ピタット プラン。 ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)と旧プランの違いを解説

ピタットプランとフラットプランの違い とは?auの新料金プラン

ピタット プラン

『ピタットプラン 4G LTE』のプラン特徴は【たった1つ!】 別記事でも『ピタットプラン4G LTE』プランの特徴は書きましたが、このプランの要点は たった1つです! 【関連記事】 『ピタットプラン 4G LTE』はデータ量を使った分だけの料金体系 『ピタットプラン 4G LTE』のプラン料金は、データ使用量を使った分だけ、毎月の料金が発生します。 イメージは掴めましたか? 後ほど、具体例も出していきますので、答え合わせしていきましょう! 『ピタットプラン 4G LTE』の基本料金 先ほどの項目では、プランの特徴をお伝えしていきました! ここでは、改めて『ピタットプラン 4G LTE』の基本料金をみていきましょう! 大手キャリアの料金プランを見ていると、 『結局のところ、基本料金っていくらなの、、、??』 ということあると思います。 なので、 『今月は3. こちらをお伝えしていきます! auスマートバリュー(ネットとのセット割引)【ピタットプラン 4G LTE の場合】 auスマートバリューという割引は、 家族でau回線 auスマホ を持っている台数分で割引ができる というものです。 また、この家族割プラスは、2台目以降からなどの条件はなく、家族でauスマホを持っている方、全てに適用ができます。 よりご確認ください。 5GB使用。 5GBで足りました。 いかかでしたか? 以上が、『ピタットプラン 4G LTE』のプランの説明となります。 冒頭でもお伝えしましたが、ネットや店頭などで告知されている料金は、割引込みの料金となっていることが多いので、 『実際はいくらなんだろう、、?』 という疑問を持つ方も多いため、基本料金からの説明をしています。 参考になれば幸いです。 ブックマーク・チャンネル登録・フォローよろしくお願いします! 【YouTube】 【Twitter】 お問い合わせフォーム.

次の

「auピタットプラン」の3つの罠を徹底解説!実は全然安くない?

