サジェスト汚染 対策。 サジェスト汚染対策3つの方法|業者依頼時の料金や自力で対策する手順

サジェスト対策【Yahoo・Google】汚染・表示施策

サジェスト汚染 対策

サジェストの仕組み GoogleやYahoo! などで見られる「サジェスト」。 英語でsuggestとは「示唆する」「提案する」といった意味があり、検索エンジンの「サジェスト」は検索するユーザーが調べたいと考えているワードを、検索エンジン側が予測し、提案する機能の事を言います。 引用: 例えばGoogleを使い、東京都品川区で「桜開花」と検索フォームに打ち込むと、サジェストの一番上に「桜開花 2020 東京」と表示されます。 これは、東京都品川区にいるユーザーが「桜開花」と検索した場合、「2020年」の「東京の桜の開花時期」を知りたい可能性が高いとGoogleが判断しているためです。 Googleがサジェストに表示させるワードの選定方法については、厳密な詳細情報が公開されている訳ではありませんが、基本的に 「検索ボリューム(月間の検索数)」や「ユーザーの位置情報」などが選定方法に大きく関わっていると言われています。 引用: 同じくYahoo! のサジェストで「桜開花」と検索した際のサジェストです。 Yahoo! のサジェスト機能は、公式には「キーワード入力補助機能」と呼ばれており、サジェストに表示されるワードの選定については下記のような説明があります。 [「関連検索ワード」の情報は、Yahoo! 検索の利用者が入力したキーワードや、その組み合わせを機械的に収集・処理した結果をもとに、検索キーワードの組み合わせなどを自動的に表示しています。 引用:] Yahoo! の方も、Googleと同じように「利用者が入力したキーワードや、その組み合わせ」などのデータが反映されると述べています。 これらの事より、大手検索エンジンのサジェストに表示されるワードの選定には 「多くのユーザーがその検索ワードとセットにして検索したワード」が大きく関わっていると言えます。 サジェスト汚染とは? それでは、ユーザーの検索を助けるサジェスト機能の「汚染」とはどういうものでしょうか?下の写真は、とある企業名を検索した際に表示されるサジェストです。 引用: 会社名の隣に、「ブラック企業大賞」や「裁判」と表示されていますね。 事前情報のない企業の事を調べる時に、「ブラック」や「裁判」などのワードがサジェストに表示されていると、「この会社はブラック企業なのかな?」と疑ってしまうユーザーがいてもおかしくはありません。 もしも就職活動をしている人がこのサジェストを見たら、「ここに応募するのはやめよう」と考えてしまう可能性もあります。 表示されている情報の真偽を確かめるよりも先に、「ネガティブなワードが表示されているという事は、この会社にはそういったワードが表示されるような理由があるのではないか」と考えるのが多くのユーザーの心理です。 こういった、 検索した相手にネガティブなイメージを持たせてしまうワードがサジェスト欄に表示されてしまう現象の事を、「ネガティブワード=汚れ」と置き換えて「サジェスト汚染」と呼びます。 サジェスト汚染を放置するとどうなる? 大手検索エンジンは、インターネットを利用する人であればほぼ全ての人が利用すると言っても過言ではないくらい、毎日大勢の人が目にする場です。 何度も言うように「サジェスト機能」は、特定の検索ワードから連想できる(関連のある)言葉を提案するもの。 会社名のサジェストに「ブラック」と表示されるという事は、 真偽に関わらず「その会社がブラック企業である」というイメージを毎日大勢の人々に広告として発信しているのと同じようなものです。 サジェスト汚染をそのままにしておくと、先ほど少し述べたように採用活動に影響があったり、取引関係にも影響が出てきたりします。 メーカーや小売店の場合は、汚染ワードによっては不買運動に繋がる事もあるでしょう。 個人名で検索した時のサジェストが汚染されていた場合は、自身の就職や結婚などで思わぬ壁になる事もあります。 また、ユーザーが検索を行う際に、サジェストに表示されたワードをクリックする確率は高く、 放置する期間が長ければ長いほど多くのクリック数を集めてしまいます。 その結果、検索エンジン側に「クリック数が多い=需要が高い」と判断されてしまい、対策できる確率も下がってしまうという悪循環が生じます。 サジェスト汚染を受ける原因は? 