足 の 指 の 付け根 が 痛い 女性。 足の親指の付け根のしこりが痛い。腫れがひどい場合は疲労骨折の可能性あり!

歩くと足の付け根が痛い!女性に多い『変形性股関節症』にご注意を!

足 の 指 の 付け根 が 痛い 女性

外反母趾と偏平足、種子骨炎は互いに関係し合っている 外反母趾は、長時間靴を履いていることで起こりやすくなる症状ですね。 圧倒的に女性に多く、10歳代と40歳代が好発年齢と言われます。 10歳代の場合、遺伝的な要因も指摘されていますよ。 オフィスで仕事をしている方は、1日中ハイヒールで過ごす場合もあるでしょう。 普段、ファッションの観点から好んで履いているのかもしれませんね。 特にハイヒールなど 先の細い靴を日常的に履いている方は要注意。 また 足のむくみなどにも関係してサイズが実際よりも小さめの靴を履いていることでも発症しますよ。 体重が増加したり足の筋肉が弱っていることも考えられますね。 これらの理由から、足の親指が外側に曲がり、いわゆる外反位に強制されてしまっているんです。 親指が働きにくくなることで、元の位置に戻すことができなくなり、症状は進行するばかり。 外反母趾が原因となって偏平足に進行する場合やもともと 偏平足の傾向のあった方が外反母趾になっていくこともあるんです。 親指の痛みで言えば、 種子骨炎もよく起こる症状です。 親指の根元にある種子骨という小さい骨の周りに反復して負担がかかることで炎症が起こるものですね。 やはり ハイヒールや足に合わない靴を履いていることで起こるとされています。 また外反母趾と偏平足が種子骨炎の原因になることもありますよ。 外反母趾と偏平足、種子骨炎は互いに関係し合っているんですね。 そしてこれらが原因となり、更に 足首や膝の症状に進行することもあります。 オーバープロネーション(足首の過剰回内)や変形性膝関節症(外反膝:X脚)です。 オーバープロネーションは、足首の関節がゆるくなり、踵の部分が「くの字」に曲がってしまう症状です。 膝にまで影響し、 変形性膝関節症(外反膝:X脚)を引き起こすこともあります。 X脚は、O脚とは逆の変形のことですね。 足の長い現代人では、重心が膝の外側に落ちやすくなることからもX脚の傾向が増加していると言われていますよ。 では外反母趾や偏平足を予防、改善するテーピング方法について説明していきましょう。 親指の内側の症状に効果的な3種類のテーピング 今回のテーピングでは、 キネシオテープを使いますよ。 従来の固定を目的としたホワイトテープ(伸縮性なし)のテーピングと違って、伸縮自在なのが特徴なんです。 関節や筋肉の動きを妨げず、それぞれの機能を上手に引き出してくれるのがキネシオテープです。 全体の長さの20%程度を伸ばしながら貼っていくのがコツですよ。 今日使うのは25mmのものと50mmのものですので、50mmのものを半分に切ると便利ですね。 では早速キネシオテーピングの方法を見ていきましょう。 外反母趾のケアが必要(1本目) まずは外反母趾のケアをしていきましょう。 母趾外転筋と言って親指を開く役割がある筋肉を働きやすくします。 25mmのキネシオテープを使いますよ。 長さは女性なら10cm程度でいいでしょう。 土踏まずの一番高いところの延長線上に骨のでっぱりがあります。 舟状骨と言います。 これが目印になるので黒丸をつけていますよ。 縦に30mm程切れ目を入れて準備完了です。 親指にYの字になるように貼り付けます。 できるだけ親指を開きます。 そして20%程度引っ張っていきますよ。 舟状骨(黒丸)のすぐ下を通過して内側のくるぶしの下まで来るように貼れたら完成です。 足の指を動かしやすくすることが重要(2本目) 次に 足の横アーチを作って足の指を動きやすくするテーピングです。 同じく25mmのキネシオテープを使いますよ。 長さも先ほどと同じで、女性なら10cm程度でいいでしょう。 親指の付け根の関節と小指の付け根の関節に黒丸を付けてあります。 最初に足の指でグーを作っておくのがコツですよ。 親指の黒丸の手前にある骨に引っかけるようにして貼り始めます。 20%ほど引っ張りながら足の裏を通って小指の骨に引っかけるように貼れたら完成です。 偏平足を解消しよう(3本目) 続いて 足の縦アーチを保つテーピングです。 幅は50mmのものを使います。 慢性的な偏平足の予防や緩和を図る目的ですよ。 足の裏から貼り始めて舟状骨に向かって伸ばす 足の裏を通して内側のくるぶしに向かう 足の裏を通って、内くるぶしに向かって伸ばします。 またぐテープと直角に交差する角度にするのがコツですよ。 内くるぶしを包んで、そこから10cm上まで貼れたら完成 これらのテーピングを試しても痛みが続く場合や足首や膝の症状がみられる場合はかなり症状が進行していることが考えられます。 整形外科を受診してみられることをおすすめします。 痛風性関節炎と糖尿病性足部障害は早期発見が大切 痛風と糖尿病はとても厄介な疾患です。 痛風性関節炎は、 足の親指の付け根の関節(MTP関節)に好発し、激痛で知られる症状です。 発赤や腫脹も伴いますが、 最初は軽い打撲程度のものから始まることも多く、すぐにそれとは気付かれないこともあるようですね。 糖尿病性足部障害は、神経障害を伴う糖尿病患者にみられる症状です。 外傷のほか、火傷、足白癬(水虫)が誘因になり、同じく 足の指の付け根の関節に潰瘍や壊死を生じさせます。 足の指の裏という見えにくい場所であること、神経障害によって感覚が鈍くなっていることから最初は見過ごされがちです。 進行してからでは取り返しがつかないことがありますので、日ごろからのフットケアと観察が重要ですね。 これらの疾患でも足の指に症状を出すことがあります。 しかし骨関節系の疾患とは異なりますので 、内科での専門的な治療が必要になります。 悪化させないためにも早めの受診をおすすめします。 いかがでしたか? 最初は些細な症状かもしれません。 しかし今日お話しした症状は放っておくと別の場所にも影響を与えかねません。 また異なった重篤な病気の症状であるかもしれません。 早めの対処をおすすめします。 それではあなたの足の症状が1日でも早くよくなることを願ってこの稿を終わりにいたしたいと思います。

