モンスト アンチテーゼ 適正。 【モンスト】凍解の広場【4】適正キャラと攻略手順|ゲームエイト

【モンスト】アンチテーゼの適正/攻略パーティ

モンスト アンチテーゼ 適正

ギミックがシンプル• 即死攻撃ターンが長め• 降臨の適正キャラでクリアできる• 加速や超AGBがあれば適当でもいい ギミックがシンプル モラルのクトではボスのモラルと盾持ちの雑魚キャラは一度攻撃すると、高防御状態になります。 1ショット中に別の敵やシールドなどに触れれば高防御を解除できます。 基本の立ち回りは、複数の敵を同時に攻撃していくイメージです。 盾持ちの雑魚を倒すとモラルが防御ダウンするので、 毎ターン盾持ちの雑魚を処理しながらモラルを攻撃するという流れになります。 即死攻撃ターンが長め ボスのモラルの即死攻撃は11ターンあります。 上記の立ち回りで11ターン以内に削りきる必要がありますが割と長いです。 降臨の適正キャラでクリアできる 降臨キャラの『ヴィヨルド』と『バアル』はギミック対応している適正キャラです。 魂の紋章を装備させたり英雄の証を獲得させてわくわくの実をつける事で、盾持ちの雑魚を処理する必要攻撃回数が減るのでつけておくと楽になります。 gamewith. その理由の1つとして、スピードアップ効果のアビリティや友情コンボを持っているからです。 モラルのクトでは、長く動けるほど防御ダウン発動やボスの削りが楽になります。 こういったキャラをフレンドでもいいので1体入れておくと、格段に難易度が下がります。 特に『冨岡義勇』は友情コンボの威力も桁違いなので、おすすめです。 他に簡単な轟絶クトは? カルナ アドゥブタが簡単にするコツ• キャノンユニットの特徴を理解• アグラヴェインの処理に慣れる 1つ目がキャノンユニットの特徴を理解する事です。 キャノンユニットはどこに当たっても、 真ん中から弾が出ます。 なのでキャターはユニットにさえ当たれば攻撃できます。 相手の弱点位置からユニットの真ん中に向かって引っ張るだけ。 それだけで当たらなかった攻撃が面白いほど当たるようになります。 2つ目はアグラヴェインの処理に慣れる事です。 おそらくアドゥブタをクリアできない人や苦手意識のある人は、このアグラヴェインの処理がうまくいかない場合があると思います。 こればかりは、アグラヴェインの判定の問題もあるため慣れるしかないです。 どうしても難しい場合はかデビルズパンクのスピードアップ系を採用してみるのも1つの方法です。 楽にポイントを稼ごう! 今回解説したクトをクリアして、楽にポイントを稼ぎましょう。 轟絶ボーナスは 年間最大約250個のオーブを始め、他にも豪華な報酬があるので是非活用したいですね! またより楽にポイントを稼ぐために、やモンスンタルを活用すると 強いキャラを使うことができ、より楽に周回ができるようになります。 おすすめの方法はを使うことです!.

