中部 電力 名義 変更。 中国電力:名義変更方法

中国電力:名義変更方法

中部 電力 名義 変更

太陽光発電システムで発電した電力のうち、余剰電力は電力会社に買い取ってもらう事が出来ます。 すでに太陽光発電を導入している家庭の中には、年間で数十万円も売電により利益を上げている例もあるそうです。 ただ、そうなると気になるのが税金でしょう。 家庭の収入の全てを世帯主が得ているとすると、所得税は売電で設けるほどに高くなってしまいます。 そのため、太陽光発電の名義をご主人から奥様に変更して、節税できないかと考える方が出てくるのも自然なことです。 そこで、 太陽光発電の名義変更は可能なのか、また、可能な場合、どのような手続きが必要になるのかを見ていきましょう。 太陽光発電の名義変更は問題なく行える 太陽光発電で発電した電力を買い取ってもらうには、固定価格買取制度に従って、その設備が法令で定める要件に適合していることの認定を受ける所から始まります。 設備認定を受けるには、申請の段階で多くの場合申請者が発電事業者として名義登録を行いますが、これは後から変更することが可能です。 ただ、発電事業の譲渡という事になるので、譲渡人と譲受人との間で譲渡契約が成立していることが前提ですが、親族への名義変更なら特に問題なく行えます。 名義変更は軽微変更届出で可能 具体的な名義変更の手続きは、多くの場合、太陽光発電システムの販売会社に行ってもらいますが、その際、軽微変更届出を提出することになります。 従来、名義を変更しようと思ったら、事前に変更認定申請手続きというものを行い、経済産業局の返答を待った上で、電力会社と契約手続きを行うという流れでした。 それが、軽微変更届出により、経済産業局の返答を待つ必要がなくなり、手続きがスムーズに行えるようになったのです。 この際、手続きに伴い税金が発生することもありません。 ただ、トラブル防止の意味で、発電事業の譲受人が、譲渡人から発電事業者の地位を継承した、もしくは譲渡人から承諾を得たという事実を証明するための書類を提出する必要があります。 また、軽微変更届出に押印する印鑑の印鑑登録証明書の添付も必要です。 名義変更の手続きは、発電事業の譲渡人が届出を行うことが基本です。 しかし、相続の場合のように認定者が死亡している場合など、やむを得ない時には譲受人が届出を行えます。 届出に必要な書類 軽微変更届出に添付する書類は、ケースごとに若干の違いがあります。 具体的には以下の通りです。 まず、相続の場合、法定相続人について全員分の戸籍謄本と、印鑑証明書、および、遺産分割協議書か相続人の同意書が必要になります。 法人の代表者を変更する場合は、その法人の現在事項全部証明書と印鑑証明書が必要です。 また、身内間での名義変更でない場合、個人間でも法人間でも、発電事業を譲渡したことを証明する「譲渡契約書」か「譲渡証明書」が必要になります。 加えて、譲渡人と譲受人の双方について、個人間の場合は印鑑登録証明書を、法人間の場合は現在事項全部証明書と印鑑証明書を添付の必要があります。

