年末 年始 etc 割引。 【平成30〜31年年末年始】高速道路の利用はETC割引がお得!

年末年始のETC割引適用日は?〈2019

年末 年始 etc 割引

年末年始の高速道路は要注意!全国各地で大渋滞が予測されます 年末年始の高速道路は、全国各地で大渋滞が予測されています。 では、全国の高速道路は年末年始になるとどれほど渋滞が発生するのか?見ていきましょう。 これは、2019年12月27日~2020年1月5日までに10km以上の渋滞が発生する回数を予測したものです。 下り線を見ると、2019年12月28日~30日に混雑が発生し、2020年1月2日~4日は合計40回も10km以上の渋滞が発生します。 また上り線を見ると、2020年1月2日~4日に渋滞ラッシュが予想されており、全国各地で合計50回以上も10km以上の渋滞が予測されます。 ちなみに、上図の東北道を含むNEXCO東日本が管理する高速道路を見ると、全国と同じく「下り線:2020年1月2日~4日」「上り線:2020年1月2日~4日」で大渋滞が発生します。 あなたが渋滞に巻き込まれないためにも、予め渋滞が予測される日を確認し、自分から大渋滞に飛び込まないよう気を付けましょう。 東北道で渋滞が予測されるスポットを紹介|最大35kmの大渋滞スポットは要チェック! いよいよ、東北道で最も渋滞が予測されるスポットを1つずつ紹介します。 最もピークを迎えるのが11時頃であり、最長15kmになるため渋滞する時間帯を避けましょう。 渋滞情報や渋滞予測を確認せず東北道に入ると、最長35kmの渋滞に飲み込まれるため、時間帯をずらして帰省や帰宅したり他の高速道路や一般道の利用も検討しましょう。 東北道の年末年始もETC割引が受けられます!対象のETC割引は?日にちは? 東北道の年末年始やお正月も、休日割引や深夜割引と言ったETC割引が受けられます。 休日割引 2019年12月28日・29日、2020年1月2日~5日まで対応。 対象高速道路の料金が30%割引。 深夜割引 年末年始、お正月問わず「毎日0時~4時」に利用すれば、対象高速道路の料金が30%割引 平日朝夕割引 ETCマイレージへ事前に登録している方限定。 平日の「朝:6時~9時」「夕:17時~20時」に利用すれば、対象高速道路の利用回数に応じて30%・50%還元。 日にちや時間帯によって、受けられる割引・受けられない割引はありますが、帰省や帰宅時にお得なのはありがたいですね! この他にも、ETC割引や更に詳しい内容を下記に掲載してますので一緒にチェックしましょう。 無料で使える渋滞情報サイトながら、使い方が簡単であり内容も充実しています。 例えば渋滞情報を各地域ごとに分けて見られるだけでなく、これから起きる渋滞予測(1時間ごとに更新)まで行います。 