企業や個人に思い当たる事件や事実がないにもかかわらず、なぜサジェストが汚染されてしまうのでしょうか?過去にサジェスト汚染がおこった2つの事例を元に、サジェスト汚染が発生する原因を見てみましょう。 サジェスト汚染に「やり方」が存在?人為的に引き起こされる場合 サジェストに表示されているワードは、先述の「サジェストのしくみ」の部分でも述べた通り、検索エンジンが「検索ワードに強い関連がある」「検索ワードと合わせてユーザーからの需要が高い」と判断したワードとなります。 この仕組みを逆に利用(悪用)すれば、理論上は人為的にサジェスト汚染を引き起こす事は可能と言えます。 2012年から本格的に行われていた、ある弁護士が受けた一連のサジェスト汚染事件は、一部のなんJ民(2ちゃんねるの掲示板「なんでも実況J板」の住民)を中心とした 複数の人物が人為的に引き起こしたものだと言われています。 (参考:) 思いがけないサジェスト汚染が起こった事例 2013年頃から2015年まで、人気アプリゲームと世界大手のアイスクリームチェーン店がコラボを行いました。 その結果、ネガティブな意味合いで話題になり、アイスクリームチェーン店の名前をGoogleやYahoo! で検索した際サジェストに「まずい」「毒」などと表示されてしまったという事件があります。 アプリゲームと飲食店のコラボはそう珍しいものではないにも関わらず、なぜこのような事態になってしまったのでしょうか?その理由は、コラボ内容とネットでの情報交換が関係しています。 コラボ内容は、一定期間にゲーム内でコラボダンジョンをプレイする事ができ、そのダンジョンをクリアすると自分の手札の強化に必要な素材が手に入る、というもの。 当時は最後のコラボ期間という事で、通常より効率良く強化素材が手に入るとユーザーに思わせるような説明が追加されていました。 アプリのユーザーにとって、短時間で効率よく手札を強くできるのは都合が良い=「うまい」話ですよね。 しかし実際にコラボが開始すると、その結果はユーザーの期待に届かない内容である事が明るみに出ました。 この「まずい」は当然、コラボしたアイスクリームの味ではなく、「コラボ内容の都合が悪かった」という意味です。 さらに、コラボダンジョンのボスが強く、ダンジョンを効率よく周回するには敵を「毒」状態にすると良いという情報をユーザー同士がSNSや掲示板で教え合いました。 コラボは一時的なものであり、現在のサジェストは浄化されているものの、 若者だけではなく子どもやファミリー層まで幅広い年代が好む飲食店のサジェストに「まずい」「毒」と表示され汚染されてしまった期間は大きな被害があったのではないかと想定されます。 汚染状態のサジェストを浄化するには それでは、実際に汚染されたサジェストを浄化する方法について見ていきましょう。 サジェスト汚染ワードは申請すれば削除できるのか サジェスト汚染を引き起こしているワードは、法律に違反していれば法的な手続きで削除できる可能性があるとはいえ、 検索エンジン側はユーザーの「知る権利」なども尊重しているため、実際に起きてしまった「事件」や直近の「逮捕」などのワードは削除を拒否されてしまう場合もあります。 (参考:) 汚染ワードとして明らかに本人の特定が可能かつ公開されていない個人情報が出現してしまった場合や、虚偽の情報が出現してしまい、そのせいで実害が出ている場合など 明らかに法律に違反していると証明できるケースでは削除対応の余地がありますので、まずは個人でもできる削除申請方法を紹介します。 個人で削除する方法 サジェストワードの削除申請は、基本的にサジェスト汚染によって被害を受けている本人のみ行う事が可能です。 今回は日本で1位・2位のシェアを誇る検索エンジンであるGoogleとYahoo! のサジェストが汚染されてしまった場合を想定し、これら2つの検索エンジンのサジェスト削除依頼手順を見ていきましょう。 Googleサジェストの削除申請手順 Googleのサジェストが汚染されている場合は、こちらのGoogle公式ホームページにあるから削除申請を行うことができます。 引用: まずは「居住国」「戸籍上の姓名」「会社名(企業の場合)」「連絡先メールアドレス」といった自分や企業の基本情報を入力します。 こちらの部分の記入がとても大事になりますので、 漏れや入力ミスのないようにしっかり丁寧に記入するようにしましょう。 