四 天王寺 初詣。 2019年・大阪近郊でお正月に「初詣」へ行くならここ!

大阪 / 初詣2020・ 穴場・パワースポット

四 天王寺 初詣

住吉大社(すみよしたいしゃ) 大阪の初詣といえば、もう住吉大社が圧倒的に有名ですね。 ここの住吉大社は、全国に約2300社ある住吉神社の総本社ということもあり、例年の参拝者数も 200万人以上となり、大混雑となります。 屋台が最も多く出るのも、やっぱり、住吉大社が一番ですね。 屋台の出店数は約 300店で、住吉大社の境内、参道と脇道に、沢山の屋台が出ます。 とにかく数え切れないほどの屋台がズラ~っと並ぶ感じですね。 なぜか「お化け屋敷」もあったりするのは面白いですね。 ただ、物凄く混み合いますので、子連れで行く場合は特に注意が必要です。 ここで、はぐれちゃったら、もう大変ですからね。 住吉大社のお正月の参拝時間は以下のようになっています。 12月31日 22時~1月1日 22時 1月2日~3日 6時~21時 1月4日~5日 6時~18時 1月6日 6時~17時 1月7日~ 6時半~17時(通常時間) 12月31日の大晦日には17時に一旦閉門し、22時に再度開門します。 開門してから、お正月の24時を挟んで3時ぐらいまでが、一番混み合う時間となります。 少しだけピークをすぎるのは、4時~6時の早朝ですが、それでも結構な人がいますね。 2日や3日も混み合いますが、夕方以降は少しはマシになるでしょう。 屋台の営業時間は、住吉大社の開門時間と同じと考えておけば大丈夫です。 12月31日の17時までには屋台の準備は完了していますので、22時の開門と同時に屋台も営業全開といった感じです。 三が日に拘らなければ、1月6日辺りが、ずいぶん空いてくるのでおすすめです。 屋台も長い期間やっているので、安心ですね。 また、1月9日~11日の十日戎 とおかえびす 、いわゆる「えべっさん」がありますので、その頃まで屋台が残っている年もあります。 89 電話:06-6672-0753 アクセス:南海本線「住吉大社駅」から東へ徒歩3分 南海高野線「住吉東駅」から西へ徒歩5分 阪堺線 「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ URL: 大阪天満宮(おおさかてんまんぐう) 大阪天満宮は、菅原道真公を祀っており、学問の神様として有名です。 受験生にとっては必須の神社ですね。 こちらの三ヶ日の観客動員数は 50万人以上と言われており、これも凄い人出となります。 屋台は、大阪天満宮の境内にも出店していますが、やっぱり、ここは直ぐ近くの 天神橋筋商店街のアーケード内に沢山の屋台が並ぶので、こっちのほうが屋台を楽しめますね。 ここは日本一長いアーケード商店街としても有名です。 何と言っても、長さ2. 6kmですからね。 アーケードの中ですから、お天気に関係なく屋台を楽しめるのもいいですよね。 屋台の営業時間は、参拝時間と同じ時間帯には、やっていますし、深夜でも開いている店もあります。 元旦の0時から、屋台はしっかり営業していますから、夜中の食べ物の心配はいりませんね。 大阪天満宮のお正月の参拝時間は以下の通りです。 関東で言う、恵比寿様ですね。 あの左脇に鯛をかかえて、右手に釣り竿を持っているにこやかな神様です。 お正月の年越しには、 先着1000名に絵馬が 貰えるんですよ。 こちらのお正月の人出は 5万人程度ということであまり混み合わないのがいいですね。 初詣の参拝時間は以下の通りです。 12月31日の9時~1月1日20時 1月2日~7日 8時~20時 屋台は、お正月にも多少は出店しますが、今宮戎神社といえば、やっぱり、 1月9日~11日の3日間開かれる十日戎(とおかえびす)のほうが格段に盛り上がります。 