また、工事や点検等で通行止めになっている区間や、雨や風、降雪等の天候による速度制限についても記載されています。 誰でも使いやすい渋滞情報サイトですので、出発前、またはPAやSAの休憩時にアクセスしして渋滞情報や渋滞予測を見逃さないようにしましょう。 高速道路交通情報サイト内のに表示されている規制情報はシステムの都合上、 当面の間「冬タイヤ装着」の区間の規制内容が「チェーン装着」と表示されます。 今回導入された 「タイヤチェーン規制」に基づく「チェーン規制」を表すものではないので、ご注意ください。 【ドラぷらアプリ】スマホで渋滞情報&渋滞予測を簡単検索|ライブカメラ機能&音声機能を搭載した便利なアプリ 続いて紹介するのは「ドラぷらアプリ」です。 こちらはスマートフォン専用の無料アプリであり、ドライブトラフィック同様にスマホ画面で渋滞情報や渋滞予測を確認できます。 その上、「通行止め」「片側交互通行」「チェーン規制」「その他規制」と言った細かい情報も見れる優秀なアプリです。 また冬季限定で、現在地・地域検索で気象情報が確認できるサービスも利用できます。 ライブカメラ機能を使えば、これから走る高速道路状況をリアルタイムで確認できますので、思わぬ事故やチェーンの付け忘れ等がなくなります。 更に、運転中に「ヒヤリ箇所」を音声で教えてくれる機能も搭載! 主に「本線料金所手前などの渋滞多発箇所で、前方に注意が必要な箇所」「長い下り坂や急カーブなど、スピードの出しすぎに注意が必要な箇所」を音声で教えますので、未然に事故を防げますね! 【渋滞予測カレンダー】渋滞する時間&渋滞距離も検索できる!東北道以外の高速道路の渋滞情報も合わせて検索可能 あなたがもっと細かく東北道の渋滞情報を入手したい、または東北道以外の高速道路の渋滞情報を知りたいなら「渋滞予測カレンダー」がおすすめです。 渋滞予測カレンダーとは、NEXCO中日本が用意するサービスであり、中日本の高速道路に限らず全国各地の高速道路で渋滞が発生しやすい日付・時間を予測しています。 例えば、2020年1月2日の東北道の下り線・上り線の渋滞予測を見てみましょう。 検索すると、先に紹介した10km以上の渋滞の他に5km程度の小規模な渋滞も紹介されます。 また一緒に、渋滞を抜けられる時間、時間帯別の渋滞状況までも掲載されています。 また、東北道と一緒に圏央道も利用する方でしたら、上図のように同時検索も可能です。 事前に渋滞情報や渋滞予測を確認すれば何十分、時には何時間も立ち往生になる大渋滞に巻き込まれることなく、スムーズに高速道路を利用できます。 あなたもNEXCO各社が掲載する渋滞予測、または渋滞情報や予測を提供するサービスやアプリを利用して、年末年始の東北道で快適な帰省・帰宅を実現しましょう。

