割愛 語源。 「割愛」の意味とは?「省略」との使い分けで差をつけよう!

割愛の意味・由来・語源とは?生物が関係あり?省略との違いは?

割愛 語源

「割愛」の意味 「割愛」は「かつあい」と読みます。 「割愛」を「省く」という意味で、「省略」とほとんど同じように使っている人も多いと思います。 しかし、 「割愛」というのは、 単に不要な部分をカットするという意味ではありません。 「割愛」は、その「愛」という字が表しているように、「必要だけれど惜しんでカットする」という意味です。 つまり、「この部分は重要ではないので、割愛させていただきます。 」 という使い方は正しい使い方ではないのです。 結構、間違って使っている人も多いのではないでしょうか? 「割愛」の語源 実はこの「割愛」という言葉は仏教用語なんです。 主に、出家する際の事を言ったそうです。 出家とは、愛する家族や故郷から旅立つという事を意味し、並々ならぬ覚悟が必要でした。 その愛する者から引き裂かれる思いを「愛を割く」つまり、「割愛」と表現し、気持ちを断ち切る意味として使われるようになりました。 また、その他にも蚕の交配を人為的に中断させる事を「割愛」と言った事から、これが語源という説もあります。 どちらにしても、惜しみつつ切らざるを得ない気持ちが込められている言葉なんですね! 「割愛」の例文• 本来は説明させていただきたいのですが、時間の関係上、割愛させていただきます。 大切な部分ではありますが、次のページは割愛します。 ページの都合上、説明は割愛させていただきます。 出し物をご用意していただいていたのですが、時間の関係上、誠に残念ではございますが割愛させていただきます。 「割愛」の類語• 端折る• 飛ばす• 省略する• カットする 「省略」との違いと使い分け方 「割愛」によく似た言葉で「省略」がありますよね。 それでは、「割愛」と「省略」の違いとは何でしょうか? 「省略」の意味を調べてみると、「簡単にするために一部を取り除くこと」と出てきます。 「省略」には、「割愛」のように省くことを惜しむ気持ちは入っていません。 ですから、単純に説明を分かりやすくする為に不必要な部分を省くことなどを「省略」と言います。 「割愛」は前述したように、大切だけれども、仕方なく省くという気持ちが含まれているので、この点が大きな違いと言って良いでしょう。 結婚式の司会者が、祝電を紹介する際に「その他、多数の皆様よりご祝電を頂戴しておりますが、お時間の都合上割愛させていただきます。 」と言うのを聞いたことがあると思います。 これは、「本当は全部紹介したいのです。 けれども時間の関係上、仕方がないのでご了承ください。 」という意味が含まれていますよね。 けれど、ここでもし「お時間の都合上、省略させていただきます。 」と言ってしまった場合、どうなるでしょうか? 意図は無かったとしても、結婚式などで「省略」を使用すると「時間が無いから省いて当たり前だよね。 」という、とても失礼な言葉に聞こえてしまうのです。 似ているようで似ていない「割愛」と「省略」の意味。 使い方には注意しましょう!.

