スキニー ピッグ。 ジャパニーズ・モルモットの輸出

スキニーギ二アピッグの飼い方|販売価格、性格は?

スキニー ピッグ

じわじわと人気を集めるモルモット ペットショップでは、犬や猫だけではなく「小動物」コーナーが設置され、うさぎや鳥、ハムスターといった動物が並んでいるショップも増えてきましたが、じわじわと人気を集めている小動物「モルモット」を、ショップ等で見かけたことが無いでしょうか。 実はこのモルモット、意外とかわいいやつなんです。 「キューキュー」鳴いて飼い主を呼んだり、じーっと飼い主の方を見て、ご飯やおやつをくれるのを待ってみたりと、モルモットの魅力は、この何とも言えない甘え上手な所にあるように思います。 また、犬や猫、うさぎなどに比べると比較的リーズナブルな価格で販売されているのも人気の理由かもしれませんね。 飼育の仕方もコツさえ掴めば問題なく飼育できるので、おすすめのペットです。 かわいい鳴き声も魅力の一つ モルモットは本来、非常に警戒心の強い動物で、ショップなどで顔をケージに近づけただけでも、慌てふためいて逃げ回ってしまうほどに臆病な動物です。 しかし、懐かせてしまうと非常に甘えん坊な動物に変わり、モルモットが鳴くというイメージが無いかもしれませんが、懐くと飼い主の姿が見えなくなっただけでもキューキュー鳴いてみたり、何かをねだってきたりと、かわいさ全開で甘えてきます。 この鳴き声が本当にかわいいのです。 あまり触れ合わないと、巨大なハムスターにも見られたり、逃げ惑うだけで寄り付かないというイメージを持たれたりと、何かと勘違いされがちなモルモットですが、この魅力にハマるとなかなか虜になりますよ。 思っていたよりも全然懐いてくるというのが、虜になるポイントかも知れません。 無毛のモルモット「スキニーギニアピッグ」 こんなかわいいモルモットですが、この中でもひときわ目を引くモルモットがいるんです。 そのモルモットは「スキニーギニアピッグ」と呼ばれるモルモットで、他のモルモットとくらべても一目瞭然。 全く「毛」が無い品種なんです。 モルモットの事を英語では「ギニアピッグ」と呼ばれているため、毛のないモルモットの意味でスキニーギニアピッグと呼ばれています。 無毛であること以外、他のモルモットと全く変わらないため、他のモルモットとの共存も可能です。 意外とたくさんの品種が存在しているモルモットですが、スキニーギニアピッグに関しては、誰が見てもわかるくらいに、独特の容姿をしています。 その姿から、「手乗りブタ」と呼ばれたり、「小さなカバ」とも評されるスキニーギニアピッグ。 元は他のモルモットの品種改良によって産まれた品種です。 スキニーギニアピッグの特徴 スキニーギニアピッグの最大の特徴となるのが「無毛」であることですが、中には頭部や手足に少し縮れた毛が残る個体もいます。 しかし、その大部分はやはり無毛なのです。 皮膚はピンクの個体が多く見られますが、中には黒い皮膚の子もいます。 また、黒や茶色の斑模様を持つ個体もいます。 無毛であることから、スキニーギニアピッグは他の種と比べて、比較的皮膚が弱いという点が挙げられます。 そのため、皮膚が乾燥しすぎたり汚れたりしないように、人肌に暖めたタオルなどで、綺麗に拭いてあげたりといったケアが必要になります。 吸い付くような肌を維持するために、常に清潔にしてあげましょう。 温度の管理には気をつけましょう 肌のケアの他にも、スキニーギニアピッグを飼う場合には、部屋の温度管理にも気をつけましょう。 見るからに寒そうなスキニーギニアピッグですが、他の品種に比べても毛がありませんので、寒くて当然です。 また、逆に暑すぎても良くありません。 水を適度に飲んでいるようであれば、適温であるともとれますので、夏・冬と、温度変化が極端に変わらないように注意しましょう。 湿度も重要な要素です スキニーギニアピッグは温度管理に加え、湿度の管理も大切になってきます。 乾燥しすぎる環境下ではスキニーギニアピッグの皮膚もかさかさになってしまいますので、肌に対するケアが重要になります。 また、あまりにジメジメした環境ですと、スキニーギニアピッグ自身にもあまり良い状態とは言えず、さらにケージ内の汚れや菌を繁殖させる高環境となってしまいます。 