暴力的または残虐な内容の検索候補• 露骨な性的表現、下品な表現、冒とく的な内容を含む検索候補• 特定の集団に対して差別的な内容の検索候補• 著名人に対する不適切かつ中傷的な検索候補• 危険な検索候補 参考: 最後にデジタル署名をし、reCAPTCHAのチェックボックスをオンにして送信すれば削除の申請は終了です。 タイミングにもよりますが、 早ければ1週間~2週間程度でGoogleから削除可否の返答が来ます。 Yahoo! サジェストの削除申請手順 Yahoo! のサジェストに表示された汚染ワードの削除申請は、Yahoo! 公式サイトにある「」から行う事ができます。 引用: 引用: 確認事項をチェックして「次へ」を押すと、Yahoo! のどの検索について問い合わせしたいかを聞かれます。 今回はサジェスト削除の申請なので、一番下の「関連検索ワードの情報提供」を選択し、また「次へ」に進みましょう。 引用: 「検索結果ページのURL」の欄には、検索結果のアドレスバーに表示されるURLを記入します。 続いて「関連検索ワード」の欄に、サジェストに表示されている汚染ワードを記入しましょう。 最後に「詳細」という欄に削除希望の理由を書きます。 こちらもGoogleの申請と同様、ワードがどんな法律に違反しているのかを分かりやすく記入しましょう。 最後に確認ページで記入漏れがないかをチェックし、「送信」を押せば申請は終了です。 Yahoo! の方ではメールアドレスなどの記入がなかった事からもわかるように、 削除可否についてYahoo! 側から申請者に連絡が来ることはありません。 削除可能の判断がされた場合は、 最短で1日~大体1週間程度で対応が行われます。 削除申請が通らなかった場合の対応策 さて、GoogleやYahoo! に汚染されたサジェストワードの削除申請を行う方法を確認しましたが、申請を成功させるには 「どういった汚染ワードが法律(または検索エンジンの運用ポリシー)に違反しているのか」を正しく見極め、証明し、検索エンジン側に理解してもらわなければなりません。 被害を受けている本人が個人で削除申請をして対応してもらえるのが一番良い事ですが、もしも申請が通らなかった場合は、 インターネットのトラブルに対応できる弁護士や誹謗中傷・風評対策の会社に相談してみるといった対応策があるという事を覚えておくと良いでしょう。 プロに依頼して削除する 個人で削除する方法を説明する際に「サジェストワードの削除申請は、基本的にサジェスト汚染によって被害を受けている本人のみ行う事が可能です。 」と記述しましたが、例外的に 被害を受けている本人からの要請により、削除申請の代行を行えるのが弁護士です。 「サジェスト汚染だと思うけど、これが法的に削除可能なのか自分では判断できない」「法律を熟知している人に頼んで削除申請が通る確率を上げたい」と考えている方は、インターネットトラブルに強い弁護士に相談してみる事をオススメします。 サジェスト汚染と思われるワードを法律に照らし合わせてみた結果、どうしても違反とは言えなかった場合でも諦めてしまうには早いと言えます。 法律で削除が不可能だった場合は、誹謗中傷や風評の対策をしている会社に相談してみる事も選択肢のひとつである事を覚えておきましょう。 誹謗中傷・風評対策の会社は弁護士のように「削除申請代行」はできません。 しかし、それぞれに独自の技術を持っており、インターネットのトラブルを解決する手助けをしています。 誹謗中傷・風評対策の会社を選ぶ際はたくさんありますが、実績はもちろん、対策にかかる金額や対策の方法などをしっかりヒアリングし、自分の状況に一番合った会社を選ぶようにしましょう。 まとめ|サジェスト汚染の放置は絶対にNG!見つけたらすぐに対策を! サジェスト汚染は、人為的に引き起こされる場合もあれば、思わぬ事故によって引き起こされてしまう場合もあるため、いつ被害を受けてしまうか予想がつかないものです。 しかし、 サジェストは毎日大勢の人が見る場所であり、汚染の放置期間が長くなれば長くなるほど被害は大きくなるものだと認識しておきましょう。 サジェストの削除申請は、被害を受けている本人であれば無料で行う事ができますので、汚染を発見したらすぐに対応する事をお勧めします。 個人で削除申請を行う事が難しい場合は、弁護士に依頼をし、法的な対応をしてもらうと安心です。 法律に違反していないと判断された場合やどうしてもまとまった予算の都合が付かない場合などは、誹謗中傷・風評対策の会社に相談しましょう。

