ヘレニズム 時代。 ヘレニズム哲学

ヘレニズム三国/ヘレニズム時代

ヘレニズム 時代

ヘレニズムとは「ギリシア風の文化」を意味する。 古代ギリシア人が自らを英雄ヘレンの子孫という意味の「」と呼び、その土地を「ヘラス」と言ったことによる。 世界の文化史上は、前4世紀のの東方遠征によって、と文化が融合して形成された文化をさす。 アレクサンドロス大王の帝国以降の、および小アジアの、中央アジアのなどのギリシア系国家のもとで発展した。 ヘレニズム文明 ヘレニズム世界においてはギリシア語が公用語として使用され、といわれた。 またギリシアのポリス社会が解体し、アレクサンドロス大王の世界帝国が成立したことに伴い、より広い世界での個人の生き方を探求する(世界市民主義)の思想が広がり、哲学にはとの二つの潮流が生まれた。 この時代の遺産とされる美術品には、・・など、写実的でありながら人間美や精神性を持った大理石彫刻が多く、後のの美術に大きな影響を与えた。 ヘレニズム文化の中心地として栄えたのがのであった。 そこには大規模な博物館であり、研究機関でもあるが建設され、・・・(ユークリッド)などの自然科学者が活躍した。 紀元前1世紀末のがローマに滅ぼされるまでをヘレニズム時代と言うが、文化史上はその後も西アジアからインドにかけて存続し、インドの2~3世紀のなどに影響を与え、さらに中央アジア、中国を経て遠く日本の8世紀の天平期の文化にも影響が及ぶ。 地中海世界ではローマ文化が隆盛となるが、ヘレニズムもヘブライズム(ユダヤ教・キリスト教の文化)とともにヨーロッパ文化の基盤となる。 それまでは前5~前4世紀に最盛期を迎えたギリシア文明が、マケドニアに征服されてから衰退したと捉えられていたが、ドロイゼンはアレクサンドロスの登場によってギリシア文明とオリエント文明が融合して成立した、新たな価値を有する文明をヘレニズムと名付けた。 この概念は古代史学会で受け容れられて常識化し、現在は高校教科書でも広く普及している。 しかし日本で流通しているヘレニズム概念には、最高の到達度にあったギリシア文明と、劣等な東方(アジア)のオリエント文明という差別的な価値観が深く内在しているとして、見直しを迫る見方が出ている。 引用 欧米の歴史家は、ギリシア文化型の文化と混合すると「融合」と呼ぶが、ペルシア文化が他の文化と混じるときは、しばしば「折衷」というマイナス価値の言葉を使う。 実際にはペルシア人もまた、先行するアッシリア、バビロニア、エジプト、メディアなど多様な文化を吸収して独自の総合を遂げていたのであって、その具体的現れはペルセポリスの浮彫りに見ることができる。 またヘレニズム時代になってギリシア人が多数東方に移住し、交易が盛んになり、各地で都市が発展し、と呼ばれる共通ギリシア語が広まったといわれる。 しかし、諸民族の平和的な共存と交流はすでにアカイメネス朝()時代に実現していたし、当時語が国際商業語として広く用いられていたことは、高校の教科書にもちゃんと書かれている。 にもかかわらず。 交易の発展や文化の交流がまるでギリシア人の専売特許であるかのごとく語られてきた。 その背後には紛れもなく、ギリシア文化が最高で東方の文化は劣等なものと見る、差別的な価値観がある。 日本で流通しているヘレニズム概念もまた、このようなギリシア中心主義、それを受け継いだヨーロッパ中心の視点を深く内在させているのだ。 <森谷公俊『アレクサンドロスの征服と神話』興亡の世界史1 2007 講談社 p. 23-24 同書ではヘレニズム文化の代表的としてとりあげられるについても、ギリシア彫刻の影響でが生まれたという従来の学説はすでに時代おくれになっており、アレクサンドロス大王とガンダーラ美術が直結しているかのような解釈は全くの的外れである、ともされいる。 その観点からは「われわれの常識のなかのヘレニズムは幻影だといわねばならない」となる。 <森谷公俊『同上書』p.

