日本 の 底力。 【日本の底力を見せましょう】

【日本の底力を見せましょう】

日本 の 底力

また、騰落率は出力されたデータの期間について算出しています。 運用管理費用 信託報酬 の詳細は、「ファンドトップ」タブの「ファンドの費用・税金」をご覧ください。 また、換金時の費用・税金等は考慮していません。 もっと見る• 当サイトは大和アセットマネジメント株式会社が情報提供を目的として作成したものです。 特定ファンドのご購入にあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。 したがって、投資元本が保証されているものではありません。 信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。 投資信託は預貯金とは異なります。 投資信託は預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 証券会社以外でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。 当サイトは信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。 運用実績などの記載内容は過去の実績であり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。 また、税金、手数料等を考慮しておりませんので、投資者の皆さまの実質的な投資成果を示すものではありません。 記載内容は資料作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。 分配金額は収益分配方針に基づいて委託会社が決定します。 あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。 分配金が支払われない場合もあります。

次の

日本の技能は凄い。ペリーも目を見張ったメイドインジャパンの底力

日本 の 底力

「今は国家の危機。 国家の危機にこれほど一国のリーダーの決断を貶す国はない」-月刊「正論」でお馴染みの織田邦男元空将が10日の自身のフェイスブックに書き込んだ一文です。 織田氏はの大特集「武漢ウイルスに打ち克つ」で、「危機管理の成功は日本の抑止力上げる」と題して、危機管理の在り方についての論文を書いています。 一部を紹介します。 「危機管理には指導者のリーダーシップと共に国民のフォロアーシップが求められる。 危機管理は政府だけでやるものではない。 国民一人一人の理解と協力がなければ危機管理は成功しない。 危機管理にはリーダーとフォロアーが一体となった『ワンチーム』が求められるのだ」 「今はリーダーの決断を批判する時ではない。 危機管理の最中における非難や批判は有害無益であり、結果的に自分達の首を絞めるだけである。 国民には、リーダーの決断に対し、積極的、自主的に協力するフォロアーシップが求められる。 リーダーの評価は事後、選挙で行えばいい。 これが民主主義国家の危機管理である」 織田氏は「これだけじゃ、言葉足らずですので、御批判のある方は全文を読んでからにしてください」と謙遜しておられますが、ぜひ野党だけでなく、自民党も含めて国会議員に読んでほしい論考です。 国民の協力については、10日付日本経済新聞にサッカー元日本代表の三浦知良さんが「日本の力を見せるとき」との題で、「すべての行動が制限されるわけでない緊急事態宣言は『緩い』という声がある。 でもあれは、日本人の力を信じているからだと僕は信じたい。 きつく強制しなくても、一人ひとりがモラルで動いてくれると信頼されたのだと受け止めたい」とのコラムを書いています。 ジャーナリストの櫻井よしこさんも月刊「正論」5月号で、「ウイルスに打ち克つには、何よりも政府と国民が力を合わせることが大事だ。 力を合わせてウイルスに打ち克つ。 その分岐点に私たちはいる。 もう少しの辛抱だと、互いに言い合い、静かに楽しみながら時を過ごす知恵を養いたい」と強調しています。 東日本大震災後、被災地の楽天イーグルスの選手会長としてチームを引っ張った嶋基宏さんはスピーチで「野球の底力」、「東北の底力」を訴えましたが、いま私たちは日本の底力を見せましょう。 武漢ウイルスの急速な感染拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の各都府県に緊急事態宣言が発令されました。 外出を控えておられる方に、月刊「正論」を直接ご自宅へお届けします。 富士山マガジン(デジタル版あります)までご連絡ください。

次の

本当は凄い 日本の底力()