「 商売繁盛で笹もって来い」のお囃子で知られ、関西の広い地域で十日戎のお祭りはありますが、特に有名なのがここ今宮戎神社です。 他では、堀川戎神社等も有名ですね。 十日戎の3日間の参拝者は約 100万人といわれ、凄い人出になります。 十日戎の屋台は、今宮戎駅からなんば駅までの間にずら~っと屋台がならび、その数やく 500店と言われています。 凄いですね。 屋台なら、初詣よりも十日戎のほうが絶対おすすめですね。 今宮戎神社の十日戎の参拝時間は、1月9日の午前0時から、1月11日の24時までのぶっ続けです。 この間に福笹の授与・ご祈祷が行なわれます。 屋台の営業時間は、早朝から深夜2時ぐらいまではやっていると考えていいでしょう。 ただ、11日の最終日だけは、21時頃に店じまいとなります。 営業時間は決まっているわけではないいので、お客さんがいる限りは営業している感じですね。 熊の手の屋台もたくさん出ていますよ。 「デンボの神さん」だけに、 ガン封じにもご利益があると言われ、 お百度参りでも有名です。 お百度参りって、テレビでしか見たことないような気がしますが、ここでは、普段でもお百度参りをしている方をよく見かけることがあります。 そんなご利益のある石切さんの初詣には、遠くから来る参拝客も多く、大賑わいとなります。 元旦の本殿前には長い行列ができますので、参拝するまで、しばらくは行列に並ぶ覚悟が必要です。 屋台もたくさん出ますよ。 この参道には、食べ物のお店も沢山あり、明石焼きで有名な「たこつぼ」さんがあったりしますので、屋台が3が日でなくなっても、参道のお店で十分に楽しめるのがいいところです。 駅から神社までの参道は昭和の雰囲気が漂い、いい雰囲気です。 いろんなお店が並んでいますが、特に、石切さんといえば、開運や結婚相談の 占いのお店が有名ですね。。 特に、新年の初めに今年の運勢を占ってもらうのは、いいかもしれませんね。 おみくじだけではなく、是非、占いにも挑戦してみてはいいかがでしょうか。 手相で500円ぐらいですから、リーズナブルですよ。 ただ、初詣のときは占いのお店も大渋滞となりますので、ゆっくりと見てもらうには、日をあらためて平日に来るほうがいいかもしれません。 1月1日 0時~20時 1月2日 8時~20時 1月3日 8時~19時 1月4日~ 8時~17時(通常時間) 参道入り口の大鳥居をくぐると、参道がずっと続きますが、そこからもう屋台が並んでいます。 境内入り口あたりからは、もう参拝の人の列ができていることもあります。 境内には、立派なクスノキやイチョウの巨木があり、歴史と風格を感じます。 ここに願いをかけると、お乳の病が治ったり、母乳の出がよくなったりすると言われています。 赤ちゃんがいるお母さんにはぴったりですね。 拝殿の裏にも本殿が3つありますので、そちらも忘れずにお参りしましょう。 この神社にはゆるキャラもいるので、小さなお子さん連れは一緒に写真を撮ったりして楽しいですね。 屋台は三が日がメインとなりますので、屋台メインなら3日までには行きましょう。 屋台の中には屋根付きの休憩所付きのところもあって、そこで、おでん・土手焼と酒等でゆったりできます。 正月から、もう幸せです。 枚岡駅からすぐのところに参道の階段があり、そこから幾つもの階段を登って神社に辿り着きます。 狭いところなので、危険性を考慮して、最近では石段を登る人数制限も行なわれています。 小さなお子さん連れでも大丈夫ですね。 屋台もそれなりに出店しますが、屋台がずら~っと並ぶというほどではないですね。 屋台メインとして行くにはちょっと寂しいかもしれませんが、まあ、充分とも言えますね。 枚岡神社のお正月の参拝時間は以下の通りです。 