ガラル あく。 【閲覧注意】海外噂のガラル図鑑(内定ポケモン、新ポケモン、特性、種族値一覧)

【ポケモン剣盾】新たなポケモンが公開! 「ガラルのすがた」に新発見の“にめんポケモン”も|Real Sound|リアルサウンド テック

ガラル あく

「ネズには アンコールは ないのだ! 歌も! 技も! ポケモンも!!」 概要 『』に登場する、の一人。 通称「哀愁のネズ」。 かつては名門といわれていたスパイクタウンジムので、の使い手。 なお、あくタイプを専門とするジムリーダーは歴代初であり、あくタイプが初登場した『』から20年経っての登場である。 しかし、その立ち位置は他のジムリーダーとはひと味もふた味も違う。 シンガーソングライターの痩身の男性で、のような白黒の髪色をしている。 基本的にで自尊感情が薄く、見た目も目元にクマがあったり、普段から若干気味の姿勢なため暗いイメージをもつが、バトルになると高揚して、 手持ちのポケモンをバンドのメンバー紹介のように(攻撃のパターンも含めて)ネタばらししてしまうという悪癖がある(ただし、「 だ!!」と言っておきながら、「 」を繰り出してくるというフェイントをかましてくることもあるので注意)。 言葉遣いにも癖があり、ぶっきらぼうなタメ語混じりの敬語で話す。 例:~しやがりますよ ボールはを愛用しており、自分の体ごと揺らすような独特なでポケモンを繰り出す。 バトル時にはを取り出し(待機時はタップしてリズムを取っている)、さながらを行うかのようなノリでポケモンに指示を出す。 調子を上げるためか、たまにスタンドマイクを蹴り上げてド派手にすることもある。 としてはかなりの売れっ子で、ストリートライブを行おうものなら観客が集まり、ですら何処からともなく現れて彼の歌に聴き入る程。 実際にストーリー上でも一度の駅構内でをおこない、多くの聴衆を引き付けている。 の話によると、昔からが嫌いであるという。 ダイマックスを使わないことについて、「ある意味本来のポケモン勝負である」という持論を掲げている。 そもそもにパワースポットはなく、が使えないが、過去にからスパイクジムを別の場所に移転する話が持ちかけられた時も固辞し、ダイマックスが可能なスタジアムでも彼だけはダイマックス無しのバトルで挑んでくる(こうしたこともあり、彼との戦闘のみ、他のジムチャレンジとは異なり 専用BGMが流れる)。 前述した自分のパーティのネタばらしやダイマックスを行わないポリシーは、対戦においては明らかにハンデとなるはずだが、 それでもなお他のジムリーダーと同等以上の実力と戦績を誇る凄腕のトレーナーである。 その実力はガラル最強のジムリーダーと言われるからも一目置かれており、トーナメントではをあと一歩のところまで追いつめたことが語られている。 ちなみに今作のストーリー上でのジムチャレンジにおいて最終的にネズを攻略できたトレーナーは 10人にも満たなかったという。 一方で、「ダイマックスを使わない」というポリシーはあくまで自分個人の拘りに留めており、ダイマックスを使う他のジムリーダーや主人公らチャレンジャーに対して直接的な批判や苦言を呈する事は無く、 妹のマリィにも押し付けるような真似はしていない。 ジムトレーナーが扮していたからはマリィ同様に慕われており、実質的なエール団のボスとも言える。 ただし彼は団員達の迷惑行為に関しては 全く気づいていなかったらしい。 ジムリーダーとして所属するジムトレーナーの監督責任を問われる立場上、割と問題案件だが。 見た目や粗暴な口調に反して世話焼きので、殿堂入り後のストーリーでは何だかんだ言いながらも主人公と同行してくれる。 熱くなるホップを冷静になるよう諭したりと、面倒見のいい一面も。 一方で、ある事件に関して事あるごとにマリィを心配して取り乱しかけるが、諸事情から彼女が事件に巻き込まれる可能性が低い事を指摘されては「そういえばそうでした」と落ち着きを取り戻すというな一面も見せている。 地域密着型であるスパイクジムを愛し、ポケモンたちと必死に支えてきたネズだが、自分の実力に焦りを感じていたことや、ミュージシャンとしての仕事に専念したいという思いを抱くようになったこと等もあり、今回のジムチャレンジを機にジムリーダーを引退し、その座をマリィに託そうと考えていた。 