ゆうちょ銀行 メール フィッシング。 詐欺メール(フィッシング詐欺)にご注意ください

フィッシング詐欺にご注意ください~対策のご紹介~ーゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行 メール フィッシング

Gmailの迷惑メールフォルダを久々に開いたら何故かAppleやAmazonからのメールが紛れ込んでいることに気がついたが、よく見たらいずれもフィッシングメールであることが分かった。 関連 シェアする• フィッシングメールとは? フィッシングメールとは、簡単に言ってしまえば詐欺メールを使ってパスワードやクレジットカード番号などを盗み取るメールの事を指す。 その手口として、AppleやAmazonなどの著名企業を装ってあたかもそれらの企業から送ったような内容の偽装メールを送り、それらの本物のサービスと見分けがつかないような文面でパスワードの確認やクレジットカードの更新を促してWebページに誘導する。 そして、それが詐欺メールだと気が付かずにWebページにアクセス、ログインし、クレジットカードを入力してしまうことで盗み取られてしまうのが一般的な手口となっている。 なお、同様に本物のサイトと同じような作りになっていて詐欺に使われるWebページのことをフィッシングサイトという。 なぜくる? なぜフィッシングメールが来るかと言ったら、考えられるのは悪意ある人がプログラムによるメールアドレスを無作為に作成して送信しているか、あるいは何かのサービスに登録したものがハッキングされた可能性、あるいは悪意あるスタッフによってメールアドレスが漏洩するなどが考えられる。 通報 フィッシングメールを受け取って、通報したいならのページにアクセスして通報するといいだろう。 イタチゴッコになるかもしれないが、何もしないよりは行動に移すことでそれらを減らすことへつなげられる。 見分け方 手軽に見分ける方法をいくつピックアップしてみた。 URLを確認 わりと分かりやすいのはメールに記載されているURLを確認するということだ。 基本的にメールが届いても誘導先のサイトにアクセスしなければ詐欺にあうこともないからだ。 jp-bank. japanpost. ただし、上記のようにURLが記載されずに、ボタンクリックでサイトに誘導するHTMLメールというのがある。 この場合には、ボタンのリンク先をコピーしてメモなどに貼り付けて確認する。 スマホの場合にはボタンを長押し、PCの場合にはマウスオーバーでも確認できる。 送信者のアドレスを確認 下記はスマホのGmailの画面だが、送信者の詳細を情報を開くとFrom欄の送信元のアドレスが「appstore applesjcc. jp」となっているのが分かる。 Appleなら、「 apple. com」のドメインとなっているはずなのになっていない。 微妙にスペルが違うという手のこんだこともしている。 ただし、送信者情報が偽装されている場合があるので、参考程度にとどめておき、他の対策と合わせて検証する。 文面・日本語を確認 明らかに文面の日本語がおかしい場合があるが、年々これも改善されて見分けがしづらくなってきているケースもある。 下記はAmazonを装ったフィッシングメールだが、詐欺メールだと分からない内容になっている。 Amazonについてはこちらもチェック。 その他の対策 上記のように見分ける方法もあるが、さらにセキュリティを高めるための対策もちょいと紹介。 疑う・確認する 基本的に何かしらの情報を更新するという案内メールが来たら、まずはフィッシングメールの存在があることを思い出して「疑うこと」を意識するのが重要だ。 そしてメール記載のURLにはアクセスせずに、下記の手段でアクセスしてURLを確認したり、サービスのお知らせを確認するという手順を踏めべ騙される可能性が減る。 サービス登録時に受信したメールを検索してそこからアクセス Gmailを使う もし、フィッシングメールを受け取って、それが自動で迷惑メールとして取り扱われていないのならば、使っているメールのサービスがフィッシング対策をしていないと言える。 自分はGmailの迷惑メールフォルダを久々に確認して初めてフィッシングメールを受け取ったことに気づいた。 なので、フィッシングメール対策をしているGmailを使うことをお薦めする。 セキュリティ対策のソフトを使う フィッシングメール対策をしているセキュリティソフトを使うのも手だ。 自分はPCで長く愛用しているのがESET インターネット セキュリティだ。 ブックマークからアクセス フィッシングメールは基本的にWebサイトに誘導することが目的なので、よく使うサイトは予めブックマークをしておくことをお薦めする。 パスワードやクレジットカードの更新を促すメールが届いても、それらのメールからアクセスせずにブックマークからアクセスすればいいわけだ。 Google検索してアクセス Googleはフィッシングサイトに対しても対策を行っているので、Googleで検索してアクセスすることでより偽のサイトにアクセスする可能性を小さくすることができる。

次の

ゆうちょ銀行を詐欺メールに注意。巧妙な丸パクリの偽サイト、ログインは絶対厳禁!