日本 の 底力

防災カレンダー東京都渋谷区(東〜南方向大地の発光現象)大分市(虹)小腸で細菌が爆殖する。 腸内細菌。 本来は大腸で増えるのが理想でありますが、本来は細菌が少ない場所であるはずの小腸で細菌が爆発的に増えることがある。 小腸内細菌増殖症(=SIBO)と言われる症状です。 小腸部分のお腹がぽっこり出る。 ・(臭いのない)おならが頻繁に出る。 ・下痢と便秘を繰り返す。 などの症状が出ると言われています。 小腸の細菌増殖が原因ですから、納豆やヨーグルトなどの「大腸内の細菌に良い」という食べ物は、逆に害になることがあると言われています。 SIBOは呼気の検査で診断することは出来ますが、現在では保険が効かないので検査費用は高額です。 またSIBOの認知度も高くない... 【SIBO】胃がぐうっとなると小腸が空になる。 防災カレンダー件名:地震雲2020年6月12日。 hatenadiary. 嵐の前の静けさの時期。 国内外もいろいろな動きがありますが、今後起きる災害については、皆様備蓄準備をされていることと思います。 この時期は一人ひとりが自分自身を静観する時期のように思います。 ということで再び土の菌について考えてみたいと思います。 このような話題が出来るのも、嵐の前の静けさの今の時期だけかもしれませんので。 密集しすぎて栄養不足状態。 2月に植えたジャガイモたち。 雑草と共にすくすく育って。 もう理想的な野草ガ... 【家庭菜園】菌根菌の世界。 防災カレンダー北海道知床半島より羅臼国後方面徳島市より南西方向その土地の神様の一部=土の菌(心象風景)イギリスの調査では、畑にいる微生物の1〜20%は粘菌だそうです。 ふむふむ。 あの南方熊楠や昭和天皇が夢中になったという生き物。 動物であり植物であり、単細胞であり多細胞のようでもある。 大地の神様がいるとするならば、粘菌もまたその大地の神様の一つの形態ではないだろうか。 そのように思います。 雑草とはその土地が呼び寄せた植物。 しかしその前に菌が呼び寄せられるのだろうな。 土の中に。 その土の菌が植物を呼び寄せる。 この大地が神々の森(=杜)になるための、大いなる創造の世界。 という心象風景です。 家庭菜園が面白いのは、本当はその土を創ることではないだろうか。 その土地の神様(=菌)を、繁殖させ増やしていくことは面白い。 その土地... 【家庭菜園】丁度良いくらいが丁度良い。 5 パチンコ全体で、膨大な電力を消費しています。 計画停電で、さまざまな産業や工場が休業しました。 夏には、再び電力不足と予想されています。 パチンコは、パチンコ依存症という言葉があるとおり、家庭崩壊、借金苦の原因となっています。 一方で、景気悪化とともに、パチンコ店は、ほとんどお客が入ってないパチンコ台に電力を使っています。 家庭でも、職場でも、JRやデパート、あらゆるところで、節電しているのに、がらがらのパチンコ店だけ、節電していません。 おかしいと思います。 パチンコについて、調べていくと、いろいろと政治がらみのおかしな点があると知りました。 害あって、益なしのパチンコを全廃しましょう。 韓国では、パチンコを全廃しました。 日本も、見習って、パチンコを廃止しましょう。 とはいうものの、韓国の大統領は、日本にいる在日韓国人が営業しているパチンコ業界を保護するように、民主党の小沢一郎と、管首相に約束させたそうです。 とんでもないことです。 保護すべきは、今危機にひんしている日本の農業、工業、商業です。 パチンコなんか、いりません。 あるサイトの試算によると、電力不足は、パチンコを廃止すれば、賄えます。 驚きですね。 パチンコ廃止に賛成の人、トラックバックをお願いいたします。 追加: あるパチンコホールのレポートから、パチンコ関係12000店の電力使用量を試算しました。 最大電力使用量は、500万キロワット〜800万キロワットになります。 夏場の最大電力使用量を乗り越えるため、企業は、ゴールデンウィーク返上で生産し、夏休みを長く取るなどの、対応をしています。 パチンコ業界は、必要欠くべからざる産業ではありません。 はっきり言って、いらないです。 ないならつくろう、日本にも 「緑の党」 自民党じゃない。 民主党でもない。 共産党でも公明党でも社民党でもない。 