次の

サジェスト汚染は名誉毀損?相手を特定・逮捕できるのか解説

サジェスト汚染 対策

サジェスト汚染• サジェスト汚染とは、検索エンジンのサジェスト機能を悪用した印象操作です。 個人名や企業名とともに ネガティブなキーワードが検索候補に表示されます。 サジェスト汚染の 被害者は、一個人から大企業まで様々です。 Googleサジェストの削除ならば、 あなた自身で申請できます。 サジェスト対策業者に依頼する方法もありますが、 正直怪しい業者が多いです。 弁護士に依頼して法的措置をとるのがベストです。 私は、を開発している身です。 開発のためにサジェストを研究した際に知った「サジェスト汚染」について、この記事でお伝えします。 サジェストはユーザーの検索をサポートする素晴らしい機能であり、 SEO対策においても重要な役割を占めます。 サジェストキーワード収集ツールの開発者として、 健全なサジェストをユーザーの皆さんに利用してもらいたいという気持ちで、この記事を執筆しました。 一部のユーザーが悪意を持ってサジェストを汚染しているんだね。 サジェスト汚染の影響 サジェスト汚染の被害にあった場合、 個人の信用や企業のブランディングが損なわれてしまいます。 検索者がその個人や企業について何も知らなかった場合、汚染されたサジェストを真実だと信じてしまうからです。 例えば、「〇〇企業 ブラック」というサジェストが表示されていたら、きっと〇〇企業の志望者は減るので、採用活動に支障をきたしますよね。 それだけでなく、ブランドに悪いイメージを持たれることで売上が減少するかもしれません。 購買行動はブランドイメージに大きく左右されるからです。 トラハック:個人に対するサジェスト汚染も同じで、ありもしない罪を着させられて、生活しづらくなるよなあ。 サジェスト汚染の実例【企業だけでなく個人も被害に】 サジェスト汚染の被害例の中でも、有名なものを紹介します。 企業だけでなく、個人もその被害にあうことを知っていただければと思います。 2chのなんJ民によるサジェスト汚染の被害にあった「唐澤貴洋」 この事件の概要を簡潔に説明します。 サジェスト汚染の被害にあわないためには、身の振る舞い方に気をつけなきゃいけないんだねえ。 ペヤング焼きそばのネガティブなサジェストを消そうと努力した「まるか食品」 画像引用元: 次に紹介するのは、 異物混入をきっかけにネガティブなサジェストが表示されたペヤングの製造会社「まるか食品」の例です。 実際、 ペヤングに異物(ゴキブリ)が混入していたことは事実でした。 そのため、サジェストには「ペヤング ゴキブリ」が上位表示される結果となりました。 事件後、まるか食品はペヤング焼きそばの製造販売を一時停止しました。 そして製造販売の再開後に取った戦略が、 「パクチーMAX」「わかめMAX」「激辛MAX」などの新商品連発です。 ペヤングの新商品発売には以下のような裏の意図があると言われています。 