フィナンシャルプランナー一級 よく分かる。 ファイナンシャルプランナー(FP)とは?勉強内容を簡単に解説!

FP・ファイナンシャルプランナーの通信講座 おすすめは? 2020年最新版 比較・ランキング|

フィナンシャルプランナー一級 よく分かる

(写真=PIXTA) FP資格の中でも難関とされているのが、「FP1級」と「CFP」だ。 FP1級の主催は金融財政事情研究会(きんざい)と日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(FP協会)で、学科試験は共通の問題だが、実技試験が異なる。 前者は一般社団、後者は特定非営利活動法人だ。 合格後登録することがないため、明確な資格保有者数はわからないが、2002〜15年度で両団体合わせて3万4000人ほどが合格している。 CFPはFP協会だけが主催していて、2016年5月1日時点で2万535人の認定者がいる。 2つの資格には、大きな違いが3つある。 1 受験資格 FP1級は実務が必要 FP1級で学科試験を受けるためには、条件がある。 「実務経験5年以上」もしくは、「2級合格者で実務経験1年以上」であることだ。 CFPも受験には前段階のAFPの取得が必要になるが、AFPは2級試験が審査試験を兼ねているので、改めて準備が必要になるわけではない。 資格取得のゴールを1級合格にするなら、実務経験を積まなくてはいけないので、キャリアを考える参考にしてほしい。 FP1級の学科試験は、CFPに合格して認定者になるなど条件を満たすと免除になるので、よく調べて受験しよう。 2 資格取得後のコスト FP1級はコスト不要 FP1級は国家資格なので、取得すれば一生の資格となり、ランニングコストはかからない。 常に最新の知識を持っておくためには、自分で勉強をする必要がある。 CFPは日本FP協会が認定している民間資格なので、年会費がかかる以外にも、資格更新の費用がかかる。 更新は2年ごとで、30単位分(およそ30時間相当)の学習が義務付けられ、そのための受講費用も必要だ。 そのお陰で、CFPの知識はいつも新鮮で、仕事に直結する情報を得ていることができるのがメリットだ。 3 国際的な資格かどうか FP1級は国内だけで通用 FP1級、CFPともに難関資格なので取る意味自体も大きいが、FP1級は日本だけで通用する資格だ。 一方CFPは国際資格なので海外でも通用する。 国内だけで仕事をするのであれば、FP1級があれば十分だが、グローバル社会で働くことを考えると両方取るのが一番だ。 ・ ・ 朝から晩までみっちり勉強? 実際どのくらい勉強するのか 筆者はFP1級を取る前、2級受験の勉強時間は休日のみ、家事や育児の空いた時間を勉強に充てるだけだった。 提案書作成も含めて3カ月足らずで終了し、自分でも合格できると分かるレベルまで到達できた。 しかし、1級はまったくレベルの違うものだった。 何が違うかというと、求められる知識の深さも、覚える数字の量も違う。 実技問題はかなり特殊なケースを想定したものもあり、何より選択肢が増えたことが厳しかった。 FP1級を取得しても収入は上がらない? 独立を考えている人はFP1級・CFPを取ったことで自信を持てると思う。 実際、筆者も独立を具体的に視野に入れることができた。 FPとして独立しても、2級と1級で仕事の単価が変わるわけではないので、すぐに収入が大幅にアップすることはあまりない。 だが、仕事の紹介は受けやすくなる。 同じ単価ならどちらの資格を持っている人に依頼したいかは明らかなので、結果的に収入に影響することもあるだろう。 特に公共の仕事などは有利と考えられる。 筆者の場合、FP1級合格後に独立したため、2級のときと比べて、仕事でこれが変わったという変化はわからない。 ただセミナー講師の仕事は、FP1級とCFPを保有しているからこそ、依頼されるのではないかと考えている。 1級の凄さは金融業界では知られているため、会社員が取得した場合、資格手当の額が上がり、昇給や昇格にも影響を与えるだろう。 FPの認知度は相当高くなってきたので、1級となれば社内セミナーなどの講師に抜擢される可能性も高い。 講師の実績などがあれば、人事考課に良い影響も期待できる。 FP1級はかなりの難関資格だ。 だからこそ取る意味がある。 筆者の経験をもとにご紹介したが、何の資格を取得するか悩んだときには、参考にしてみると良いだろう。 小野 みゆき FP1級技能士・CFP・社会保険労務士・1級DCプランナー。 企業で経理・人事業務を経験した後、司法書士事務所で不動産・法人・相続登記業務を経験。 生命保険・損害保険代理店などを経て2014年にレディゴ社会保険労務士・FP事務所を開業。 登録FP ・ ・•