今、世界に必要とされているのは、「右」(保守)か「左」(革新)かといった古い対立ではなく、行きづまった現代社会を「前」へと切り開く政治です。 保守も革新もともに「無限の経済成長」を追い求め、行きついたのはくらしと環境の危機、そして心の荒廃…それは子どもたちに残したい本当の豊かさではありませんでした。 今、世界中で心底必要とされているのは、人を傷つけない、自然に負担をかけない、そして未来に持続可能なエコロジカルな叡智のある政治です。 世界の「緑の党」がめざすのは 例えば、巨大な富をごく少数の人が独占することのない社会。 例えば、資源を戦争でうばいあうのではなく分かち合う世界。 例えば、いろんな価値感が思いやりをもって認められる社会…。 1970年代にオーストラリアで産声をあげ、80年代にはヨーロッパ各地で結成された緑の党は世界中に広がり、政治の中枢で、平和と環境政策をリードしています。 しかし、残念ながらいまだ日本にはありません。 私たちの思いは近い将来、政権に参加して現実の国政を動かす日本版「緑の党」を立ち上げたいということです。 ぜひ力をお貸しください。 大地震は人間にとってどうしようもない天災ですが、今回の原発事故はあきらかな人災です。 なぜなら人がコントロールできないような巨大な怪物を「安全クリーン」と言って飼いながら、いま手がつけられない危険な状態をなんと説明できるのでしょうか。 事故後の関係者の右往左往ぶりとレベル7という深刻な放射能被害は天災にあらずで、宇宙のちいさな星、地球に乗っかって不安定、不条理のなかで生きている生物だという認識がなかったからです。 原発は賛成と反対の歴史を経て、政官財の原発賛成組は安価安全だと推し進めたが、それは大嘘だったわけです。 嘘でないとするなら人間の無知と驕りと欲望の結果でしようか。 巨額の金が動くところに欲の皮がつっぱった政官財の人たちが集まります。 徒党を組むように思惑を持つ人々が群れをつくればしがらみができて馴れ合います。 しがらみは本来は川の流れを落ち着かせる柵の意味ですが、近年は正反対のマイナスの意味で使われることが多くなり、河口堰のように特定の人の利益を得るだけで、長良川全体はしじみや魚を減らして犠牲になるようなものです。 政界でも一番に自分のために票と金につながる後援者への便宜を優先し、二番目に所属する政党の党利党略を優先し、三番目には属する派閥に阿る。 四番目は情報源の官僚に媚び、五番目は献金先の大企業を優先して、国民はようやく六番に登上で、長年のこうしたしがらみ政治が今日「地震前」の疲弊した日本をもたらしたのだろう。 このような政官財の馴れ合いは建設資金を抑えて、その分を献金や箱ものづくりにまわして政官財の蜜月を図る。 だから「もし事故が起きたら」なのどの発想はないし、その上危険な場所は下請け任せだから初動体制そのものの想定もなかったのだろう。 まさに曖昧さを馴れ合ったのです。 また当事者たちは「馴れ合いやしがらみの危険」を重く受け止めていないことも問題で、ほんの僅かな被害予想数値の甘さが、天災より恐ろしい生物が棲めない国家的被害を招く怖さを、大きな代償を目の当たりにした国の中枢を担う人たちは自覚すべきでしょう。 1987年12月14日、ムスリム同胞団とイスラム・ジハードのパレスチナ支部に基づき、アフマド・ヤースィーンによって創設された(文化・啓蒙組織として、イスラエルにより公式登録)。 日本の報道などでは「ハマス」と呼ばれる事が多い。 アメリカ合衆国、欧州、サウジアラビア、ヨルダン(1999年にヨルダン当局により閉鎖。 2008年再開)、シリア、レバノン、イラン等に支部や支持団体を有する。 シリアとレバノンには、教育キャンプが存在する。 このサイクルを打破することが社会問題としての貧困を解決するために不可欠だとされている。 民主党のダニエル・パトリック・モニハン上院議員 Daniel Patrick Moynihan のモニハン・レポートなどに採用され、アメリカの対貧困政策に大きな影響を与えている。 日本ではまだ広く認識されていない。 ルイスは、長い研究を通じて「貧困の文化」の約70の特徴を挙げている。 また、すべての低所得者が「貧困の文化」に属するわけではなく、世代を通じてより豊かな生活へと上昇してゆく家系には同文化は存在しないと説いている。

次の