ブラック ラグーン ヘンゼル と グレーテル 性別。 ヘンゼルとグレーテル(BLACK LAGOON)とは (ヘンゼルトグレーテルとは) [単語記事]

【BLACK LAGOON】ヘンゼルとグレーテルは何故生まれたのか。【チャウシェスクの落とし子】

ブラック ラグーン ヘンゼル と グレーテル 性別

ヘンゼルとグレーテル 見た目にはプラチナブロンドの髪が特徴。 可愛いらしい男女の幼い双子だが、実際は極めて危険な殺し屋。 ルーマニア人。 ルーマニアが独裁者チャウシェスクにより支配されていた時代は施設で暮らしていたようだが、その後の政変の影響で、多くの子供達と共に施設から闇社会に売られていった模様。 売られた先で嬲りものにされた挙句、殺人映画の作成・人間の後始末の片棒まで担がされた結果、快楽殺人者にまで歪んでしまった。 「ヘンゼル」、「グレーテル」の名はチャイルドポルノ上での通称であり、本名は不明。 殺しを「遊び」と称し、殺さなければ生き延びられなかった過程からか、『殺した分だけ自分たちの寿命を延ばせる』という思想を持っている。 ゆえに倫理観は皆無であり、自分達が危険に晒されると他人を身代わりにすることも躊躇しない。 互いの事はそれぞれ「兄様」「姉様」と呼び、互いの服装を交換することで人格をも入れ替える事ができる。 過去の境遇もあり、2人とも自分の本来の性別や性格がどちらにあるのか自覚していないと思われる。 「姉様」は歌が得意であり、幼い頃には「兄様」に聞かせていたこともあったという。 ダッチ曰く「声だけは天使」とのこと。 ロックのことを「良い人」といい、「兄様」以外に聴かせたことの無い歌と自らの躰を披露し、好意を表した。 一方レヴィには「同じ人種」「腐ったドブの臭いがする」と言い放った。 作者曰く、この作品のなかでもっとも死亡退場を悩んだキャラクターとのこと。 【編集あとがき】 先にも触れたように、Black Lagoonの中でも問題作のヘンゼルとグレーテル編です。 (他も問題だけどw) ロワナプラやヘンゼルとグレーテルを問題だと思うけど、日本から出て行けばこんなことは日常になっている国が ゴロゴロしてると思うと、日本に生まれてよかったと思います。 Black Lagoonに興味を持っていただいた方は、2期ヘンゼルとグレーテルのあとの日本編もお薦めします。 銀さん、かっこいいぞ~。 あ、ロベルタ編も・・・ 結局全部かw 今回は、ほとんど編集らしいことをしていない。 Wikiから文書貼って、つべから動画持ってきただけです。 編集したかったんですが、この3話って内容が凝縮されていて、正直切るところがなかった。 最後にちょっと気分直しをしてもらおうと思い、違ったBlack Lagoon動画を貼っておきます。 最後まで観てくれて、ありがとうございました。

次の

ブラックラグーン4(ブラクラ4) スロット新台

ブラック ラグーン ヘンゼル と グレーテル 性別

あらすじ 不法者が集まる街。 ロアナプラ。 そこは4つのマフィアによって、微妙な均衡を保っていました。 ダッチ、ベニー、レヴィー、ロック(元の名は緑郎/日本人)は、「ラグーン商会」と言う名前で運び屋を行っていました。 ある日、バラライカが率いるロシアン・マフィア「ホテル・モスクワ」を弱体化させようとする動きが出始めました。 当然ながら、マフィアのボス同士での会合がなされますが、どのマフィアの組員も殺害されていることが判明。 しかし、明らかに「ホテル・モスクワ」が殺害されている数が多い。 「ホテル・モスクワ」はその犯人を探し出すことに躍起になります。 その犯人は、2人組の少年と少女であることを突き止めたバラライカ。 そして、互いに「frate mai mare」(兄様/にいさま)、「sora mai mare」(姉様/ねえさま)と呼び合うことが分かります。 ロックは元々商社マンだったこともあり、バラライカは彼にその単語に聞き覚えがないか?と尋ねると、ロックは「ルーマニア語ではないか?」