次の

ファイナンシャルプランナーの仕事内容・なり方・給料・資格など

フィナンシャルプランナー一級 よく分かる

就職活動で企業や面接官にお金に関する知識を持っているとアピールできる• 保険会社や金融業界を目指す大学生であれば、他の学生と就職活動で差別化を図ることができる• 年金や税金の仕組みがわかることで、将来の仕事の幅を広げることができる• お金の側面から自分の人生設計を自分で立てられるようになる 大学の専攻によっては経済(マクロ・ミクロ)について学ぶことはありますが、税金の仕組みや資産の運用方法は中々学習する機会がありません。 大学生のうちからお金について勉強をしてファイナンシャルプランナーの資格を取得すれば、 数年先に迫る就職活動でも数十年後の将来にも役立つのです。 いずれの企業にも経理部や総務部など、お金の使い方に関係する部門はありますので、 「就職活動で何か武器が欲しい!」という大学生はファイナンシャルプランナーを目指してみてください。 税金の仕組み:所得税や住民税の計算方法、医療費控除の仕組みなどの税金に関する知識 年金の仕組み:「国民年金」「厚生年金」「企業年金」「個人型確定拠出年金」に関する知識 保険の仕組み:最も代表的な健康保険に加えて、民間保険や生命保険の制度に関する知識 資産運用の仕組み:株式投資や投資信託の仕組み、利回りの計算方法に関する知識 不動産の仕組み:不動産取引での法律や税金に関する幅広い知識 日本の税金や年金に関する仕組みは複雑で、「イマイチ理解できない」という方は多いのではないでしょうか。 しかし、ファイナンシャルプランナーの資格を取得する勉強をスタートすれば、お金に関する幅広い知識やスキルを身につけることができますね。 私たちが生きていく上で欠かせない内容ですので、大学生のうちから学んで損はありません。 ファイナンシャルプランナーの資格を持つ大学生の就職先や業界 何も資格を持たない大学生と比較してみると、ファイナンシャルプランナーがあれば目指せる就職先や業界の選択肢は広がります。 以下では、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ大学生が目指すべき業界をいくつか挙げてみました。 金融系企業:顧客に自社が取り扱っている商品やサービスの説明をする際に、金融に関する知識やライフプランニングスキルを活かすことができる 保険業界:各社の保険のメリット・デメリット、保険料を節約する方法について顧客に効果的なアドバイスができる 不動産系企業:不動産や住宅、住宅ローンを顧客に販売する際に、保険や税金面を含めた総合的なアドバイスができる コンサルティング会社:長期的なライフプランニングや資産の有効活用法を顧客にわかりやすく説明できる ファイナンシャルプランナーの資格を持つ大学生が就職できるのは、何も金融系業界だけではありません。 資産運用セミナーの講師や不動産会社を中心に、ファイナンシャルプランナーが活躍できる業界はとても広いのです。 3級の資格は履歴書に書ける? ファイナンシャルプランナーの資格は、何級から履歴書に書けるのか悩んでいる大学生はいませんか? は、ファイナンシャルプランナーの中でも下位の資格ですので、 「評価が下がるのでは?」「意味がないのでは?」と不安になります。 結論から言うと、大学生の場合、ファイナンシャルプランナーは何級を持っていても履歴書に書いて損はありません。 確かに、3級はや1級と比較してみると高く評価はされないのですが、お金関係の知識を持っていると少しでも面接官にアピールできます。 一般の社会人の場合は、2級以上を持ってないとアピールできないのが現状ですが、大学生の場合は、何も資格を持っていない学生も多いので、3級でも十分差別化できるのです。 「ファイナンシャルプランナーの資格を持ってるんだね~。 保険とかに興味があるのかな?」と面接官とのコミュニケーションのきっかけにもなりますので、忘れずに書いておくべきです。 ただし、ファイナンシャルプランナーの資格を履歴書に記載する際は、次の3点を守りましょう。 「・」を付けて正式名称で表記する• 履歴書など正式名称を記載する際には、FPという略称を用いない(カッコ書きで記載するのはOK) 3級FP技能士を持っていてマイナスポイントになることはありませんので安心してください。 就職活動中の大学生が取得すべき資格!有利になる? 就職活動中の大学生は企業や面接官にアピールするために、資格を取得するのは選択肢の一つです。 ただがむしゃらに資格を取り続けるのは良くありませんが、志望する業界や業種と深く関連する資格を持っていれば、他の大学生と差をつけることができます。 以下では、ファイナンシャルプランナー以外にも就職活動で有利になりやすい資格をいくつか挙げてみました。 資格コレクターがよくない理由 ファイナンシャルプランナーに限った話ではありませんが、闇雲に資格を取得しても就職や転職で役に立たないと心得ておくべきです。 なぜ資格の取りすぎがよくないのか、考えられる理由を見ていきましょう。 志望する業界と関連する資格でないとアピールに繋がらない• 資格コレクターだと思われる可能性が高い 企業が欲しているのは知識ばかりを詰め込んだ人材ではなく、何かしらの分野や方向性の専門家ですので、資格コレクターにならないように注意してください。 まとめ ファイナンシャルプランナーは3級でも2級でも、就職活動中の大学生に役立ちます。 金融業界や保険業界を志望している大学生は、企業へのアピールのためにもファイナンシャルプランナーは取得したい資格です。 他の資格も就職活動を有利に進めることができますので、これからの自分にどのような資格が必要なのか考えてみてください。