スキニーギニアピッグの床材にはチップなどを利用する場合も多いですが、こうして蒸れてしまうような湿気が高い状態ですと、臭いも強くなってしまい、結果としていくらスキニーギニアピッグの肌ケアを行っていても、雑菌が繁殖してしまうために、肌には良い環境ではなくなってしまいます。 ケージのそばには湿度計・温度計を配置し、常に温度管理と湿度管理を木にするようにしましょう。 スポンサードリンク ケージの掃除は必須です これはスキニーギニアピッグに限らず、全てのモルモットに共通することですが、モルモットはトイレを覚えることができませんので、自分の落ち着く場所で排泄を行います。 そのため、スキニーギニアピッグを飼育する際には毎日の掃除は欠かせません。 これはスキニーギニアピッグだけでなく、モルモット全てに言えることです。 不潔な状態にしていると、モルモットが病気になってしまったり、部屋の中が大変な悪臭に包まれてしまいます。 また、スキニーギニアピッグに関しては肌がむき出しの状態ですので、不衛生な飼育環境は肌トラブルを引き起こす要因になります。 肌のケアだけではなく、飼育環境のケアも十分に行う必要があります。 そのためには、まずは飼育環境の整備が大切です。 床材はチップがおすすめ スキニーギニアピッグの「床材」となるのはチップや敷き藁がおすすめです。 毎日掃除することになるので、床材はできるだけ安価なものがおすすめです。 スキニーギニアピッグを始めとしたモルモットは、排泄をあちらこちらにする個体もいれば、餌場で食べながら排泄する個体、自分の落ち着く場所で排泄する個体など様々です。 基本的には自分の匂いのする場所が一番落ち着く場所となりますので、寝たりする場所で排泄を毎回行なうことが多いです。 そのため、掃除を行う場合は排泄する場所を見極めて、その場所をしっかりと掃除する必要があります。 全てのチップを取り替えるのではなく、毎日の掃除では汚れた部分だけを掃除して、週に1回程度で全てのチップを取り替えてあげるような流れがおすすめです。 尿のこびりつきを防ぐ スキニーギニアピッグを飼育する際には、ケージの一番下に「受け皿」となるペットシーツを敷いておくことをオススメします。 ペットシートを敷かずに直にケージの床のままでおくと、毎日水洗いをしていても「尿石」と呼ばれる尿の結晶がこびり付いてしまい、その場所が白くガサガサの状態になってきます。 「尿石除去剤」とよばれる製品をスプレーすると汚れと尿が浮き出して掃除することができますが、何度も繰り返しているとケージの劣化を招きます。 こうした状態を避けるためにも、一番下に受け皿となるペットシートを敷いておくだけで、臭いも防げますし、ケージそのものを汚さなくて済むのです。 さらに、ペットシーツの上に新聞紙を敷くだけでも更に汚れを防ぐことが出来ます。 スキニーギニアピッグの食事について 食事も、モルモットと同じ食事となります。 牧草がメインとなりますが、フードを選ぶ際も「モルモット用」のフードを選ぶようにしましょう。 また、スキニーギニアピッグも同じモルモットであるため、体の中でビタミンCを生成することが出来ません。 フードによっては、予めビタミンCが配合されている物も多いですが、フードに加えてビタミンCを摂取できるよう、サプリメントや野菜を与えるようにして、積極的にビタミンCを摂取させるようにしましょう。 水分量を少々、気にする必要がありますが、「小松菜」はビタミンCも豊富な生野菜です。 スキニーギニアピッグの便の調子を見ながら、おやつ代わりに小松菜をあげるのも、ビタミンC摂取に効果的です。 スキニーギニアピッグを飼うために いかがでしたでしょうか。 他のモルモットに比べると、スキニーギニアピッグは温度管理などの面から、やや上級者向けのモルモットといえます。 しかし、この容姿でファンも多いのがスキニーギニアピッグですので、万全の温度管理と、しっかりとしたケアができるようであれば、家族に迎え入れる事も可能かもしれませんよ。 また、流通価格もイングリッシュモルモットと比べると、10倍程度する場合もあります。 お財布と相談しながらになりますが、モルモットはとても愛情が感じられる動物なので、絶対にスキニーギニアピッグを飼いたい!という方に飼ってもらいたい品種です。 いつかは・・と思っている方も、ぜひ家族に迎え入れてみてくださいね! スポンサーリンク• 投稿ナビゲーション.