次の

ヘレニズムとは

ヘレニズム 時代

第17話 ギリシアのポリスであるアテネ・テーベの連合軍を、 カイロネイアの戦い(B. 338)で敗った強国マケドニアは全ポリスを制圧してギリシア全土を支配するまでに至った。 以前の大戦争()でギリシアに敗れた アケメネス朝ペルシア(B. 550~B. 330)もマケドニアに対して警戒していた。 時のマケドニア国王 フィリッポス2世(位B. 359~B. 336)は、スパルタ以外のギリシア全都市を コリント同盟(別名ヘラス同盟。 ペロポネソス半島の商業都市コリント。 盟主はフィリッポス2世。 )に加盟させ(B. 337~B. 301)、ペルシア軍との戦争に備えた。 しかし、ペルシア遠征計画途中に、フィリッポス2世が部下の貴族に暗殺され、彼の遺志は子 アレクサンドロス3世( アレキサンダー大王。 336~B. 323)に引き継がれた。 アレクサンドロス3世は13歳の時、父が家庭教師として招いた哲学者 アリストテレス(B. 384~B. 322)に政治学をはじめとするギリシア教育を学び、20歳で王位に就いた。 335年には、ギリシアの反対勢力を制圧し、コリント同盟の盟主として、翌年、ペルシア遠征( 東征。 334~B. 324)を実行した。 333年、大軍を率いた大王は地中海東岸イッソスで ダレイオス3世(位336~位330)率いるペルシア軍を敗り( イッソスの戦い)、B. 332年にはエジプトに進入した。 さらに後退するダレイオス3世の軍隊を追撃するべく、B. 331年、ティグリス川中流のガウガメラ~アルベラ間で戦闘を開始( アルベラ・ガウガメラ間の戦い)、ダレイオス3世は敗走した。 やがて家臣によってダレイオス3世は暗殺され、アケメネス朝ペルシアは滅亡した( B. 330)。 その間大王はバビロン・スサなど有力都市を次々と占領し、ペルシア王都ペルセポリスを焼き討ちし、いったん東征の終了を宣言した。 アレクサンドロス3世はさらに東征を実行するべく、ペルシア滅亡後、ギリシア同盟軍を解散させ、ペルシア軍も使用して新たに軍隊を再編成した。 バクトリア地方やソグディアナ地方などを征服し、西北インドのパンジャーブ地方まで進み、要地に次々とアレクサンドリア市を建設した(東征完了まで70都市)。 しかし、インド侵入の時、部下はこれ以上の進軍を拒み、やむなくインダス川を下って、B. 324年スサに帰着した。 この年が東征の完了となっている。 大王は、征服地の統治を旧ペルシア要人や土着民族たちに任せ、またペルシアの国制・社会も吸収し、マケドニア国王としてだけでなく、以前世界帝国として名をとどろかせたオリエント専制君主・ペルシア王としても自覚していった。 帰還後も、ギリシアとオリエントの東西文化の融合を試みて、大王自身によるバクトリア王女やダレイオス3世の皇女との結婚、マケドニア人男性とペルシア人女性の集団婚礼など、発展させていった。 経済においても、金貨・銀貨の鋳造で貨幣経済が普及し、東西貿易が発展した。 しかし、B. 323年、アラビア遠征を企画途中、大王は熱病のため32歳余の生涯をバビロンで終えた( 大王急死)。 同時に彼の建設した大帝国は崩壊の路線を辿ることになる。 戦争では小アジア西部のイプソスの戦い(B. 301)などが有名である。 結局B. 3世紀前半には、 プトレマイオス朝エジプト(B. 304~B. 首都 アレクサンドリア)・ セレウコス朝シリア(B. 312~B. 首都前半セレウキア~後半アンティオキア)・ アンティゴノス朝マケドニア(B. 306~B. 168。 首都ペラ)の3国が並び立った。 