ソノラマ。 臨時休校を受け「科学漫画サバイバル」が無料公開決定!

ソノラマ文庫とは

ソノラマ

ソノラマ文庫(ソノラマぶんこ)は、創刊のを中心とした文庫。 が出版していたが、同社が9月末を以て廃業、手続きに入ったため現在は刊の 朝日文庫・ソノラマセレクションや レーベルに引き継がれている。 レーベルとしての発売第1巻目は11月10日に刊行された原案、著の「」である(を参照)。 緑色の装丁の時代には、背の上部に「SF」や「推理」といったようにジャンルが書かれていた(最初期には無い)。 SFや推理小説が多かったが、怪奇などもあった。 の『』や、の『』、の『』などの人気シリーズを擁した。 後にライトノベルと呼ばれるような作品をメインとしたレーベルは以前にもあったが、ライトノベル時代まで継続したレーベルとしては最古参のグループに属する。 派生レーベルとして、監修の海外シリーズや、朝日ソノラマ航空戦史シリーズ・スパイ戦史シリーズ等がある。 ミリタリ系は、だいたい現在の乃至に似た方向性であった。 ソノラマ文庫海外シリーズは全35冊が出版された。 シリーズの前半はSF的要素が強い内容だったが、途中からはマイナーなホラーアンソロジー・シリーズを中心に据えていた。 当時あまり話題にならなかったためか現在は古書店に出回ることが少ない。 1冊数千円で売買されることもある。 航空戦史シリーズ、新戦史シリーズ(カバーが青)、スパイ戦史シリーズ(カバーが薄緑)については現在の光人社NF文庫やと同様の客層で、、、、らを執筆陣に擁した。 学研M文庫などから復刻されているものもある。 1985年から1994年までは「獅子王」(1992年には「グリフォン」と改名しリニューアル)という朝日ソノラマの小説誌が存在し、同誌の連載作品の多くがソノラマ文庫で単行本化されていた。 主な作品 [ ]• また、新たに記事を作るときはリンクをつけてください。 あ [ ]• アドナ妖戦記シリーズ(、全6巻)• シリーズ()• アベニールをさがして()• に移籍)• 完結) か [ ]• 怪獣男爵()• 風の名はアムネジア()• ガッチャマン(柿沼秀樹、梅津泰臣、全3巻)• 株式学園の伝説シリーズ(、全3巻)• 機械獣ヴァイブ(山田正紀)• 続刊予定無し)• (富野由悠季(原作:矢立肇、富野由悠季))(全3巻。 に移籍)• シリーズ(、に移籍)• 逆宇宙シリーズ( 「逆宇宙ハンターズ」全5巻 「逆宇宙レイザース」全6巻 外伝 ベルバランの鬼火/修羅鏡 各1巻)• シリーズ()(に移籍)• 薩次&キリコシリーズ(スーパー&ポテトのシリーズ)(辻真先、ソノラマ文庫としては全6巻)• (、全4巻)• ( 「クレイジー・リー」シリーズ全4巻 外伝1巻 「ダーティプリンス」全5巻)• 黄金の竜騎兵(児島冬樹 続刊「黄金の一角獣」全1巻) さ [ ]• 私闘学園シリーズ( 全9巻)• スター・ハンドラー シリーズ()• 真・デビルマン(、全4巻)• ソルジャー・クイーン シリーズ(嵩峰龍二、本編6巻、外伝3巻。 未完)• (、全3巻)• 修羅の大空() た [ ]• タイムパトロールJ・Jシリーズ(風見潤)• シリーズ()• - (外部リンク)• 罪深い神々の惑星(児島冬樹 「辺境パトロールシリーズ」)• (富野由悠季(原作:矢立肇、富野由悠季))(全3巻。 に移籍)• トレジャーハンター・八頭大 シリーズ(エイリアン・シリーズ)(菊地秀行、に移籍) な [ ]• 猫の尻尾も借りてきて() は [ ]• (富野由悠季(原作:矢立肇、富野由悠季))• ピニェルの振り子()• 吹け、南の風()• ペリペティアの福音(秋山完)• シリーズ(笹本祐一)• - (外部リンク)• シリーズ() ま [ ]• 魔界都市〈新宿〉(菊地秀行)• 魔聖界ロードシリーズ(渡邉由自 全4巻 完結) や [ ]• 幽霊鉄仮面()• ゆらぎの森のシエラ()• 妖神グルメ(菊地秀行)• シリーズ(笹本祐一 全4巻 完結) ら [ ]• (、全5巻。 朝日ノベルズにて全3巻に改訂再版) わ [ ]• シリーズ()(本編19冊、外伝2冊。 に移籍) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (朝日新聞出版)•