と答えます。 その「ルーマニア」と言う単語に反応したバラライカ。 裏ビデオを手がけていた者を呼び出し、児童ポルノビデオで用意できるだけの物を提出するように指示します。 その中から、ビデオで「ヘンゼルとグレーテル」と呼ばれていた、特徴がよく似た人物を見つけます。 彼らは、 「チャウシェスクの落とし子」達でした。 最後には、互いに殺し合うというビデオまで撮らされ、ヘンゼルとグレーテルの双子はそれを生き残ります。 遂に、ヘンゼルとグレーテルは「大人の喜ぶ扱い方」を学び、「殺人鬼」と変化していくのです。 その双子を雇い、ロアナプラの勢力図を塗り替えようと考えたマフィアがありましたが、扱いきれずにそのマフィアは双子に虐殺されます。 彼らは「快楽殺人鬼」と成り果てていました。 こうして生きているのは、周りを殺しているからだ。 殺しているから、僕たちは生き続けられるんだ。 バラライカに追い詰められた、ヘンゼルは死に際に言い放ちます。 「僕は死なないよ、死なないんだ。 こんなにも人を殺してきたんだ。 いっぱいいっぱいいっぱいいっぱい殺してきてる。 僕らはそれだけ生きることができるのよ。 命を、命を増やせるの。 私たちは永遠さ。 そう永遠なのよ。 」 一方、グレーテルはラグーン商会に逃がしてくれるよう、自分を「運んで欲しい」と依頼。 しかし最後は、逃がし屋で有名だった男もバラライカに既に買収されており、港に降りた時にグレーテルは頭部を撃ち抜かれます。 「・・・きれいだわ、そら。 」 そこには、孤児院でも、売られた先でも見たこともない、綺麗な空が広がっていました。 こうして、双子の殺人鬼は静かに消えていったのです。 チャウシェスクの落とし子 この双子は実在しない人物ですが、 「チャウシェスクの落とし子」は実在します。 それはルーマニアがたどる、悲惨な歴史の犠牲者たちでした。 ニコラエ・チャウシェスクの独裁政治 ルーマニアはかつて、「ルーマニア共和国」として存在していました。 第二次世界大戦後、 ニコラエ・チャウシェスクが大統領となります。 参照: そして、共和国でありながら、ソ連と違う方向を向いたため、「西側諸国」には歓迎されるという特異な状態でした。 またチャウシェスクは、国民の人口を増やすことが国力を増すことにつながると考え、以下のようなことを法律で定めます。 1966年、チャウシェスク政権はルーマニアの人口を増やすため人工妊娠中絶を法律で禁止とした。 妊娠中絶は42歳以上の女性、もしくはすでに4人(のちに5人に変更)以上子供を持つ母親のみ例外的に許された。 ルーマニアでは5人以上子供を産んだ女性は公的に優遇され、10人以上の子持ちともなると「英雄の母」の称号を与えられたが、殆どの女性は興味を示さずせいぜい子供2-3人程度がルーマニアの平均的な家庭であった。 また、秘密裏に行われた妊娠中絶の結果障害を負った女性、あるいは死亡する女性も少なくなかった。 チャウシェスクは上昇傾向にあった離婚率にも目を付け、離婚に大きな制約を設け一部の例外を除いて禁止した。 1960年代後半までにルーマニアの人口は増加に転じたが、今度は育児放棄によって孤児院に引き取られる子供が増えるという新たな問題が生じた。 これらの子供は十分な栄養も与えられず病気がちとなり、さらに子供を死なせた場合にはその孤児院の職員の給与が減らされるため、無理な病気治療のひとつとして大人の血液を輸血され、エイズに感染する子供が激増した。 こうした人口政策で発生した孤児たちは「チャウシェスクの落とし子」と呼ばれ、ストリートチルドレン化するなど後々までルーマニアの深刻な社会問題となった。 参照: つまり、中絶を禁止したため孤児として子供が捨てられるという状況が出てきたのです。 これらの子供たちは「チャウシェスクの落とし子」と呼ばれました。 それが、「ヘンゼルとグレーテル」のモデルとなった子供たちです。 その後、この政権は革命によって打ち倒されることになります。 