ほうたいしたものですね。 ハーメルン[モバイル]

ほうたいしたものですねw広島市立大学の学祭で刃牙が食べたおじやセットを販売ッ!

ほうたいしたものですね

オイオイオイとは、死ぬわアイツ 「オイオイオイ」「書いてあるわ概要」 にて「」「範」「」とを変えながらも年以上連載を続ける、恵介作の格闘通称「」の第1部「」、その 1話「ヤツの名は!! 」に登場する。 系の全を決める大会、その決勝試合直前。 を自負する男達の集う最大の格闘団体「心会」その会員達をし決勝進出したの帯「範」。 そんなの控室での急速な補給をの当たりにした心会の帯の門下生()が発したである。 しかし、 「聞いてもないのにベラベラ喋る」「偽不明の知識」「2でやりとりがしている度」などの要素がウケたのか、やではかねてよりや変として使われていたが、ごろ [ ]から上で流行し急速にが普及した。 ディープなヤツらがの魅と銘打ち、ディープなにしか分からない8人のがの魅を紹介した。 その一人として、前述の全文にてと表記したが「控室にを呼びに来た人」と称され登場。 やはりの変でのの魅をってくれた。 「それに特大table枠の関連動画と関連静画これも即効性の記事装飾です」 「しかも関連商品もそえて販促バランスもいい」 「それにしても記事終端直前だというのにあれだけしか関連項目を貼れないのは超人的な編集力の低さというほかはない」• - 例のやりとりを含む1話が試し可•

次の

一流料理評論家「朝食は赤福と味噌汁!」→ネット民「それは違うやろ」→一流「頭固いなー」

ほうたいしたものですね

この奇想天外な組み合わせに「それは違うやろ」とネット民が物言いをつけたのだ。 「正しい日本の朝食ではない」「栄養が偏っている」「健康に悪そう」 この「朝食に赤福はふさわしいのか」論争は、多くのユーザーを巻き込んで反響が広がった。 しかし、当の土井はどこ吹く風で、ユーモアを交えこう切り返した。 「何言うてんねん。 石頭やなー(笑)」 そして、こうしめくくった。 「どうぞ、家の中の多様性を認めてください」 この「家の中の多様性を認めてください」という土井の言葉はまたたくまに拡散した。 なぜ、この土井の言葉は多くの人に支持されたのか。 多様性をどうとらえるかにもよりますが、日本社会ほど、「人それぞれ違う」という当たり前のことが認められていない世界はないと思います。 つまり、多様性の時代と言われていますが、現実は「多様化していない」、むしろ近年急速に単純化していると思います。 朝食に赤福を食べる。 温かいご飯に冷たい牛乳をかけて食べる。 家にあるもんを食べる、当たり前のこと、普通のことだと思いますよ。 赤福だって、早く食べないとダメにするし、もったいないでしょ。 なんで、みんな一緒の朝ごはん食べなあかんのですか。 こっちが聞きたい。 どうせ、なにも答えられないと思うけど。 そっちこそええかげんなこと言うたらあかんわ。 自分と違う考えをもっている人が気になるのは、ほんまに弱い人です。 お行儀のよい人は、いらんこと言わない、黙ってるもんです。 なぜを説明できないなら、黙って思考せよ。

次の

オイオイオイ完成でエロ画像貼るわ

ほうたいしたものですね

メディアはことさら『非厚底V』を賛美し、「ニューヒロイン誕生」や「薄底の市民権回復」でひと商売しているように見える。 その背景には、ナイキ一強への居心地の悪さ、当然広告主でもある他のシューズメーカーや、メディアがこれまで賛美してきた『名匠』に対する忖度や配慮の都合も見える気がする。 だが、レースにおいて、世界の舞台は従来型の薄底シューズでは到達しえない高機能ギアによるスピード勝負の領域に入っている。 おそらく、従来型の薄底シューズではこれに太刀打ちできない。 それなのに、賛美して何が始まるだろう。 net いまや男子の世界ランキングの100位以内は、ほとんどケニアやエチオピアの選手ばかりで占められている。 日本新記録で1億円獲得した大迫傑の2時間5分50秒は、世界ランキングでは97位。 ぎりぎり100位以内に入っているレベルだ。 詳しく書けば、上位100位までの50人がケニア選手、40人がエチオピア選手の記録だ。 こんな競技が他にあるだろうか? 野球が、世界的な普及が十分でないとの理由で、東京大会を最後に種目から外れると決まっている。 マラソンはそれ以上の偏りなのだ。 このデータを見れば、マラソンが五輪種目から外れることは何ら不思議ではない。 36 ID:V3ogtyIhM0202. net このシューズが、カーボンプレートを3枚重ねたうえに、前足部にエアを入れたとんでもなく分厚い靴底の「アルファフライ」です。 ヴェイパーフライは禁止されないだろうと報じたザ・ガーディアン紙もこの靴は規制の対象になると伝えているほど、その厚さはえげつない。 アルファフライ」は今のところNIKEと契約する世界的トップアスリートたちにレースで使わないことを条件にテストで配られていますが、 この靴の登場が今回の規制の流れの一因となっています。 この調子で際限なく厚くしていいのか、どんどんボヨンボヨンしてしまっていいのか。 net まず今回の件で、日本人にとって「ヴェイパーフライ履けなくなる問題」のインパクトがどれだけ強いものだったかということが、浮き彫りになりました。 Twitterを見ても、ここまで騒いでいるのは日本ぐらいのものです。 「アシックスの株価が箱根駅伝後に下がり、このニュースで上がった」というニュースもありましたが、アシックスの株価は昨年夏くらいが底値でそもそも、そこから上がってきてますから。 世界陸連が何も発表していない段階で何もここまで騒がなくてもいい、騒ぐならもっと前から騒ごうよ、と僕は思っています。 net 0秒1以内でフライングというのは、ピストルの音を聞いて、筋肉が反応するまでには0秒1掛かるという医学的根拠から成り立っている。 ただ、昨年の日本選手権男子110メートルでも金井が0秒099でフライング失格となっている。 スタート技術が進化する中でこの医学的根拠を超えてくる選手が今後出てくる可能性がある。 レースから1時間半後に表彰式が行われた。 優勝した石川は「複雑ですね。 勝負しにきていたので、冷めてしまった部分はある」と話し、走りきったある選手も、レース後「こんなのレースになってねえよ」と吐き捨てていた。 net.

次の