イオン ギフト カード 専門 店。 【イオンギフトカード】使えるお店-都道府県別「店舗ブランド」一覧

イオンモール日の出公式ホームページ :: 食の駅

イオン ギフト カード 専門 店

イオンの株主になると、株主優待としてもらえる「オーナーズカード」。 このオーナーズカードが欲しいからイオンの株を買いたいという人も多いですね。 ここではイオンの株主優待の内容、つまり株主優待でもらえるオーナーズカードの特典、そして3年以上継続して株主でい続けると受けられる長期保有株主優待制度の紹介をしています。 「オーナーズカード」の特典として、 「買い物のキャッシュバック」「会計時の割引や優待料金」と 「イオンラウンジの利用」があります。 特に買い物のキャッシュバックとイオンラウンジが人気なので順に解説していきます。 買い物のキャッシュバック イオンでの買物の際にオーナーズカードを提示すると、半年間の利用期間(3月1日~8月末と9月1日~2月末の年2回)の買い物のたびに買った金額の合計額が計算されていきます。 そして、半年間のイオンでの買い物の合計金額に、持っている株数に応じた返金率をかけた分が返金されます。 3%・・・100株~499株• 4%・・・500株~999株• 5%・・・1,000株~2,999株• 専門店など一部の店舗では現金払いのみ。 半年分の合計金額に返金率をかけるので、積もり積もって 「けっこうたくさん返ってくるな」という印象を受ける人が多いようです。 それが年2回ありますから、けっこうお得感ありますよ。 この特典の良いところは、 イオンのお客様感謝デーの5%割引と同時に使えることです。 お客様感謝デーの5%割引と併用可能 毎月20日・30日はお客様感謝デーとして、各種イオンマークのカードのクレジットカードまたはWAONで支払いをすると、買い物代金が5%OFFになります。 オーナーズカードを提示すると、この5%割引になった後の金額が利用期間の買い物金額に足されて、後からキャッシュバックされます。 2重で割引が受けられるようなものですね。 クレジットカードを提示して現金払いやイオンの商品券・イオンのギフトカードでの支払いでもOKなので、イオンのクレジットカードは持っておきたいですね。 返金率5%や7%の場合だと、お客様感謝デーで5%割引されて、後から7%返金されるので、20日・30日は合わせて10%以上安くなる計算になります。 家族カードももらえる オーナーズカードは本人分だけでなく、家族カードも1枚もらえます。 家族の人数にかかわらず、本人分1枚と家族カード1枚の合計2枚です。 キャッシュバックの上限金額と対象外商品 キャッシュバックの上限金額は、半年間で100万円分の買い物までが対象なので、返金率が3%の場合は半年で3万円(年間6万円)、7%の場合は半年で7万円(年間14万円)が上限になります。 対象外の商品は、タバコ、切手、印紙、官製ハガキ、金・地金、プリペイドカード類、ギフト券、ギフトカード類、配達料、処方箋により販売する医薬品、その他特に指定した商品は対象外です。 また、イオンギフトカード・WAONカード・イオン商品券・電子マネー WAONを含む へのチャージも対象外です。 オーナーズカードが使える店舗(系列店など) オーナーズカードが使える店舗は、イオンやイオンスタイル、マックスバリュ、ダイエーなどです。 また、(自転車)、(ワイン)、(本)などの専門店でも利用できます。 詳しくは公式サイトのページ中ほど「キャッシュバック対象店舗」に記載されています。 上記ページの「キャッシュバック対象店舗」の少し下に「ご利用いただけない主な会社・店舗」の欄もあります。 ミニストップやマルエツでは使えないなど、イオン系列でも使える店舗と使えない店舗があります。 ネットショップでオーナーズカードが使えるところ ネットショップでの買い物でもオーナーズカードは使えます。 使えるネットショップは以下です。 