主力商品だったからこそ、何としてもネガティブイメージを払拭させたかったんやろうね。 日本だけでもにおいて、 サジェストの影響力は計り知れません。 だからこそ、多くの企業が ブランディングのためにネガティブなサジェストへの対策に力を入れています。 汚染されたサジェストを削除する2つの方法【法的措置】 最後に、もしサジェスト汚染の被害にあってしまった場合、サジェストを削除する方法を紹介します。 【方法1】Googleサジェストの汚染であればあなた自身で削除申請ができる Googleサジェストを汚染された場合、 申請フォームからGoogleに削除を依頼することができます。 Googleが削除申請フォームを設けた理由は、2011年頃からEUを中心に 「忘れられる権利」の機運が高まったためです。 2014年5月13日、は、検索主体(data subject)は、一定の場合に、検索事業者に対して、検索リストから自己に関する過去の情報の削除を求めることができるとして、「忘れられる権利」を認める先行判決を下した。 Google側は「エンジンは、インターネットで閲覧可能な情報へのリンクを提供しているだけで、情報の削除権限は当該情報を公開する人にのみあり、検索結果の修正はに当たる」と主張したが、は、Googleの主張を認めなかった。 こうした背景を受けて、Googleは削除申請フォームを設けているわけです。 実際に削除している対象はサジェスト自体ではなく、サジェスト表示の原因となるコンテンツです。 申請フォームからも分かる通り、Googleが該当コンテンツを削除する基準は 「権利侵害がなされているかどうか」という法的観点からです。 違法だと認められる内容であれば、申請フォームからコンテンツの削除を依頼して、汚染されたサジェストの浄化ができるということだね! ただし、 申請時には注意点があります。 初回の申請時に、なるべく詳細に書くことです。 1度否認されてしまった場合、2回目以降の申請は通らない可能性が高いためです。 ただし、 サジェスト汚染の被害に悩んで何も行動しないよりは、まずはあなた自身でGoogleに削除申請を依頼してみてはいかがでしょうか。 【方法2】弁護士に依頼して汚染されたサジェストを削除する【依頼先選びは慎重に】 サジェスト汚染を解決するもう1つの手段が、弁護士に依頼することです。 サジェスト対策企業やサービスを利用するのではなく、直接弁護士に依頼する点が重要です。 まず、他のサジェストキーワードを上位表示させる対策をとることでネガティブなサジェストを下位に追いやる「逆SEO」は、効果が見込めません。 法的アプローチによってサジェストを削除する方が効果的です。 サジェスト対策を検索すると以下のような企業やサービスがヒットします。 株式会社ニャース nya-s. com• サジェスト対策PRO• 株式会社ルミネージ これらの企業やサービスの良し悪しを明言することは難しいです。 ただし、依頼先を選ぶ際には、以下の3点を知っておいていただきたいです。