ピタット プラン

段階制の「auピタットプラン」と、大容量の「auフラットプラン」の2つが、現在のauの主力プランとなっている 中でも特徴的なのがauピタットプランです。 通常のデータ定額サービスは、5GB 、20GBといったように、その月使用するであろう通信量をあらかじめ選んで契約する形がとられていますが、毎月使い切れなかった場合は翌月に繰り越され、それでも使いきれなかった分の通信量は無駄になってしまいます。 ですがauピタットプランは、その月に使用した通信量に応じて、料金が変化する段階制の料金プランとなっています。 基本プランに5分間通話定額の「スーパーカケホ」を選び、なおかつ2年間の契約をする代わりに月額料金を割り引く「誰でも割」を適用した場合を例に説明しますと、基本料やインターネット接続料などを含め、その月の通信量が1GBまでの場合は月額3480円と、かなり安く抑えることができます。 それ以降はデータ通信量が増える毎に月額料金が高くなり、2GBまでで4480円、3GBまでで5480円、5GBまでで6480円、20GBまでで7480円となります。 ちなみに20GBを超えた場合は速度制限がかかり、再び高速通信をするには追加でデータチャージ 0. 5GB当たり550円から する必要があります。 auピタットプランの月額料金。 その月の通信量に応じて月額料金が変化するのが特徴だ そうした仕組みであることから、auピタットプランは毎月の通信量があまり多くない人、あるいは月当たりの通信量の変動が大きい人向けのプランといえます。 ちなみにauは、auピタットプラン、auフラットプランの導入に合わせて、家族間以外の通話が従量制となる基本プラン「シンプル」 月額980円 を用意しており、シンプルとauピタットプランの組み合わせでは、通信量が1GB以下の場合、月額料金を2980円にまで抑えることが可能です。 ただ注意が必要なのは、固定ブロードバンド回線とのセット割引「auスマートバリュー」です。 auピタットプランでauスマートバリューを適用した場合、通常は月額1000円の割引が受けられるのですが、データ通信量が2GBまでの場合は割引額が500円に下がるほか、シンプルで1GBしか利用していない場合、割引自体が適用されません。 auフラットプランの月額料金。 「シンプル」を選べば月額6000円で20GBの通信量を利用可能だ そしてauフラットプランは、他社の大容量プランと比べても料金が安いのが特徴です。 例えばNTTドコモの回線を1人で利用した場合、先と同じ条件で20GBの通信量を実現するには、「カケホーダイライトプラン」 月額1700円 「spモード」 月額300円 「ウルトラデータLパック 20GB 」 月額6000円 の組み合わせで、合計8000円となりますし、ソフトバンクでは「スマ放題ライト」 月額2000円 と「ギガモンスター20GB」 月額6000円 の組み合わせで、やはり合計8000円となります。 いかにauフラットプランが安いかが理解できるのではないでしょうか。 さらにauフラットプランは、auピタットプランと違ってauスマートバリューの割引額が減額されることもなく、対象者であれば毎月1000円の割引が適用されます。 それゆえシンプルとauスマートバリューを組み合わせれば、月額5000円 6000-1000円 で20GBの通信が利用が可能です。 2つのプランの選択基準は「3GB」 では、一体auピタットプランとauフラットプラン、どちらを選んだらよいのかというと、その目安は「月額3GB」になります。 というのも、スーパーカケホでauピタットプランを利用し、3GBを超えて5GBまで通信をした場合の料金は6480円と、auフラットプランの20GBのプランと差がたった20円しかなくなってしまうのです。 20円しか違わないのであれば、毎月我慢して3GB未満に抑えるよりも、auフラットプランに変更してゆとりを持った通信をした方がストレスが貯まらず、快適に利用できるはずです。 毎月の通信量を確認し、コンスタントに3GBを超えているようであればauフラットプランを、3GB未満であればauピタットプランを選ぶのがよいでしょう。 両プランを適用してスマートフォンを安く買うには? 一見他社の料金プランと比べ非常にお得に見えるauピタットプラン・auフラットプランですが、実は弱点もあります。 それは通信料が安くなる代わりに、スマートフォン購入時の値引きが受けられないということです。 NTTドコモの「docomo with」と同様、端末代の値引きを通信料の値引きに充てることで、料金を引き下げている訳です。 それゆえauでiPhoneのような高額・ハイエンドのスマートフォンを購入するには、基本的に値引きなしの価格で購入しなければならず、非常に買いづらくなります。 ですがそれではさすがに、ハイエンドスマートフォンを利用したい人達から敬遠されてしまいますので、auもそうした人達に向けた策をしっかり打っています。 それは「アップグレードプログラムEX」です。 これはスマートフォンを48回払いで購入し、月額390円を支払う代わりに、2年間経過後に新しいスマートフォンに買い替えた後、分割払いの残債を支払わなくていいというものです。 プログラムの継続的な契約が必要で、なおかつ買い替え時に古いスマートフォンがauに回収され、手元に残らないなどのデメリットはありますが、auで高額なスマートフォンを安く買いたい場合は契約必須のプログラムといえるでしょう。 ちなみにiPhone購入者専用のプログラムとして、端末を24回払いで購入し、12ヶ月経過後の買い替え時に残債支払いが不要になる「アップグレードプログラムEX a 」 月額390円 も用意されています。 毎年iPhoneの最新機種を利用したいという人は、こちらを利用するのがいいでしょう。

