子供 かゆみ 止め。 こども用かゆみ止め保湿クリームの常用

長芋など山芋でのかゆみを止めるには?原因はアレルギー?対処法は?

子供 かゆみ 止め

子どもの「かゆみ」に悩まされている保護者の方は多いのではないでしょうか? 特に乾燥する冬は、肌のかゆみなどが特に気になりますよね。 大人でも我慢することがつらいかゆみですが、子どもはかゆいと我慢できずに掻いてしまうもの。 かゆいからと言って掻いてしまうと、傷になってしまったり、悪化してしまうことも。 子どもの「かゆみ」の原因は、虫さされ、かぶれ、じんましん、アレルギー、アトピー性皮膚炎、アタマジラミなど様々。 また、目・肌・頭などかゆくなる場所も色々なうえ、なんとなく癖で掻いてしまう「掻き癖(かきぐせ)」がついてしまう子どももいます。 そこで今回は、子どもの「かゆい」の原因や症状、治療法や対処法を探ってみたいと思います。 いざ症状が現れたときに慌てないように、きちんと知っておきましょう。 髪と髪の接触でうつるので、保育園や幼稚園で集団発生することもあります。 目のかゆみや目の充血、めやになどの症状が出たら、すぐに眼科を受診しましょう。 鼻水やくしゃみ、じんましんなどのアレルギー反応が出たら、すぐに病院を受診しましょう。 病院でしっかり対応してもらうことが必要です。 子どもの肌はいつも清潔に保つようにしましょう。 ただ子どもの肌を洗えばいいというわけではありません。 どんなタイミングで、何をすべきかなど、子どものスキンケア法を学びましょう。 まずは慌てず、そして自分で見極めることはせずに、専門医に受診して、適切な対応を行っていきましょう。 すぐに対処できて早めに治せるものから、長い付き合いになるアレルギーまで、「かゆみ」にはいろいろな原因がありました。 「掻き癖(かきぐせ)」がつく前に原因を探り、上手に対処することが大切ですね。 文・構成/HugKum編集部.

次の

子供の乾燥肌!かゆみ!湿疹!オススメの市販薬って?!

子供 かゆみ 止め

子どもの「かゆみ」に悩まされている保護者の方は多いのではないでしょうか? 特に乾燥する冬は、肌のかゆみなどが特に気になりますよね。 大人でも我慢することがつらいかゆみですが、子どもはかゆいと我慢できずに掻いてしまうもの。 かゆいからと言って掻いてしまうと、傷になってしまったり、悪化してしまうことも。 子どもの「かゆみ」の原因は、虫さされ、かぶれ、じんましん、アレルギー、アトピー性皮膚炎、アタマジラミなど様々。 また、目・肌・頭などかゆくなる場所も色々なうえ、なんとなく癖で掻いてしまう「掻き癖(かきぐせ)」がついてしまう子どももいます。 そこで今回は、子どもの「かゆい」の原因や症状、治療法や対処法を探ってみたいと思います。 いざ症状が現れたときに慌てないように、きちんと知っておきましょう。 髪と髪の接触でうつるので、保育園や幼稚園で集団発生することもあります。 目のかゆみや目の充血、めやになどの症状が出たら、すぐに眼科を受診しましょう。 鼻水やくしゃみ、じんましんなどのアレルギー反応が出たら、すぐに病院を受診しましょう。 病院でしっかり対応してもらうことが必要です。 子どもの肌はいつも清潔に保つようにしましょう。 ただ子どもの肌を洗えばいいというわけではありません。 どんなタイミングで、何をすべきかなど、子どものスキンケア法を学びましょう。 まずは慌てず、そして自分で見極めることはせずに、専門医に受診して、適切な対応を行っていきましょう。 すぐに対処できて早めに治せるものから、長い付き合いになるアレルギーまで、「かゆみ」にはいろいろな原因がありました。 「掻き癖(かきぐせ)」がつく前に原因を探り、上手に対処することが大切ですね。 文・構成/HugKum編集部.

