特別 支給 の 老齢 厚生 年金 支給 停止。 特別支給の老齢厚生年金とは、支給開始年齢は?繰り下げできる?

加給年金 - 特別支給の老齢厚生年金を受けている方

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 支給 停止

昨年、定年退職をして再雇用で働き始めたを思ったら、もう来年からは年金受給者。 今いま再雇用で収入を得ているけど、62歳以降はどれだけの収入になるのか?どういった働き方をするのが良いか?そろそろ考えておかなきゃです。 と言うのも、再雇用先からもらう毎月の給料と年金を合わせて、一定額を超えると年金支給額が減額されるらしいのです。 ってことで、色々と調べ始めました。 60歳代前半と60歳代後半では支給減額の仕組みが異なっている。 たとえば60歳代後半の在職老齢年金では、老齢厚生年金の月額と総報酬の合計が48万円を超える場合に、超えた部分の半分が支給停止となる。 (出典:日本年金機構) 目次• 62歳からの収入 62歳から年金受給を開始すると、毎月の収入は以下のようになります。 再雇用先からの給与• 特別支給の老齢厚生年金(国からの支給部分)• 特別支給の老齢厚生年金(基金代行部分) 勤務先で厚生年金に加入しながら老齢厚生年金を受給しますので、65歳未満までは給料と年金の合計額に応じて、年金の支給が調整されます。 年金の減額(在職老齢年金)の仕組み 年金の減額については、受給年齢(60歳~65歳未満、65歳以上)によって以下の通り決められています。 なお、本表は平成29年4月1日以降適用されますが、その内容は賃金や物価の変更に応じて毎年見直されます。 以下の式に実際の数字を入れてみます。 ザックリ言えば、毎月の再雇用の給与と年金を足して28万円以上だったら、その半分は減額しますってことで 私の場合も、しっかり減額されてしまいます。 それもかなりの金額です! いったい何なの、この仕組み!! 年金だけじゃ食べちゃいけないから再雇用で収入を増やしているのに、収入が増えたら今度は年金減らします! もう、ホント、やってらんねー!!って叫びたくなります。 まとめ 頑張って給料増やそうとすれば年金は減らされるし・・・ これじゃ、年金もらって悠々自適なんて、完全に無理ですね。 まぁ、年金ってこれまでもずぅ~っと崩壊寸前って言われてきてたので今さら驚かないけど 仕組みを調べれば調べるほどヤバいです。 でも、いざ自分のことになるとマジ焦ります。 最近じゃ、 高齢者の定義の見直しから始まって、年金受給をどんどん先送りしようとしていますよね。 更に人生100年とか言って、 繰下げ受給をすれば生涯の受給年金額が増えますキャンペーンのオンパレードです。 果たして、本当にそうなのでしょうか? 次は、年金の繰下げ受給について調べてみるつもりです。

