東宝 年収。 東宝の中途採用事情~求人の傾向、社員年収、就労環境など~

東宝の年収偏差値:65.5 年収ランキング:17位

東宝 年収

映画業界大手の東宝〜理念と求められる人材は〜 企業概要 会社名 東宝株式会社 設立 1932年8月 資本金 103億5584万円 代表者 取締役社長 鳥谷 能成 従業員 353名 2017年2月28日時点 東宝グループには、全国で数多くの映画館を経営しているTOHOシネマズ 株 や映画の製作を業務とする 株 東宝映画などの映画関係の企業だけではなく、不動産や道路事業、飲食関係の企業も含まれていて、グループ内の業務の幅が広いです。 東宝グループの経営理念とは? 東宝グループの経営理念は「健全な娯楽を広く大衆に提供すること」です。 この経営理念の元、最高のエンターテインメントを提供しています。 また、創業者 小林一三の「吾々の享くる幸福はお客様の賜ものなり」という言葉を大切にし、「朗らかに、清く正しく美しく」を心がけて業務にあたっているようです。 求められる人材は? 東宝グループの経営理念「健全な娯楽を広く大衆に提供すること」を達成するために、求められる人材像が4つあります。 お客様の満足を得るための質の高いサービスと商品を提供するためには、お客目線を忘れずに、面白い映画・演劇を生み出し、利益を上げ、また新しい面白い映画・演劇を生み出し続ける必要があります。 そんな東宝がこれからも発展し続けていくためには、ただの映画・演劇への強い憧れを持つだけではなく、ビジネス思考を持って業務に当たるビジネスパーソンが必要になります。 つまり、お客様に楽しんでいただく映画・演劇を提供しようとする強い意志と、エンターテインメントを提供する裏方として、現実的な視点から業務にあたれる力を持った人材が求められるのです。 そのためには、好奇心旺盛で、常にアンテナを張り、あらゆる情報を取り込み、それを適宜引き出せる人材が求められます。 そのため社員一人ひとりが、人・モノ・お金を動かし、交渉、説得、問題解決できる能力を持つことが求められます。 学生時代に、このような一連の能力を鍛える機会はなかなかないと思います。 だからこそ、学生時代に人・モノ・お金を動かし、いろいろな困難を乗り越え目標を達成した経験がある方は面接でとても強いと思います。 それは東宝側も認知していることで、即戦力ではなくとも、成長力を持つ人材が求められます。 常に新しい知識を吸収し、新しい経験をすることで働く能力を身につけようとする強い向上心を持ち、現状に満足しない成長を続ける人材を求めているのです。 東宝の気になる平均年収と福利厚生について どのくらいの平均年収がもらえるのか。 福利厚生は充実しているのか。 は行きたい企業を選ぶ上で重要だと思います。 以下で東宝の平均年収と福利厚生について見ていきましょう。 東宝の平均年収は高い? 有価証券報告書 H28. 28 によると、東宝の平均年収は900万円のようです。 業界最大手の東宝の年収は、他の競業他社である松竹(平均年収807万円)、東映(平均年収843万円)に比べて高いようです。 東宝の福利厚生は手厚い? 東宝の福利厚生は充実しています。 育児休業制度、介護休職制度、育児時短勤務制度、介護時短勤務制度があり、子育て・介護と仕事が両立できる福利厚生が整っている他、診療所や保養所といった社員の健康面にも気遣った福利厚生も整備されています。 東宝の事業〜東宝を支える三本柱とは〜 東宝の事業は「映画の製作・配給」「演劇の製作・興行」「不動産経営」の三本柱から成っています。 具体的な事業について見ていきましょう。 具体的な東宝の代表映画作品には、歴代興行ランキング1位を獲得している「千と千尋の神隠し」、2016年に上映開始され異例のロングランを果たした「君の名は。 」があります。 「君の名は。 」の好評の影響もあって、2016年の東宝の興行収入は前年比より16. しかし「君の名は。 」という作品ばかりが注目されがちですが、東宝はそれ以外にもヒット作を多数生み出していることを忘れてはいけません。 その証拠に、2016年に東宝が配給した映画32本のうち25本が興行収入10億円を超え、ヒット作となりました。 