初詣といえば通常は神社へ行くのが多いですが、ここはお寺でもあるにもかかわらず、初詣では人気スポットで、例年約 10万人が参拝する人気スポットになっています。 実は、この四天王寺は、真言宗や天台宗といった宗派には属さない独立した特別な寺という位置づけなんですね。 また、寺であるのに立派な鳥居があったりして、神仏の境を超越しているような印象です。 大晦日の夜には 先着の108名が除夜の鐘をつけるので有名です。 除夜の鐘の後には、「開運の鐘」と「招福の鐘」を3時ごろまでつくことができるのもうれしいですね。 屋台も境内にずら~っとまではいきませんが、そこそこ出ていますので、充分楽しめますね。 初詣の人出も多いのですが、敷地が広いこともあり、あまり混雜を感じないところもいいところです。 屋台で暖かいものを食べて、ゆっくりしたいところですね。 奈良にいったような気分に浸れる四天王寺はいいところですよ。 18 電話:06-6771-0066 アクセス:天王寺駅 から北へ徒歩約12 分 四天王寺前夕陽ヶ丘駅 から南へ徒歩約5 分 阿部野橋駅 から北へ徒歩約14 分 URL: 水間寺(みずまでら) 水間寺は、大阪南部の貝塚市にある大きなお寺です。 ここは天台宗の別格本山となっていて、ご本尊様は観音様なんですね。 つまり、寺というよりも神社といったほうがいいようなところですね。 毎年、約 20万人の参拝客が訪れる人気スポットです。 三が日には相当の混み具合になりますよ。 それだけに、屋台もたくさん出ていて、屋台を見ているだけでテンションが上がっちゃいます。 屋台は食べ物の屋台を中心に、くじ引き等もあります。 玉子せんべいやお好み焼きなんか食べて、少しゆっくりと立派な三重の塔でも眺めていたいですね。 一回やってみたいですよね。 ゴ~~ンってやつ。 いかにも、願いが叶いそうです。 お正月の2日と3日にっは、 千本餅つきが行なわれて、厄除け餅として参拝客に振舞われます。 これも是非頂きたいですね。 正式名称は、「成田山大阪別院 明王院」というんですよ。 ここはなんと言っても、交通安全で有名です。 お正月には3万台の車が交通安全の祈祷を受けるぐらいなんです。 初詣には、 約70万人の参拝客が訪れで賑わいます。 このときばかりは、通常10分ほどで抜けられる道も2時間近くかかることも珍しくありません。 山門は一年中開いていますが、本堂扉の開門時間は、以下のとおりです。 12月31日 23時~1月1日21時 1月2、3日 5時30分~20時 4日~7日 5時30分~19時 8日以降 平常通り(5時30分~17時) 屋台は、 約100店がズラーッと並ぶので壮観です。 3が日の間は、いろんな屋台で楽しめます。 焼きそばやたこ焼き等の定番屋台も悪くないですが、寒い初詣には、モツ煮込み・おでん・ラーメン等の温かいものが、とっても美味しいですよね。 子どもたちに大人気のりんご飴やイチゴ飴等は、見た目も綺麗です。 射的等もあって遊戯系も楽しいですね。 厄除けや勝負運で有名ですが、縁結びの神様でもあります。 縁結びの由来は、岸和田城の鎮守社で、岸和田城が別名を千亀利城(ちきりじょう)と呼ばれていたため、契(ちぎり)とかけて縁結びの神様と言われているんですね。 初詣には、 約10万人の参拝客が訪れに賑わいます。 10万人といえばそれほど多くもないように思えますが、元旦は相当混み合いますね。 ただ、2日以降ならそれほど混雑しないので、混雑をさけるなら2日・3日の初詣がおすすめ。 屋台は、最寄り駅から神社までの道なりにたくさん出店します。 地元のお店の出店もたくさんありますので、毎年同じ場所に同じ店が出ていますね。 お好み焼やたこ焼き等の定番屋台が多いです。 寒い日に外でたべるたこ焼きって、なんでああ美味しいんでしょうね。 本当に不思議です。