「ヘンゼルとグレーテル」は、この革命によって孤児院からも追い出され、人身売買の対象として扱われたという設定になっています。 また、実は彼らの性別は明らかにされていません。 カツラを交換することで、どちらも「ヘンゼルとグレーテル」になることが出来ました。 それは、児童ポルノの影響により酷い扱いを受け、心身共に男性女性の区別が失くなったためと思われます。 ですから、ヘンゼルが亡くなったことを聞いたグレーテルは悲しみませんでした。 私はグレーテルであり、ヘンゼルでもあるからと・・・ 革命後のルーマニア 革命によって、チャウシェスク政権は打倒されたとはいえ、現代でもこの余波は残っています。 ストレートチルドレンが多い国として、未だに有名な国だからです。 ルーマニアは、ヨーロッパ諸国の中で子供たちのエイズ感染率の最も高い国になっている。 これは1986-1991年の混乱期に、輸血や栄養剤の注射をするのに注射器の針も欠乏していたことなどが原因ともいわれる。 これらでは、孤児院などの児童保護施設で、貧しい食糧事情から栄養失調により体調を崩す子供も多く、それを即物的に治療する上で、栄養剤注射が常態化していたという報告も寄せられている。 この状況下で注射針の不足から、これら施設に収容された児童内にエイズが蔓延したと見られている。 これらストリートチルドレンのエイズ感染者は、充分な治療を受けるすべもないということで、さらに事態は悪化している。 加えて一部のルーマニアのストリートチルドレンは、男女の別を問わずセックスツアーの観光客、特に西ヨーロッパからの人を相手に売春行為を行い、これがヨーロッパ地域のエイズ患者増加を招いていると見なされている。 元よりこれらの子供は、体以外に生活資金を得る手段が無く、これが事態の悪化と長期化を招いている。 これらでは、観光客側は後の事を考慮せずにことに及ぶためコンドームを使用せず、加えて売春している子供らも貧しさからコンドームを購入できないという事情もあり、これも問題視されている。 またこれらの子供らには、日本での第二次世界大戦終結後からの戦後時代と同様に、ビニール袋からエタノールを吸引するといった問題行動が見られる。 エタノールの吸引は、空腹感を紛らわせる為に行っている。 こうした薬物への依存もまた貧困のなせる業といわねばならない。 セックスツアー観光客の中には、自身の娯楽のために違法な薬物を持ち込み、これを売春で買った子供らに提供するケースも危惧されている。 参照: 今でも、「ヘンゼルとグレーテル」は存在し続けているのです。 ドラキュラとの関係 Black lagoonの「ヘンゼルとグレーテル」は、何度も「八重歯」を強調する表現がありました。 これは 「ドラキュラ」を強調していると思われます。 ドラキュラは、ルーマニアに実際に存在した人物なのです。 諸侯の権力が強かったワラキアにあって中央集権化を推し進め、オスマン帝国と対立した。 日本ではしばしば「ヴラド・ツェペシュ」と表記されるが、「ツェペシュ」は姓ではなく、ルーマニア語で「串刺しにする者」を意味し、「ドラキュラ」と同様にニックネームであって、名前は単に「ヴラド」である。 参照: 父親ヴラド2世がドラクル(竜公を意味する)であったため、その子どもと言う意味の「ドラキュラ」と呼ばれるようになりました。 また、その統治の仕方が冷徹であり、当時では普通であった「串刺し刑」を貴族にも適用したという異例な君主でした。 この冷酷さが重なり、「串刺し公」と呼ばれるようになり、後にドラキュラと言う呼び名はヴァンパイアと結びつくようになります。 「ヘンゼルとグレーテル」が八重歯をさらし、血の海をさまようような描写は、この ドラキュラを表していると思われます。 彼らが、「何人も殺し続けたので自分たちは生き続ける」と主張したのは、今で言う ドラキュラが血を吸い続けて、命をつなげて永遠に生き続けることに関係しているのでしょう。 そして、彼らはバラライカの部下を拉致し、死んだ後も頭に釘を刺す遊びを始めます。 