次の

ピタットプランとフラットプランの違い とは?auの新料金プラン

ピタット プラン

画像引用元: 新auピタットプランNとは? 画像引用元: まず、新auピタットプランNの概要について解説します。 簡単に新auピタットプランNの料金表を作ってみました。 しかし、新auピタットプランNには家族で使えば使うほどお得になるなど、 新たな特典が含まれています。 最安値1,980円から使える格安料金プラン• 従量制で使ったら使った分だけ料金が発生する• 家族割プラスに加入すれば最大1,000円割引• 通話定額は5分かけ放題と無制限かけ放題の2種類 auピタットプランと比較しながら、新auピタットプランNとは一体どのような料金プランなのか紹介していきます。 最安値1,980円で使える従量制プラン 新auピタットプランNは最安値1,980円で使える従量制プランです。 従量制プランとは、使えば使うほど料金が上がるというプランであり、逆に使わなければ使わないだけ料金が安くなります。 さらに以前の新auピタットプランより、継続利用による料金割引未加入時の月額料金が1,000円以上安くなっています。 乗り換える予定のある方でも契約しやすいところは、大きなメリットです。 2回線の場合:1台あたり毎月500円割引• 3回線以上の場合:1台あたり毎月1,000円割引 これは、家族割プラスの加入回線数が変わらない限り、永年割引が適用されます。 auスマートバリューとの併用も可能 使用するデータ通信量が1GB未満の場合は適用されませんが、1GB以上の場合は1台あたり 500円の割引が適用されます。 こちらも、auひかりを契約している限り永年適用できる割引です。 そのため、auスマートバリューと家族割プラスを合わせて、最安値1,980円でずっと使えるということになります。 通話定額は5分かけ放題と無制限かけ放題の2種類に 新auピタットプランNの通話定額オプションは、5分かけ放題と無制限かけ放題の2種類です。 以前のauピタットプランよりもわかりやすくなりました。 通話定額オプションが不要だという人は、これまで解説してきた新auピタットプランNの料金のまま利用できます。 新auピタットプランNのメリット 続いて、新auピタットプランNのメリットを解説します。 最安値1,980円で使えてお財布に優しい• 使った分だけ料金がかかるので無駄がない• 家族で使えば使うほどお得になる 新auピタットプランNは、以前のauピタットプランよりも 長く安く利用することができるようになりました。 また、auひかりとセットで契約すれば、auスマートバリューの割引も適用できます。 以下、新auピタットプランNのメリットを詳しく解説します。 最安値1,980円で使えるので料金を最小限にしたい人にぴったり 最安値1,980円で使えるので、スマホ料金8,000円が当たり前だった時と比べるとかなり安いです。 新auピタットプランNは、スマホの料金を最小限にしたいという人にぴったりな料金プランだといえます。 基本的に1GBを超えてしまう• 家族でauを使わないとお得にならない• スマホの分割購入代金に割引は適用されない auピタットプランの時とほぼ同じようなデメリットとなりますが、従量制プランであるという点がネックになりそうです。 使った分だけ料金が上がるので、データ通信量を多く使う人にとってはあまりお得とはいえない金額です。 以下、新auピタットプランNのデメリットを詳しく解説していきます。 基本的に1GBを超えてしまうことがほとんど 筆者も以前auピタットプランを使っていたことがありますが、かなり注意をして使っても 1GB以上になってしまうことがほとんどでした。 そのため、1GB未満で最安値1,980円にするにはかなり難しいと思われます。 家族でauを使わないとお得にならない 家族割プラスありきの料金なので、家族でauを使わないとお得になりません。 auスマートバリューも同様で、1,980円を目指すならauひかりの契約も必要になります。 同居していないと家族割プラスに入れない 家族割プラスは、 同居している家族でないと家族割プラスに入れません。 遠方に住んでいる家族は対象外になってしまうので、家族証明があれば家族グループに入れられるドコモと比べるとやや不便です。 スマホの分割購入代金に割引は適用されない スマホを分割で購入する場合、上記の料金に スマホの分割代金がそのまま上乗せされます。 そのためスマホの機種によっては、新auピタットプランNと分割代金を合算した料金がかなり高くなってしまうこともあるでしょう。 Wi-Fi環境を積極的に利用する• データ通信量を元々使わない前提で利用する• 5GBを超えるならauフラットプラン7プラスNにするのもおすすめ あまりデータ通信量を使っているつもりはなくても、 1GB以上になってしまうことがほとんどです。 