各サイト内でオーナーズカード情報を事前に登録することで利用できます。 2018年9月時点の情報です。 最新情報はをご確認ください。 いくらお得?オーナーズカードの優待金額シミュレーション いくらお得になるのか?オーナーズカードの返金の金額をシミュレーションしてみました。 具体的に数字にしてみると、 3%の優待でも半年分貯まるとなかなか大きいのがわかりますね。 月2万円使った場合 平均で月2万円使った場合、半年で12万円の利用になります。 その場合、半年で以下の金額がキャッシュバックされます。 (内は年間の場合)• 3%・・・3,600円(年7,200円)• 4%・・・4,800円(年9,600円)• 5%・・・6,000円(年12,000円)• 7%・・・8,400円(年16,800円) 月3万円使った場合 平均で月3万円使った場合、半年で18万円の利用になります。 3%・・・5,400円(年10,800円)• 4%・・・7,200円(年14,400円)• 5%・・・9,000円(年18,000円)• 7%・・・12,600円(年25,200円) 月5万円使った場合 平均で月5万円使った場合、半年で30万円の利用になります。 3%・・・9,000円(年18,000円)• 4%・・・12,000円(年24,000円)• 5%・・・15,000円(年30,000円)• 7%・・・21,000円(年42,000円) 月10万円使った場合 平均で月10万円使った場合、半年で60万円の利用になります。 3%・・・18,000円(年36,000円)• 4%・・・24,000円(年48,000円)• 5%・・・30,000円(年60,000円)• 7%・・・42,000円(年84,000円) なかなか大きいですね。 優待をもらうためのイオン株を買うタイミングなど、詳しくはこのサイトので解説しているのでそちらを見てください。 専門店やレストラン会計時の割引や映画優待料金 買い物のキャッシュバックは対象外ですが、会計時の割引として、対象レストランの10%割引、専門店の5%割引、パック旅行の3%割引、イオンシネマの映画鑑賞料金割引などがあります。 ペットや子供服などはお金がかかるので5%でも嬉しいですね。 (子供服&ママ服) 5%割引• ブランシェス• ブランシェス シュシュ• ブランシェスステラ• ラッドチャップ (ペット・動物病院・トリミングなど) 5%割引• イオンペット• ペテモ• ペコス• イオンペットビューティーサロン• ペテモビューティサロン• ビューティプラス• イオン動物病院• アテナ動物病院• イオン動物医療センター• ペテモ動物病院 トリミングやペットホテル、病院など、ペットは購入後もいろいろお世話になりますね。 ペットフードやおもちゃ・服・トイレシートなど日用品もいろいろ必要になります。 基本旅行代金から3%割引(パック旅行のみ) 詳しくは公式サイトのページ中ほど「キャッシュバック対象店舗」に記載されています。 イオンシネマ 映画鑑賞の優待料金 鑑賞料金(大人、大学生、高校生)1,000円(中学生以下)800円 同伴者も割引、またポップコーンかドリンク引換券もらえるのも嬉しいですね。 詳しくはで解説しています。 イオンラウンジの利用 オーナーズカードを持っていると、イオンラウンジを利用することができます。 こちらもとても人気の優待です。 イオンラウンジはオーナーズカードやイオンのゴールドカードの所有者だけが無料で利用できる、お菓子やドリンクがもらえる休憩スペース。 店舗によって違いがありますが、ドリンクは飲み放題という店舗もあるようです。 イオンラウンジの利用は1組4名まで。 家族カードでも利用できます。 子供連れでも入れますが、18歳未満の方のみでは利用できません。 イオンラウンジについて詳しくはで。 中の様子の画像や動画なども紹介しています。 