次の

FP・ファイナンシャルプランナーの通信講座 おすすめは? 2020年最新版 比較・ランキング|

フィナンシャルプランナー一級 よく分かる

(写真=PIXTA) FP資格の中でも難関とされているのが、「FP1級」と「CFP」だ。 FP1級の主催は金融財政事情研究会(きんざい)と日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(FP協会)で、学科試験は共通の問題だが、実技試験が異なる。 前者は一般社団、後者は特定非営利活動法人だ。 合格後登録することがないため、明確な資格保有者数はわからないが、2002〜15年度で両団体合わせて3万4000人ほどが合格している。 CFPはFP協会だけが主催していて、2016年5月1日時点で2万535人の認定者がいる。 2つの資格には、大きな違いが3つある。 1 受験資格 FP1級は実務が必要 FP1級で学科試験を受けるためには、条件がある。 「実務経験5年以上」もしくは、「2級合格者で実務経験1年以上」であることだ。 CFPも受験には前段階のAFPの取得が必要になるが、AFPは2級試験が審査試験を兼ねているので、改めて準備が必要になるわけではない。 資格取得のゴールを1級合格にするなら、実務経験を積まなくてはいけないので、キャリアを考える参考にしてほしい。 FP1級の学科試験は、CFPに合格して認定者になるなど条件を満たすと免除になるので、よく調べて受験しよう。 2 資格取得後のコスト FP1級はコスト不要 FP1級は国家資格なので、取得すれば一生の資格となり、ランニングコストはかからない。 常に最新の知識を持っておくためには、自分で勉強をする必要がある。 CFPは日本FP協会が認定している民間資格なので、年会費がかかる以外にも、資格更新の費用がかかる。 更新は2年ごとで、30単位分(およそ30時間相当)の学習が義務付けられ、そのための受講費用も必要だ。 そのお陰で、CFPの知識はいつも新鮮で、仕事に直結する情報を得ていることができるのがメリットだ。 3 国際的な資格かどうか FP1級は国内だけで通用 FP1級、CFPともに難関資格なので取る意味自体も大きいが、FP1級は日本だけで通用する資格だ。 一方CFPは国際資格なので海外でも通用する。 国内だけで仕事をするのであれば、FP1級があれば十分だが、グローバル社会で働くことを考えると両方取るのが一番だ。 ・ ・ 朝から晩までみっちり勉強? 実際どのくらい勉強するのか 筆者はFP1級を取る前、2級受験の勉強時間は休日のみ、家事や育児の空いた時間を勉強に充てるだけだった。 提案書作成も含めて3カ月足らずで終了し、自分でも合格できると分かるレベルまで到達できた。 しかし、1級はまったくレベルの違うものだった。 何が違うかというと、求められる知識の深さも、覚える数字の量も違う。 実技問題はかなり特殊なケースを想定したものもあり、何より選択肢が増えたことが厳しかった。 FP1級を取得しても収入は上がらない? 独立を考えている人はFP1級・CFPを取ったことで自信を持てると思う。 実際、筆者も独立を具体的に視野に入れることができた。 FPとして独立しても、2級と1級で仕事の単価が変わるわけではないので、すぐに収入が大幅にアップすることはあまりない。 だが、仕事の紹介は受けやすくなる。 同じ単価ならどちらの資格を持っている人に依頼したいかは明らかなので、結果的に収入に影響することもあるだろう。 特に公共の仕事などは有利と考えられる。 筆者の場合、FP1級合格後に独立したため、2級のときと比べて、仕事でこれが変わったという変化はわからない。 ただセミナー講師の仕事は、FP1級とCFPを保有しているからこそ、依頼されるのではないかと考えている。 1級の凄さは金融業界では知られているため、会社員が取得した場合、資格手当の額が上がり、昇給や昇格にも影響を与えるだろう。 FPの認知度は相当高くなってきたので、1級となれば社内セミナーなどの講師に抜擢される可能性も高い。 講師の実績などがあれば、人事考課に良い影響も期待できる。 FP1級はかなりの難関資格だ。 だからこそ取る意味がある。 筆者の経験をもとにご紹介したが、何の資格を取得するか悩んだときには、参考にしてみると良いだろう。 小野 みゆき FP1級技能士・CFP・社会保険労務士・1級DCプランナー。 企業で経理・人事業務を経験した後、司法書士事務所で不動産・法人・相続登記業務を経験。 生命保険・損害保険代理店などを経て2014年にレディゴ社会保険労務士・FP事務所を開業。 登録FP ・ ・•

次の