今治 タオル ベトナム。 今治タオル/ベトナム実習生が働く工場(会社名)を特定?NHKで悲惨な労働環境が放送され炎上!

ノーナレ報道の今治タオル会社名はどこ?特定は?ベトナム人研修生の違法労働の実態【森清タオルは無関係】

今治 タオル ベトナム

6月24日夜の『ノーナレ』では、愛媛県の縫製工場で働く低賃金、長時間労働を強いられるベトナム人技能実習生が取り上げられた。 番組中では具体的な社名や地名には触れられなかったものの、批判が高まった。 そして、写り込んだ建物をGoogleストリートビューで「特定」する人たちが現れたのだ。 その建物に「森清タオル」(株式会社オルネット)という看板があることから、「犯人」が同社であるとする書き込みが相次ぎ、誹謗中傷が殺到した。 しかし、実際にはこの建物は、同社が別の企業に貸していたものだったという。 やはいずれも、番組で取り上げられた工場と同社は無関係だと発表している。 また、番組の放送後に「今治タオル不買」というハッシュタグも現れている。 同社は「誤った報道が拡散されて行くことは大変遺憾」「決して今治タオル市場全体が放送内容のような業界ではないことを皆様にはご理解頂きたい」と述べている。 組合は「重く受け止めている」 こうした状況を受け、タオルを製織する企業104社が加盟している「今治タオル工業組合」が公式声明を発表した。 声明では、報道された企業は同組合の組合員ではないが、「組合員等の縫製の下請企業である」と明らかにした。 そのうえで、「本報道にありましたベトナム人技能実習生の皆さまが受けた耐え難い苦痛に対しまして、社会的責任及び道義的責任があると考えており、この問題を非常に重く受け止めております」などとしている。 番組では、仕事中に脳出血で倒れ意識不明の状態が続いている実習生がいるとも報じられた。 この件についても、「一日も早い回復を願っております」とした。 同組合としても事実関係について情報収集をしているといい、すでに調査を進めている外国人技能実習機構の情報などを参考にしながら、「実習生の身分や地位等の利益を最優先して労働環境の改善などの対応を真摯に検討」するとしている。 今後、加盟社による全員協議会とコンプライアンス研修を実施するという。 なお、「組合員等の下請け企業」としている点について、BuzzFeed Newsの取材に応じた同組合によると、組合に属さないほかの企業の請負もしている可能性があるため、「等」としているという。

次の

今治タオル組合、NHKが取り上げたベトナム人技能実習生問題は「下請け企業」と発表「責任を受け止めている」

今治 タオル ベトナム

ノーナレの制作者です。 番組で取材した会社は森清タオルではありません。 森清タオルさんは何度も日本人しか雇わず、質実剛健なモノづくりをされている会社です。 関係のない会社が炎上するのは大変心苦しく、ツイートを取り下げていただけないかと考え、ご連絡を差し上げました。 — 青山 かつお aopoo 今治タオル不売運動呼びかける声もありますが、 森清タオルは今治タオル工業組合にも入っておらず、 日本人のみで工場を運営しているとのこと。 ただ、森清タオルのホームページがすでに消されている点が気になります。 ベトナム人技能実習生で不正労働させていた会社とはどんな関係があったんでしょうか。 【NHKノーナレ報道】ベトナム人技能実習生の実態 NHKノーナレでは今治タオルの縫製工場で働くベトナム人技能実習生と思われる人たちから 雇い主の目をかいくぐり次々と送られてきた携帯動画を紹介。 低賃金労働を強いられる中で窓もない劣悪な住環境・手が変形するほど厳しいノルマを課され、 仕事と日本の技能を学びに日本にやってきたというのに、 一日中怒られっぱなしで家畜同然のように扱い。 日本に来るための借金を返す必要があるベトナム人技能実習生の弱い立場を利用して、 早朝から深夜まで働かないとベトナムに帰国させるぞと社長から脅す音声の証拠も報道。 ベトナムでは日本と大きな経済格差があり、 農家でも収20万ほどの収入しかない苦しい状況。 そんな中で生きていくために娘に頼るしかないと、 75万もの借金して日本に技能を学ばせに行かせた結果、 現代の奴隷制度のように働かせられるようになってしまいました。 「婦人子供服製造」が職種の技能実習生にタオル製造だけをさせてる屑会社の寮 家賃3万円。 窓がない暗く狭い部屋に大勢の実習生が暮らし、長雨の時は生乾きの服を着て仕事。 「28人のためのシャワールーム」は「むきだしのシャワーが4つ」と、技能実習生制度は現代の奴隷制度ですね。 — YAF yagainstfascism ベトナム人技能実習生は保護され労働基準法の違反などで調査 支援者の助けもありベトナム人技能実習生たちは保護され、 すでに新しい職場も見つかったようです。 今治タオルの会社はどこなのか?まだ特定はできていないようですが、 労働基準法の違反などで調査がすすめられているようです。 ただこうしている間にも会社は操業中のはずで、 残された外国人技能実習生の安否も気になります。