痙攣を起こすのが楽しいのだと言って・・・ これも、ヴラド3世に由来すると思われます。 ある時、オスマン帝国からの使者がヴラドに謁見する際、帽子を被ったままでした。 なぜ帽子を取らないのかと問うとトルコの流儀であると応えます。 ヴラドはならばその流儀を徹底させてやると言い、帽子ごと使者の頭に釘を打ち付けたという逸話が残っているのです。 最後に 「ヘンゼルとグレーテル」は実在する人物ではありませんが、しっかりとモデルは存在するのです。 Black lagoonは、様々なストーリーがあるのですが、史実を上手く使いその後を想像して描写しています。 今回色々と調べてみて、改めてそのストーリーの骨格がしっかりしたものであると再確認しました。 中には、よど号ハイジャック事件で有名な「共産主義者同盟赤軍派」のストーリーもあります。 正義と信念。 それは何なのか・・・ それを問う内容でした。 私は、「ヘンゼルとグレーテル編」が特に好きなのです。 彼らは、時代に、そして環境に歪められた子どもたち。 場所が違えば、彼らは本当に仲の良い幸せな兄妹として生きていたでしょう。 しかし、それが叶わない人間がいる。 あなたは、「ヘンゼルとグレーテル」から何を感じるでしょうか。 「仕方がないよ。 殺すか殺されるかしかないんだ。 この世界はそれだけだもの。

次の

CRブラックラグーン3

ブラック ラグーン ヘンゼル と グレーテル 性別

この双子については作中の描写からショッキングな内容が推察出来ます。 この二人は容姿がそっくりな事から、二卵性双生児ではなく一卵性双生児ではないか。 そうなると一卵性双生児は基本的に同姓になるので、作中で男女の双子として描かれているのはおかしい。 又、二人が服装を入れ替えているが、その際には男女の性差さえも入れ替えて演じているし、 他の場面でも二人が性別に対して無自覚な事がうかがえる・・・ つまり、この二人は共に男児だったが片方、又は両方が男性器の切除手術か、 男性器を残したままでの女性器形成手術(いわゆるシーメール手術)を受けていたのでないか。 ロックがこの妹に見たのは、男性器を切除した痕か、男性器と女性器の両方が付いている姿だったのではないでしょうか。 A ベストアンサー コミックスしか読んでないので、雑誌でどうなってるのかは分かりませんが、9巻までの内容で考えると・・・・答えは「わかりません 笑 」です 作中ではっきりレイプされた、とは書かれていないはずです。 ただ、2巻と4巻あたりでなんとなく匂わせている、と思えます。 2巻の潜水艦のなかでのレヴィの話から 「無実の罪でおまわり共に半殺しにされた」こと 4巻のCIAの台詞 「バッファローヒルの所長とNYPD27分署の連中が~」 とつながりがあれば、「想像・妄想」できますね。 また、2巻でローワン 黒人アフロ の店で、たぶんポールダンス ストリップ? がメインのお店ですか、レヴィにSMショーにでる気になったかと聞かれたことから、以前SMショーに出ていたと思われます。 レヴィ「シバくのもシバかれるのも二度と御免だ」 ローワン「あんたメチャウマだからよォ、どっちもイケるのに残念」 以上からあくまで想像ですが、警官に半殺しにされた時に銃で警官、または所長でも撃って逃亡、ロアナプラに流れつき、しばらくはSMショーで食いつないでいた・・・ あくまで想像です。 作中ではっきり書かれているわけではありません。 10巻以降にレヴィのエピソードがあればいいんですけどね。 コミックスしか読んでないので、雑誌でどうなってるのかは分かりませんが、9巻までの内容で考えると・・・・答えは「わかりません 笑 」です 作中ではっきりレイプされた、とは書かれていないはずです。 ただ、2巻と4巻あたりでなんとなく匂わせている、と思えます。 2巻の潜水艦のなかでのレヴィの話から 「無実の罪でおまわり共に半殺しにされた」こと 4巻のCIAの台詞 「バッファローヒルの所長とNYPD27分署の連中が~」 とつながりがあれば、「想像・妄想」できますね。 