そして、一連の騒動の後、正式にジムリーダーをマリィに譲り、自身は町の一角で毎日ストリートライブを開催する日々を送っているようだ。 なお、あくまでジムリーダーを引退しただけであり、 トレーナー業そのものを辞めたわけではない。 ストーリークリア後のトーナメントでは彼を招待して再戦することが可能であり、ここでもダイマックス無しの真剣勝負を挑んでくる。 殿堂入り後のストーリー進行中に入手できるレアリーグカードでは、ジムリーダー就任当時の若い姿を確認できる。 その初々しい容姿と現在の悪人面を見比べてを感じた人は少なくないはずだ。 手持ちポケモン ジムバトル• 46 再戦 トーナメント(クリア後)• 62 ストリンダー以外はいずれもを含む複合タイプであり、共通して持っている弱点がないのが特徴。 あくタイプではないストリンダーを手持ちにするのはバンドマン故か(妹のマリィものを手持ちに入れている辺り、やはり兄妹と言うべきかもしれない)。 また、 ズルズキンは兄妹で共通して手持ちに加えているが、技構成は大幅に異なる。 ネズはや等、搦手を用いてこちらを翻弄する戦法を取ってくるのに対し、マリィはや等、多彩な攻撃技でガンガン攻めてくるフルアタ型である。 手持ち最高レベルとなる切り札ポケモンはタチフサグマであるが、ダイマックスを使わないため他のジムリーダーと違って最後に出すポケモンが固定されていない。 相性に影響されなければ基本的にHPが高いスカタンクが最後に出てくる事になる。 におけるネズ スピンオフアニメ『』の第5話で街を歩くとして登場した。 のジムチャレンジ開会式に唯一参加していなかったジムリーダーがネズである。 ネズ・マリィ・エール団の 戦闘突入時のBGMは共通したものになっている。 スパイクタウン出身のトレーナー共通の演出と言うことなのだろう。 あまり話題にならないが、 公式戦で専用のBGMが流れるジムリーダーはネズがシリーズ史上初だったりする。 名前の由来はヒノキ科の針葉樹、杜松(ネズ)と思われる。 見た目が90年頃のに似ていると一部でいわれたりしている。 また、一部ではのギタリストであるもモチーフの1つになっているのではないかと言われている(ネズはアナグマがモチーフであるタチフサグマを手持ちに加えているが、ブライアンもかつて イギリス政府のアナグマの駆除に対する抗議活動を行ったことがあり、これも考察されている要因の1つである)。

次の

リージョンフォーム

ガラル あく

変化技には効果がない。 『こんらん』状態にならない。 第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、相手 味方は含まない の先制技を受けなくなり、また『エスパー』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. 道具『サイコシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 自分が場を離れると効果は消える。 5倍になり フィールドの1. 3倍の効果もさらに加わる 、また相手全体を攻撃する その時ダブルバトルではダメージは0. 75倍。

次の

【閲覧注意】海外噂のガラル図鑑(内定ポケモン、新ポケモン、特性、種族値一覧)

ガラル あく

ニャース ばけねこポケモン ガラルNo. 182 ぜんこくNo. 052 高さ 0. 4m 重さ• 5kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Meowth タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• ガラルのすがた• 自分が道具を持っていない時のみ発動する。 『だっしゅつボタン』『ふうせん』には効果がない。 戦闘に参加しなくてもよい。 レベルに応じて拾ってくる道具が変化する。 直接攻撃する技の威力が1. 3倍になる。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする Lv. 第6世代は命中率:90 Lv. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。

次の