戸郷 日本シリーズ なんj。 【図解・スポーツ】プロ野球日本シリーズ・巨人とソフトバンクの比較(2019年10月):時事ドットコム

23

戸郷 日本シリーズ なんj

まず、「セ・リーグ」からいこう。 入団2年目の巨人・戸郷翔征(宮崎・聖心ウルスラ学園)が、やはり台頭してきた。 3月1日、ヤクルトとのオープン戦。 先発としてオープン戦に初登板した戸郷翔征は、ほぼベストメンバーのヤクルト打線を相手に、5回を2安打に抑えて6三振を奪い、後続にマウンドを譲った。 やはり台頭してきた、と言ったのには訳がある。 2018年の8月、「こいつはやれる!」、確信した場面があった。 小園、根尾、藤原を相手に。 U-18ジャパンチームの壮行試合のあった宮崎・サンマリンスタジアム。 「宮崎選抜」の投手として初回からリリーフのマウンドに上がり、4イニング3分の1を投げた戸郷翔征が、小園海斗(報徳学園)、根尾昂、藤原恭大(大阪桐蔭)……高校球界選り抜きの強打者居並ぶ「U-18ジャパン」から9三振を奪ってみせたから驚いた。 驚いたのは、三振の数じゃない。 ドラフト1位候補がズラリと並んだ打線を向こうにまわして、一歩も退かないどころか、逆に球威と気迫で「U-18ジャパン」を完全に圧倒しきったその投げっぷりのほうだ。 当時、この連載でもその存在は伝えたし、その後ドラフト会議までの間に、さまざまなメディアで、「戸郷恐るべし!」を伝えたものだ。

次の

【図解・スポーツ】プロ野球日本シリーズ・巨人とソフトバンクの比較(2019年10月):時事ドットコム

戸郷 日本シリーズ なんj

【10bet Japanならプロ野球を100倍楽しむことができる!】 10bet Japanなら プロ野球全試合に賭けることができます。 yahoo. 17 2019年成績 横浜DeNAベイスターズ・濱口遥大投手。 2019年シーズンの成績は、 17試合 16先発 2完投2完封 6勝5敗 防御率3. 17 被打率. 199 奪三振率9. 29 2019年 対巨人戦成績は、 なし なんと濱口投手。 昨年は巨人との対戦がありませんでした。 ただ特に苦手意識はなさそうですし、同じ先発左腕の東投手は巨人を大得意にしていましたし トミージョンから復活してね🙏 、 やってくれそうな気がします! そのあと、巨人戦は苦手というデータ記事を発見しました。 😅 DeNAは浜口遥大投手(25)が先発。 浜口は巨人戦通算1勝4敗で、唯一の勝利は本拠地横浜で挙げたもの。 東京ドームでは通算4試合で0勝3敗、防御率6・16と苦戦している。 yahoo. 2完封しているなど、ハマったら簡単には打たれません! 日本シリーズでも8回途中までノーヒットノーラン劇を演じましたよね! 去年の奪三振率は9. 29・被打率は. 199、両方ともプロトップレベル! 三振が奪える上に打たれないんです。 また今季初登板も9回途中まで無失点の好投!完封もしそうな勢いでした。 最後はヤスアキが抑えて勝利。 ポテンシャルは本当に高いんです。 ストレートとチェンジアップのゴリゴリのパワーピッチングで三振の山を築きます。 ・・・ただ、コントロールがあまりなく、一度狂いだすと押し出しを与えてしまうほどに荒れ出してしまうのが難点・・・。 今日の濱口くんの調子はどうだろう? 普通に投げてくれさえすれば、そうそう打たれないと思うので、荒れないで・・・ね!🙏 今日の巨人3連戦の初戦でジャイアンツ打線を封じ込めれば、2戦目3戦目・大貫、櫻井が楽なピッチングができると思います。 がんばれ!濱口くん!! 読売ジャイアンツ 戸郷翔征 1勝 防御率2. 08 2019年成績 一方読売ジャイアンツ・戸郷翔征投手。 昨シーズンの成績は、 2試合 1先発 完投なし 1勝 防御率2. 08 被打率. 207 奪三振率11. 42 2019年 対横浜DeNA成績は 上記と同じです。 2試合とも横浜DeNA戦でした。 読売巨人軍期待の高卒2年目・20歳の戸郷翔征投手。 今後とんでもない投手に化ける可能性も充分ありますよね。 💦 また横浜DeNA打線との相性も良く、去年は横浜スタジアムで巨人がリーグ優勝を決める試合に、19歳戸郷翔征が先発登板ということでも話題になりました・・・。 横浜DeNA打線としては3戦目の対決。

次の

【図解・スポーツ】プロ野球日本シリーズ・巨人とソフトバンクの比較(2019年10月):時事ドットコム

戸郷 日本シリーズ なんj

プロ野球の日本シリーズ(7試合制)は19日、ヤフオクドームで開幕、第1戦が行われる。 パ・リーグ2位のソフトバンクは3連覇を狙い、セ覇者の巨人は7年ぶりの日本一を目指す。 ホークス対ジャイアンツの対戦は王、長嶋両監督が率いて話題となった「ON対決」の2000年以来、19年ぶり。 ソフトバンクは得意の先行逃げ切りの形に持っていきたい。 西武とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでは、好調な打線が4試合全てで先制点を奪った。 上位を打つ牧原、今宮が出塁して、好機で中軸に回したい。 指名打者の使えない相手の本拠地で、デスパイネをどう起用するかもポイント。 先発陣は千賀、バンデンハーク、高橋礼と計算できる投手が続く。 ブルペンは若手中心だが、抑えの森を中心にまとまりがある。 石川が右肘痛から復帰したのは心強い。 先発もできる武田が中継ぎに回れば、層がさらに厚くなる。 継投に入るタイミングもカギを握りそうだ。 巨人は亀井、坂本勇、丸、岡本の1~4番に得点力があり、ゲレーロら長打のある打者が続く。 特に岡本はCSファイナルステージの4試合で打率5割3分3厘、3本塁打、7打点と活躍し、CS最優秀選手に選ばれた。 先発は最多勝の山口、CSで好投のメルセデスが中心。 新人高橋、桜井に加え、腰痛で離脱中の菅野が復帰できるか、注目される。 救援では新人戸郷、古川が長い回を任せられる。 厳しい場面では大竹、沢村、高木、田口ら経験豊富な投手が控え、中川、デラロサにつなぐ。 阿部が日本シリーズを最後に現役引退する。 チーム一丸で日本一の花道を用意したい。

次の