次の

中国電力:名義変更方法

中部 電力 名義 変更

引越しの際のお申し込みはどうすればよいですか? 当社ホームページの「」から,お申し込みいただけます。 インターネットでのお申し込みの場合は,お申し込みできる日を設定させていただいておりますので,サービスをご利用できない場合や,お急ぎの場合は,お電話でお申し込みください。 【受付時間】 9時00分~20時00分 土・日・祝日・年末年始を除く 音声ガイダンスにそって番号をおしてください。 お引越しにあたっての注意事項などはへ Q. 電気の契約名義を変更するには? 相続・結婚などで電気のご契約名義を変更される場合は,電気のご契約番号 ,領収証などに記載 と新しい名義等をお電話またはインターネットにてご連絡ください。 注 契約名義を変更されると電気料金などの電気に関する権利・義務は,すべて変更後の契約名義のお客さまへ引き継がれますのでご注意ください。 電気料金の清算を伴う場合にはお電話によるご連絡をお願いします。 お電話でご連絡される方はお電話ください• インターネットでご連絡される方は お申込みページ内の「ご相談・お問い合わせ」欄に下記の必要事項をご記入ください。 【必要事項】• 変更理由 差し支えのない範囲で結構です :• 変更後のご契約名義 漢字 :• 変更後のご契約名義 カナ :• お支払い方法の変更 : 有 無 お支払い方法を変更される場合は下記の事項も連絡ください• 変更後のお支払い方法 : 『振込用紙』 『』 『』• 変更手続き完了までのお支払い方法 : 『いままでどおり』 『振込用紙』• 変更理由:相続• 変更後のご契約名義 漢字 : 中電 太郎• 変更後のご契約名義 カナ : チュウデン タロウ• お支払い方法の変更 : 有• 変更後のお支払い方法 : 口座振替• 手続き完了までのお支払い方法 : 振込用紙• 申込用紙送付希望 : 有 その他 振込用紙,申込用紙は下記送付先へ 送付先:広島市中区小町4-33番地 Q. 電気の契約には種類があるのですか? 電気のご使用状況に合わせて選んでいただける,さまざまな料金メニューをご用意しています。 お客さまのライフスタイルに合った料金メニューをお選びください。 どのメニューがおすすめか試算いたしますので,ご希望の場合はお問い合わせください。 またホームページでもメニューを変更した場合の試算ができます。 ホームページでの試算は Q. 契約 電気料金メニュー を変更したいのですが,どうすれば良いですか? ご契約の変更をご希望の場合は,お問い合わせください。 なお,ご契約の変更に伴い,工事が必要な場合がございます。 詳しくはをご覧ください。 アンペア契約 アンペア料金制 は節電につながると聞きました。 アンペア契約に変更することはできますか? 一般のご家庭で多くご利用いただいている当社の契約 従量電灯A は,お客さまがご使用になる電流の容量によらず,ご使用量のみによって電気料金を算定する料金体系,「最低料金制」を採用しており,アンペア契約は導入していません。 アンペア契約は,ブレーカーの容量を小さくすることで,お客さまが電気機器を一度に多く使われなくなり,節電に効果があるといわれています。 当社で採用している最低料金制も,アンペア料金制と同様,ご使用量によって3段階の料金単価を設定しており,電気を多くご使用になれば高い料金単価が適用されるしくみとなっているため省エネルギー化の推進に効果のある料金制度だと考えています。 テレビでアンペア契約の話を聞きました。 アンペア契約とはどのような契約ですか? 中国電力もアンペア契約ですか? アンペア契約とは,契約電流 アンペア に応じた基本料金とご使用量に応じた電力量料金からなる主に家庭用のお客さま向けの契約です。 当社では,一般のご家庭で多く利用いただいているご契約 従量電灯A はアンペア契約ではなく,電気のご使用量のみによって電気料金が算定される最低料金制を採用しています。 この制度は容量に余裕を持たせたブレーカーを設置いただけることから,お客さまが同時に多くの電気機器を使用された場合でも,ブレーカーが動作して一時的に電気をご使用いただけなくなるケースが少なく,お客さまが電気をご使用されるうえで利点があります。 ブレーカーのアンペアを小さくしたいのですが,どうすればよいですか? ブレーカーはお客さまの設備となりますので,中国電力では工事を行っておりません。 恐れ入りますが,電気工事店にご相談ください。 なお,従量電灯Bや低圧電力などのお客さまでの場合,変更後のブレーカー容量にもとづいて契約容量・契約電力を算定する必要がありますので,電気工事店を通じてお申し込みください。

次の

中部電力

中部 電力 名義 変更

太陽光発電システムで発電した電力のうち、余剰電力は電力会社に買い取ってもらう事が出来ます。 すでに太陽光発電を導入している家庭の中には、年間で数十万円も売電により利益を上げている例もあるそうです。 ただ、そうなると気になるのが税金でしょう。 家庭の収入の全てを世帯主が得ているとすると、所得税は売電で設けるほどに高くなってしまいます。 そのため、太陽光発電の名義をご主人から奥様に変更して、節税できないかと考える方が出てくるのも自然なことです。 そこで、 太陽光発電の名義変更は可能なのか、また、可能な場合、どのような手続きが必要になるのかを見ていきましょう。 太陽光発電の名義変更は問題なく行える 太陽光発電で発電した電力を買い取ってもらうには、固定価格買取制度に従って、その設備が法令で定める要件に適合していることの認定を受ける所から始まります。 設備認定を受けるには、申請の段階で多くの場合申請者が発電事業者として名義登録を行いますが、これは後から変更することが可能です。 ただ、発電事業の譲渡という事になるので、譲渡人と譲受人との間で譲渡契約が成立していることが前提ですが、親族への名義変更なら特に問題なく行えます。 名義変更は軽微変更届出で可能 具体的な名義変更の手続きは、多くの場合、太陽光発電システムの販売会社に行ってもらいますが、その際、軽微変更届出を提出することになります。 従来、名義を変更しようと思ったら、事前に変更認定申請手続きというものを行い、経済産業局の返答を待った上で、電力会社と契約手続きを行うという流れでした。 それが、軽微変更届出により、経済産業局の返答を待つ必要がなくなり、手続きがスムーズに行えるようになったのです。 この際、手続きに伴い税金が発生することもありません。 ただ、トラブル防止の意味で、発電事業の譲受人が、譲渡人から発電事業者の地位を継承した、もしくは譲渡人から承諾を得たという事実を証明するための書類を提出する必要があります。 また、軽微変更届出に押印する印鑑の印鑑登録証明書の添付も必要です。 名義変更の手続きは、発電事業の譲渡人が届出を行うことが基本です。 しかし、相続の場合のように認定者が死亡している場合など、やむを得ない時には譲受人が届出を行えます。 届出に必要な書類 軽微変更届出に添付する書類は、ケースごとに若干の違いがあります。 具体的には以下の通りです。 まず、相続の場合、法定相続人について全員分の戸籍謄本と、印鑑証明書、および、遺産分割協議書か相続人の同意書が必要になります。 法人の代表者を変更する場合は、その法人の現在事項全部証明書と印鑑証明書が必要です。 また、身内間での名義変更でない場合、個人間でも法人間でも、発電事業を譲渡したことを証明する「譲渡契約書」か「譲渡証明書」が必要になります。 加えて、譲渡人と譲受人の双方について、個人間の場合は印鑑登録証明書を、法人間の場合は現在事項全部証明書と印鑑証明書を添付の必要があります。

次の