次の

朝日ソノラマ

ソノラマ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い全国の多くの小学校が臨時休校になることから、株式会社朝日新聞出版は子どもたちのためにできることを検討した結果、家で過ごすことが多くなる子どもたちに向け、累計900万部を突破している人気シリーズ「科学漫画サバイバル」シリーズおよび科学まんがシリーズ「バトル・ブレイブス」の人気作品を、コミックサイト「ソノラマプラス」上で毎週1冊丸ごと無料公開することを発表した。 面倒な会員登録などは一切なく、誰でも読むことができるようになっている。 尚、「科学漫画サバイバル」の電子配信は国内初の試みとなる。 まず第一弾として本日3月3日(火)から10日(火)まで、 「科学漫画サバイバル」シリーズでもっとも売れている「深海のサバイバル」と「バトル・ブレイブスVS. 最恐ティラノサウルス[恐竜編]」が一冊まるごと公開される。 上記以降の公開スケジュールは下記の通り・閲覧URLは科学漫画サバイバルの公式HPおよび公式Twitter等で告知される。 ただ読書している間は、思いっきりのびのびと心を動かして楽しんで欲しい。 この休校の期間そして春休みが、子どもたちにとって新しい出会いや発見の時期であることを願っています。 新型コロナウイルスが一日も早く収束し、子どもたちの健康と安全が確保されることを願うとともに、闘病中の方々のご回復を心からお祈り致します。 」と合わせて発表されている。 科学まんがシリーズ「バトル・ブレイブス」は動物の習性を知り尽くした子ども隊員たちの捕獲作戦を通じて、動物の生態を楽しく学べる科学まんがシリーズ。 この機会に楽しく子供に学ばせたい。

次の

朝日ソノラマ

ソノラマ

「ライトノベル」と呼ばれるジャンルの作品の草分けとも言える「ARIEL」について、本書ではキャラクター設定やストーリーにおける様々なガジェットなどについての原作者笹本裕一氏による解説や文庫未収録の短編、書き下ろし新作(但し「番外編」第1巻に収録されてしまいましたが)や本シリーズのイラストを担当した鈴木雅久氏へのインタビューなど下の方も述べられているように盛り沢山の内容構成がされています。 個人的にも「ARIEL」シリーズはお気に入りの作品でもあり、作者自身による作品世界の解説には大いに興味を持って読む事が出来ました。 本シリーズに関しては、巨大ロボットモノとスペースオペラや侵略、ファーストコンタクト等のSF的な要素を強く感じていましたが、本書を読んで前述したもの以上の要素が含まれている事を認識する事が出来たと思います。 ARIEL本編を読んでさらにその世界観等についてより深く知ってみたいと考えている方には読む上では充分価値のある書籍であると思いますので、ファンの人は勿論の事、本シリーズを一読された方は是非読まれる事をお薦めします。 ARIELを知らない人が、この本を買うことはないと思われるので、ARIELシリーズについての説明は省略。 目次とその内容を書きます。 モロー、西野司)、再録2作品(桐嶋たける、トニーたけざき) 扉絵特集 獅子王掲載扉絵セレクション インタビュー 鈴木雅久氏への著者によるインタビュー あとがき 付録 ソノラマ文庫カセット版復刻ドラマCD「野良無人戦艦の恐怖」 文庫未掲載だった「イドの中の怪物」を読むことができてうれしい限りです。 カセットの中で唯一持っていなかった「野良無人戦艦の恐怖」もついてついにコンプリート完成。 どちらも楽しめました。 本来なら星5つにするところですが、 値段が文庫の3倍以上。 エリアルを知らない人には全く勧められない。 点から、星3つにしました。 本書内で本編内のバグが指摘されていますが、この本自体にもバグ (研究所員Cの登場がたった一度だけ。 ほ番の発射台はひとつしか存在しない。 など) があります。 細かな記述については作者より読者の方が詳しくなってしまうってことですね。 最後に一言、「こんちこれまた えりある」は今回も素晴らしい。

次の