2016年に興行収入が過去最高を更新したことからもわかるように、映画会社としての東宝の力は今も衰えることなく、今後も発展していくことが予想されます。 2011年に開場100年を迎えた帝国劇場では「レ・ミゼラブル」「王家の紋章」といった人気作で固定客を獲得していて、クラシックから歌舞伎、邦楽など幅広いジャンルのエンターテインメントを提供し続けています。 東宝の演劇で注目すべき点は人気演目の上演回数です。 上演回数1000回を超える作品が数多くあります。 その中でも「レ・ミゼラブル」は上演回数3000回を超えています。 こんなに多く上演されているということからも、東映の演劇作品が長い間多くの方に愛されてきたことがわかります。 東宝の財政基盤を安定して支える重要な事業となっています。 主要都市に好立地の不動産を保有していて、積極的に再開発をして利益をあげています。 具体的に、2001年の「東京宝塚ビル」竣工しました。 また、あの実物大のゴジラで有名な「新宿東宝ビル」を竣工しています。 これらの事例を考えてみても、東宝の不動産事業が地域の活性化に貢献していることは間違いないと思います。 今後も映画・演劇を核に不動産事業が進むことが予想され、「新宿東宝ビル」のような街の顔になる、エンターテインメント性に富んだビルの開発がされるかもしれません。 東宝の看板キャラクター〜巨大怪獣ゴジラ〜 新宿にある「新宿東宝ビル」のゴジラヘッドからもわかるように、ゴジラは東宝の宝です。 ゴジラは東宝が全ライツを保有するキャラクターで、シリーズ1作目「ゴジラ」が放映されたのは1954年です。 その後も半世紀にわたり何作ものゴジラシリーズの作品が放映され、2016年に「シン・ゴジラ」が放映され、大ヒットしたことは記憶に新しいです。 「シン・ゴジラ」の興行収入は約81億円。 10億円を超えるとヒットとされる映画業界で、これだけの興行収入をあげたのは、世代を超えてもゴジラが愛されている証拠だと思います。 また、1998年「GODZILLA」、2014年「GODZILLA」がそれぞれハリウッドで放映されています。 2014年「GODZILLA」では初日興行収入で約39億円、全世界では興行収入約82億円を達成した大ヒット作です。 ゴジラは、日本のみならず世界でも人気が高いことがわかります。 こうしたゴジラ人気を受け、2017年にはアニメーション版の「GODZILLA-惑星怪獣-」の放映が決定していて、それに伴うキャラクターグッズの販売による収益も見込めます。 ゴジラを今後も発展させていくため、2014年に「ゴジコン Godzilla Conference」が社内に設置されました。 ゴジラという世界的人気キャラクターを生み出した実績がある東宝は、他のキャラクターの開発・育成にも力を入れているようで、今後もキャラクタービジネスが国内のみならず海外でも展開されそうです。 また、それに伴いライツ使用料で高い収益をあげることも予想できます。 東宝が今後最も力を入れるであろう事業〜ODS配給事業〜 まず、ODS配給事業とは、映画館で映画以外のデジタルコンテンツを配給する事業のことを指します。 東宝では、社内に「ODS事業室」を立ち上げたことからもわかるように、この分野に本腰を入れ始めています。 東宝のODS事業の特徴は音楽ドキュメンタリーの配信です。 Childrenのドキュメンタリーとライブで構成された作品「Mr. 人々の価値観が多様化している現代では、こういった新しい形のエンターテイメントの需要も高く、これからもこのODS事業から目が離せません。 まとめ いかがでしたか?今回は東宝について企業研究をしました。 自己分析を進めて、私は東宝が求めている人材であると証明できるようなエピソードを用意しておくといいかと思います。 また、東宝では ODS事業に力をいれていることにも触れました。 ODSについて、馴染みがあまりない人が多いと思います。 企業研究も兼ねて、東宝のODS作品を見てみてはいかがでしょうか。 ODS作品のみならず、様々なエンターテインメントを提供する東宝では、例年数多くのヒット作が生み出されています。 幅広くアンテナをはっておきましょう。

次の

東宝の年収は880万円!生涯年収・給料・採用・強みを徹底解説!