次の

割愛

割愛 語源

「割愛」の読み方と意味 「割愛」は <かつあい>と読みます。 「わりあい」とは読まないので注意しましょう。 「割」は音読みだと「カツ」、訓読みだと「わる」「わり」「われる」「さく」と読みます。 「割」は「別々に分ける」「一部を分けはなす」を意味します。 「愛」は音読みだと「アイ」、訓読みだと「いとしい」「めでる」「かなしい」と読みます。 「愛」は「大事なものを手放したくないと思う」「おしむ」を意味します。 「割愛」の意味は、 ・愛執を断ち切ること。 恩愛や煩悩を捨て去ること ・惜しく思うものを思いきって手放したり省略したりすること ・大学など公的な組織が、他の組織からの要請で人材を手放すこと となります。 ただ、「割愛」は単に不要な部分をカットするという意味ではありません。 ですので、 「必要だけれど、やむを得ずカットしたり捨てたりする」という意味合いになります。 「必要ないものを省く」という意味ではないので注意しましょう。 「割愛」の由来・語源 実は、「割愛」は 仏教用語です。 主に、 出家する際のことを言っていたそうです。 出家とは「家を出て仏門に入ること」「俗世間を捨て、仏道修行に入ること」を意味します。 愛する家族や故郷から旅立つことを表しており、出家には相当な覚悟が必要でした。 また、「割愛」は 養蚕用語でもあります。 蚕の交配を人為的に中断させることを「割愛」といったことから、これが語源とも言われています。 蚕というのは雄と雌が交尾の時にかなり固く結びついて離れようとしません。 それが卵を産み始める前にも弱くなりそうなほど長くくっついていることもあり、無理矢理話すのですが、これを「愛を割く」すなわち「割愛」と言ったそうです。 「割愛」の使い方と例文 「割愛」は「必要だけれど、やむを得ず省略したり捨てること」を意味しています。 ですので、 「この部分は必要ないので、割愛させていただきます」「あまり重要でないので割愛します」といったような使い方は間違いになります。 正しくは、「掲載を見送ったものもレベルの高い作品だったが、紙面の都合上割愛した」といったように使います。 これは「本当は掲載したかったけれど紙面の都合により、惜しくも掲載できなかった」という意味になります。 他にも、「北海道に旅行に来たけれど、お寿司屋さんへの訪問は時間の都合上、割愛する」と言った場合。 これは、「他のものが食べたいから、お寿司は食べなくてもいい」という意味ではなく、本来は「前からおお寿司が食べたかったけれど、帰りの飛行機が間に合わないため残念だがお寿司は我慢する」という意味だと解釈できます。 例文 ・時間の関係上、この部分は割愛させていただきます。 ・全部掲載したかったのですが、紙面の都合上、割愛した作品があります。 ・時間の都合上、動画での解説は割愛いたします。 ・大切な箇所ではありますが、次のページは割愛いたします。 ・時間が限られていますので、このポイントについての詳しい説明は割愛させていただきます。 ・行きたい場所はたくさんあったが、日程の都合上、ほとんどを割愛することになった。 ・ここから段々と話が面白くなってくるのですが、時間の都合上、割愛いたします。 ・残念ではありますが、一部割愛させていただきます。 ・時間も押しておりますので、ここは割愛させていただいて次のページに進みたいと思います。 ・その事件については、紙面が足りないため割愛された。 「割愛」と「省略」の違い 「省略(しょうりゃく)」の意味は 「簡単にするために一部分を略してはぶくこと」です。 「省」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「かえりみる」「はぶく」と読みます。 「省」は「不要のものとして取り除く」を意味します。 「略」は音読みだと「リャク」、訓読みだと「ほぼ」と読みます。 「略」は「不要のものとして取り除く」を意味します。 「ここの箇所は割愛させていただきます」 「ここの箇所は省略させていただきます」 2つとも同じ感じがしますが、何か違いはあるのでしょうか? 「省略」には、 「割愛」のように省くことを惜しむという気持ちは含まれません。 ですので、「省略」は 単純に説明を分かりやすくするために不必要な部分を省くことを表します。 「ここの箇所は割愛させていただきます」と「ここの箇所は省略させていただきます」とした場合。 前者は、「ここの箇所は説明が必要なのですが、様々な事情により省きます」という意味になります。 後者は、「ここの箇所は説明は必要ないので、省きます」という意味になります。 他にも、結婚式で司会者が祝電を紹介するときに「その他、多数の皆様よりご祝電を頂戴しておりますが、時間の都合上、割愛いたします」と言います。 これは、「本当は全部紹介したいけれども、時間の関係上、仕方がないのでご了承ください」という意味合いになります。 ここでもし、 「省略いたします」と言ってしまうと、「時間がないので、当たり前ですが省きます」と非常に失礼になってしまいます。 間違えないように注意しましょう。 ・詳細についてはすでに述べているので、省略します。 「割愛」の類語 省く (意味: 不要のものとして取り除く) 「時間がないので、ここの説明は省きます」 端折る<はしょる> (意味: ある部分を省いて短く縮める) 「詳しい解説につきましては、端折ります」 飛ばす (意味:途中を抜かして先へ進む) 「重要でない部分は飛ばして読む」 カットする (意味:一部分を削ったり、省いたりすること) 「一部分をカットして放送する」 スキップする (意味:ある箇所を飛ばして先へ進むこと) 「広告を自動でスキップする」 抜きにする (意味:物事を進める際に、一部に手をつけずに先に進むこと) 「朝御飯を抜きにして出社する」 オミットする (意味:除外すること。 省くこと) 「違反者をオミットする」 除外 (意味:その範囲には入らないものとして取りのけること) 「小学生は料金の対象から除外される」 公務員の割愛採用・割愛願・割愛人事・割愛退職って? 「割愛」には 「公務員が、他の自治体や民間企業などへ籍を移すこと」「大学など公的な組織が、他の組織からの要請で人材を手放すこと」という意味があります。 ですので、「割愛採用」は、他の機関から転籍してもらうときに使う言葉になります。 相手の機関に、『手放すのは惜しいでしょうが、こちらにください』と頼んで採用することです。 能力が認められて、採用されたことになります。 この採用形式が行われるのは主に、公務員や大学教員です。 手続きの形式上、移籍先が『割愛してほしい』と申請することから、「割愛願」と言います。 もう既に、別の大学の職員や教員として働いている人を採用したい場合には、この「割愛願」を提出するようになっています。 ですので、「割愛人事」とは個人の感情を断ち切って、組織・集団として有益になるように行われる人事となります。 主に、公務員が他の自治体に移るときにこの「割愛人事」を行います。 基本的に、公務員の国から地方自治体への異動という形式ですが、公務員から民間企業などへ籍を移すことも「割愛人事」となります。 国側から一地方へと割愛する場合は、その依頼を地方側から国に対して行います。 ですので、一度退職させなければいけないということです。 この場合の退職を「割愛退職」と言います。

