くるり ポイ。 スーパーでトレーを捨ててくる迷惑行為「くるりポイ」を考える!|NEWSポストセブン

くるりポイとは何のこと?スーパーでのマナーあなたは大丈夫?

くるり ポイ

お肉や魚の汁が他の商品についてしまう可能性もありますし、ゴミ箱自体が不衛生なものとなってしまうのでマナー違反な行為と言えますよね。 サッカー台は購入した商品をレジ袋に詰める場所ですから、他のお客さんの迷惑にもなります。 しかしながら、全く減っていく様子がない、この行為。 今回の記事では、不衛生なのに一向に無くならない「くるりポイ」について掘り下げてみたいと思います。 なぜこのようなことをするのか? お店側は何か対応策は行っているのか?なども考えてみたいと思います。 naver. トレーを捨てられているお店の対策は? 多くのスーパーでは、店内のゴミ箱から内容物を回収して、燃えるゴミや、紙類、ペットボトル、空き缶、食品トレーなどを分別しているそうです。 従業員が使い捨ての手袋をつけて分別作業をしていると、捨てられているものの多くが食品トレーであり、しかも焼き肉のたれが付いたものや、色々な汁が混じった、不衛生なものが多いといいます。 中には、従業員がわざわざトレーを洗浄して、リサイクルに出しているところもあるのだそうです。 「トレーを捨てないでください」と張り紙をするお店もあるようですが、ゴミ箱は 来客へのサービスであるために、ゴミ箱自体を撤去してしまうお店は少ないようですね。 html お店側も対応に悩んでいるのが現状といえそうです。 「くるりポイ」を見かけた、みんなの反応は?• ラップにくるんで、トレーを捨てている人をみると、自分はやらないけれど、本心は私もやりたいと思っている。 商品の見栄えとかを考える前に店側は、どうしてこういうことをするのか考えてほしい。 包装がかさばるから・トレーを洗うのが面倒だから。 お肉を真空パックで販売しているスーパーは賢いと思う。 くるりポイは高齢まではいかないおばさま方に多い様子。 トレーはゴミではありません。 何のために分別というルールがあるのでしょうか? 自分だけが良ければいいと思っているのですか?怒• コンビニのごみ箱には家庭ごみが捨てられ放題。 しまいには自転車まで放置される始末。 kirei-no-moto. お店側としては、果物や野菜などが少しでも傷んでいると、お客さんからクレームが出てしまいます。 それを最小限にするために、食品トレーを使ってきたという側面があります。 衛生的で統一された品質を保つために、店頭で並ぶ前の食品加工部門で食材を処理してトレーに入れて包装しています。 それを変更するためには、食品加工部門の包装機械を新しくしなくてはいけません。 なので、一時的にコストアップや不便が起こってしまうことを消費者が理解する必要があります。 そして、日本全国のスーパーまでそれを普及させるのには、まだまだ時間がかかりそうです。 簡易包装を実践しているお店では 生活協同組合コープや東急ストア、西友などのスーパーでは、トレーを使わずに包装した精肉類が販売されているようです。 真空パックで販売すれば、お肉の消費期限を長くできるというメリットもあります。 sankei. html ノントレーの商品を買うことで、一年で30リットルのゴミ袋で10袋分ほどのゴミを減らせると言われています。 ノントレーで販売することやレジ袋の配布を減らすことで、環境負荷の削減にも効果があります。 海外産の精肉を現地で真空パックにすると、加工や流通のコストを下げることができますし、日持ちの向上というメリットもあります。 現時点では、トレイに載って販売されていることが当たり前となっているので、それを変えていくのには時間がかかるかもしれません。 しかしながら、環境保全や消費者の求める形に近づけるためにも、スーパー側も早急に対策を考えてほしいものだと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか? 最近、問題となっている「くるりポイ」の現状。 私も、お肉を袋に移してトレーを捨てているおばさんを見たことがあります。 サッカー台に肉汁がこぼれたりするだろうから、迷惑だなぁと思っていましたが、くるりポイをする側の人にも、買い物の荷物を減らしたいといった理由があったのかもしれませんね。 くるりポイをして、汚れたトレーをゴミ箱に堂々と捨てて帰る人のマナーも問題ですが、過剰ともいえるトレーの使用も改善するべきだと感じます。 スーパー側も、少しづつトレーを使わない簡素化した包装にシフトしていってほしいと思います。

