仕様チェックプログラム エラー。 適切な仕様書でバグ発生を防ぐ [企業のIT活用] All About

>よくあるお問い合わせ(FAQ)

仕様チェックプログラム エラー

プロパティ チェック内容 設定値 FRItems. ' ; ImFormaUtil. push ImFormaUtil. push ImFormaUtil. 5 以降 getItemIdByIdは非推奨です。 arry. push ImFormaUtil. processKey ; arry. push ImFormaUtil. push ImFormaUtil. getItemIdById ImFormaUtil. push 'check1' ; arry. push xxxxxxxxxxxxxxxxxx ; arry. push xxxxxxxxxxxxxxxxxx ; arry. push xxxxxxxxxxxxxxxxxx ;..................................................... エラー情報オブジェクト Object checkid 入力チェックID itemType アイテムタイプ acceptErrorObj エラー通知オブジェクト• 実装しなくてはいけない処理• エラーフラグ error が false の場合は、 true に変更• エラーメッセージ情報 errorMessageList にエラーメッセージオブジェクトを追加• エラー情報配列 errorInfoList にエラー情報を追加 acceptErrorObj には該当アイテムの type. js の validate メソッドでエラーの場合に返却しているオブジェクトと同じ構造のオブジェクトを設定する必要があります。

次の

「これバグでしょ?」 vs. 「それは仕様です!」(前編) (1/2)

仕様チェックプログラム エラー

このせりふ、何の映画か分かりましたか?(出典:Cerevo) 「 バグのないプログラムは存在しないが、デバッグの不可能なプログラムもまた存在しない。 違うか?」 このせりふは、とあるSF映画の冒頭の一節です。 アニメが好きな方ならピンと来るかもしれませんね。 今回取り上げるのはソフトウェアのバグについての話です。 この言葉は、ストーリー上の重要なテーマを暗示しているのですが、ソフトウェアが自分の思い通りに動かなかったとき、それがバグなのか、それとも仕様なのかという問題は、いつもユーザーが(そしてメーカーも)頭を悩ませる問題です。 皆さんも次のような状況で困ったことはありませんか? 失敗事例14:ユーザーはバグだと思っているが、メーカーは「仕様」の一点張り ソフトウェアのサポート窓口 A:はい、こちらはXXソフトウェアのサポート窓口です。 ご用件をお聞かせいただけますか。 ソフトウェアの運用担当者 B:先日連絡した、xxの実行間隔が5分より短く設定しても、それより短くならない件ですが、原因は分かりましたか? A:はい、さきほど開発元より回答がありまして、5分より短くできないのは仕様とのことです。 B:それは困ります。 どうしても間隔を1分にしないと、うちの会社がお客さまに提供するサービスとの整合性が取れないのです。 1分で設定したときも特にエラーにはなりませんし、入力した値で動作しないのはバグではないのですか? A:いえ、ソフトウェアのコードを確認したのですが、5分以下には設定できないよう、制御されていました。 ただ、確かに5分以下の時間が入力可能なのは誤解を招くと思いますので、今後のバージョンで入力制限を検討するとのことです。 B:いや、私がお願いしたいのはそういうことではなく、1分で指定できるようにしてほしいのです。 その制御を外すだけでできそうじゃないですか。 それに、ユーザーガイドのどこにも、そんな制限があるなんて書いてないし、バグとしか思えないのですが。 A:恐れながら、本ソフトウェアの設計上、5分以下の間隔での動作は想定されておらず、製品コンセプトからも外れた使い方となってしまいます。 マニュアルについては不親切な点があったことをおわびいたしますが、コンセプトガイドの方では、本製品はそのような短い間隔での処理にそぐわない旨を記載しております。 ご了承いただけませんでしょうか。 B:なるほど、そちらの言い分は分かりました。 それでは…… 今回の例は、多少ユーザー側に分がある内容でしたが、このようなグレーな話はいくらでもあります。 ユーザー側は実現してほしい機能(5分以下に設定できるようにしてほしい)を明確に伝えているし、修正箇所も特定できています。 メーカー側はなぜこれを「仕様」だとして、さらにユーザーの意図にそぐわない修正を加えようとしているのでしょうか。 関連記事• 外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。 今回からは、ソフトウェア利用の長き道のりである「運用」についてのお話をします。 あなたは障害が起こったとき、メーカーへの問い合わせで苦労したことはありませんか?• 外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。 今回は、重要だけれども失敗しやすい「標準化」のお話です。 日本のIT運用の現場において、驚くほど進んでいない標準化。 その理由はどこにあるのでしょうか。 外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。 ベンダーもボランティアではなくビジネスである以上、相手の言うことをうのみにするのは避けたいところです。 読者の皆さんは、パッケージソフトの導入で失敗したことはありませんか? うまく使えばスピード導入につながりますが、一歩間違えるとコストは増えるわ、時間はかかるわで大変なことになります。 この連載では、そうならないための注意点やコツを紹介していきます。

次の

「これバグでしょ?」 vs. 「それは仕様です!」(前編) (1/2)

仕様チェックプログラム エラー

プログラマーが詳細設計を見ながら、プログラムを作成するため• 詳細設計を見ながら、単体テストを行うため• 運用保守時に詳細設計を見ながら、調査を行うため が網羅されてますね。 気持ちさえ伝われば、詳細設計書は自分ではなく、後から他の人が書いてもいいんです。 その分、得意なことで貢献すればいいです。 わたしはシステムの全体的な仕組みや、共通事項を記載した、 気持ちを伝える資料を作成したことがあります。 プログラマーが開発作業を行う前に、 その資料を使って「想いの共有」をしました。 そのドキュメントは後から参加するプログラマーや、 周りのシステムエンジニアからは絶賛されました。 ただ、社内の設計書のチェック機関からは酷評されました。 「そんなの詳細設計じゃない」と。 それでもいいんです。 大事なのは、 「お客さんに品質の良いプログラムを届けること」 です。 「お客さんの業績が上がること」 です。 そのために必要なことをやる。 それだけです。 詳細設計が書けなくてもいいです。 気持ちさえ伝われば! 自分にできることをやりましょう! 詳細設計にケチつけてくる人が大半だったら転職もありですよ。。 自分の力を発揮しやすい環境で働きましょう。 システムエンジニアの記事へ戻る SIer業界の記事へ戻る.

次の