次の

スキニーギニアピッグの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

スキニー ピッグ

スポンサーリンク 大きさや寿命 出典:• 目属性科:ゲッ歯目 テンジクネズミ科 テンジクネズミ属• 原産国:モルモットの人工交配種のため野生では生息はしていません• 体長:オス/メス 15~25cm• 体重:オス 900~1200g/メス 700~900g• 寿命:5年〜10年と言われていまが、実際には4,5年ほど 大きさや重さは普通のモルモットと同じです。 とっても触り心地の良い肌の持ち主で、優しく抱っこした時の温もりとプニプニ感を味わってください。 このスキニーギニアピッグの可愛らしさがわかると思います。 販売価格 ペットショップでの価格はだいたい 2万〜5万円。 普通のモルモットが数千円ですので非常に高価です。 現在ペットショップなどは、ほとんどオスのみの販売となっています。 メスはブリーダーさん以外手に入れることが難しようです。 メスの販売価格はオスの比ではなくとても高価になっているのが現状です。 繁殖をさせたくても相手がいない状態です。 もし繁殖できる環境であれば、モルモットと同様に一度に2〜4匹産みます。 気になるにおい 出典: 毛のあるモルモットはおしっこなどが毛に付き匂いがしてくるといいますが、そういった点ではスキニーギニアピッグは毛がないので身体からの匂いは少ないようです。 人の臭覚はそれぞれ違うので臭わないという人もあれば臭いという人もいます。 少なからずペットショップぐらいの動物臭はすると思ってください。 あと排泄物をこまめに掃除すれば匂いという観点では抑えられそうです。 性格 性格は臆病で警戒心も強く、ちょっとした物音にも敏感です。 お家にお迎えした日は環境に慣れるためにもそっとしておいてあげてください。 ハムスターよりおっとりしているので、環境にゆっくりとなれていけばよくなつき、噛みません。 飼い主さんの手から餌をあげると慣れるのも早いようですが、ストレスも感じやすくなるのでゆっくりと地道に慣らしていく方が良さそうです。 このスキニーギニアピッグは鳴き声でコミュニケーションをとれる動物なので、寂しい時や人恋しい時は自ら鳴いて呼んだりします。 鳴き声は個体差によりますが、小さな体の割に大きな声で鳴くこともあります。 お腹が減った時も鳴いちゃいます。 鳴き声は「キュルキュル」「ぷえぷえ」など表現しにくいですが、かわいい高い声です。 スキニーギニアピッグの飼い方 出典: スポンサーリンク 飼育環境 普通のモルモット用ゲージなどで大丈夫ですがお留守番の時間が多い子などはプラスチック製のケースの方が室内温度調節がしやすいかもしれません。 普通のモルモット同様にウンチはポロポロとたくさんします。 おしっこの量も多いのでペットシートをひき、こまめに変えてあげれば匂いはあまり気にならないと思います。 もしゲージ選びに迷ったら、排泄物の始末が楽なものを選びましょう。 毎日の処理が面倒くさいと怠ってしまいがちになります。 そして匂いも出る。 嫌になる。 悪循環になってしまいます。 不潔にしていると足からすぐバイ菌がはいり、腫れ上がってしまいます。 寒さにはとっても弱いのでペットヒーターや、ゲージの周りをブランケットなどの暖かい素材で囲うなどの寒さ対策は万全にしてあげましょう。 餌の与え方 出典: 通常のモルモットの餌で大丈夫ですがいっぱい食べます。 ただ、体内でビタミンを作りにくい体質なので野菜や小動物用のドライフルーツなども食べさせてあげてください。 ビタミンが足りないと体の抵抗力が落ちて病気や怪我をしやすくなり、悪化しやすくなってしまいます。 普通のモルモットより大喰らいなのは、体温維持のためです。 毛がないので体内でずっと燃やし続けています。 病気や怪我 肌を守ってくれる毛がないですので皮膚炎や感染症(人で言う水虫みたいなもの)になりやすいです。 ぬるめのお風呂や、お湯に浸し軽く絞ったタオルで拭いて身体を清潔に保つようにしましょう。 足の裏の怪我や皮膚トラブルにも注意が必要です。 ゲージ内外で怪我のないようにしてあげましょう。 そしてお肌が乾燥しやすいので保湿クリームなどのお肌ケアをしてあげるとむちむち、ぷにぷに、かわいさ倍増です。 飼育で気を付けること 出典: 普通のモルモットやハムスター同様に飼育可能です。 ただ鳴き声が大きい個体もいるのでペット不可の集合住宅では難しい場合もあります。 畳はかじる恐れがありますのでご注意ください。 まれにアレルギー反応を起こす人がいますので飼う前にはペットショップ等で触れさせていただいた方が良いかもしれません。 最後に 犬が飼いたいけど環境的に飼えずスキニーギニアピッグにたどり着く方もいるようですが、小動物の知能では犬猫のようにはいきません。 「なつく」と言っても人を怖がらず呼べば近寄ってくる程度です。 もちろん飼い主さんと過ごす時間がいちばん幸せだと感じてくれるでしょう。 ですが過度の期待は禁物です。