また、2巻でローワン 黒人アフ... Q 「ブラックラグーン」という漫画に「チャウシェスクの落とし子」と称されるルーマニア人の双子の殺し屋が出てくる話があります。 チャウシェスク時代の人口政策の煽りをくらって孤児院に入れられた双子が、ルーマニア革命後に闇ルートで海外(イタリア?)に売られ、キッズポルノ出演を強制される等、散々性的搾取された挙句、スナッフ(殺人)ムービーの片棒を担がされ、生きるためにビデオの前で殺人を演じ続けて遂には快楽殺人者になる・・・という流れなのですが、こういったことは実際に起きた事なんでしょうか? もちろん、快楽殺人者云々というのは行き過ぎにしても、似たように性的搾取をされて闇に葬られた子供というのは多い物なのでしょうか(漫画の中では「変態どもに玩具にされた挙句、豚のエサになる運命」といわれていますが・・・)? 実際にルーマニア孤児達の辿った運命はどういうものだったのでしょうか。 A ベストアンサー 正確には違います。 たしかにルーマニア孤児院にいる子供達は、チャウシェスク政権による人口増加政策の申し子達だと言えます。 ただ、国営孤児院の子供達の多くがその後、性的搾取のために売られたかというと、これは違うかと思います。 実際に売られたりさらわれたりする子供は、貧しい家庭やストリートチルドレンの出身であることがほとんどのはずです。 今も、東ヨーロッパにおいて性的搾取を受けている(いた)子供達は多く存在します。 もちろん、性的な目的以外にも強制労働のために売られていく子供や、高額な「手数料」の為にを払う「西側」の裕福な里親の元へ行く子供もいます。 子供を売る家族の中にも、あまり考えずにそうしてしまう親も居れば、子供のためと信じて手放す家庭も居たでしょう。 当時ルーマニアにおける人口政策は「子供をもうける事は素晴らしい事である」という概念を前面に押し出しており、子供を沢山(十人以上)もうけた家庭には政府から新車や勲章などの特典が与えられ、その反面で妊娠中絶や離婚、避妊用具の配布など、人口低下につながる事項はよほどの事情で無い限り、実質的に禁止されていました。 その結果、確かに人口は増加したものの、大して改善されない貧困のためか生まれてきた子供達を支えられない家庭も多くなり、子供の放棄が多発するようになりました。 対策としてルーマニア政府は孤児院を数多く建設しましたが、収容されなかった孤児達の一部はその後ストリートチルドレンとして街をうろつくようになったようです。 そしてこの状況に付け込んだのが、人身売買のブローカーです。 元々彼らは戦乱や不況の影響を多く受けた地域から、後の「商品」を買うなり攫(さら)うなりします。 ルーマニアでは貧困にあえぐ家庭に接触し、幾らかの金額を渡すの代わりに子供を引き渡すよう交渉したわけです。 もちろん、ストリートチルドレンを確保するブローカーも居たであろうことは想像に難く有りません。 ですが、国営孤児院にもブローカーが接触したかどうかは不明です。 確かに1990年代になって西ヨーロッパの注目を浴びるまでの孤児院の状況はずいぶんと酷かった様で、栄養失調や暴行(性的なものも含む)が横行していたとされています。 ただ実際に孤児院出身の子供達が人身売買ルートに乗せられていったかどうかは分かりませんが、可能性としては低い方かと思います。 18歳になり、「成人」として社会に放り出されていく孤児院の子供達も大勢います。 その中で、なんとか安定した生活を送れる者も居れば、ギリギリで生活費を稼ぐ者、ホームレスとなる者、社会に適応できずに死んでいってしまう者もいるようです。 ちなみに人身売買で売られた子供がスナッフムービーに出演していたかどうかと言えば、こういったフィルムが存在自体が議論の的であり、あくまで噂や都市伝説などの類の話題として存在しています。 ですので、「スナッフ(殺人)ムービーの片棒を~」という部分に関しては、単に作者による演出と考えるべきでしょうね。 