次の

NEXCO西日本四国支社管内の年末年始期間における高速道路の渋滞予測

年末 年始 etc 割引

年末年始の高速道路は要注意!全国各地で大渋滞が予測されます 年末年始の高速道路は、全国各地で大渋滞が予測されています。 では、全国の高速道路は年末年始になるとどれほど渋滞が発生するのか?見ていきましょう。 これは、2019年12月27日~2020年1月5日までに10km以上の渋滞が発生する回数を予測したものです。 下り線を見ると、2019年12月28日~30日に混雑が発生し、2020年1月2日~4日は合計40回も10km以上の渋滞が発生します。 また上り線を見ると、2020年1月2日~4日に渋滞ラッシュが予想されており、全国各地で合計50回以上も10km以上の渋滞が予測されます。 ちなみに、上図の東北道を含むNEXCO東日本が管理する高速道路を見ると、全国と同じく「下り線:2020年1月2日~4日」「上り線:2020年1月2日~4日」で大渋滞が発生します。 あなたが渋滞に巻き込まれないためにも、予め渋滞が予測される日を確認し、自分から大渋滞に飛び込まないよう気を付けましょう。 東北道で渋滞が予測されるスポットを紹介|最大35kmの大渋滞スポットは要チェック! いよいよ、東北道で最も渋滞が予測されるスポットを1つずつ紹介します。 最もピークを迎えるのが11時頃であり、最長15kmになるため渋滞する時間帯を避けましょう。 渋滞情報や渋滞予測を確認せず東北道に入ると、最長35kmの渋滞に飲み込まれるため、時間帯をずらして帰省や帰宅したり他の高速道路や一般道の利用も検討しましょう。 東北道の年末年始もETC割引が受けられます!対象のETC割引は?日にちは? 東北道の年末年始やお正月も、休日割引や深夜割引と言ったETC割引が受けられます。 休日割引 2019年12月28日・29日、2020年1月2日~5日まで対応。 対象高速道路の料金が30%割引。 深夜割引 年末年始、お正月問わず「毎日0時~4時」に利用すれば、対象高速道路の料金が30%割引 平日朝夕割引 ETCマイレージへ事前に登録している方限定。 平日の「朝:6時~9時」「夕:17時~20時」に利用すれば、対象高速道路の利用回数に応じて30%・50%還元。 日にちや時間帯によって、受けられる割引・受けられない割引はありますが、帰省や帰宅時にお得なのはありがたいですね! この他にも、ETC割引や更に詳しい内容を下記に掲載してますので一緒にチェックしましょう。 無料で使える渋滞情報サイトながら、使い方が簡単であり内容も充実しています。 例えば渋滞情報を各地域ごとに分けて見られるだけでなく、これから起きる渋滞予測(1時間ごとに更新)まで行います。 また、工事や点検等で通行止めになっている区間や、雨や風、降雪等の天候による速度制限についても記載されています。 誰でも使いやすい渋滞情報サイトですので、出発前、またはPAやSAの休憩時にアクセスしして渋滞情報や渋滞予測を見逃さないようにしましょう。 高速道路交通情報サイト内のに表示されている規制情報はシステムの都合上、 当面の間「冬タイヤ装着」の区間の規制内容が「チェーン装着」と表示されます。 今回導入された 「タイヤチェーン規制」に基づく「チェーン規制」を表すものではないので、ご注意ください。 【ドラぷらアプリ】スマホで渋滞情報&渋滞予測を簡単検索|ライブカメラ機能&音声機能を搭載した便利なアプリ 続いて紹介するのは「ドラぷらアプリ」です。 こちらはスマートフォン専用の無料アプリであり、ドライブトラフィック同様にスマホ画面で渋滞情報や渋滞予測を確認できます。 その上、「通行止め」「片側交互通行」「チェーン規制」「その他規制」と言った細かい情報も見れる優秀なアプリです。 また冬季限定で、現在地・地域検索で気象情報が確認できるサービスも利用できます。 ライブカメラ機能を使えば、これから走る高速道路状況をリアルタイムで確認できますので、思わぬ事故やチェーンの付け忘れ等がなくなります。 更に、運転中に「ヒヤリ箇所」を音声で教えてくれる機能も搭載! 主に「本線料金所手前などの渋滞多発箇所で、前方に注意が必要な箇所」「長い下り坂や急カーブなど、スピードの出しすぎに注意が必要な箇所」を音声で教えますので、未然に事故を防げますね! 【渋滞予測カレンダー】渋滞する時間&渋滞距離も検索できる!東北道以外の高速道路の渋滞情報も合わせて検索可能 あなたがもっと細かく東北道の渋滞情報を入手したい、または東北道以外の高速道路の渋滞情報を知りたいなら「渋滞予測カレンダー」がおすすめです。 渋滞予測カレンダーとは、NEXCO中日本が用意するサービスであり、中日本の高速道路に限らず全国各地の高速道路で渋滞が発生しやすい日付・時間を予測しています。 例えば、2020年1月2日の東北道の下り線・上り線の渋滞予測を見てみましょう。 検索すると、先に紹介した10km以上の渋滞の他に5km程度の小規模な渋滞も紹介されます。 また一緒に、渋滞を抜けられる時間、時間帯別の渋滞状況までも掲載されています。 また、東北道と一緒に圏央道も利用する方でしたら、上図のように同時検索も可能です。 事前に渋滞情報や渋滞予測を確認すれば何十分、時には何時間も立ち往生になる大渋滞に巻き込まれることなく、スムーズに高速道路を利用できます。 あなたもNEXCO各社が掲載する渋滞予測、または渋滞情報や予測を提供するサービスやアプリを利用して、年末年始の東北道で快適な帰省・帰宅を実現しましょう。