次の

指が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足 の 指 の 付け根 が 痛い 女性

指は頻繁に使う部位であるため、日常生活で痛みを感じる場面も多いことでしょう。 また、痛みによって不便を感じやすい症状であるともいえます。 何もしていないのに指がズキズキと痛みようになった• 指の痛みのほかにビリビリとしびれるような感じがある• 物を掴んだり握ったりすると指の関節に強い痛みがでる このような場合、どういった原因が考えられるのでしょうか。 指の痛みの原因となる病気・ケガ 指の痛みは何らかの病気やケガが原因となって起こる場合があります。 関節や骨の病気・ケガ 指の痛みが症状として現れる関節や骨の病気・ケガには、主に以下のようなものがあります。 変形性関節症 とは、体の関節の骨を覆う軟骨がすり減る病気のことで、指の関節にも起こります。 多くは、指の第1関節に起こりますが、まれに第2関節におこることもあります。 症状として、初期では物を掴んだりするときに痛みが現れることがあります。 進行すると発症した関節が腫れて曲がったり、何もしていなくても痛みが現れるようになります。 親指の付け根にが起こると、初期に親指の付け根付近にだるい痛みが出ることが多く、進行すると包丁を使う動作や瓶のふたを開ける動作など、親指を使う動作で強い痛みが現れることがあります。 また、関節が外れかかることもあり、その場合には骨のでっぱりを自覚するようになります。 突き指などのケガ は、軽い ねんざ から 靭帯 じんたい の損傷や 亜 あだっきゅう (関節が外れかかった状態)、まで、さまざまな状態が含まれます。 その中で、第1関節が曲がってしまい自力で伸ばすことができない状態を 槌指 ついし (あるいはつちゆび)といいます。 腱鞘炎 けんしょうえん とは、腱鞘という部分に炎症が起こる病気で、指に発症するものを、手首に発症するものをといいます。 では、指の付け根に痛みや腫れ、熱感を感じるのが一般的で、症状が進行すると指の屈伸運動ではねかえるような動作「ばね現象」が伴うようになり、さらに進行すると、指を曲げると、自力では伸ばせなくなり、反対側の手で伸ばすとのびるような状態になります。 では、親指を動かすなどの動作で手首にズキズキとした痛みを感じます。 受診の目安とポイント 皮膚や全身の症状を伴う場合、激しい指の痛みがある場合には、早めの受診を検討しましょう。 また、日常生活に影響のない程度の痛みであったとしても、続く場合には一度受診しておきましょう。 原因によって専門の科目が異なりますが、指の痛みが主な症状である場合にはまずは整形外科でよいでしょう。 受診の際は、どこが痛むのか、痛みのほかにどのような症状があるのか、症状が長く続いている場合にはその経過など、わかる範囲で詳しく医師に伝えると診断に役立ちます。 日常生活上の原因と対処法 日常生活での指の動作が原因となって痛みが現れることもよくあります。 指の使いすぎ 指を使いすぎると負荷がかかり、筋肉や腱が疲労したり傷ついたりして痛みが生じるようになります。 そのまま使いすぎてしまうと、など関節の病気を発症する可能性があるため注意が必要です。 指に負担がかかっていると感じたら 指の使いすぎが原因で痛みが現れているなら、できるだけ痛みのある指を使わずに安静にすることが対処の基本です。 仕事などでどうしても指を使わなければいけない場合には、一度医師に相談してみましょう。 スマートフォンの持ち方のくせ スマートフォンを持つ際、下の面を小指で支えているという人は多いのではないでしょうか。 このような場合、小指に負荷がかかり続けるので、疲労などから特に小指の付け根あたりに痛みが現れることがあります。 また、小指が変形したり、しびれたりすることもあります。 手に負担をかけない持ち方 スマートフォンの持ち方が影響していることから、小指で支えないように持つことが第一です。 片方の手の平全体でスマートフォンを支えて、もう片方の手の指で操作すると負担なく使用できます。 良くならない時には 指に負担がかからないように心がけても痛みがなくならない場合、思いもよらぬ原因が潜んでいる場合もあります。 一度整形外科で診察してもらうようにしましょう。

