差は感じないと思います。 しかし、大人が3人も乗ってしまえば、加速の力がなくなり思うように加速ができなくなってしまうかもしれません。 優れているところは ムーヴ キャンバスの優れているところは、スライドドア搭載のハイトワゴンに近いスタイルの軽自動車では唯一といってもいいかわいらしいデザインを採用しているところです。 後席の下に置きラクボックスという引き出しがついており、二人乗りの時などは後席をらしっとして使えるという便利さも優れています。 また、燃費は28. 物足りないところは ムーヴ キャンバスの物足りないところですが、2015年の東京モーターショーで出品されたキャンバスの原型だった車のHINATAはドアが観音開きでセンターピラーレスとなっており座席の回転など意欲的な試みをしていましたが、このキャンバスには外見デザインしか受け継がれなかったところです。 外観自体はほとんど同じなのですがライトデザインなどもとてもユニークなデザインだったので、キャンバスの外見の完成度が高いだけにもう少し実際の車に導入できればと残念に思う部分があります。 スライドドアは両側電動もしくは両側手動しか選べなくなっています。 また、安全面ではサイドエアバッグが付いているものの、カーテンエアバッグを設定しないのは物足りません。 実燃費は? ムーヴキャンバスの燃費はスタンダードムーヴには劣ってしまう28. キャンバスの方では、スライドドアとなっているので乗り降りがしやすく荷物の積み下ろしも楽にできる設計となっています。 男性ではスタンダードムーヴを選ぶ方が多いかもしれませんが、女性ウケの良いムーヴキャンバスは多くの女性に支持されているようです。 乗り心地や運転の快適度を考えると、燃費は30いかなくても気にならないと思われます。 実燃費は20前後とされていますが、他の車から乗り換えても十分満足の得られる車種だと思われます。 また、カラー種類や車体の形などで女性に大きな支持を得ているようです。 ダサい?デザインや内装は? ムーヴ キャンバスはかわいらしいデザインが好感が持てます。 特にツートンカラーのデザインが映えるデザインですが、木目調パネルなども似合うデザインかもしれません。 オプションで様々なステッカーなどを用意しても面白いのではと思います。 内装はインテリアアクセントカラーというオプション設定のデザインが印象的です。 後席までデザインが反映されていないことや、ボディカラーすべてに合わせた設定があるわけではないのがやや惜しいところですが外観イメージに似合ったいいインテリアだと思います。

次の