次の

年金を受け取りながら働くと損?在職老齢年金の仕組み

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 支給 停止

特別支給の老齢厚生年金の対象者• 男性の場合は1961年4月1日以前に生まれたこと。 女性の場合、1966年4月1日以前に生まれたこと。 老齢基礎年金の受給資格期間(10年)があること。 厚生年金保険に1年以上加入していたこと。 60歳以上であること。 加えて、「特別支給の老齢厚生年金」には、報酬や加入期間によって変動する「報酬比例部分」(年金の2階部分)と定められた年金保険料を納め決まった額を受給できる「定額部分」(年金の1階部分)の2つのパターンがあり、そこに性別や生年月日によって支給年齢が変わる仕組みとなっています。 特別支給の老齢厚生年金の支給年齢 それでは、性別と生年月日から実際に「特別支給の老齢厚生年金」が支給される年齢を解説したいと思います。 黄色が「報酬比例部分」、オレンジ色が「定額部分」になり、水色が65歳から受け取れる「老齢厚生年金」、青色が同じく65歳から受け取れる「老齢基礎年金」となります。 より参照しますが、すでに65歳を超えている昭和27年以前に生まれた方は割愛したいと思います。 【男性】1949年4月2日~1953年4月1日 【女性】1954年4月2日~1958年4月1日 特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分を60歳から繰り上げ受給することが可能になります。 一方で特別支給の老齢厚生年金の定額部分は65歳からの受給となります。 【男性】1953年4月2日~1955年4月1日 【女性】1958年4月2日~1960年4月1日 特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分を61歳から繰り上げ受給することが出来ます。 定額部分は65歳からの受給となります。 【男性】1955年4月2日~1957年4月1日 【女性】1960年4月2日~1962年4月1日 特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分を62歳から繰り上げ受給することが可能になります。 3年分でも早く受給できるのは生活面で楽になる方も一定数いることでしょう。 【男性】1957年4月2日~1959年4月1日 【女性】1962年4月1日~1964年4月1日 特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分を63歳から繰り上げ受給することが可能になります。 男性であれば現在60歳付近の方が対象になるでしょうから制度をよく理解しておきたいところです。 【男性】1959年4月2日~1961年4月1日 【女性】1964年4月2日~1966年4月1日 特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分を64歳から繰り上げ受給することが可能になります。 1年程度の繰り上げ受給なので金額的には大きくはないでしょうが、少しでも老後資金を蓄えるために受給した方が良いでしょう。 【男性】1961年4月2日以降 【女性】1966年4月2日以降 男性1961年、女性1966年4月2日以降に生まれた方は、特別支給の老齢厚生年金の対象外となります。 特別支給の老齢厚生年金は年金受給年齢の引き上げを段階的に実施する事で影響を緩和する目的の制度になりますので、上記の以降に生まれた方はその影響を受けないとされています。 特別支給の老齢厚生年金は繰り下げ受給が出来ない 繰り上げ受給として役割を果たす「特別支給の老齢厚生年金」ですが、経済的に余裕があることから繰り下げ受給を希望するケースもあるでしょう。 加えて、 60歳から65歳まで期間のみ適用される制度となりますので、申請を怠ってしまうとそもそも特別支給の老齢厚生年金の受給が出来なくなりますので必ず申請を行うようにしましょう。 特別支給の老齢厚生年金の請求手続きと必要書類 特別支給の老齢厚生年金の受給権利が発生する方に対して、 支給開始年齢に到達する3ヶ月前に「年金請求書(事前送付用)」と「手続きの案内」がご自宅に日本年金機構から郵送されてきますので、この請求書を最寄りの年金事務所に提出するようにしましょう。 ただし、 請求書の受付は支給開始年齢に到達してからとなりますので、支給開始年齢到達前に手続きをしようとしても受け付けてもらえないので注意しましょう。 申請時に必ず必要となる書類は以下となりますが、人によって必要書類が異なる場合がありますので、事前にに確認することをおすすめします。 必要書類 備考 年金請求書 年金事務所や年金相談センターの窓口にも備え付けがあります 戸籍謄本や住民票など 生年月日について明らかにすることができるもの 金融機関の通帳等 カナ氏名、金融機関名、支店番号、口座番号が記載された部分を含む預金通帳 印鑑 捺印可 年金手帳 必要がない場合もありますが持っていきましょう。 支給停止の要件とは?働きながらでも特別支給の老齢厚生年金は受給可 特別支給の老齢厚生年金は働きながらでも受給することが可能になります。 ただし、一定所得以上になった場合は支給停止となりますので注意が必要です。 基本的には 月の所得(基本月額+総報酬月額)の合計が28万円以下であれば支給停止額は0円となりますが、それ以上の所得がある場合は、所得に応じて段階的に支給額が減額される仕組みとなっています。 以下は日本年金機構よりの説明資料から抜粋しております。 特別支給の老齢厚生年金の支給停止手続き 所得が一定額以上でなければ特別支給の老齢厚生年金を受け取ることが可能ですが、中には「 特別支給の老齢厚生年金の受給を希望しない」方もいるでしょう。 このような方は請求を行わなければ支給されることはありませんので特別な手続きは不要です。 ただし、特別支給の老齢厚生年金を 65歳になるまでに請求しなければ65歳以降の年金受給額が増えると考え、支給停止を行おうとしている方は要注意です。 残念ながら、特別支給の老齢厚生年金を受給してもしなくても65歳以降の支給額が増えることはありませんので注意をしましょう。 そもそも、特別支給の老齢厚生年金と通常の老齢厚生年金は別物である。 と考えると良いでしょう。 そのため、増額を期待して支給停止を行なっている方は早々に請求を行うことをおすすめします。 年金請求の時効は5年 年金の種類によって変わりますが、 老齢厚生年金の請求漏れによる時効は5年になりますので、5年以内であれば過去に遡って請求することが可能になります。 従って、上記のように勘違いから特別支給の老齢厚生年金を受給していなかった場合は時効内であるか確認の上で再度請求を行うようにしましょう。 特別支給の老齢厚生年金のまとめ 特別支給の老齢厚生年金の制度について解説を行いました。 65歳よりも早く年金が受給できる制度ですので、助かる方は非常に多いのではないでしょうか。 繰り下げ受給が出来ないなど、通常の老齢厚生年金とは異なる部分もありますので申請漏れが無いように確認を行い対処するようにしましょう。