長期保有株主優待制度 長期保有株主優待制度は、長く株主でいてくれる人への優待で、3年以上継続してイオン株主でい続けると、2月末の保有株数に応じてイオンのギフトカードがもらえます。 1,000株~1,999株なら2,000円分• 2,000株~2,999株なら4,000円分• 3,000株~4,999株なら6,000円分• 5,000株以上なら10,000円分 イオン公式サイトには以下のように書かれています。 3年以上継続して当社株式を保有され、かつ毎年2月末日時点の株主名簿に基づき、1,000株以上保有の株主さまに、下記の基準で保有株式数に応じたイオンギフトカードを進呈させていただきます。 また、「3年以上継続保有の株主」について補足で以下のように書かれていますね。 3年以上継続保有の株主さまとは、2月末および8月末時点の株主名簿に、同一株主番号で、7回以上連続で記載された株主さまとします。 「3年以上」とありますが、イオン株を買って3年間経ったら対象というわけではありません。 2月末および8月末に 7回以上連続で記載されなければいけないので、最短でも3年+1日は必要ということですね。 2月の権利付最終日に買ってスタートした場合が最短で、その翌日(権利落ち日)に買った場合は約4年でやっと対象になるので注意が必要です。 また、 同一株主番号とあるので、最低100株は売らずに持ち続けていること。 そして毎年2月末日には1000株以上保有していること(権利付最終日に1000株以上)が必要です。 その条件を満たした上で、毎年2月末日時点で1000株以上保有していると、長期保有株主優待制度の特典でイオンギフトカードがもらえるということです。 株主優待(オーナーズカード)をもらうにはどうすればいいの? 株主優待のオーナーズカードは、イオンの株を買ってイオンの株主になればもらうことができます。 イオンの株はネット証券などで買うことができます。 参考:初心者におすすめの使いやすいネット証券はこちら。 (PCでの取引がメインの方におすすめ)• (スマホ取引がメインの方におすすめ) 詳しくはこのサイトのの解説を見てください。 ただし、株を買ったらすぐにオーナーズカードがもらえるわけではありません。 株主優待や配当金をもらうには、決まった日に株主になっている必要があり、イオンの場合は2月末と8月末の年2回しかチャンスがありません。 逆に言えば、タイミングさえ合わせれば買って次の日に売っても株主優待や配当金がもらえます。 イオンのオーナーズカードは届くまで時間がかかるので、基本的には持ち続けることをおすすめします。 (全部売ってしまうと、次に買っても株主番号が変わるため、新規でカード発行をしてもらう必要があります) ただ、100株だけ持ち続けておけばいいので、タイミングを合わせて1日だけ3000株に買い増して翌日に2900株売って100株に戻しても、3000株の株主として買い物のキャッシュバック優待は7%にすることができます。 優待をもらうためのイオン株を買うタイミングなど、詳しくはこのサイトので解説しているのでそちらを見てください。 他のイオン系列の株主優待 参考までに、イオン系列の他の会社の株主優待を紹介します。 イオン九州(2653) 2000円相当~+株主カード(全国のイオンラウンジ利用可) イオンファンタジー(4343) 3000円相当+米、1000株なら6000円相当+4000円相当 イオン北海道(7512) 2500円相当~+500株以上なら「イオンラウンジ」利用カード(全国のイオンラウンジ利用可) イオンフィナンシャルサービス(8570) 優待なし イオンモール(8905) カタログギフト 3000円相当~ イオンディライト(9787) 2,500円相当の商品詰合せ、2,000円相当のイオンギフトカード、ハウスクリーニング割引券(2,500円割引)より選択 2018年7月時点の情報です。 最新情報は各公式サイトの優待に関するページのURLを載せてあるのでそちらをご確認ください。

