家系 ラーメン レシピ。 家系ラーメン

家で家系ラーメンを作る :: デイリーポータルZ

家系 ラーメン レシピ

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。 横浜家系ラーメンをこよなく愛する芸人を中心に結成された「家系ラーメン部」というライブイベントがある。 毎月家系ラーメンを食べ歩いてはライブで語り合い、知見を深めている。 この度、家系ラーメン部では「家系ラーメン部が選ぶ家系ラーメンベスト10」を発表! 2年半の活動を通じ、家系ラーメンを食べ歩き、そして研究を続けてきた部員と過去ゲスト(芸人、ミュージシャン、アイドル、YouTuberなど)の計12名による投票で決まったランキングだ。 それぞれが1位〜5位を決め、各ランクによるポイントを集計したトータルのポイントでトップ10が選ばれた。 早速ランキングを見ていこう。 1位 吉村家(横浜) 言わずと知れた横浜家系ラーメンの元祖であり総本山。 ここなくしてすべての家系ラーメンはない。 「当然のようで実は一番意外でした。 割とライトな仕上がりの豚骨スープで食べやすく、幅広いターゲットにオススメできる人気店だ。 「まだ比較的新しいお店ですが、見かけるどのランキングにも上位に位置しますよね。 初めて自分でランキングを作ってもそうだったので驚きました。 スープの重度が高く、これぞ家系! と唸る美味しさ。 「家系ラーメン部の選ぶランキングとして一番オリジナリティが出たのは黄金家さんがランクインしたことだと思います。 杉田家で修行された店主の作るラーメンは間違いないです。 ここのほうれん草は一度食べたらやみつきになります」(新村) 5位 寿々㐂家(上星川、曙町) 家系のランキングがあると必ず上がってくるのがこのお店。 スープと醤油のバランスが程よく、クリーミーさと鶏油の量もドンピシャな一杯。 「横浜市民に愛され続ける1990年開店の老舗です。 某サイトでの家系ラーメン調査でも堂々の一位を飾りました。 女性やお子さんのお客さんが多いのも素敵ですね」(新村) 6位 麺屋庄太(六浦、赤坂) 7位 王道家(新取手) 8位 どんとこい家(和田町) 9位 環2家(上永谷) 10位 田上家(弘明寺) 雑誌やラーメンサイトとはまた違う、独自の家系ランキングが届いた。 当ランキングを食べ歩きの参考にしていただければ幸いだ。

次の

【ガラ不要】お家で簡単!あるものを使うだけで本格家系ラーメン作り方!

家系 ラーメン レシピ

Contents• 家でラーメンを作るぞ!!!といいましても・・・ いざ自宅でラーメンを作成すると言いましても、実際材料・道具・時間様々な要因が目の前に浮上してきます。 私の住んでいるところはど田舎のため、スープの材料となるものを調達するだけでも至難の業です。 ましてや一般家庭に寸胴があるわけでもなくどうしようもない。 それに煮込むためには何時間も時間を要し、ガス代もかかってしまう。 実際作り、スープが完成したとしても金銭面以外のコストを踏まえ、トータルとして外で食べたほうが得なのでは?と思ったりもします。 ということで今回は、スーパーで売っているものを使用し、なおかつどの家庭でも置いてあるような道具・調味料を駆使しさらにさらに短時間で作成可能な家系ラーメンに挑戦していきたいと思います。 いざ!!材料の調達へ!! スーパーへ行き、材料を購入してきました。 材料はこちらです。 ・・・家系ラーメンの特徴であるノリとほうれんそうを買うの忘れました。 面目ない・・・ とりあえず材料一覧。 ねぎ、チューブにんにく、香味ペースト、鶏がらしょうゆ、とんこつスープ、中華麺です。 調理開始!! ねぎ切って行きましょう。 ねぎを切ったら、少しだけ水に浸して置きます。 続いてケトルで沸かしておいた、お湯をラーメンのどんぶりに注ぎ、未開封スープとともにどんぶりを温めて置きます。 二分くらい浸したら、油などが溶けてスープとうまい具合に混ざってくるのでそのタイミングでまず鶏がらしょうゆから開封し、どんぶりに投入!! 続いて、とんこつスープを投入します。 はいじゃんじゃん!! 良い色になってきました。 ねぎと香味ペーストをてきとーに投入し、ケトルのお湯を入れちゃいます。 黄金スープの完成です。 そしたら最後に麺を少し硬めにゆでればもう終わり。 完成です。 食べて見て、反省点と改善点。 うん、美味しい!!美味しい!!!けど、やっぱりしょっぱい!!!!あと醤油のパンチが効いてない。 醤油スープととんこつスープの割合をもう少し検討します。 それとやっぱりノリとほうれん草とチャーシュー!!!絶対必要でした・・・家系ラーメンには欠く事の出来ない存在ですはい、再認識しました。 最後に、ここは具材よりも一番大事なところ、忘れてました!!チー油入れ忘れた!!!鶏油は家系にとって要だということも実感しました。 今度またパート2を作る時は、この反省点を踏まえてより簡単で激うまな家系ラーメンを作って行きます。