次の

サジェスト汚染はなぜ起こる?サジェストの仕組みや削除方法を解説|Web集客、ブランディングのお役立ちコラム

サジェスト汚染 対策

サジェストって何? そもそもサジェストって何って?ことから始めます。 元々の単語としての意味は、 「示唆する」とか 「暗示する」といった意味になりますが、ここでいうサジェストとは 「予測変換」のことを言います。 では、その予測変換ってどんなことを言うのでしょうか? 例えば、あるキーワード 単語 を検索しようとしてあるキーワード 単語 を入力します。 すると、その単語と併せてよく検索される単語が併せて表示されます。 昨日の昼の段階でサジェストに入ってきてるところは流石なんだよな — 不破光鳥 bailoutKRSW 「法律事務所」で検索すれば サジェストは 「法律事務所 クロス」「法律事務所 steadiness」「法律事務所 求人」 このように最初の単語から関連するキーワードを予測してくれているわけです。 このような検索機能をサジェストといいます。 ネットで検索する際には確かに便利な機能ですよね。 例えば、きのこを使った料理のレシピを検索しようとして、「きのこ」と入力すると「きのこ レシピ」といった候補を示してくれるわけですから、手間も省けて効率的ですよね。 サジェスト汚染とは?その被害とは?その例は? では、どうしてどの便利な検索機能であるサジェストと汚染が結び付くのでしょうか。 先ほどの例のように、検索者の目的にそってものが表示されるだけならいいのですが、そうでなくてネガティブな印象を伴うものまで表示されてしまいます。 分かりやすい例として挙げてみましたが、他にもウイルスや著作権侵害とかいった言葉と結び付けられていることもあります。 真実に基づかないものなら許されることではないですよね。 サジェスト汚染の被害者や加害者は? 困りモノのサジェスト汚染ですが、いったどんな風にして起きるのでしょうか。 ある言葉と、キーワードを併せて検索される頻度が多くなったりするとサジェストと呼ばれる機能の結果、その言葉とキーワードがいっしょに表示されるようになります。 つまり、大量にネガティブなキーワードを併せてその言葉が検索されると、このサジェスト汚染といった現象になってしまします。 もちろん、実際に社会を賑わしているような問題からくることもあるかもしれません。 がしかし、ここで問題とされるのが、誰かが意図的に何かを貶めるためにこのような行為を行うことです。 そのきっかけとなるのは、例えば、ネット上のやり取りでちょっとした標的にされてしまうとかいったケースがよくあるようですし 自分にとって不利なあるいは不愉快なモノが対象になったりもするようです。 つまり、突然、何のイワレもなく被害者になることがあるということです。 そして、その加害者としてよく問題にされるのがネット上の 「なんJ民」という人たちだと言われています。 この「なんJ民」は2チャンネルの掲示板「なんでも実況J版」に集まる人達のことを指す言葉です。 そこで盛り上がった人達がやってしまうことが多いようです。 なんJ民についてはコチラの記事で紹介しています。 詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 2013年3月に「ポケットモンスターXY」と入力するとまったく関連のない「唐澤貴洋」と出てくるようになりましたが、これは一部のなんj民がやった結果です。 唐澤貴洋さんは弁護士さんで、インターネットに詳しい弁護士としてネット上の誹謗中傷への対応等を行っていたのです。 何故そのようなことになったかというと、唐澤弁護士がなんでも実況J版で起きたある騒動の解決を担当したからなのです。 これをおもしろく思わなかったなんJ民がやったことのようです。 その後、唐澤弁護士となんJ民との間で、しばらく攻防が繰り広げられたのでした。 サジェスト汚染に関する対策ってあるの? サジェスト汚染自体に対して、 即効性のある有効な対策というのはないと言われています。 Google等の検索エンジンに訴えかけたりしてもなかなか対応してくれないというのが事実です。 全ての事例に対してすぐに調査をして検索エンジンの仕様を変更するというのは難しいのでしょうね。 しかし、最近は サジェスト汚染は一時期よりもおとなしくなったともいわれています。 一説にはGoogle側が何らかの対策をとったのではとも言われていますが、それでもいつおきるかはわかりません。 まとめ みなさんいかがだったでしょうか? 今回はサジェスト汚染について見てきましたが、ほんのちょっとしたことからもこのようなことの標的にされることがあるのかと思うと恐ろしい限りですね。 テクノロジーの進歩というのは目覚ましいものがありますが それを使うのはあくまでも人間ですから、最後は人間のモラルや品性の問題に帰結するのかもしれませんね。 今回も記事を読んでくれてありがとうございました。 ではまた~!.

次の