しかしセレウコス朝から小アジアにギリシア系の(B. 241~B. 133)、中央アジアに同じく ギリシア系の (B. 255頃~B. 130頃)、イラン東北部には イラン系の アルサケス朝パルティア王国(B. 248頃~A. 226)らが次々と独立してシリアの権威は縮小していった。 プトレマイオス朝エジプト、セレウコス朝シリア、アンティゴノス朝マケドニア、アッタロス朝ペルガモン王国はその後ローマに占領・併合され、バクトリア王国もスキタイ系民族に滅ぼされ、最後に残ったアルサケス朝パルティア王国も、復活したペルシア( ササン朝ペルシア。 226~651)に滅ぼされていった。 こうしてヘレニズム諸国は時代の幕を下ろしていった。 東征開始からプトレマイオス朝エジプトが滅ぶ約300年間を ヘレニズム時代と呼ぶ。 "ヘレニズム"とはドイツの歴史家ドロイゼン(1808~84)の造語で、"ギリシア風文化"の意。 今回は初登場、ヘレニズム時代です。 中心となる国はマケドニアなのですが、アレキサンダー大王がペルシアを滅ぼして大帝国を建設してしまってからは、マケドニアは帝国のごく一部にすぎませんので、あまり存在感はないですね。 では今回のポイントを。 東征時代のおさえておくところは、B. 334~B. 324間であること、イッソスの戦い、アルベラの戦い、ダレイオス3世、B. 330年にアケメネス朝滅亡あたりでしょう。 また同じくらいに試験に出やすいのが、大王死後のディアドコイの部分です。 分裂後の3つの国名(プトレマイオス朝エジプト・セレウコス朝シリア・アンティゴノス朝マケドニア)は覚えておきましょう。 また、どこに滅ぼされたかも知っておいた方が良いですよ。 ローマ史でも登場しますので。 とくにエジプトが滅んだB. 30年というのは、あの アクティウムの海戦(B. 31)によるものです。 エジプト女王 クレオパトラ7世(位B. 51~B. 30)と組んだ アントニウス(B. 82~B. 30)を、後のアウグストゥスとしてローマ帝国を支えた オクタヴィアヌス(B. 63~A. 14)が打ち負かした戦争です。 重要ですね。 また、パルティアやバクトリアはアジア史にも登場しますが、バクトリアはギリシア系、パルティアはイラン系であることを知っておくと役立つ時があります。 また本編には登場しませんでしたが、ギリシア文化とオリエント文化が融合した は出題の宝庫とされています。 従来のギリシア人だけでなく、全世界としての民族意識( 世界市民主義。 コスモポリタリズム。 )が一般的とされた時代で起こった文化です。 哲学ではキプロス島出身の ゼノン(B. 335頃~B. 263頃)が説いた禁欲主義の ストア派とアテネの エピクロス(B. 自然科学では、アレクサンドリア市でおこされました。 そして、博物館(museum)の語源ともなった「 ムセイオン」( 王立研究所)から優れた学者が輩出されました。 有名なところでは、平面幾何学を大成した (ユークリッド。 300頃の人)、 浮体の原理を発見した アルキメデス(B. 287頃~B. 212頃。 シチリア島シラクサ出身。 )、 太陽中心説を主張した天文学者 アリスタルコス(B. 310頃~B. 230頃)、ムセイオンの図書館長で地球の円周を測定した エラトステネス(B. 275頃~B. 194頃。 円周測定は45000km。 現在の測量結果の40000kmにほぼ近い測定)などが頻出です。 美術では、「 ミロのヴィーナス」「 ラオコーン群像」など、テレビや雑誌、資料集で一度は目にしたことのある有名作品がこの時代から生まれています。