次の

「スキニーギニアピッグを家...」兵庫県

スキニー ピッグ

大きさ、寿命 体長 15~25cm、体重は最大で 1. 5㎏ほど、寿命も 5年〜10年と、普通のモルモットと同じぐらいと考えておくと良いでしょう。 色は、ピンク色、黒、茶色や黒の斑模様になります。 目の色が赤いものも存在するようです。 スキニーギニアピッグの値段 市販価格は 2万〜5万と比較的購入しやすい値段です。 餌は何を食べる? 餌は市販されている モルモット用のフードで大丈夫です。 ただし、低血糖を起こすことがあるので ドライフルーツやゼリーなど(小動物用に市販されている物もある)、甘い物も食べさせてあげてください。 また、ビタミンを体内で作り出す力が弱く、免疫機能が急に低下することがあるので、 野菜も食べさせてあげてください。 食欲旺盛で、よく食べてくれますが、小さな体の割に排泄量は多いので 排泄物の処理はこまめに行うようにしてください。 なお、スキニーギニアピッグは齧歯類で、歯が伸びる性質があります。 そのためガリガリとケージなどを噛んだりして歯を削ったりすることもあります。 かじり木 などを用意してあげても良いでしょう。 温度管理やブラッシングは必要? もちろんブラッシングなどは必要ありませんが、皮膚を清潔に保つため、 ぬるま湯につけて絞ったタオルなどで時々拭いてあげてください。 寒さにはとても弱いので室温調整に気をつけて、 冬場はケージに毛布をかけてあげて下さい。 スキニーギニアピッグの性格 モルモットと同じように 警戒心が強く、物音やちょっとした変化にも敏感です。 そのためお家にやってきたらすぐにでも膝の上に抱っこしたいところですが、1日〜2日は無理になでたりせず、 そっとして環境に慣れるのを待ってあげましょう。 モルモット用のケージで大丈夫ですので、新鮮な水と餌をあげて、自分でケージからちょっとでてみようかな?と探検するのを待ってあげてくださいね。 ゆっくりと環境になれるようにしていくと穏やかで人にもよく懐きます。 寂しいときには小さな体に似合わず、 結構大きな声で鳴くことがあります。 繁殖は可能? オスに比べて メスは極めて高価で、ブリーダー以外にはあまり飼育されていないようですので、自宅での繁殖には適しません。 なお、売られているスキニーギニアピッグはほとんどすべてがオスです。

次の