次の

子供の日焼け後のケアはどうすべき?家での処置と受診の目安

子供 かゆみ 止め

「非ステロイド系消炎剤」 …ステロイドを配合しておらず、痒みを止める成分・殺菌成分などが有効成分とされる• 「アンテドラッグステロイド剤」 …ステロイドを配合しているが、患部でよく効き体内で分解されやすい種類のステロイドなので副作用が少ないとされる• 「ステロイド剤」 …皮膚科で処方されるものと同じステロイド剤 このうち、我が家で使っているのは 「非ステロイド系消炎剤」の3種類のみです。 そういう意味で、使いにくいものは淘汰されていき、使いやすいものだけが残りました。 (アトピーの重症度合いや炎症の質にもよると思います。 あくまで参考程度にしてくださいね。 (我が家では娘が生後半年ぐらいから使い始めました。 ) 「ちょっとかゆそう」〜「軽い力でポリポリやってるのが数分続いた」くらいのレベルのかゆみを抑えるのに役立っています。 まずは、以下に添付文書の内容を記載しておきますね。 お子さま等のデリケートなお肌にも、しみなくて使い心地の良いクリームです。 (スーッとする成分やステロイド成分は入っていません)• のびがよく、広い患部にもやさしく塗り広げられます。 殺菌剤がお肌を清潔に保ちます。 【効能・効果】 かゆみ、虫さされ、あせも、かぶれ、しっしん、じんましん、皮ふ炎、しもやけ、ただれ 【用法・用量】 1日数回、適量を患部に塗布してください。 【用法についての注意事項など】• 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 なお、本剤の使用開始目安年齢は生後1カ月以上です。 目に入らないように注意してください。 万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合 充血や痛みが持続したり、涙が止まらない場合等 には、眼科医の診療を受けてください。 本剤は外用にのみ使用し、内服しないでください。 【有効成分】(100g中)• ジフェンヒドラミン・・・1. 0g(かゆみをおさえる)• グリチルレチン酸・・・0. 5g(炎症をおさえる)• イソプロピルメチルフェノール・・・1. 5g(殺菌作用がある)• トコフェロール酢酸エステル・・・0. 5g(血流をよくし症状の回復を早める)• あとは殺菌成分が結構多めに入っている点も私は気に入っています。 子供は夏でも冬でも汗っかきなので、汗が溜まりやすい場所で雑菌が繁殖しやすいのかもしれません。 効能に書かれている通り 「かゆみ」には比較的よく効いてくれますが、メントールが入っていないため「即効でかゆみが紛れるわけではない」感じは否めないです。 最初にもお伝えしましたが、ムヒ・ベビーはやっぱり 「ちょっとかゆそう」〜「軽い力でポリポリやってるのが数分続いた」くらいのレベルのかゆみを抑える程度と考えるのがちょうど良いんですね。 (説明書にもHPにも具体的な月齢は記載ありませんが、我が家の娘は2歳半ぐらいから使い始めました。 ) ユースキンのあせもケアには「ジェルタイプ」「パウダータイプ」「クリームタイプ」の3つのラインナップがありますが、我が家ではもっぱらコチラです。 その理由は、 ジェルだと傷口にしみるし、パウダーだと白残り&毛穴が詰まるというデメリットが気になり、いつどんな時でも使えるという便利さがなくなってしまうからです。 ふわっとのびの良いクリームが、バイ菌の繁殖を抑え、あせも・かぶれを治します。 白く粉っぽくならず、のびが良いので、すばやく患部にぬることができます。 【効能・効果】 あせも、かぶれ、しっしん、皮ふ炎、かゆみ、ただれ、じんましん、虫さされ 【用法・用量】 1日数回、適量を患部に塗布してください。 【用法についての注意事項など】• 定められた用法を守ってください。 お子様に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 目に入らないように注意してください。 万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診断を受けてください。 本剤は外用のみに使用し、内服しないでください。 