トマソンスタジオ。 トマソン

Company Profile

トマソンスタジオ

アークトゥールス• [杉並区][作画][仕上げ][撮影]• アームス• [練馬区][企画][作画][仕上げ][撮影]• 旭プロダクション• [練馬区・宮城県][企画][作画][背景][デジタル][仕上げ][撮影]• 亜細亜堂• [埼玉県][企画][作画][仕上げ][背景][撮影]• アステリズム• [東京?][撮影]• アスラフィルム• [杉並区][沖縄県][岡山県][石川県][企画][CG][撮影]• アッセフィノーファブリック• [小金井市][企画][仕上げ][撮影][編集]• アニメ・インターナショナルカンパニー(AIC)• AIC宝塚• [兵庫県][作画][撮影]• アニメフィルム• [西東京市・杉並区][撮影]• イマジン• [練馬区][作画][仕上げ][背景][撮影]• ウェルツアニメーションスタジオ• [港区][企画][CG][撮影]• エースクリエイション [東久留米市] [撮影• エイトビット• [杉並区][企画][作画][仕上げ]• チップチューン(旧エイトビットロケット)• [杉並区][企画][CG][撮影][編集]• A-1 Pictures• [杉並区][企画][作画][仕上げ][CG][撮影]• エス・パレット• [渋谷区][撮影?]• エム・エス・シー• [小金井市][作画][仕上げ][3D][撮影]• OLM• [世田谷区][企画][作画][仕上げ][CG][撮影] さ行• サイクロングラフィックス• [杉並区][作画][CG][撮影]• 三晃プロダクション• [練馬区][撮影]• サンジゲン• [杉並区・京都府][CG][撮影]• サンライズ• [杉並区][企画][作画][仕上げ][背景][CG][撮影]• [練馬区][企画][作画][撮影]• C2C• [西東京市][企画][作画][仕上げ][撮影]• XEBEC• [西東京市][企画][作画][仕上げ][撮影]• STAFF• [武蔵野市][企画][作画][仕上げ][背景][CG][撮影]• シャフト• [杉並区][企画][作画][仕上げ][背景][CG][撮影]• SILVER LINK. [三鷹市][企画][作画][仕上げ][背景?][撮影]• スタジオアールエフ• [沖縄県・台東区][演出][CG][撮影][編集]• スタジオアカランタン• [埼玉県][企画][CG][撮影]• スタジオ・イースター• [新宿区][仕上げ][背景][CG][撮影]• スタジオエル• [中野区][企画][作画][仕上げ][撮影]• スタジオコスモス• [埼玉県][撮影]• スタジオコロリド• [中野区][企画][作画][仕上げ][撮影]• スタジオジブリ• [小金井市][企画][作画][仕上げ][背景][撮影][編集]• スタジオシャムロック• [三鷹市][CG][撮影]• スタジオディーン• [武蔵野市][企画][作画][仕上げ][3D][撮影][編集]• スタジオトゥインクル• [撮影]• スタジオ雲雀• [練馬区][企画][作画][仕上げ][撮影]• [練馬区・中国][作画][仕上げ][撮影]• [武蔵野市][企画][作画][仕上げ][CG][撮影]• スタジオ六花• [練馬区][企画][作画][背景][CG][撮影]• STUDIO ViV• [三鷹市][撮影][編集] た行• 高橋プロダクション(t2studio)• [杉並区][仕上げ][撮影]• タツノコプロ• [武蔵野市][企画][作画][仕上げ][背景][CG][撮影]• 地図(スタジオ地図)• [杉並区][企画][作画][撮影]• チップチューン(旧エイトビットロケット)• [杉並区][企画][CG][撮影][編集]• ディオメディア• [練馬区][企画][作画][仕上げ][撮影]• TYOアニメーションズ• [清瀬市][企画][作画][撮影]• デジタルネットワークアニメーション(DNA)• [中野区][企画][作画][仕上げ][撮影][編集]• デファー• [杉並区][仕上げ][撮影]• テレコム・アニメーションフィルム• [中野区][企画][作画][背景][撮影]• トマソン• [大田区][企画][作画][仕上げ][CG][撮影][編集]• トムス・フォト• [中野区][企画][仕上げ][撮影][編集]• トライパッド• [練馬区][企画][撮影]• Triple A• [西東京市][企画][作画][仕上げ][撮影]• トロイカ• [練馬区][企画][作画][撮影] は行• パッショーネ• [武蔵野市・沖縄県][企画][作画][撮影]• ぴえろ(studioぴえろ)• [三鷹市][企画][作画][撮影]• ビッグバン• [埼玉県][企画][作画][仕上げ][撮影]• [杉並区][作画][仕上げ][撮影]• ブレインズ・ベース• [三鷹市][企画][作画][撮影]• Production I. [武蔵野市][企画][作画][仕上げ][撮影]• プロダクション リード• [杉並区][企画][作画][仕上げ][撮影]• ポイントピクチャーズ• [新宿区・沖縄県][企画][作画][3DCG][撮影]• BONES• [杉並区][企画][作画][背景][3DCG][撮影].