次の

くるりポイ問題

くるり ポイ

スポンサーリンク くるりポイの汚さについてSNSはこんな感じで沸いている! くるりポイする人わけわからん ゴミ箱臭くなるし 特に夏は匂い以外の雑菌の繁殖も気になるしくるりポイする時にサッカー台に汁こぼすし 食品を扱う以上店側はめっちゃ仕事が増えるし そもそもサッカー台にオムツしてる子供座らせたり待ってる間にサッカー台に腰掛ける爺さんとかいる — てんてん titiuu168149 くるりポイってさ すんごい田舎のじじばばもやらないよ やってる人みてると惨めだなって思う — あーさん olovolo くるりぽいをする人たち。 あんな他人の迷惑考えない、マナーのない人たちが子育てや、孫の面倒みるなんて、ろくな人間育たなそう。 ゴミが増えるの嫌なら、自宅で洗浄して無料回収ボックスに入れれば良いのでは?教養がないって怖い。 — 白玉団子 shiratamadanggo これ。 ひどいわ。。。 俺はみたことないが。。 てめえの買ったものは責任もって自分で捨てろよ。。 スーパーにしたら魚や肉の汁がそのまま他のゴミと一緒になるわけですから汚いです。 お客さんの立場からしてもスーパーの透明ビニールがキレイと思っているのはどういう思考なのか? 鮮魚、精肉場で衛生面に配慮して包装してくれた魚や肉をわざわざ汚い手で触り、雑菌のついた透明ビニールに直に入れて家に持ち帰るわけですよね…。 よほど自分で食中毒の可能性を上げたいのかな……。 スポンサーリンク くるりポイは汚い? グッドラックで話題のネタが炎上中! のまとめ スーパーも企業ですから消費者に安全安心、衛生面に気を付けて私たちに食料品を提供してくれているわけです。 何もかも正解なやり方なんてないですけど、雑菌がいるのは空気中だし、その雑菌の中に敢えて生魚や生肉をさらすのはどう考えても汚いし衛生的に危ないよ…。 理科や保険体育で学んでいるはずなんだけどなぁ。 SNSでも話に上がってましたけど、くるりポイが原因で食中毒になってもスーパーに責任だけは押し付けないで欲しいですよね。 というか、くるりポイをもし子供さんにやらせてたりしたら「ノロウィルス」とか本気でヤバそう! 世のお母さん方は、しっかり考えてみてほしいです。

次の

くるりポイは汚い?グッドラックで話題のネタが炎上中!

くるり ポイ

スーパーで肉や魚を買った客が、商品のラップをくるりと外して中身を包み、トレーは店内のごみ箱にポイ。 この「くるりポイ」行為を報じた「あなたの特命取材班」の記事を受け、インターネット上で容器包装のあり方が議論になっている。 削減が国際的な課題となる中、消費者は何を求めているのか。 意見の一部を紹介する。 記事をヤフーニュースで公開した11月、コメント欄には約4700件の意見が寄せられた。 「私も見た」との目撃情報、マナー面や衛生面で問題視する声に加え、議論は「なぜ『くるりポイ』をする人がいるのか」にも及んだ。 理由の一つに挙がったのが、トレーの分別収集の分かりにくさだ。 は市町村に分別収集の「努力義務」を課しており、対応はさまざまだ。 福岡市では燃えるごみだが、北九州市では資源ごみ。 白色トレーを分別する自治体もあり、「洗浄や乾燥に手間がかかりすぎて、店に捨てる人もいるのだろう」と推測する意見も。 来年7月からはが義務付けられる予定だが、「トレーがかさばって持参した買い物袋に入りきらない」との不満も噴出していた。 家庭ごみを減らしたい高齢者の事情も垣間見えた。 「買った物をカートに積み、バスで家まで運ぶ。 少しでも荷物を減らしたい」「有料のごみ袋がすぐ満杯になる。 ごみ出しも大変」 商品の見栄えを良くする「上げ底トレー」、野菜や果物を保護する「念のためトレー」、個包装の菓子をさらに包む「おもてなしトレー」などの丁寧すぎる包装についても、店側に簡素化を求める意見が相次いだ。 一方で、店側にも言い分があるようだ。 「無駄な経費になるトレーなど、本来なら自分たちも使いたくない」 「レジを素早く通して客の待ち時間を短縮し、クレームを最小限にするための店側の気遣いでもある」 「消費者のニーズである衛生的で均一化された品質、安定価格を実現するために、中間センターで食材処理や包装をする仕組みができあがってきた。 変えるには、不便やコストアップを容認する消費者の意識の変化も必要」 確かに「野菜が少しでも傷んでいると苦情が出るので、トレーに入れる」というコメントもあり、多様なニーズの板挟みとなっている様子だ。 しかし、消費者からは「トレーか袋かを選べるといいのに」「簡易包装でトレーに載せて売り、トレーは店が回収を」などのアイデアも。 容器持参で買いたいという声や、トレー価格の上乗せを容認する声も少なくなかった。 不便やコストアップを受け入れる意識改革は、少しずつ進んでいる。 イメージ図 真空パックの簡易包装をする店も 一部のスーパーは既に、肉を袋詰めにした「ノントレー販売」を導入している。 関東で展開するディスカウントスーパー「オーケー」(横浜市)は約10年前から、主に鶏肉、ひき肉、豚肉の切り落としをポリ袋や真空パックで販売している。 トレーに比べ資材コストは削減できるが、や人件費などを含めると、コストアップするという。 だが客の反応は「家庭ごみが減った」「環境に配慮している」と上々。 担当者は「店内のごみ箱がトレーで満杯になることもなくなり、狙い通り」と話し、今後の商品開発でも簡易包装を進めていく考えだ。 全国でスーパー「西友」や「サニー」を運営する西友(東京)も、2009年から肉の一部を真空パックで販売している。 トレーやラップの使用量は4年間で26%減少。 今年11月には鶏肉の新商品を発売し、さらに年間8トンの削減を見込んでいる。 西友がノントレーに取り組むのは、親会社の米小売り大手「ウォルマート」が、環境負荷の少ない経営を目指していることが背景にある。 しかし、メリットは環境面にとどまらないという。 西友によると、海外産の肉を現地で真空パックにすることで、消費期限が従来より4日程度長くなり、加工や流通の中間コストも削減でき、商品価格を約10%下げられた。 価格競争には限界がある。 「環境負荷に配慮」という新たな魅力で他店との差異化を図っている。 (山田育代).

次の