次の

【保存版】年末年始のETC高速料金割引をまとめ|2018年末~2019年始

年末 年始 etc 割引

ETC時間帯割引の種類は3つ! ETCの割引料金サービスはいくつか種類がありますが、時間帯や曜日によって割引されるものは以下の3種類になります。 休日割引 ETC割引のなかでも一番利用されているのがこの休日割引で、 土曜・日曜・祝日に走行すると時間帯に関係なく適用される割引です。 対象車種: 普通車・軽自動車等(二輪車含む)限定です。 割引対象道路: NEXCO東日本/中日本/西日本が管理する地方部の高速道路です。 東京・大阪近郊の区間は割引対象外です。 (対象外区域はこちらを参照) 割引率: 30% 適用可否判断: 高速道路インターチェンジの入口料金所を通過した時刻または出口料金所を通過した時刻のどちらかが、該当日の午前0時から午後12時までの間ならこの割引を受けることができます。 割引適用要件: インターチェンジのETCレーンをETC無線通信により走行することが必要です。 深夜割引 文字通り、夜間(深夜0時~4時)にETCを利用して高速道路を走行した場合に適用される割引です。 平日土日に関係なく深夜であれば毎日割引の対象になります。 また、車種の限定がないのでトラックや夜行バスなど業務用の車でも適用が受けられるのが特徴です。 対象車種: すべての車種に適用されます。 割引対象日時: 毎日午前0時から午前4時まで 午前0時前に高速に入った場合や、午前4時を過ぎて高速を降りた場合も適用されます。 対象道路: NEXCO東日本/中日本/西日本が管理する全国の高速道路 (一部対象外の道路あり) 割引率: 30% 割引適用要件: インターチェンジのETCレーンをETC無線通信により走行することが必要です。 平日朝夕割引(マイレージ) ちょうど通勤時間帯の高速料金が割引になるので「通勤割引」と呼ばれてきました。 ひと昔前は走行する度に割引料金で高速を利用できましたが、現在は内容が変わり直接の割引ではな くETCマイレージポイントで還元される仕組みになっています。 また、 利用回数に応じて割引率が変わるのも特徴です。 割引対象車種: すべての車種 割引対象日時: 平日の朝:6~9時・夕方:17~20時 平日=月曜日~金曜日・祝日を除く 割引対象道路: NEXCO東日本/中日本/西日本が管理する地方部の高速道路です。 東京・大阪近郊の区間は一部割引対象外です。 割引率(ポイント還元率): 月間利用回数5回~9回:約30%割引 月間の走行回数が10回以上:約50%割引 適用条件: 高速道路インターチェンジの入口料金所または出口料金所を6時~9時の間または17時~20時の間に通過すること。 事前にETCマイレージサービスに加入登録が必要です。 この割引は、朝・夕の時間帯それぞれ最初の1回に限り適用されます。 1回の走行距離は最大100kmまでで、100km超分は対象外です。 割引の概要: ETCカードごとに、1ヶ月分 1日から末日迄 の利用回数に応じた割引率が、割引対象区間の通行料金に適用されます。 割引分の受取:割引分(還元分と言います)は、高速を利用した月の翌月20日にETCマイレージサービスに無料通行分として還元されます。 還元分は高速道路の通行料金の支払いに使えます。 (現金での還元はありません) 年末年始・お盆・GWのETC割引は? 年末年始 年末割引はとくにありませんが、1月2日と1月3日は割引対象日となっています。 よって 1月1日(祝日)から1月3日までは割引料金が適用されます ゴールデンウイーク ゴールデンウイーク期間中は、4月29日 昭和の日 ・5月3日(憲法記念日)・5月4日(みどりの日)・5月5日(こどもの日)は祝日ですので割引になります。 それ以外の日は土曜か日曜であれば割引対象になります。 ちなみに2017年(平成29年)の5月GW連休は、5月6日(土)・5月7日(日)ですので、 5月3日から5月7日まで連続して割引が適用になります。 お盆 お盆は8月11日(山の日)のみが祝日で割引になります。 それ以外の日は割引になりません。 2017年8月は、12日が土曜、13日が日曜ですので、 8月11日~8月13日は連続して割引料金になります。 ETC割引が重複した場合の併用は? 休日の深夜に高速を走る場合など、ETC割引が重複するケースがあります。 ETC割引が重複した場合は 割引率が高いものが適用され、2つ以上の割引を併用することは基本的にできません。 ETC割引の料金計算はカンタン! 休日割引、深夜割引などを適用した場合の高速料金がいくらになるかは、NEXCO各社が公開しているホームページで簡単に確認できます。 料金計算方法• 高速道路会社のホームページにアクセス• 地図を見ながら、出発IC・到着ICを選択• 出発予定日・出発時刻(高速に入る時刻)を入力 自動でルートを検索し概算料金を表示してくれます。 ちなみに、割引された料金は1円単位が四捨五入されます。

次の