次の

【画像あり】足の親指の付け根の痛み閲覧ありがとうございま...

足 の 指 の 付け根 が 痛い 女性

変形性股関節症は中年期になって発症する 変形性股関節症は、 先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全など先天的な障害が原因になって起こることがほとんどです。 もともと 臼蓋(きゅうがい:股関節の屋根の部分)が浅く、大腿骨頭がうまく入っていないことから起こります。 このため股関節が不安定になり、 力学的な負担から股関節の変形を引き起こすのがそのメカニズムなんです。 また子供のころから股関節に問題があっても 実際に深刻な症状が出るのが中年期になってからということが多い疾患です。 特に女性に頻度が高く、特に股関節周囲を酷使(立ったり座ったり、重いものを抱えたり)すること多い人に出現しやすいと言われています。 職業的には、看護師さんや介護士さん、保育士さんなどが多く見られますね。 【パトリックテスト】• 仰向けの姿勢になる• 痛い方の足(患側)を曲げ、反対の足(健側)の膝の上にのせる• 足が4に字の形になる• 患側の膝を床面の方に(下に)押さえつける• 股関節部の痛みが増強するなら陽性(股関節の疾患) 一方、股関節に痛みが出ず、骨盤の後(仙腸関節)に痛みが出る場合は、 他の疾患(仙腸関節炎など)である可能性が出てきますね。 また痛みの変化がなく、骨盤部にも痛みが出ない場合は、 鼡径部のリンパ腺の腫れが原因である可能性も出てきますね。 リンパ節のしこりもいっしょに見られることが多いですね。 この場合、鼡径リンパ節より下の下半身に何らかの感染が起きていることが考えられますので、早めに 内科や泌尿器科を受診することをおすすめします。 また腹圧が高まったときに鼡径部から腸管が飛び出してくる 鼡径ヘルニアという病態もあるので注意が必要です。 この場合は、 消化器外科を受診することをおすすめします。 立ったり歩いたりしている時の姿勢にも異常がある もう一つの見分け方を紹介しましょう。 立ったり歩いたりしている時の姿勢です。 臼蓋(股関節の屋根の部分)は、骨盤を前に倒す(前屈み)ことで少し広くなります。 こうすることで股関節の安定感が増し、体重を支えやすくなります。 これを代償動作と呼んでいますが、 変形性股関節症がある場合、この前屈みの姿勢をとることが多くなるんです。 骨盤を前に倒すことで腰椎を必要以上に前弯させて上体を起こさなければならなくなります。 こうして 腰部にも負担をかけることで変形性腰椎症を引き起こし、腰痛まで併発することが多いんですね。 あとは股関節の安定が損なわれることから、悪い方の足で立ったときに反対側の骨盤が下がる トレンデレンブルグ徴候やあらかじめ骨盤が下がらないように悪い方の足と同じ側に体を傾ける デュシェンヌ徴候と呼ばれる姿勢もあります。 トレンデレンブルグ徴候なら、右が悪いときは左に体が倒れます。 またデュシェンヌ徴候なら、右が悪いときは右に倒れるので異常を感じることができるんです。 股関節の内転筋と伸展筋が弱くなっている 最後に 弱くなっている内転筋(太ももの内側の筋肉)と伸展筋(お尻の筋肉:大殿筋)を鍛えましょう。 そうすることで 大腿骨頭の位置を整え、股関節を安定させることができますよ。 膝と膝の間にゴムボールなどをはさんでブリッジ運動(お尻上げ)を行います。 ボールをしっかり挟んで落とさないようにするのがコツです。 股関節全体がしまる感じがしますよ。 いかがでしたか? 足の付け根、すなわち股関節は上半身と下半身をつなぐ大切な役目を果たしています。 不安定となり痛みが出ることで日常のあらゆる動作が制限されてしまいます。 異常を感じたら早めにケアしていきましょう。 あなたのつらい症状が1日でも早く改善されることを願ってこの稿を終わりにします。

次の