次の

【厄払い】大阪でおすすめの神社8選!料金や時期、効果をまとめてご紹介!

四 天王寺 初詣

住吉大社(すみよしたいしゃ) 大阪の初詣といえば、もう住吉大社が圧倒的に有名ですね。 ここの住吉大社は、全国に約2300社ある住吉神社の総本社ということもあり、例年の参拝者数も 200万人以上となり、大混雑となります。 屋台が最も多く出るのも、やっぱり、住吉大社が一番ですね。 屋台の出店数は約 300店で、住吉大社の境内、参道と脇道に、沢山の屋台が出ます。 とにかく数え切れないほどの屋台がズラ~っと並ぶ感じですね。 なぜか「お化け屋敷」もあったりするのは面白いですね。 ただ、物凄く混み合いますので、子連れで行く場合は特に注意が必要です。 ここで、はぐれちゃったら、もう大変ですからね。 住吉大社のお正月の参拝時間は以下のようになっています。 12月31日 22時~1月1日 22時 1月2日~3日 6時~21時 1月4日~5日 6時~18時 1月6日 6時~17時 1月7日~ 6時半~17時(通常時間) 12月31日の大晦日には17時に一旦閉門し、22時に再度開門します。 開門してから、お正月の24時を挟んで3時ぐらいまでが、一番混み合う時間となります。 少しだけピークをすぎるのは、4時~6時の早朝ですが、それでも結構な人がいますね。 2日や3日も混み合いますが、夕方以降は少しはマシになるでしょう。 屋台の営業時間は、住吉大社の開門時間と同じと考えておけば大丈夫です。 12月31日の17時までには屋台の準備は完了していますので、22時の開門と同時に屋台も営業全開といった感じです。 三が日に拘らなければ、1月6日辺りが、ずいぶん空いてくるのでおすすめです。 屋台も長い期間やっているので、安心ですね。 また、1月9日~11日の十日戎 とおかえびす 、いわゆる「えべっさん」がありますので、その頃まで屋台が残っている年もあります。 89 電話:06-6672-0753 アクセス:南海本線「住吉大社駅」から東へ徒歩3分 南海高野線「住吉東駅」から西へ徒歩5分 阪堺線 「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ URL: 大阪天満宮(おおさかてんまんぐう) 大阪天満宮は、菅原道真公を祀っており、学問の神様として有名です。 受験生にとっては必須の神社ですね。 こちらの三ヶ日の観客動員数は 50万人以上と言われており、これも凄い人出となります。 屋台は、大阪天満宮の境内にも出店していますが、やっぱり、ここは直ぐ近くの 天神橋筋商店街のアーケード内に沢山の屋台が並ぶので、こっちのほうが屋台を楽しめますね。 ここは日本一長いアーケード商店街としても有名です。 何と言っても、長さ2. 6kmですからね。 アーケードの中ですから、お天気に関係なく屋台を楽しめるのもいいですよね。 屋台の営業時間は、参拝時間と同じ時間帯には、やっていますし、深夜でも開いている店もあります。 元旦の0時から、屋台はしっかり営業していますから、夜中の食べ物の心配はいりませんね。 大阪天満宮のお正月の参拝時間は以下の通りです。 関東で言う、恵比寿様ですね。 あの左脇に鯛をかかえて、右手に釣り竿を持っているにこやかな神様です。 お正月の年越しには、 先着1000名に絵馬が 貰えるんですよ。 こちらのお正月の人出は 5万人程度ということであまり混み合わないのがいいですね。 初詣の参拝時間は以下の通りです。 12月31日の9時~1月1日20時 1月2日~7日 8時~20時 屋台は、お正月にも多少は出店しますが、今宮戎神社といえば、やっぱり、 1月9日~11日の3日間開かれる十日戎(とおかえびす)のほうが格段に盛り上がります。 「 商売繁盛で笹もって来い」のお囃子で知られ、関西の広い地域で十日戎のお祭りはありますが、特に有名なのがここ今宮戎神社です。 他では、堀川戎神社等も有名ですね。 十日戎の3日間の参拝者は約 100万人といわれ、凄い人出になります。 十日戎の屋台は、今宮戎駅からなんば駅までの間にずら~っと屋台がならび、その数やく 500店と言われています。 凄いですね。 屋台なら、初詣よりも十日戎のほうが絶対おすすめですね。 今宮戎神社の十日戎の参拝時間は、1月9日の午前0時から、1月11日の24時までのぶっ続けです。 この間に福笹の授与・ご祈祷が行なわれます。 屋台の営業時間は、早朝から深夜2時ぐらいまではやっていると考えていいでしょう。 ただ、11日の最終日だけは、21時頃に店じまいとなります。 営業時間は決まっているわけではないいので、お客さんがいる限りは営業している感じですね。 熊の手の屋台もたくさん出ていますよ。 「デンボの神さん」だけに、 ガン封じにもご利益があると言われ、 お百度参りでも有名です。 お百度参りって、テレビでしか見たことないような気がしますが、ここでは、普段でもお百度参りをしている方をよく見かけることがあります。 そんなご利益のある石切さんの初詣には、遠くから来る参拝客も多く、大賑わいとなります。 元旦の本殿前には長い行列ができますので、参拝するまで、しばらくは行列に並ぶ覚悟が必要です。 屋台もたくさん出ますよ。 この参道には、食べ物のお店も沢山あり、明石焼きで有名な「たこつぼ」さんがあったりしますので、屋台が3が日でなくなっても、参道のお店で十分に楽しめるのがいいところです。 駅から神社までの参道は昭和の雰囲気が漂い、いい雰囲気です。 いろんなお店が並んでいますが、特に、石切さんといえば、開運や結婚相談の 占いのお店が有名ですね。。 特に、新年の初めに今年の運勢を占ってもらうのは、いいかもしれませんね。 