次の

トマソンとは (トマソンとは) [単語記事]

トマソンスタジオ

概要・沿革 [ ] 1988年にのプロデューサーであった沼田かずみが独立し、会社を設立。 「これからはアニメーションとCGの時代が来る」と予想し、コンピューターを積極的に導入していった。 社名の由来は沼田かずみが現象に興味を持ち、「無用の長物・超芸術・いつなくなってもよい」ということから、あえてのに設立する。 同年に大崎のマンションから始まり、1992年よりに移転し、2009年1月にに本社ビルを構える。 アニメーション制作をはじめ、コマーシャル制作や音響・映像の企画・制作などを手がけた。 作品 [ ] テレビアニメ [ ]• (2000年)• シリーズ()• 忍者玉丸(2007年)• 新・忍者玉丸(2008年)• 忍者玉丸東海道五十三次(2009年)• (、2012年 - 2017年)• (テレビ東京、2017年 - 2018年)• (テレビ東京、2019年) OVA [ ]• (1991年、)• 制作協力 [ ]• (制作元請:、各話制作協力・CGアニメーション、2001年)• (制作元請:、制作協力・CGアニメーション、2001年)• オープニングアニメーション(2002年)• 「がんばれ王子」 ライブアニメーション(2003年)• 『Liberty wings』 アニメーション制作(2005年)• 『美しきもの』『歓びと哀しみの葡萄酒』 ライブアニメーション• サイエンスアドベンチャー 未来は君たちの手に(サイエンスシアター オリジナル3D映画)• ぼくらの裁判員物語()• 「ナツイチ2008」「言葉のちがう世界で」• サイエンスドーム八王子 ソフト制作(2007年)• Boom Boom Wonderland ()アニメーション制作• 俳句投稿サイト「俳句ステーション」の運営• 津波防災啓発ビデオ「津波からにげる」(2012年) 脚注 [ ] [].

次の

藤子不二雄ファンサークル ネオ・ユートピア: 【品切中】たかや健二「ぼくの藤子スタジオ日記」Book1

トマソンスタジオ

超芸術トマソンとは 1972(昭和47)年。 前衛芸術家で、画家で、芥川賞作家でもある赤瀬川原平(あかせがわ・げんぺい)氏が、イラストレーター・作家・編集者・漫画家の南伸坊(みなみ・しんぼう)氏、編集者の松田哲夫氏と原稿執筆のために宿泊していた東京四ツ谷の旅館、祥平館(しょうへいかん)の階段からすべては始まった。 写真をもとにイラストで再現した祥平館の階段 上っても扉があるわけでもなく、ただ反対側から降りることしかできない階段を3人は「純粋階段」と名づけて記憶に留めた。 するとその翌年、今度は赤瀬川氏が西武池袋線・江古田駅の窓口跡で「窓口をふさぐために、貨幣や切符の受け渡しのためのくぼみに沿って丁寧に曲線加工されたベニヤ板がぴったりとはめられた物件」を見つける。 窓口ふさぐだけの板にこんなにも丁寧な加工を施すとは、と思わせる無用窓口 ちなみに上の画像は、写真に記録しておこうと赤瀬川氏が後日再訪すると「無用窓口」はすでに撤去されていたため、記憶をもとに再現したイラストをさらに再現したものである。 そしてさらにその数ヶ月後、南伸坊氏によって、御茶ノ水の三楽病院の通用門が、門扉の部分だけ丁寧にセメントで塗りつぶされている物件が発見された。 御茶ノ水の無用門。 これも写真をもとに再現 この別々に発見された「純粋階段」「無用窓口」「無用門」に共通する構造として、赤瀬川氏らは、3つの物件はすべてもともと建築物の実用性を持った一部としてつくられたものであるにもかかわらず、その後の改変によって実用性を喪失しているがその上でなお非実用的な状態で保存されているという点に気がついた。 そして、それは実用性と無関係に制作される芸術作品に似ているが、3つの物件は芸術家が意図を持って制作した「作品」ではなく、制作意図や意匠性からは完全に切り離されたあくまで建築の遺物であるというふうに考えた。 赤瀬川氏は『東京路上探検記』のなかで「超芸術で面白いのは、作者がいないことである」と述べている。 「その物件がその形で存在するために工作した人はいる」が、超芸術として発見されるまでは「作品」ではなく「ただの無機能な物件」なのである。 その点で、作者の存在しないそれら「物件」は、1917(大正6)年にマルセル・デュシャンが署名した小便器を横倒しに置いて「作品」としたことで切り拓かれた現代「芸術」をも超えた「超芸術」とされ、赤瀬川氏とその周辺の人々によって新たな「物件」が探されはじめた。 マルセル・デュシャン『泉』1917年(署名はR. MUTT) その後、1982(昭和57)年にそれら「超芸術物件」の展覧会を開催するにあたり「超芸術物件」は、前年に読売ジャイアンツに入団したゲーリー・トマソンにちなんで「トマソン」と名づけられることになる。 元メジャーリーガーのトマソンは、入団1年目の1981(昭和56)年は20本塁打も記録したが132三振の球団新記録もつくった。 しかし2年目の82年に入るとまったく不調となり、ひたすら三振の山を築き「人間扇風機」と呼ばれながらなお打席に立ち続ける、その「無用の長物」感が「超芸術」と重なるということになったのである。 ちなみに野球選手のトマソンは残念ながらその年のシーズン中に解雇になってしまう。 その後「超芸術トマソン」は、1981年創刊の雑誌『写真時代』での赤瀬川氏の連載をきっかけに、一部で注目を集め「トマソン観測ツアー」が開催されたり「トマソン観測センター」が設立されたりするブームとなった。 またそのブームにおいて、当時赤瀬川氏が美学校で担当していた講座で、トマソンの考察にも繋がる「考現学(考古学に対して同時代である現代を観察、考察する)」という言葉も認知された。 連載をまとめて1987(昭和62)年に発行された『超芸術トマソン』赤瀬川原平著.

次の