東宝 年収

東映の給料・年収補足 数年の有価証券報告書をみると平均年収の範囲は 835万円~857万円となります。 総合職:700万円~1000万円(おそよ) 東映の給料手取り 上記平均年収から算出してみると、手取りはだいたい 年収550万円~850万円となりそうです。 給与:45万円~70万円(上記を12で割った数字のためボーナスも含めた給与となります) 東映の仕事内容 東映は、映画を中心として映像関連分野についての事業を展開している会社です。 当然仕事内容も、映像に関わるものが多くなっています。 直接関わる・間接的に関わると、関わり方に違いがありますが、映像に関わることに違いはありません。 コンテンツ事業部では、アプリ企画開発やサイトの更新・キャラクターコンテンツの制作などが仕事です。 仮面ライダーのグッズ展開などですね。 映画営業部では、東映と映画館をつなぐ端渡りの役割を担っています。 東映の作品を劇場で流してもらえるように営業をしたり、宣伝を考えたりしているのです。 映画宣伝部では、新聞や雑誌・テレビ・Webなど各種媒体に、映画紹介のPR活動を行っています。 広報部所のようなものと考えるとわかりやすいでしょう。 国際営業部では、映画祭への出品や、東映の作品・キャラクターを海外に販売する仕事をしています。 経理部はほかの会社でもよくあるお金にまつわる仕事です。 以上のような部署に、本人の希望とそれぞれの適正によって振り分けられます。 必ず希望部署に通るわけではなく、希望部署と適正が一致した場合にのみ、希望部署に振り分けられると考えましょう。 映画を作る会社といっても、作るだけではありませんからね。 映画を作って、それからそれを流してもらわなければならないのです。 仮面ライダーもただ流すだけでなく、どこかの会社からグッズを出してもらわなければならない。 そのための企画や営業をしなければならない・・・。 やることは山積みです。 東映の仕事の面白さ 東映での仕事の面白さは、映像作品に関わることができるという点にあるでしょう。 東映がつくる映像作品が好きだという人には、良い職場かもしれませんね。 それを作ることはなくとも、それに関する仕事はできるわけですから、やりがいは大きいです。 東映での仕事に向いているのは、東映の作品が好きな人というのがまずひとつ。 他にはそれぞれの職種についての適正ですね。 営業職ならコミュニケーション能力が高い、人のいいところを見つけるのが得意という人が向いています。 経理ならしっかりと物事を管理できる人・・・といったところです。 東映のインターンシップの内容ってどんな内容? 東映のインターンシップに関する情報は、2016年5月現在あまり見られません。 そのため、詳細などを説明するには情報が足りないのですが、どうやら体験型のインターンシップを行っているようです。 制作として参加するインターンシップでは、撮影現場にて実習をするとのこと。 ただし、正確な情報とは言い難いだめ、あまり鵜呑みにしないほうが良いでしょう。 東映で内定をもらうためには?(ネット情報から独自に考察) 東映のエントリーシートの中には、ヒーローのテーマで作文を書くというものもあるようです。 東映は仮面ライダーをはじめとして、ヒーロー物をよく作っています。 昔なら「スパイダーマン」なども東映でやっていましたね。 そのため、ヒーローについて問うということも行っているようです。 作文は他の応募者との差がつきやすいところなので、作文に力を入れてみるのも良いでしょう。 また、面接などに挑む前に、自分自身の「エンターテインメント」に関する考え方というのを考えてみるのも良いかもしれません。 東映は映画という形で、エンターテインメントを提供する会社です。 映画=エンターテインメントと結びつけ、自分自身エンターテインメントについてどう考えるのか。 そういったことを自分の感性とビジネス的視点の二つから考えてみましょう。 東映は「映画をビジネスとして考える」人を求めています。 ビジネスとしてエンターテインメントに関わる人材ということをアピールすべく、そういったことを考えアピールできれば内定をもらいやすいかもしれませんね。 東映で働く出身大学の人 東映の選考では、学歴は特別必要とされていないようです。 大学を卒業してさえいれば、どの学部・学科であったとしても採用されています。 そのため、出身大学のデータはあまりあてにならないかもしれません。 そのデータというのも、有力なものが見当たりません。 ただし、倍率が高い・大手であるということで、私立なら早稲田や慶応・関関同立など関東・関西それぞれで上位とされている大学が多いでしょう。 映像業界は学歴が良い人とそうでない人がいますから、一概に学歴が高い人が採用されるとは言えません。 東映での選考で問われるのは、映画とのビジネス的な関わりについてです。 ビジネスとして映画と付き合っていくことができるか・どのように関わるのかなどが問われます。 そのため、学歴よりもそういったことを考え、面接など選考対策を進めるほうが懸命と言えるでしょう。 東映の口コミお給料 給料:28万円 忙しいです。 でも映画が好きだからできる仕事です。 帰りは終電前ぐらいですね。