おみくじだけではなく、是非、占いにも挑戦してみてはいいかがでしょうか。 手相で500円ぐらいですから、リーズナブルですよ。 ただ、初詣のときは占いのお店も大渋滞となりますので、ゆっくりと見てもらうには、日をあらためて平日に来るほうがいいかもしれません。 1月1日 0時~20時 1月2日 8時~20時 1月3日 8時~19時 1月4日~ 8時~17時(通常時間) 参道入り口の大鳥居をくぐると、参道がずっと続きますが、そこからもう屋台が並んでいます。 境内入り口あたりからは、もう参拝の人の列ができていることもあります。 境内には、立派なクスノキやイチョウの巨木があり、歴史と風格を感じます。 ここに願いをかけると、お乳の病が治ったり、母乳の出がよくなったりすると言われています。 赤ちゃんがいるお母さんにはぴったりですね。 拝殿の裏にも本殿が3つありますので、そちらも忘れずにお参りしましょう。 この神社にはゆるキャラもいるので、小さなお子さん連れは一緒に写真を撮ったりして楽しいですね。 屋台は三が日がメインとなりますので、屋台メインなら3日までには行きましょう。 屋台の中には屋根付きの休憩所付きのところもあって、そこで、おでん・土手焼と酒等でゆったりできます。 正月から、もう幸せです。 枚岡駅からすぐのところに参道の階段があり、そこから幾つもの階段を登って神社に辿り着きます。 狭いところなので、危険性を考慮して、最近では石段を登る人数制限も行なわれています。 小さなお子さん連れでも大丈夫ですね。 屋台もそれなりに出店しますが、屋台がずら~っと並ぶというほどではないですね。 屋台メインとして行くにはちょっと寂しいかもしれませんが、まあ、充分とも言えますね。 枚岡神社のお正月の参拝時間は以下の通りです。 初詣といえば通常は神社へ行くのが多いですが、ここはお寺でもあるにもかかわらず、初詣では人気スポットで、例年約 10万人が参拝する人気スポットになっています。 実は、この四天王寺は、真言宗や天台宗といった宗派には属さない独立した特別な寺という位置づけなんですね。 また、寺であるのに立派な鳥居があったりして、神仏の境を超越しているような印象です。 大晦日の夜には 先着の108名が除夜の鐘をつけるので有名です。 除夜の鐘の後には、「開運の鐘」と「招福の鐘」を3時ごろまでつくことができるのもうれしいですね。 屋台も境内にずら~っとまではいきませんが、そこそこ出ていますので、充分楽しめますね。 初詣の人出も多いのですが、敷地が広いこともあり、あまり混雜を感じないところもいいところです。 屋台で暖かいものを食べて、ゆっくりしたいところですね。 奈良にいったような気分に浸れる四天王寺はいいところですよ。 18 電話:06-6771-0066 アクセス:天王寺駅 から北へ徒歩約12 分 四天王寺前夕陽ヶ丘駅 から南へ徒歩約5 分 阿部野橋駅 から北へ徒歩約14 分 URL: 水間寺(みずまでら) 水間寺は、大阪南部の貝塚市にある大きなお寺です。 ここは天台宗の別格本山となっていて、ご本尊様は観音様なんですね。 つまり、寺というよりも神社といったほうがいいようなところですね。 毎年、約 20万人の参拝客が訪れる人気スポットです。 三が日には相当の混み具合になりますよ。 それだけに、屋台もたくさん出ていて、屋台を見ているだけでテンションが上がっちゃいます。 屋台は食べ物の屋台を中心に、くじ引き等もあります。 玉子せんべいやお好み焼きなんか食べて、少しゆっくりと立派な三重の塔でも眺めていたいですね。 一回やってみたいですよね。 ゴ~~ンってやつ。 いかにも、願いが叶いそうです。 お正月の2日と3日にっは、 千本餅つきが行なわれて、厄除け餅として参拝客に振舞われます。 これも是非頂きたいですね。 正式名称は、「成田山大阪別院 明王院」というんですよ。 ここはなんと言っても、交通安全で有名です。 お正月には3万台の車が交通安全の祈祷を受けるぐらいなんです。 初詣には、 約70万人の参拝客が訪れで賑わいます。 このときばかりは、通常10分ほどで抜けられる道も2時間近くかかることも珍しくありません。 山門は一年中開いていますが、本堂扉の開門時間は、以下のとおりです。 12月31日 23時~1月1日21時 1月2、3日 5時30分~20時 4日~7日 5時30分~19時 8日以降 平常通り(5時30分~17時) 屋台は、 約100店がズラーッと並ぶので壮観です。 3が日の間は、いろんな屋台で楽しめます。 焼きそばやたこ焼き等の定番屋台も悪くないですが、寒い初詣には、モツ煮込み・おでん・ラーメン等の温かいものが、とっても美味しいですよね。 子どもたちに大人気のりんご飴やイチゴ飴等は、見た目も綺麗です。 射的等もあって遊戯系も楽しいですね。 厄除けや勝負運で有名ですが、縁結びの神様でもあります。 縁結びの由来は、岸和田城の鎮守社で、岸和田城が別名を千亀利城(ちきりじょう)と呼ばれていたため、契(ちぎり)とかけて縁結びの神様と言われているんですね。 初詣には、 約10万人の参拝客が訪れに賑わいます。 10万人といえばそれほど多くもないように思えますが、元旦は相当混み合いますね。 ただ、2日以降ならそれほど混雑しないので、混雑をさけるなら2日・3日の初詣がおすすめ。 屋台は、最寄り駅から神社までの道なりにたくさん出店します。 地元のお店の出店もたくさんありますので、毎年同じ場所に同じ店が出ていますね。 お好み焼やたこ焼き等の定番屋台が多いです。 寒い日に外でたべるたこ焼きって、なんでああ美味しいんでしょうね。 本当に不思議です。