ゆうちょ銀行 メール フィッシング

ゆうちょ銀行を装う詐欺メールの特徴 今回もメルカリの時と同様、ゆうちょ銀行を名乗りパスワードなどの個人情報を抜き取るという手法です。 タイトルは「 口座設定時に、ご本人様確認のため」 ちょっと日本語がおかしい感じしますよね笑 おそらく日本人ではないと思われますが、本当にゆうちょからの重要な内容のメールであれば、こんな違和感のある日本語で送ってこないです。 いずれにしても、今回のゆうちょ詐欺メールも日本語がところどころ違和感があるのが分かると思います。 少しでも違和感を覚えたら、 URLをクリックしないようにしましょう。 ゆうちょ銀行を装うフィッシング詐欺の手口 今回の件に限らず、このような手法はフィッシング詐欺と言われています。 メールのURLをクリックすると、 ゆうちょ銀行にそっくりのサイトに飛びます。 そしてそこに口座番号や暗証番号などを入力する事で、詐欺グループに情報を抜き取られてしまうという流れです。 今回の場合は、パージョンアップしたから更新して下さいという内容で、入力を促しています。 よく考えればシステムのバージョンアップで、なんでが利用者が情報を更新しなきゃいけないんだ!と分かりますよね笑 いずれにしても、少しでもおかしいな?と感じたら、URLをクリックしない事です。 そうでなくても、今の時代口座番号や暗証番号などの重要な更新手続きが、メール1通で済まされる訳ありません。 セキュリティに問題が・・・なんて言われると焦ってしまいますが、それこそが詐欺師たちの狙いです。 絶対に慌てず、 メールを開封したとしてもURLをクリックしないようにしましょう。 クレジットカード情報を抜き取る詐欺 今回は銀行口座と暗証番号を盗み出す手口でしたが、銀行口座以外でもクレジットカード情報を盗み取る手口もあります。 よく見かけるのは、「 Amazonの会員期限が切れそうだから至急クレジットカードを登録して下さい」などの会員登録の更新を促すメールです。 このままだと有料会員の期限が切れるので早めに更新してください・・・という感じのメールでが多いですね。 URLをクリックするとクレジットカードの入力画面に飛び、こちらから支払いして更新してくださいという感じのページになっています。 当然これに入力をすれば、クレジットカード情報は全て詐欺師たちの手に渡ってしまいます。 ですが、これらの手口もゆうちょ銀行のメールと同じく、違和感満載のメールです笑 落ち着いて見れば、おかしい事に気がつくと思います。 少なくとも、メールが届いてから早急に手配しないと行けないような内容ではありませんので、とにかく少しでも違和感があればURLをクリックしない。 これを徹底すれば、フィッシング詐欺はそんなに恐れる必要はありません^^ まとめ メルカリに続きゆうちょ銀行からも注意喚起のメールが届きましたが、もう何年も前から同じ手口は行われています。 こんなメール詐欺だって一目で分かるのに・・・という気もしますが、焦って騙されてしまう人が後を立ちません。 なんども繰り返しますが、 とにかく少しでも怪しければURLをクリックしない事です。 メールを開封しただけで問題になる事はありません。 慌てずに対処しましょう。 また、パソコンの場合はウイルスソフトを入れて置くと、怪しいURLをクリックしたときに警告してくれます。 数千円しますが、詐欺被害に遭うリスクを軽減できるのであれば、安いものではないかと思います。 是非検討してみてください^^ それでは。 【完全無料】Ryoオリジナル投資術をプレゼント中 現在僕はアフィリエイトに加えて、投資(バイナリーオプション)でも利益を上げています。 人数が増えすぎるとサポート対応など出来なくなってしまう為、いつ終了するか分かりません。

次の

ゆうちょ銀行を名乗るフィッシング(詐欺)メールがちょくちょく届く!

ゆうちょ銀行 メール フィッシング

株式会社ゆうちょ銀行を名乗るフィッシング詐欺メール 「ゆうちょ銀行からのご連絡」が出回っていますので注意してください。 ゆうちょダイレクト利用者に対して送信されており、 内容としては、ゆうちょ銀行のアカウントが第三者によって不正にログインされた可能性が高いため、メール内に記載されたURLにアクセスして資金安全を確保するための対策の手続きを促す趣旨の内容です。 サイトにアクセスすると「お客さま番号」やログインに必要な「合言葉」「ログインパスワード」の入力を促すような画面になっています。 見た目の画面デザインがゆうちょ銀行のサイトと同じな作りになっていますが、フィッシングサイトに接続されますので入力した場合は、情報が第三者に漏洩してしまいます。 不審なメールをむやみに開かない• 不審なメールの添付ファイルをむやみに開かない• メール中のURLがフィッシングサイトにつながる可能性を考え、URLを安易にクリックしない• フィッシングの可能性があるサイトにアカウント情報やクレジットカード情報などを入力しない ゆうちょ銀行は、「お客さま番号」「ログインパスワード」「ワンタイムパスワード」を入力するリンクを記載したメールを送信して、お客さま情報の入力を求めることはないと公表しています。 フィッシングメール送信者はメール内容を変更する可能性がありますので、以下の不審なメール例に限らず受信したメールやSMSに記載されたリンクにお客さま番号等を絶対に入力しないでください。 お客さま番号、ログインパスワード、ワンタイムパスワードを入力するリンクを記載したメールを当行から送信し、お客さま情報の入力を求めることはありません。 引用: まとめ フィッシング(詐欺)の犯人は、相手をあわてさせることにより、詐欺サイトに誘導しようとします。 すぐにリンクをクリックせずに、冷静に内容を見るようにしましょう。 少しでも違和感を感じたら、リンクをクリックする前に、サポートデスクに問い合わせをして相談するようにしましょう。 ゆうちょ銀行からの注意喚起メール ゆうちょ銀行からも注意喚起メールが届きました。 メール文にもある通り、ゆうちょ銀行が お客さま情報の入力を求める事は絶対にありません。 ゆうちょ銀行から届くメールの中にURLのリンクがあった時点で疑った方がいいでしょう。

次の