そのため、最安値1,980円で利用するとなるとかなり難しいです。 新auピタットプランNのデータ通信量を使わないようにするためには、Wi-Fi環境を上手に使うことが重要です。 以下新auピタットプランNで料金を抑えるコツを、詳しく解説していきます。 Wi-Fi環境を利用する Wi-Fi環境をとにかく利用しましょう。 新auピタットプランNで1GB未満に抑えるとなると、 普段からWi-Fi環境下でスマホを使う必要があります。 なるべくWi-Fiを使って、新auピタットプランNのデータ通信量を使わないように心掛けましょう。 データ通信量を元々使わない前提で利用する 筆者がauピタットプランを使っていた時の経験を考慮すると、1GB未満にするのはかなり難しいです。 そのため1GB未満を目指すなら、 完全にデータ通信量を使わないようにするべきでしょう。 徹底的にやるなら、モバイル通信をOFFにしておくのもおすすめです。 5GBを超えるならauフラットプラン7プラスNにするのもおすすめ ストレスなくスマホを使って5GB以上になるのなら、 auフラットプラン7プラスNにするのもおすすめです。 無理にデータ通信量を抑えようとしても長くは続かないので、よりストレスを少なくするためにもプラン変更を検討しましょう。 auフラットプラン7プラスNとは? 画像引用元: これまで新auピタットプランNについて解説してきましたが、続いてはauフラットプラン7プラスNについて解説します。 auフラットプラン7プラスNは新auピタットプランNと違い、7GBの定額制プランです。 auフラットプラン7プラスNの料金表は以下の通りです。 auフラットプラン7プラスN 7GB 利用料金 2年契約適用 5,480円 利用料金 継続利用による料金割引未加入時 5,650円 auスマートバリュー 翌月から永年-1,000円 家族割プラス 2回線の場合 翌月から永年-500円 家族割プラス 3回線以上の場合 翌月から永年-1,000円 合計額 auスマートバリュー・家族割プラス3回線以上適用の場合 3,480円 次に、auフラットプラン7プラスNについて詳しく解説します。 場合によっては、新auピタットプランNよりも auフラットプラン7プラスNにした方がお得になることもあります。 最安値3,480円で利用できる• auスマートバリュー・家族割プラスの回線数によって割引• 5GB以上使うならauフラットプラン7プラスNがお得 新auピタットプランNだとデータ量が物足りないと感じる方は、是非チェックしてみてください。 定額ということで、毎月平均的に7GB程度利用する人にとって1番お得なプランです。 利用するデータ通信量が月によって大きく異なるという人にとっては、少し損をしてしまうかもしれません。 auフラットプラン7プラスNは、7GBのデータ通信量に加えて、 下記のSNSアプリのデータ通信量がノーカウントになります。 Twitter• インスタグラム• Facebook• 今までSNSアプリのデータ通信量も含めて7GB以上使っていても、SNSアプリ分のデータ通信量が節約できるようになります。 そのため、SNSアプリで使うはずだったデータ通信量が余るので、動画アプリなど他のアプリに使えるデータ通信量が増えます。 最安値3,480円で利用できる auフラットプラン7プラスNは最安値3,480円で利用することができます。 従量制ではないので、定額で最安値3,480円ということになります。 新auピタットプランNと同様にスマホ購入時の月額の割引は適用できないので、スマホを分割で購入する場合は、3,480円にスマホの分割代金が上乗せされるということになります。 auスマートバリュー・家族割プラスの回線数によって割引が異なる 定額プランなのに最安値3,480円というのは、家族割プラスやauスマートバリューの有無に料金が左右されるからです。 Wi-Fi環境を積極的に利用する• データ通信量を元々使わない前提で利用する• 5GBを超えるならauフラットプラン7プラスNにするのもおすすめ• モバイル通信をOFFにして完全に使えないようにする 新auピタットプランNは、auスマートバリューや家族割プラスを利用すれば 永年1,980円になるお得なプランです。 ただし1GB未満のデータ通信量で1,980円なので、データ通信量を使わない前提で利用することが重要です。 また、家族割プラスは同一住所が条件となります。 遠方に住んでいる家族は、家族割プラスに加入できないので注意しましょう。 新auピタットプランNの料金はとてもリーズナブルですが、5GB以上使うのならauフラットプラン7プラスNの方がお得になります。 どのくらいデータ通信量を使うのか様子を見て、その後に必要に応じてauフラットプラン7プラスNに変更するのも良いでしょう。

次の