次の

「愛」という言葉の由来 ~漢字の成り立ちや「めぐみ」という名前の言われなども併せて~

割愛 語源

割愛 読み: かつあい• 惜しいと思いながら省くこと• 公務員が、他の自治体や大学・民間企業などへ身分を移すこと 「割愛」はビジネスシーンでよく使用される用語です。 重要な事柄に対して、時間やページ数など、やむをえない事情により惜しみながら省くことを意味しています。 仏教用語から来ている説と、養蚕(ようさん)用語から来ている説です。 仏教用語から来ている説 仏教では、家を出て僧になることを出家と言います。 出家する際は家族や友人、故郷から離れなければならず、大切なものへの 「愛着の気持ちを断つこと」を「割愛」と言いました。 「愛着の気持ちを断つこと」から転じて「惜しみながら省くこと」となったのが仏教用語から来ている説です。 養蚕用語から来ている説 蚕とは、絹(シルク)を取るために育てられている虫のことです。 蚕は交尾をする際にとても強くくっついて離れなくなり、放って置くと産卵の前に弱ってしまうことがあります。 そのため、人間の手によってオスとメスの 蚕を引き離す作業を行う必要があるのですが、その作業のことを「割愛」と呼びます。 文字通り「愛を割く」行為ですが、ここから転じて「惜しみながら省くこと」となったというのが、養蚕用語から来ている説です。• <例文>• 時間の関係上、こちらの説明は 割愛します。 時間の関係上、こちらの説明は 省略します。 「割愛」を使った例文の場合、省かれた内容は「本来必要であるものだけれど、時間の関係上省かざるをえない」というニュアンスになります。 一方、「省略」を使った例文の場合では、省かれた内容は「不要省く」というニュアンスです。 同じような文章ですが、「割愛」と「省略」では意味合いが大きく異なるのがおわかりでしょうか。 そのため、「割愛」と「省略」の正しい使い分け方としては、上記の通り、 重要なものを省く場合には「割愛」、さほど重要でないものを省く場合は「省略」といった使い分けを行うことが大切です。 以下の例は、「割愛」の例文として紹介した文章について、「省略」と置き換えたものです。 <例文>• I will omit these parts. (この部分は割愛します。 We had to omit [leave out] the illustrations for want of space. (紙面の都合で挿し絵は割愛しました。 ) 5.まとめ ここまで、「割愛」と「省略」の意味や使い方、その違いを説明してきました。 「割愛」とは、本来重要であるものを 惜しいと思いながらも、時間などやむを得ない事情により省くことです。 「割愛」の類語表現「省略」は、「簡単にするために省く」という不要なものを省く意味が含まれています。 誤って使用してしまうと相手に対して失礼になってしまうため、ビジネスシーンでは「割愛」と「省略」を正しく使い分けるようにしましょう。

次の