次の

【イオンギフトカード】使えるお店-都道府県別「店舗ブランド」一覧

イオン ギフト カード 専門 店

はこちらです。 の確認やも可能です。 のように金額が印字されていない、電子マネータイプのギフトカードが配布されることも多くなりました。 その一つがイオンギフトカードです。 今回はイオンギフトカードの基本情報をはじめ、使い方や使えるお店、購入方法、購入可能場所、金券ショップでの買取価格や換金率を紹介します。 ここで紹介する商品券以外にも、や、、などがあります。 また、などのも人気です。 この記事をご覧の方には「」も参考になります。 この記事をご覧の方には もおすすめです。 当日発送・クレジット手数料0円!ていねい&充実サポートであんしん通販が魅力。 なお、これとは別にも発売されているので注意が必要です。 イオンギフトカードの概要 イオンギフトカードは、1,000円などの額面があるイオン商品券と違い、カードに入金してキャッシュレスで買い物できるのが大きな特徴です。 こうしたプリペイドカード式のギフトカードが増えていますが、イオンギフトカードの特徴はチャージできる金額の幅が非常に広い点で、1,000円~10万円まで入金することができます。 ギフトで10万円のチャージはちょっと高すぎる面もありますが、プレゼントしてもらった後に自分でチャージして使用するといった融通が利く点もこのカードの大きな魅力でしょう。 なお、支払いにイオンギフトカードを使用する場合には、あらかじめ店員に「イオンギフトカードで支払います」と申し出る必要があります。 はじめて使用する場合には注意しておきましょう。 イオンギフトカードの残高確認方法 チャージできる分長く利用することができますが、残高の確認が必要になることもあります。 確認方法は下記4つとなります。 イオンギフトカードで購入した買い物レシート• 公式ホームページの残高照会• の公式ホームページから照会する方法でしょう。 カード裏面に記載されているカード番号やPIN番号が分かれば、PCだけでなく、スマホで確認することもできます。 また、買い物でイオンギフトカードを利用するとレシートに残高が記載されます。 こうした方法で、日ごろからこまめに残高をチェックしておくのもいいでしょう。 公式ホームページでイオンギフトカードの残高を照会してみた してみました。 残高照会の際は、 カード番号と PIN番号が必要です。 購入時はPIN番号が目隠しされているので、10円玉などで削ってから確認してください。 PIN番号が分かったら、で入力するだけです。 では、利用可能残高だけでなく、利用履歴を照会することもできます。 お子さんに持たせたイオンギフトカードが、どのお店でいくら使われたのかを調べたりすることもできます。 イオンギフトカードが使えるお店と使い方を紹介 イオンギフトカードはイオン全店、及びイオングループ全店で利用することができます。 イオングループには、マックバリュ、ザ・ビッグ、まいばすけっとなども含まれます。 ただし、店内のテナントや専門店、イオンシネマでは利用できないので注意してください。 イオンギフトカードの利用可能店舗 イオンギフトカードの利用可能店舗 店舗種類 店舗名 イオングループ イオン(イオンシネマでは利用不可) マックバリュ、ザ・ビッグ、まいばすけっと アコレ、イオンスタイル、イオンバイク、イオンペット グルメシティ、コーヨー、サンデー、ダイエー ピーコック、ビブレ、マルナカ、など より詳しい情報はをご覧ください。 有効期限がなくお釣りは出ない イオンギフトカードには 有効期限がありません。 また、プリペイドカードなので、そもそも お釣りという概念が存在しません。 では、お釣りが出るなど使い勝手のよさが人気でしたが、プリペイドカードタイプなら1,000円の残高で800円の買い物をした場合には、200円が残高として残って次の買い物に使用できるという形になります。 利用後の追加チャージ不可・利用後のカードはレジなどで回収される ポイントカードとしても使えるWAONと違い、イオンギフトカードは利用後の追加チャージはできません。 あくまでもギフト用としての利用となっています。 使い終わったイオンギフトカードは、レジやサービスカウンターで回収してもらえるので、利用後のゴミ処分に困るようなことはありません。 ポイントはWAONで貯めることができる イオンギフトカードを利用して買い物した場合でも、WAONを提示することでポイントを貯めることができます。 ちなみに、イオンギフトカード自体にはポイントを貯める機能はないので、WAONは別途作成する必要があります。 関連記事「」 イオンギフトカードの購入方法 イオンギフトカードの購入可能場所を知らず、どうやって買ったらいいか迷っている人のために、イオンギフトカードの購入可能場所をまとめたリストを用意しました。 基本情報の部分でも紹介していますが、よかったら参考にしてください。 