長文で失礼しましたが、参考になれば幸いです。 bbc. bbc. wikipedia. たしかにルーマニア孤児院にいる子供達は、チャウシェスク政権による人口増加政策の申し子達だと言えます。 ただ、国営孤児院の子供達の多くがその後、性的搾取のために売られたかというと、これは違うかと思います。 実際に売られたりさらわれたりする子供は、貧しい家庭やストリートチルドレンの出身であることがほとんどのはずです。 今も、東ヨーロッパにおいて性的搾取を受けている(いた)子供達は多く存在します。 もちろん、性的な目的以外にも強制労働のために売られていく子供や... A ベストアンサー makoochanさんの言うとおり、EXではハズレは存在しません。 チェリーもいちいち狙って打つのは面倒だと思います。 左リールはチェリーを狙いましょう。 それ以外は左リールも適当に止めればブドウが取れます。 中リール中段リプレイで右リール中段にリプレイがテンパイしない場合は、ベルorピエロ確定です。 ほとんど成立しないので、成立した場合は1枚損しますが 致し方なしと思って次々消化していってください。 以上、チェリー取りこぼしを防ぐBig中の消化手順です。 尚、ハマリ後の連荘ですが、ジャグラー以外のマシンもそうですが、 出玉率が一応機種ごとに定められているため、それを下回る場合は、 その出玉率に近づけようとする動きがあります。 これが、連荘と呼ばれるものです。 ただ、必ずとは言えません。 でもジャグラーはオカルト的な要素が結構あるので、なぜか連荘に絡むことが多いです。 経験だと1000以上ハマッた台はほとんど連荘に絡みませんが、 600~900程度のハマリからは連荘に絡むことが経験上多いです。 ご参考まで。 makoochanさんの言うとおり、EXではハズレは存在しません。 チェリーもいちいち狙って打つのは面倒だと思います。 左リールはチェリーを狙いましょう。 それ以外は左リールも適当に止めればブドウが取れます。 中リール中段リプレイで右リール中段にリプレイがテンパイしない場合は、ベルorピエロ確定です。 ほとんど成立しないので、成立した場合は1枚損しますが 致し方... A ベストアンサー パトレイバー2を見返したので回答したいと思います。 泉ノアがテストパイロットをしている機体がデータ収集の為のテスト(訓練ではないと思います)が終わったときにメカニック?が、無線?で「状況終了」といっています。 また、劇中53:17あたりで自衛隊ヘリが「八咫烏(やたがらす)よりサクバ?、カムヤマト?の通過を確認、送れ」といっています。 「状況終了」と「送れ」を使っているのでそれなりの取材をしたのだと思います。 その上で、考えますと、以下はやはり間違っています。 橋を爆破する時に、東京で待ち構えていた警察ヘリ(と思われます)に不振に思われ、 「前方を飛行中の編隊へ、攻撃ヘリの出動要請は出ていない、所属、官制名?を名乗れ、聞こえるか?」 「ソンゼロ?より各機へ、時間だ、状況を開始せよ」 「了解、状況を開始する」 「おい、今のはなんだ? 状況ってなんだ?」 という台詞の流れになっています。 この後、特車二課が襲われます。 実弾攻撃をして、パトレイバー等を壊滅されます。 行動はまさに、「作戦行動開始」が正しいです。 また、100歩譲って、無線傍受に備えて「状況開始」と言うならば、 「状況ってなんだ?」(この言葉から警察ヘリと判断しています)の時に、 多少の言い訳交信をしてもおかしくないと思うのです。 と、いうわけで、私の結論としては、押井守監督が、作戦開始を知らず、 そういう作戦の類いは、全て状況開始というものだとして認識していた可能性が高いとと考えます。 もしくは、原作の段階で取材が足らず、分かっていなかったかですね。 もうひとつの検証方法として、原作のヘッドギアか押井守監督のどちらかを 判断するには、いくつもある小説をすべて読んでみると原作者の間違いなのか、 監督が間違えたのか、もしかしたら?