次の

特別支給の老齢厚生年金とは?時効は何年?繰り上げや繰り下げはできる?

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 支給 停止

私どものホームページには日々いろいろなキーワードで検索をいただいてご訪問いただきます けれども、その中でも、主に年金に関して具体的な結構長い文章のような検索でご訪問いただ くケースが多いです。 同じような疑問を持っておられる方も多いのではないかと思いますので、情報提供をしていき たいと思います。 多いご質問は、次のようなものです。 年金支給停止額は後からもらえるか?年金支給停止の分は後からもらえるのですか? 細かな言い回しは違いますが、こういった内容の文章で検索されるケースがとても多いです。 60歳代前半の老齢厚生年金、65歳以降の老齢厚生年金、ともに 報酬と年金との調整の仕組み があります。 いわゆる在職老齢年金という仕組みですが、この仕組みについては 本当に誤解されている方 が多いです。 特に、経営者の方で報酬が高い方の中に多いのですが、現在支給停止になっている老齢厚生 年金をとりあえず今もらえないのは諦めるけれども勇退した後で遡ってもらえると思っておら れるケースがとても多いです。 これは、 結論として、今支給停止になっている老齢厚生年金を後からもらえるということは 絶対にありません。 ぜひご注意いただきたいと思います。 現在、支給停止になっている年金は、現在の報酬の支払い方を変える等を行って、今受けない と絶対に受けることはできませんのでご注意下さい。 私どもでは、役員報酬の年間総額は変えないで支払い方だけを変えるだけで実は支給停止に なっている年金が受け取れますよという情報をお伝えしております。 60歳代前半の場合は老齢厚生年金のかなりの部分を受けていただけるように なりますのが 通常です。 60歳代後半の場合もお そらくほとんどの方は老齢基礎年金と、それから厚生年金のごく一部 だけを受け取られると思うのですが、やはり報酬の支払い方を変更すると、年収は同じでも 老齢厚生年金が全額 受けていただけるようになります。 経営者の方にお伝えをすると必ず 喜んでいただいているのですが、まだほとんどこういう 情報をご存じない経営者が多いです。 ですから、 ぜひ多くの経営者の方にこの情報をお伝えをしたいなと思っております。 お友達とか、お知り合い、それからお取引先等に、60歳以上の役員様で年金がもらえないと 嘆いていらっしゃる方がもしおられたら、ぜひ私どもで行っておりますコンサルティングの 情報をお伝えいただきますと大変喜んでいただけると思います。

次の