次の

2020年の四天王寺の初詣は混雑する⁉屋台やアクセス情報も | 季節の情報局

四 天王寺 初詣

先着 108名なのでそちらに参加したい方は早めに着くようにしておいたほうがいいでしょう。 ただ 108番までに入れなかった場合は、元旦になってから 3時頃まで「開運の鐘」と「招福の鐘」を自由につくことができます。 もし除夜の鐘を逃してしまったら、そちらを鳴らしてみてください! そして四天王寺では、毎年 1月 3日の午前 10時から元三大師堂で元三大師合格祈願法要を行っています。 受験生のご家族の方は、こちらに参加されてみてはいかがでしょうか。 その他平成 29年 1月 1日~ 2月 5日までの間は新春名宝展が開催。 普段は拝観する機会が少ない四天王寺の国宝・重要文化財などを見ることができます。 国宝 扇面法華経冊子( 1月 1日~ 15日特別展示)や聖徳太子に関係する品々が展示されていますので、初詣の際は一緒にこちらも拝観されることをオススメします! 屋台なども出ていて、賑やかな年明けの光景ですね。 ライトアップされた建物も幻想的できれいですので、除夜の鐘を狙って早めに行ってみるのもオススメです。 四天王寺 初詣の混雑情報 やはり混雑するのは、除夜の鐘をつける大晦日から元旦にかけての時間。 三が日も混みますが、身動きが取れないほどの混雑というわけではないので、意外と穴場の初詣スポットです。 24時間は入れるので、とくに除夜の鐘を狙っている方以外は、朝早い時間などが他の時間よりも空いています。 人混みを極力避けたい方は、そのあたりの時間を狙うのがオススメです。 駐車場は公式の HPでも近所のコインパーキングを紹介しています。 そちらは 34台ほど。 公共交通機関でのお越しのほうがスムーズかもしれません。 通天閣も年中無休なので初詣の帰りに少し足をのばしてみてはいかがでしょうか。 通天閣には足の裏をなでるとご利益があるというビリケンさんもいます。 月によって男女入れ替わるヨーロッパゾーンとアジアゾーンは、それぞれ違った魅力がありどちらも堪能したくなる温泉です。 初詣の帰りに、リラックスしに行くにはもってこいの場所。 さいごに いかがでしたでしょうか。 大阪でも人気のスポット天王寺にある、由緒ある寺院です。 聖徳太子ゆかりの場所でお参りをして、国宝や重要文化財を拝観するという初詣、というのも新しい一年の始まりに味わうにはぴったりの初詣になりそうですね! 受験生が身内にいる方は、合格祈願法要にぜひ参加してみてください! 1月の四天王寺にはそれ以外の行事もありますので、 気になる行事に合わせて参拝されるのもいいかもしれませんね。 都会の中にある、由緒あるお寺で素敵な一年になるよう、お参りされてみてはいかがでしょうか。

次の