次の

自宅で家系ラーメンを簡単五分で自作する!!市販のものであっという間に激安家系パート1!!!

家系 ラーメン レシピ

自作ラーメンが趣味の者です。 家系は吉村家直系のような燻製タイプと煮豚タイプがありますよね。 武蔵家さんは煮豚タイプだったと記憶しています。 〉柔らかく ここは煮込み時間の問題です。 荷崩れは、しっかり凧糸で縛ることで防げます。 ホロホロするほど柔らかいというより、若干食感のある柔らかさだと思います。 そう考えると1~2時間くらいの煮込み時間です。 〉しっとり、味の抜けていない ここがポイントで、【柔らかいだけではなく】ということだと思います。 家系の店では実現しやすい環境にあります。 答えとしては【豚骨スープで煮込む】です。 軟骨などのゼラチンが溶けて脂を抱いた乳化した豚骨スープで肉を炊けば、水や清湯スープで炊くより浸透圧の影響が少なくです。 そのため、肉の持つ旨みや塩分がスープに逃げにくいです。 結果、パサつかない、しっとりとした、肉の味の抜けてない物に仕上がります。 スープで炊いた後に醤油ベースのチャーシュータレで短時間煮込むか、少し長めに漬け込むかだと思います。 時間の長短はタレの塩分濃度によります。 【煮チャーシュー】 肉500g基準に>タコ糸で成形>茹でる(たっぷりの水・ねぎ(青い部分)4ヶ・皮付き土しょうがの薄切り4枚)沸騰させ>肉を入れ とろ火で1. 5時間~2時間弱煮る> 漬けダレ>水450cc・干し椎茸4枚・昆布10gを水からとろ火で15~20分炊く 濾して取り置く>砂糖100gを取り置いた出汁が入る鍋 でカラメル状にする 焦げはダメ>そこに醤油600cc・塩大匙1・にんにく薄切り1かけ分・鶏がら素大匙1>カラメルを溶かしながら とろ火で煮る 溶ければ>だし汁を入れる>軽く煮る>荒熱を取り冷蔵庫で冷やす>よく冷えた漬けダレに茹でた熱々の 豚を入れる>漬けダレから肉が出ないように工夫し7時間ほど冷蔵庫で寝かす、浸透圧で味が浸みこむはず、長く漬けると辛くなる。 トロトロチャーシューにしたければ3時間から4時間煮る。 以上が、スタンダードの作り方。 プラス部分レシピ。 漬け込んで味のしゅんだ豚を5ミリ幅位でカットする=浅い系の鍋に、つけ汁とその倍の水を入れる=薄切り豚を入れ火にかける= 沸けば、弱火でこ~と・こ~とと煮る=最低1時間は煮てください。 取り上げる時は、平らな物でそーっと取り出し皿に。 トロトロです。 慣れればもう少し煮込むのも良し。 煮チャーシューのレシピではいくら茹でてもトロトロにならず、身が崩れるだけ、食べる状態にして煮るのと、 煮汁を薄める(汁が煮詰まれば苦く辛くなる)のがポイントです。 手間をかけ多分裏切りません。 カットにも工夫が・・・通常の店は繊維に沿って薄く切りますが、繊維を断ち切るように、繊維に対して直角に切って下さい。 柔らかさが全然違います。 ただ切る時にボロボロ崩れる恐れがあるので注意。 煮チャーシューの汁で出来ます。 【味付け卵】 新しい卵は薄皮が頑固なので、卵の下(丸みの大きい方)に押ピンくらいの穴を開ける。 常温の卵>水から入(鍋の中で時おりかき混ぜる 黄身が中心にくる) 沸騰してから3分弱で引揚 冷水につけ 殻をむく 醤油・砂糖・酒・水(卵が浸かる程度の量) 味加減は 辛甘の感じで 一度沸かす 常温に戻し 卵を入れる 冷蔵庫で2日寝かす 漬けダレは煮物の残り汁でもOK 味は濃いめにする.

次の