次の

【モンスト】メロードの適正キャラと攻略方法【激究極】|ゲームエイト

モンスト アンチテーゼ 適正

攻略Twitter 攻略情報一覧• 最新ニュース・速報• ランキング 注目ランキング• その他のランキング• ガチャイベント• 定期開催ガチャ• クエスト攻略• ルシファー絶望の夜明け• EXステージ等• 英雄の神殿• ノマクエ・ランク上げ• システム関連• チェッカーツール• お役立ち情報• 育成素材の入手方法• 初心者おすすめ記事• オールスター感謝ガチャが開催中! 『楊セン』の獣神化決定! フラパの代わりとなるイベントが開催決定! モンストアンチテーゼ降臨クエスト「烈なる反立 轟絶 」の攻略手順やギミック、適正 適性 キャラ・運枠のランキングなどを紹介しています。 『アンチテーゼ あんちてーぜ 』のクエスト攻略や周回の参考にしてください。 また大量のブロックも登場するので、貫通タイプの反ブロックキャラで固めて挑戦しましょう。 MSキャラは2体以上編成しよう 地雷は4ターン起爆の張り付き地雷です。 地雷は1発約10万ダメージなので即死と考えて良いでしょう。 安定して地雷を回収するためにもパーティ内に2体以上のMSキャラを編成して対策しましょう。 亜人キャラや同キャラ編成は控えめに ガッチェスが1体約5000ダメージの同キャラ伝染攻撃を毎ターン放ちます。 また、ガッチェスは亜人キラーを所持しているため、大喬小喬やノストラダムスなどはさらに被ダメージが増加します。 伝染攻撃はほぼ毎ターン放たれますので、同キャラ及び亜人編成は2体程度までに抑えておくほうが安全です。 攻撃力1万未満の闇キャラが魔導師処理に活躍 闇属性の攻撃力1万以下のキャラを用いると、属性倍率のかかる光魔導師だけは処理し、闇魔導師は処理しない できない 立ち回りが確実に可能になります。 Lv・タスを意図的に下げることで様々な星5、星6キャラの攻撃力を1万以下に調整できるため、魔導師処理がネックとなり攻略に苦しんでいる方は一度試してみましょう。 ほぼ全敵がビジョンベース &一部の友情・SS でしかダメージが通らないので、しっかり分身のルートを見極めてから撃ちましょう。 魔導師の倒す順番に注意 魔導師の属性によってドクロの効果が異なります。 闇魔導師をすべて処理してから最後に光魔導師を倒して、ボスなどを防御ダウンさせて次のターンにビジョンでダメージを与える立ち回りが必要となります。 また、闇魔導師は倒さず 光魔導師だけを処理して防御ダウンをかける立ち回りも有効なので、状況に応じて魔導師の処理方法を変えましょう。 防御ダウン状態のボスの弱点をビジョンで攻撃 防御ダウン状態にさせてから敵の内部弱点にビジョンを通過させてダメージを稼ぐことが重要となります。 そのため、ダメージを稼ぐためには1ターン目に魔導師 防御力ダウン を意識し、2ターン目にボスなどを攻撃してダメージを稼ぐ方法が重要となります。 弱点への火力が強力。 攻撃力調整をしておけば安定して光魔導師のみを処理することができる。 火力が非常に優秀。 ブーストSSで味方の火力を底上げできる。 ボスへの火力が優秀。 トライブパルスで魔導師処理が可能。 チェインメテオSS。 高攻撃力。 SSは微妙 貫通 神化 反ブロック。 メタトロンと同族なので加撃を共有しやすい 貫通 反ブロック。 トライブパルスで魔導師処理が可能。 毒拡散弾。 味方を集めるSS 貫通 反ブロック。 また、このステージの光魔導師は弱点を攻撃しなければ処理できません。 その特徴を逆手にとって、闇魔導師を処理しきってから光魔導師の弱点を攻撃する横薄めのルートでビジョンを出すのがおすすめです。 なお、上のベースを踏む場合はかなり薄めに上側に角度を付け、下のベースを踏む場合は下側に少し角度を付けると綺麗に雑魚処理しやすい印象です。 防御力ダウンになった信号鬼への攻撃は、ビジョンで弱点を通過できるように一筆書きを意識してダメージを与えましょう。 上記の画像以外にも様々な角度での雑魚処理が可能ですので、落ち着いてどのベースをどう踏むかを考えましょう。 防御ダウン状態にしたら、被ダメを減らすためにガッチェスを処理しつつボスへの火力を稼ぎましょう。 ボスへの火力は弱点を縦・横に複数回往復できるように弾くことで効率的に稼げます。 ただしビジョンの数が多いので、先に闇魔導師を確実に倒せるルートで弾けば、最終的に光魔導師も処理してボスが防御ダウンになっていることが多くなっています。 雑魚処理に関してはとにかく闇魔導師の確実な処理を意識しましょう。 また、ボス削りに関してはボスの上下にあるベースから薄く縦にビジョンを出して、弱点を往復させると一気にダメージを稼ぎやすいです。 ビットンの蘇生する魔導師は3体なので、一度全ての魔導師を処理してから蘇生された数の少ない状態の魔導師を倒す方が魔道士処理を行いやすくなります。 もし魔導師処理ができる配置にない場合は次以降を見越して光魔導師の上下に配置できるように弾くのもオススメです。 モンスト攻略関連リンク モンストの各種リンク モンスト各種リンク !注目の人気記事!.

次の

【モンスト】《運4もいけそう?》新轟絶「アンチテーゼ」枠3周回編成&立ち回り解説!

モンスト アンチテーゼ 適正

攻撃力調整で敵を確実に防御ダウン 運枠の網乾2体の攻撃力をゲージ前で約10,000以下に調整。 これによりビジョンベースで光魔導師だけにダメージが通り、楽に防御ダウンさせられる。 攻撃力10,000以下の網乾の作り方• 運極の網乾を進化前の網乾 Lv1 に混ぜる• 余分なラック分の網乾が返却される• 混ぜた進化前を進化させる• 返却された網乾を混ぜて運極にする• 攻撃力9,122のLv6の網乾が完成 網乾はレベル19で攻撃力が9,997なので19以下ならOK。 網乾には攻撃力のタスは振らず、また味方の加撃系の実も網乾に影響のあるものは付けないよう注意。 運枠1体のおすすめ編成 ビジョンベースとは、踏むと 別のベースから弾いたキャラの分身が発射されるもの。 アンチテーゼ【轟絶】の敵は分身弾でしかダメージを与えられないため、弾く角度には注意が必要。 ビジョンベースの特徴• ビジョンベースの発射キャラは攻撃力アップ• ビジョンベースを踏むと、別のベースからそのキャラの分身が発射• 複数のベースを踏んでも、 分身の発射は1ターンに1回のみ• 分身の発射方向はベースを踏んだ方向• 踏んだベースからは分身は発射されない お助けアイテムの宝箱を活用しよう より短い時間で運極を作るのであれば、お助けアイテムの宝箱を利用しよう。 報酬の宝箱が2つ増えるため、ドロップする確率も上がる。 モンスポットのパワーを使う 光強、至宝のパワーがおすすめ.

次の