お子様が誤って口にした場合。 まず、口の中をふき取ってください。 しばらく様子をみて異常がある場合には、医師にご相談ください。 【有効成分】(100g中)• クロタミトン・・・2. 0g(かゆみをおさえる)• ジフェンヒドラミン・・・1. 0g(かゆみをおさえる)• グリチルレチン酸・・・1. 0g(炎症をおさえる)• イソプロピルメチルフェノール・・・0. 5g(殺菌作用がある)• トコフェロール酢酸エステル・・・0. 5g(血流をよくし症状の回復を早める)• 添加物として、水添大豆リン脂質、オリブ油、グリセリン、1. ポイントはムヒベビーと似ていて、 消炎成分とかゆみ止めの成分が入っている点、そして メンソールが配合されていない点。 ムヒベビーとユースキンは成分的にも似ているのですが、 お気に入りポイントは「より強いかゆみ止め&抗炎症成分」が配合されていること。 0g 配合なし ジフェンヒドラミン (かゆみをおさえる) 1. 0g 1. 0g グリチルレチン酸 (炎症をおさえる) 1. 0g 0. 5g イソプロピルメチルフェノール (殺菌作用) 0. 5g 1. 5g トコフェロール酢酸エステル (血流をよくし症状の回復を早める) 0. 5g 0. 5g 殺菌成分だけはなぜかムヒ・ベビーの方が多いのですが、 かゆみと炎症を抑える成分はユースキンの方が多いですね。 使い分けは面倒ですが、必要以上に強い成分を使わないで済んでいるのでメリットは大きいと思っています。 それは2つ。 1つ目のデメリットは、じゅくじゅくタイプのあせもには効きにくいことです。 うちは掻き壊す前に対処するのでじゅくじゅくにはなりにくいのですが、じゅくじゅく炎症には「パウダータイプ」の方が良いそうです。 参考までに、ユースキンHPから使い分け方法を。 症状に合わせて使い分けてください。 ユースキンのデメリット2つ目としては、「どうしても我慢できないような、いてもたってもいられない超強い痒み」には即効性は期待できないです。 たとえば「下着の締め付け部分」はいきなり大量に汗をかいてかゆみがぶわーーーっと暴発しやすくなりますが、そういうタイプの 「超・強い痒み」を抑えるにはユースキンだとちょっと頼りないです。 メントールが入っていないから、痒みを紛らわせる力がどうしても足りないんですよ。 で、そんな時に塗り足したいのが次にご紹介する「ケアセモ」です。 チューブの裏には「小さなお子様にも」とありますがメントールが心配なのでうちでは大人だけに使っています。 「メンソレータム ケアセモクリーム」は、つらいあせも・かぶれによく効くクリームです。 6つの有効成分を配合し、つらいかゆみや赤み・炎症を鎮めます。 ベタつかないクリームで、スーッと気持ちよく、汗ばむ季節にも快適にお使いいただけます。 非ステロイド、無香料、無着色。 小さなお子さまにもお使いいただけます。 下着・衣服のしめつけなどによるくっきりかぶれ・かゆみや、アクセサリーによるかぶれ・赤みにもおすすめです。 【効能・効果】 あせも、かゆみ、かぶれ、湿疹、皮フ炎、ただれ、じんましん、虫さされ、しもやけ 【用法・用量】 1日数回、適量を患部に塗布してください。 【用法についての注意事項など】• 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 目に入らないようにご注意ください。 万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 外用にのみ使用してください。 【有効成分】(100g中)• クロタミトン・・・2. 0g(かゆみをおさえる)• ジフェンヒドラミン・・・1. 0g(かゆみをおさえる)• L-メントール・・・1. 0g(清涼成分でかゆみを沈める)• グリチルレチン酸二カリウム・・・1. 0g(炎症をおさえる)• イソプロピルメチルフェノール・・・1. 0g(殺菌作用がある)• トコフェロール酢酸エステル・・・0. 5g(血流をよくし症状の回復を早める)• 添加物として、スクワラン、グリセリン、パルミチン酸イソプロピル、流動パラフィン、ポリソルベート60、セタノール、カルボキシビニルポリマー、ジメチルポリシロキサン、トリエタノールアミン、ステアリン酸ソルビタン、パラベン、キサンタンガム、エデト酸Naを含有する。 