次の

今治タオル工業組合

今治 タオル ベトナム

沿革 [ ]• - 中四国タオル調整組合を設立。 - 四国タオル工業組合に改組。 - 出資組合に移行。 - 今治タオル工業組合に改組。 組合員数 [ ] のピーク時には500社のタオルメーカーが加盟していた。 しかし、1990年代から2000年代にかけて安価な・産タオルの輸入が急増しタオルメーカーの倒産・撤退が相次ぎ、で110社 、2019年で104社まで減少している。 主な加盟企業 [ ]• 主な取り組み [ ] 今治タオルプロジェクト [ ] 国のJAPANブランド育成支援事業の補助事業として組合や商工会議所などのもとから「今治タオルプロジェクト」が進められている。 組合で基準を設け基準をクリアした製品に対し「今治タオル」のブランドマーク&ロゴを付与している。 なお、「今治タオル」は組合の商標登録である。 また、よりと共同でタオルに関する知識などを問うの実施や国内外の見本市への出展など様々な取り組みが行われている。 また、タオル製造の人材育成のための取り組みとして、今治タオル工業組合社内技能検定が実施されている。 のが総合プロデューサーを務めている。 ベトナム人技能実習生の過酷労働問題 [ ] 2019年6月24日、のドキュメンタリー番組「」にて、今治市のタオル工場におけるベトナム人の過酷な労働環境の実態が伝えられた。 番組では該当工場で働いていたベトナム人女性が、過度な長時間労働や残業代未払い、劣悪な住環境などの人権侵害を告発した。 この放送を受け、twitterでは批判が高まり抗議運動として「 今治タオル不買」のハッシュタグが作成・拡散された。 この事態に今治タオル工業組合が6月26日、ホームページ上に声明を出し 、NHKで放送された工場は組合に加盟している企業ではないとしたものの、組合等の下請け企業の工場であったことを認め、道義的責任を重く受け止めた上で、技能実習生の労働環境の改善と等の徹底の強化を図るとした。 一方で、NHKの番組では問題の工場の具体的な企業名が放送されなかったため、一部映像を根拠にSNSでは問題の企業が今治タオル工業組合に加盟する「森清タオル・オルネット」ではないかとの誤った憶測が拡散され中傷が相次いだ。 オルネットは「当社ではない」「技能実習生の雇用はしていない」と否定する声明を出し、問題の工場は2016年から別の企業に賃貸で貸している物件であるが、その企業との事業での関与は一切ないと説明した。 また、公的機関の適切な調査があれば協力するとした上で、現在の対応として「賃貸契約者に事実確認をとっておりますが、NHKの放送内容と主張が相違している箇所がある」とも主張し、番組を放送したNHKに対しては「放送内容のいくつかは作り込まれたものであると発覚」したとし、BPOに抗議すると発表した。 脚注 [ ] []• 厚生労働省. 2017年12月21日閲覧。 日刊サイゾー 2019年6月25日. 2019年7月1日閲覧。 Hatachi, Kota 2019年6月26日. BuzzFeed. 2019年7月1日閲覧。 2019年7月1日閲覧。 Hatachi, Kota 2019年6月26日. BuzzFeed. 2019年7月1日閲覧。 2019年7月1日閲覧。 2019年7月1日閲覧。 参考文献 [ ]• - 四国タオル工業組合(2011年5月18日) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、や、それを素材とする製品に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の