イオンギフトカードの購入可能場所 イオンギフトカード 購入可能場所(一例)• イオングループのサービスカウンター (マックスバリュやザビッグなどでも購入可能店舗あり)• ヤフオクなどの一部インターネット通販 まず一番最初に紹介するのがイオングループ店舗にあるサービスカウンターで注文する方法です。 ここでは熨斗も無料ですし、小箱に料金もかかりません。 また、ラッピングなどもしてもらえます。 贈答用にイオンギフトカードを購入する場合は、イオングループ店舗にあるサービスカウンターがおすすめです。 なお、ここでの購入方法は現金のみになるので注意してください。 イオンで購入したイオンギフトカードのラッピング状況 実際にイオンでイオンギフトカードを購入し、ラッピングしてもらいました。 熨斗も無料で付けてもらえますが、今回は利用していません。 よりしっかりしたラッピングや梱包は別料金となりますが、簡単なプレゼントとして利用する分には、無料の梱包で十分だと思います。 手ぶらでイオンに行っても、左のような手提げ袋をもらえるので安心です。 無料ラッピングはブルーとピンクの2種類 無料のラッピングは、ブルーのリボンシールかピンクのリボンシールの2種類です。 このシールは使わないこともできますが、特別な理由がない限り付けてもらった方がいいでしょう。 カードの裏に入金された金額のレシートが貼られている ラッピングを開封してカードをどけると、裏に入金された金額が分かるレシートが貼られています。 また、使い方などが書かれた説明書も同封されているので、初めて利用する人でも問題なく使えると思います。 金券ショップでの販売価格や買取・換金率について イオンギフトカードを安く手に入れるために、金券ショップで購入しようと考える方は多いでしょう。 ただ、イオンギフトカードのように、チャージするタイプのカードはあまり金券ショップでは歓迎されていません。 そのため、扱っていない店舗も少なくないでしょう。 また、在庫が入荷する確率も、に比べると格段に低くなります。 関連記事「」 金券ショップでの販売価格について(購入・利用) イオンギフトカードが金券ショップで売られるとしたら、 1,000円のもので950円~980円ぐらいになるでしょう。 同様の商品であるの販売価格が、 1,000円券で985円~995円となっているためです。 ただ、額面が決まっている商品券と違って、イオンギフトカードは入金された金額がバラバラです。 中には端数の金額が残っているものもあるでしょう。 そのため、金券ショップでは残った金額のパーセンテージで値段を付けることになります。 恐らく 端数があれば97%程度、95%で販売されていればお買い得と判断できそうです。 ただし、買取の機会が少ない商品なので、定番商品として店頭のショーケースに並ぶことはないでしょう。 もしかしたら、買取自体やっていない可能性もあります。 イオンをよく利用する方なら、予め行きつけの金券ショップを決めておき、店員に聞いておくのもいいと思います。 または、イオンギフトカードを買取している金券ショップを行きつけにするのもいいでしょう。 インターネットで情報収集をするなら、販売商品の一覧を探すのではなく、買取商品の一覧にイオンギフトカードがあるかどうか確認するのがいいでしょう。 大抵の金券ショップでは、イオンギフトカードは商品券かプリペイドカードに分類されています。 金券ショップでの買取価格について(売却・換金) 額面が決まっているイオン商品券と違い、イオンギフトカードはカードの残金を確認する必要があるので、金券ショップには歓迎されにくい商品となっています。 というより、むしろイオン側が金券ショップに換金されないよう、商品券からギフトカードに変更したと考えるのが自然でしょう。 金券ショップによっては、イオンギフトカードを買取しない場合もあります。 インターネットで残金を確認する方法があるとはいえ、店頭で買取対応をすると手間がかかります。 金券ショップは薄利多売で利益を上げるため、1回の販売・買取にあまり時間をかけられません。 また、店員もパートなどで運営することが多いので、間違いの元となりやすい電子マネー系の買取は、一切しないと公言する都内の金券ショップオーナーもいるぐらいです。 なので、イオンギフトカードの換金・売却を検討している方は、ホームページで最寄りの金券ショップを調べ、買取商品一覧の中にイオンギフトカードがあるかどうか調べるのがいいでしょう。 イオンギフトカードの分類は、商品券かプリペイドカードになっているはずです。 丁寧に情報公開している金券ショップなら、買取商品一覧に載っている場合もあります。 そして、気になる換金率は、 残金の80%~90%といったところです。 1,000円や5,000円、10,000円などのまとまった金額なら高めの換金率、3,480円や7,620円などの端数がある場合は低めの換金率になると思います。 80%未満の換金率なら、売却をやめて自分で使うことにする方も増えるでしょう。 買取・換金相場としては、このぐらいのイメージでOKです。 関連記事「」 クレジットカード決済で金券を購入する方法を紹介.