メントール以外のかゆみを抑える成分「クロタミトン」「ジフェンヒドラミン」はユースキンあせもクリームと同量ですが、殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」はユースキンの2倍量です。 うちでは、真冬であっても重宝しています。 冬って、電車の車内やオフィス内、ショッピングモール、デパートなどで汗をかく事も多いので、ゾワついた時はすぐにケアセモの出番!! 実はケアセモを使う前は「ラナケイン」を使っていましたが、メントールが100g中に4. 0gも入っているため(ケアセモは1. 0g)成分が強すぎて痛くなり汁も出るようになってしまいました。 ケアセモに切り替えてからは快適に使えています。 あせも治療薬なのに、うちでは冬の方が消費量が多いです。 それは2つ。 1つ目は他社よりも濃度が低いとはいえメントールが入っている事(メリットでもあるのですが)。 メントール入りの薬は、小さなお子さんには強いです。 大人でも顔には塗らない方が良いと思います。 例えばお子さんの手の届かないような「背中」なら塗っても平気かと思いますが、腕や首、手、お腹などはお子さんが自分でケアセモを塗ったあとに掻いてしまうと、指先にメントールが付着してしまう恐れがあります。 メントールが付いた指で目をこするととんでもなくしみてしまうので、基本的には大人の方が使うのが良いと思います。 あとはお子さんでも聞き分けのできる年齢にならないと安全に使えないんじゃないかな〜と思います。 2つ目のデメリットは、傷口がひどい所に塗るとメントールが刺激になってじゅくじゅくと汁が出ることがある点。 たぶんメントール配合のものや水分の多いジェルにも言えることなのですが、すでに汁があったり、血がにじんでる患部には塗らないようにしてください。 かぶれて痒みが悪化したり、ジンジンと熱を持ったように腫れてしまうことがあります。 とはいえ、このメントールはやっぱりスゴくて かゆみを止めるには本当に役立ちます! なのでかゆみの状況に合わせて上手く使ってみてくださいね〜! さいごにまとめ。 今回は我が家で使っているかゆみ止めを3つまとめてみました。 最後にまとめると・・・• ムヒ・ベビー …生後1ヶ月から使えるやさしいかゆみ止め• ユースキンあせもクリーム …家族みんなで使える中くらいの強さのかゆみ止め• ステロイドを配合していないので何度も使えるんですね。 塗る順番は特に決められていないのですが、例えば、お風呂上がりで痒くなった時は、まずあせもクリームを塗り、寝る前にステロイドを塗るなど使い分けをするのはオススメです。 (私の感覚では、ステロイド軟膏は油分が多いので、お風呂上がりにすぐ塗ると痒くなりやすい感じがしていました。 ) あせもや汗あれは、様子を見てる間にどんどん痒みが増してしまうので、できるだけ掻き壊さないためにも早めにクリームを塗るのが鉄則! 掻き壊す前にケアすれば皮膚のバリアが守れるし、傷跡になりにくいので元のお肌に戻るのも早いですよ〜。 補足2)あせもは、秋・冬にこそ要注意! 繰り返しにはなりますが、 あせも・汗あれは夏だけのものではなく、秋・冬の厚着になる時期にも多発しやすいです。 秋の時期はまだ薄めの服装なのですが、 ヒートテックなどのピッタリとしたインナーや、熱のこもりやすいニット、ダウン、コートなどを着る時期はとくに要注意です。 電車内も蒸したようになるし、お鍋やラーメンを食べて汗をかくと・・・地獄が待ってますよね。。 汗かぶれの記事はあくまで私の肌に使えたものをご紹介したまででして、実際の製品選びはご自身で成分や使い心地は必ずチェックされてくださいね。 neconecoさんのアトピー・アレルギーも早く良くなるといいですね。 スキンケアやサプリにこだわり、今ではステロイドや飲み薬を使わずアトピーをコントロールできるように。 > でも、まだゆらぎやすく季節の変わり目はいつもガサガサ&敏感! ちょっとヘバるとすぐ水泡も.. TT なので、アトピーが再発しないようつねにケアを頑張っています。 似たようなお悩みのある方には参考になるかもしれません。 ぜひお役立てください。

次の