はっきりすると思います。 パトレイバー2を見返したので回答したいと思います。 泉ノアがテストパイロットをしている機体がデータ収集の為のテスト(訓練ではないと思います)が終わったときにメカニック?が、無線?で「状況終了」といっています。 また、劇中53:17あたりで自衛隊ヘリが「八咫烏(やたがらす)よりサクバ?、カムヤマト?の通過を確認、送れ」といっています。 「状況終了」と「送れ」を使っているのでそれなりの取材をしたのだと思います。 その上で、考えますと、以下はやはり間違っています。 橋を爆破する時に、... それに、S端子接続やコンポーネント接続の安いキャプチャーユニットでは、遅延が多く出そうです。 パソコンの種類が判りませんが、液晶一体型デスクトップの場合、HDMI の入力があればそれに接続すれば映ります。 ただ、殆どの液晶一体型デスクトップには HDMI の入力はありません。 セパレート型のデスクトップなら、モニタが別になっているので、インターフェースによってはパソコンと同時に接続することが可能です。 HDMI をすでにパソコン側に繋いでいる場合は、HDMI 切替器を用意して Switch と切り替えれば良いでしょう。 ノートパソコンは液晶一体型デスクトップより HDMI 入力があるものは少ないので、内蔵ディスプレイに映す場合は、どうしてもキャプチャ方式になります。 これは、HDMI 入力のない液晶一体型デスクトップでも同じです。 キャプチャ方式でまともにゲームをプレイしたい場合は、下記のようなユニットが必要です。 USB3. 0 が必要ですが、遅延もそれほど感じない高速キャプチャが可能です。 ゲームの実況中継や録画も可能で、各種ソフトウェアにも対応しています。 HDMI だけでなくコンポーネント入力もあるので、PS3 や古いゲーム機にも対応しています。 avermedia. 0対応HDMIキャプチャー CV710 ただ、買うには一寸高いので、実況中継や録画を行わないのでしたら、液晶モニタを買った方が安く済みます。 下記は一例です。 ゲーム用と言うことで、TNを選んでいます。 それに、S端子接続やコンポーネント接続の安いキャプチャーユニットでは、遅延が多く出そうです。 パソコンの種類が判りませんが、液晶一体型デスクトップの場合、HDMI の入力があればそれに接続すれば映ります。 ただ、殆どの液晶一体型デスクトップには HDMI の入力はありません。 セパレート型のデスクトップなら、モニタが別になっているので、インターフェースによってはパソコンと同時に接続することが可能です。 HDMI をすでにパソコ... A ベストアンサー イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... A ベストアンサー 接着剤系の お仕事をしてるので、コメントします。 たしかに、三共より 医療用のアロン・アルファーは発売されてます。 外科手術の際に、縫う代わりに、アロンアルファーで留めます。 細かい事は、言えませんけど、市販品の一般用とは別物と考えて下さい。 しかしながら、お兄さんが使用してるのは、一般用のアロンアルファーです。 その為、お兄さんのコメントは、間違いが有ります。 元々は、金属同士や 木材を接着する目的です。 アロンアルファーは、空気中の水分で固まり、接着する物ですので、 指先には、非常に良く接着します。 私も、指先を切った時などに、良く消毒してから、使用したことが有ります。 特には問題無いと思いますが、雑菌が封じ込まれる可能性も有り。 無用のトラブルを避けるため、マニュアルでは、使用を勧めてません。 同様な事で過去にトラブルになった事例が有ります。 (何件も有り) 歯の詰め物が取れたので、アロンアルファーで接着した時に、 ばい菌が封じ込まれて、神経が腐った事例もありますので、 歯を付けるのは、絶対止めてね。 !! 歯が取れたら、歯医者で直して貰いましょう。 