次の

東宝株式会社の年収や生涯賃金など収入の全てがわかるページ【年収ガイド】

東宝 年収

株主名 持株数 千株 持株比率 % 阪急阪神ホールディングス株式会社 22807000 12. 06 阪急不動産株式会社 15150000 8. 01 エイチ・ツー・オーリテイリング株式会社 13664000 7. 23 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 5788000 3. 06 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 信託口 5516000 2. 91 株式会社フジ・メディア・ホールディングス 4940000 2. 61 株式会社TBSテレビ 4521000 2. 39 株式会社竹中工務店 2885000 1. 52 株式会社丸井グループ 2578000 1. 36 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(管理信託口・79203) 2000000 1. 05 役員の状況 氏名 役名 職名 所有株式 島谷能成 昭和27年3月5日生 代表取締役取締役社長 映像本部長内部監査室直轄 10. 2 千株 千田諭 昭和24年11月20日生 代表取締役取締役副社長 映像本部統括兼映画興行管掌 20. 1 千株 太古伸幸 昭和40年12月4日生 専務取締役 経営企画担当兼不動産経営管掌兼人事管掌兼総務管掌 10. 1 千株 浦井敏之 昭和32年12月17日生 常務取締役 経理財務担当兼情報システム担当兼特定取締役 32. 7 千株 市川南 昭和41年7月22日生 常務取締役 映像本部映画調整担当兼同映画企画担当兼同映画調整部長 3. 5 千株 石塚泰 昭和30年7月15日生 取締役 人事担当兼総務担当 7. 7 千株 山下誠 昭和31年5月4日生 取締役 不動産経営担当 8. 3 千株 瀬田一彦 昭和34年10月25日生 取締役 3. 3 千株 池田篤郎 昭和35年3月10日生 取締役 演劇担当 3. 2 千株 大田圭二 昭和40年9月7日生 取締役 映像本部映像事業担当兼同映像事業部長 3. 8 千株 松岡宏泰 昭和41年4月18日生 取締役 映像本部映画営業担当兼同国際担当兼西日本映画営業担当 10. 0 千株 池田隆之 昭和38年4月2日生 取締役 映像本部宣伝担当 1. 4 千株 枇榔浩史 昭和40年12月1日生 取締役 人事担当補佐兼人事部長 1. 6 千株 沖本友保 昭和31年12月16日生 取締役監査等委員 常勤 特定監査等委員 7. 7 千株 島田達也 昭和27年7月30日生 取締役監査等委員 常勤 6. 0 千株 角和夫 昭和24年4月19日生 取締役監査等委員 12.

次の