次の

JCBギフトカードはイオンの専門店やフードコートで使える?購入は?

イオン ギフト カード 専門 店

いやいや!そうとも限らないよ! じつは、 イオンモール専門店でイオンカードを使うのは、あまりお得ではありません。 イオンカードは200円につき1ポイントが付与される仕組みです。 ポイント還元率は0. ところが、他の クレジットカードでそれ以上のものはたくさんある。 有名どころでいえば、楽天カードやヤフージャパンカードは 還元率は1%です。 なので、そういったクレジットカードを使ったほうが、確実にお得です。 ポイント2重取りも可能 さらにイオンモール専門店では、イオンカードもしくはWAON POINTカード(ピンク色のカード)提示でポイントがつく店がたくさんあります。 そこでは、 イオンカードもしくはWAON POINTカードを提示したうえで、他のクレジットカードで支払えば、イオンのポイントと、クレジットカードのポイントの2重取りができます。 私の場合でいえば、専門店を利用する際は、WAON POINTカードを提示して、クイックペイで支払います。 私のもっているクイックペイは還元率1%です。 還元率の高いクレジットカードや電子マネーを組み合わせることで、専門店での買い物も、よりお得になりますよ。 その際はイオンカード払いのほうがお得になることもあります。 イオン直営店はイオンカードで イオン直営店、とくにスーパーマーケットでは、 イオンカード保有者は毎日ポイント2倍です。 なので、イオンカードで支払っても問題ありません。 それどころか 、「毎月20日、30日は5%オフ」の特典や、カード保有者に送られてくる「サンキューパスポート(割引券)」を利用するために、イオンカードを利用したほうがいい。 さらには、 5日、15日、25日の「お客さまわくわくデー」は、電子マネーWAONの支払いでポイント2倍になります。 ここで、私の持っているイオンカードはイオンカードセレクト(クレジットカード、電子マネーWAON、イオン銀行キャッシュカードが1枚になっているカード)です。 このカードのメリットの1つが、 電子マネーWAONにクレジットカードからオートチャージでき、その際にポイントがつくことです。 (WAONチャージでポイントがつくのはイオンカードセレクトだけ)。 通常、電子マネーWAONの利用では還元率0. 5%ですが、イオンカードセレクトで電子マネーWAONを使うと、(WAONへのチャージで0. 5%+WAON利用で0. 5%)1%還元となるんです。 なので、お客さまわくわくデーの「WAON支払いでポイント2倍」となれば、還元率は1%以上ですね。 オトクな方法を発掘してイオンを極めよう さらにイオンを活用するには、株主優待を利用することです。 イオンの株主優待は、 取得株数に応じて お買い物金額からキャッシュバック。 株主としての権利を取得すれば優待カードが送られてきて、レジで提示するかたちです。 この 株主優待は、「20日、30日の5%オフ」や「サンキューパスポート」とも併用できるので、かなりお得です。 私も長年、優待を利用していて、買い物金額から3%キャッシュバックを受け続けています。 たまに頑張って株数を増やし、5%キャッシュバックの権利も得ます。 イオンのお得な利用法について、私もすべてを把握しているわけではありません。 もっともっとお得な方法があるかもしれませんね。 少しでも日々のお買い物をお得にするために、これからも調べていきたいと思います!.

次の