ああ なんて 素敵 な 日 だ。 Mrs. GREEN APPLE

#FE風花雪月 #ベレト(FE風花雪月) なんて素敵な、特別な日

ああ なんて 素敵 な 日 だ

いやぁ、下品ですねぇ! もう猥歌のオンパレード! 三文字四文字おかまいなし! 師匠、兄弟子、師匠の妻が順番に亡くなっていって、その都度弟子たちが通夜の席で、思い出話ししながら下ネタ満載のバカ騒ぎを繰り広げる、言ってみりゃただそれだけのお話なんですけど、観てるこっちは完全にあの通夜の一員ですよ。 通夜なのに楽しくってしかたない。 さすが津川さん、「人生の泣き笑い」のツボをしっかり心得ておられるなあと。 R-15指定になってますけど、なんでなんだと。 こんなくだらない映画(誉め言葉ね)子供に見せて猥歌聞かせて大笑いさせたらエエんですよ。 それでね、「死んだ人間は絶対に生き返らない、残った者はこうやって偲ぶことしかできない」ことをこういう形で感じさせてあげたらいいんですよ。 (そこってこの映画のキモですよね。 下品さ、エロにくるまれて分かりにくくなってるけれども) 私からからしたら、死者が生前の姿で蘇ってくる(見える)作品の方ががよほどR-15です。 死んだ人間が現れてそれが話をしたりするのを子供に見せるほうが、あの猥歌の何倍罪深いかわからない。 それは映像表現の死に対する冒涜だし、敗北です。 どんなに「感動作」と謳っていても基本丹波さんの「大霊界」と同じなんです。 なんだか熱くなったのでここはひとつ。

次の

#APH #フェリシアーノ・ヴァルガス なんて素敵な日曜日![くるん兄弟]

ああ なんて 素敵 な 日 だ

SPONSORED LINK 本日のフレーズはこちら。 「なんて素敵なの!」を英語で言うと? How nice you are! 感嘆文は、会話のバリエーションを広げてくれる便利な表現です。 シンプルに、You are nice. ということももちろんOKですが、感嘆文を用いることで、「How nice you are! 」と感情を込めたニュアンスを相手に伝えることができます。 You are niceの場合、 How nice you are! となります。 You are a nice personの場合、 What a nice person you are! となります。 こんな感じで使ってみよう.

次の

【英語1日1フレーズ Vol.67】「なんて素敵なの!」を英語で言うと?

ああ なんて 素敵 な 日 だ

出掛けよう、だって空はこんなに蒼い。 「財布と携帯」 「あるであります」 「ハンカチ、ティッシュ」 「あー」 「どうした」 「俺、ハンカチ、昨日のままだ」 「まあ良いさ、俺も持ってる」 「隊長」 「ああ」 二人並んで、色違いの靴を履く。 「行くぞ、フェリシアーノ」 なんて素敵な日曜日! 空は青く太陽は黄色い。 碧空に映える白い雲。 鳥が飛び立つ羽根の音。 そよぐ風は穏やかで、二人の足取りも軽やかだ。 生い茂る緑が伝える、夏の訪れ。 「さあ弟よ」 「うん、兄ちゃん」 「今晩、何が食べたい?」 「やっぱりパスタが食べたいなあ」 「麺の買い置きはまだ残っていたよな?」 「うん、短いのも長いのも、充分すぎるくらいに」 「よし決まり。 ソースは今日の店次第だ」 二人歩いて街に出る。 街は陽気だ。 店出す者も、買い物客も、天気と同じに明るさに満ちている。 幼い子どもは菓子をねだる。 母親は店主と話し込んでいる。 大量の食料を抱えた複数の男女。 あの若い集団は、きっと酒盛りの準備。 野菜に果物、肉と魚。 今日は八百屋のトマトが安い。 「トマトも良いな」 とロヴィーノが呟くと、 「安くしとくよ」 と店主。 「良いね」 頷き、頭の中にメモをする。 その隣は魚屋だ。 「やあ、兄弟。 調子はどうだい?」 魚屋の親爺は威勢がいい。 道行く人に次々声をかけていく。 顔見知りならなおさらだ。 「上々だな」 と兄が言うと、 「俺も、上々かな」 と弟が笑う。 「上々か、結構なことだ」 親爺もまた豪快に笑った。 「あんたは?」 「こちらも上々、いつもと同じだ。 変わらぬことが一番幸せ。 ああ、そうそう、今日は良い魚が入ったよ。 旬の魚だ」 「魚か」 「おいしそうだねー」 「うん、悪くない」 「今夜はこれにしようよ」 「そうだな、ソースは?」 「さっきのトマト!」 フェリシアーノが元気よく笑う。 ああ、と応えてロヴィーノは大きく頷いた。 「決まりだ」 家に帰るまでが遠足なら、食べるまでが俺たちの買い物。 「隊長、サラダの野菜切り終ったであります」 「よし、トマトソースももうすぐ出来る」 「そろそろ俺は麺を茹でるね」 「ああ、堅さはアルデンテ」 「ラジャー、隊長」 ジリリリリ、と呼び鈴が鳴る。 「誰だ?」 「俺、見てくるよ」 フェリシアーノが玄関に走る。 「わあ、ルートヴィッヒ。 どうしたの?」 「ルートヴィッヒだって?」 弟の歓声を聞きつけ、ロヴィーノも火を止め玄関に向かう。 玄関で弟が厳ついゲルマン男に飛び付いている。 その隣には、ラテンの香り。 「アントーニョ。 何だってお前らが一緒なんだ?」 「フェリちゃん、ロヴィーノ、こんばんは」 「こんばんは、アントーニョ兄ちゃん。 ルートヴィッヒ。 二人とも、いったいどうしたの?」 「先日言っただろう」 「何を?」 「お前に渡すべき書類は纏めて週末に持って行くと」 「そうだったっけ?」 これだ、とルートヴィッヒが鞄から分厚い封筒を取り出す。 「ああ、これかぁ」 フェリシアーノがそれを受け取る。 「忘れてたよ」 「ジャガイモ野郎、お前が来たわけは分かった。 だがどうしてアントーニョと?」 「すぐそこで会ったんだ」 「ええワイン貰ってなぁ、一緒に飲もう思て」 アントーニョが、家の赤ワインを掲げて見せる。 「いいタイミング!ちょうどこれからパスタを茹でるところなんだよ」 「来るなら来るって連絡くらいしろよ、この野郎」 「せえへんかった?」 「してねえよ」 「赤はペスカトーレに合いそうだねえ」 「全く、しょうがねえなあ」 口では悪態をついていても、ロヴィーノだって百も承知。 美味い食事は集まって食べた方がいいに決まってるのだ。 「ね、ルートヴィッヒも食べて行くよね」 「まさかこいつもかよ?」 「兄ちゃんのトマトソースは最高なんだから」 「まあ当然だな」 「皆で食べたらきっともっと美味しいよ、ルートヴィッヒ」 「俺はその書類を渡しに寄っただけだぞ、フェリシアーノ」 「いいじゃない」 フェリシアーノがにこりと微笑む。 「だって今日は日曜日だよ?」 真っ赤なトマトソース、店の親爺自慢の魚。 麺の堅さはアルデンテ。 漁師のパスタ、ペスカトーレ。 「さあ、出来たぜ」 「うまそうやなあ」 アントーニョがワインの瓶のコルクを抜く。 いい音、いい響き。 4人揃って席に着く。 なんて素敵な日曜日! fin.

次の