医療用は、充分に検討して作ってありますので、 皮膚等に 悪影響は有りません。 有ったら、売れません!! 医療用なら、 縫うよりアロンアルファーで付けた方が早いそうです。 医療関係のコメントは、本職ではないのでこれ以上のコメントは止めます。 それでは、この辺で。 接着剤系の お仕事をしてるので、コメントします。 たしかに、三共より 医療用のアロン・アルファーは発売されてます。 外科手術の際に、縫う代わりに、アロンアルファーで留めます。 細かい事は、言えませんけど、市販品の一般用とは別物と考えて下さい。 しかしながら、お兄さんが使用してるのは、一般用のアロンアルファーです。 その為、お兄さんのコメントは、間違いが有ります。 元々は、金属同士や 木材を接着する目的です。 アロンアルファーは、空気中の水分で固まり、接着する物ですの... Q 中古バイクで125~150cc4ストあたりのバイクの走行距離の寿命と目安をしりたいのです。 もちろん、前ユーザーのメンテの状態にもよりますしメーターの戻しもあるでしょうから一概には言えないのはわかっています。 が、それを言うとメンテのされた2万とされていない8千とどちらが…ではもう比較の基準の話が全くできないので、その間を取ったとしてのものをおしえてください。 これくらい行ってると、プラグ、ブレーキパッド・ベルト・・・その他もろもろといった具合のです。 車だと、7万はまあまあ、10万こえてるか・・・といったような… 車の5万はバイクの何キロといった感じでも結構ですのでおしえてください。 バイク店に聞いたら、バイクでも車でも距離の寿命は同じだというのです。 1万は1万だし2万は2万だと、 とても同じだとは思えませんし、そのバイク屋を疑ってしまっています。 どうなのでしょうか? 文脈がむちゃくちゃになってしまいましたが、よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 再登場です。 中古車を買うにあたって「5年落ち以内で50000km以内」というような基準、まぁ人それぞれでしょうがバイクを買うときにも欲しいですよね。 それも解ります。 とある中古バイクがありました。 前オーナーの日常的なメンテナンスはオイル交換とチェーンのテンション調整だけ、と考えます。 誰もがバイクの構造に詳しい訳ではありませんからね。 それで考えると50CCなら10000km、250CCまでなら20000km、それ以上は30000kmがボーダーラインですね。 この基準で吸排気系や燃焼系、電装系などそれぞれの点検整備をする必要があると私は思うからです。 キャブの清掃や調整、エンジンのカムチェーン、バッテリーの交換などなど。 消耗品(スプロケット(チェーンがかかっている歯車)やタイヤやプラグ)はそれとは別で約1万km毎に交換することになるでしょうか。 なんにしても調子が悪くなる前に定期的な点検整備を行なう事がモノを長持ちさせる秘訣だと考えます。 14年前のGSXに乗ってる友人はホイルベアリングやクラッチなど主要部品の交換を経て走行距離は12万kmです。 手間さえかければ幾らでも乗れます。 点検整備をせずに乗り続け動かなくなったら買い換える、とお考えならなるべく新しくなるベく走行距離の少ない物をお選びください。 2万kmで壊れるかもしれないし5万km走るかもしれません。 責任はもてませんが私のカキコをご参考くださっても構いません。 それでは。 良いバイクライフを! 再登場です。 中古車を買うにあたって「5年落ち以内で50000km以内」というような基準、まぁ人それぞれでしょうがバイクを買うときにも欲しいですよね。 それも解ります。 とある中古バイクがありました。 前オーナーの日常的なメンテナンスはオイル交換とチェーンのテンション調整だけ、と考えます。 誰もがバイクの構造に詳しい訳ではありませんからね。 それで考えると50CCなら10000km、25...

次の