次の

ヘレニズム時代

ヘレニズム 時代

アレクサンドロス大王と東方遠征 ・ アレクサンドロス大王(在位紀元前336〜紀元前323)は、フィリッポス2世の息子で、幼いころに アリストテレスに師事した。 その後父王の暗殺により、20歳でマケドニア王となる。 ・紀元前 334年から紀元前 324年にかけて、アレクサンドロス大王はギリシア連合軍を率いて 東方遠征を行った。 ・紀元前 333年には、地中海東岸で イッソスの戦いが起こり、 アケメネス朝ペルシアの ダレイオス3世に勝利する。 ・紀元前 331年には、 アルベラ(ガウガメラ)の戦いが起こり、 ダレイオス3世は敗走後に暗殺され、 アケメネス朝ペルシアは滅亡した。 ・アケメネス朝滅亡後も東方遠征は続き、アレクサンドロス大王は ギリシア・エジプトから インダス川西岸までの広大な地域を大帝国とした。 彼は、自らの名前を冠した アレクサンドリアという街を各地に建設し、ギリシア文化が西アジアの文化と融合していった。 ・紀元前 334年の東方遠征から、紀元前 30年の プトレマイオス朝エジプト滅亡までの時代を ヘレニズム時代という。 ヘレニズムはドイツの歴史家 ドロイゼンの造語。 ・アレクサンドロス大王は、アラビア遠征の途上で急死し、その後、後継者の「 ディアドコイ」という武将たちが争った。 紀元前301年には イプソスの戦いが起こり帝国の分裂が始まり、最終的に プトレマイオス朝エジプト、 セレウコス朝シリア、 アンティゴノス朝マケドニアにわかれた。 シリア ・セレウコス朝シリア(紀元前312〜紀元前63)は、武将セレウコスによって建国されたシリアの王国で、当初西アジアの大部分を支配した。 紀元前300年ころ、都が セレウキアから アンティオキアに遷都された。 紀元前3世紀に、領土内から パルティア、 バクトリアが独立したため衰退し、最終的に紀元前 63年に ローマに滅ぼされた。 ・パルティア(紀元前248〜紀元後226)は イラン系の住民が カスピ海東南の地域におこした国で、セレウコス朝から独立した。 建国者は アルサケス。 紀元前2世紀以降に強大となり、セレウコス朝滅亡後にメソポタミアをめぐりローマと争った。 中国の 漢と同時期で、「絹の道」をつないだ。 最終的に ササン朝ペルシアに滅ぼされる。 ・バクトリア(紀元前255頃〜紀元前139)は、セレウコス朝支配下の ギリシア系住民が独立した国家。 バクトリアのギリシア文化は西北インドに伝わり、 クシャーナ朝時代に ガンダーラ美術が生まれるきっかけをつくった。 最終的に スキタイ系の トハラ人に滅ぼされる。 ヘレニズム文化 ・ヘレニズムは「 ギリシア風」の意味。 ヘレニズム文化は、 世界市民主義(コスモポリタニズム)と 個人主義という性格を持つ。 ・ 世界市民主義(コスモポリタニズム)は、ギリシアのポリス社会が衰退した結果、従来の ポリス中心主義から、世界の人々を自分の同胞ととらえる思想としておこった。 また、同時に、個人の幸福追求を求める 個人主義も重要な思想であった。 ・ヘレニズム世界では共通語として アッティカ方言をもとにした コイネーという共通語が使われ、プトレマイオス朝エジプトのアレクサンドリアにつくられた ムセイオンという研究機関を中心に数学・物理学・天文学などの自然科学が発達し、のちにイスラム科学に受け継がれた。 ヘレニズム時代の科学者 ・エウクレイデス(ユークリッド) 紀元前300年頃ギリシアで活躍した数学者。 ムセイオンに学び、 平面幾何学を大成した。 『 幾何学原本』を著した。 ・アリスタルコス 紀元前310年頃〜紀元前230年頃に活躍した サモス島出身の天文学者。 太陽中心説を唱えた。 ・アルキメデス 紀元前287年頃〜紀元前212年に活躍した シチリア島シラクサ出身の数学者。 ムセイオンに学び、 梃子の原理や アルキメデスの原理を発見。 ポエニ戦争中に、ローマ兵に殺害される。 ・エラトステネス 紀元前275年頃〜紀元前194年に活躍した北アフリカの植民市 キレネ出身の天文学者。 ムセイオンの館長を務め、地球の周囲を計測した。

次の