こくしぼう コラ。 【鬼滅の刃】”黒死牟”が強すぎて、無一郎がボコボコにされた件について

【鬼滅の刃】 黒死牟(こくしぼう)さん、無一郎が死んでしまわないようにちゃんと止血する : あにまんch

こくしぼう コラ

コミック 2019. 15 2020. 18 mie96259625 gmail. com 黒死牟(こくしぼう)の「月の呼吸」と「始まりの呼吸」の関連性が判明!|無惨や無一郎、炭治郎と黒死牟の関係性を考察 「鬼滅の刃」の165話では、上弦の壱、黒死牟(こくしぼう)の経歴が少しずつ明らかになってきました。 鬼の中でも呼吸法を扱う特異な存在だった黒死牟ですが、なんと、すべての呼吸法のもとである「始まりの呼吸(日の呼吸)」の剣士に関わりがある可能性が出てきました。 そんな黒死牟の 「月の呼吸」「始まりの呼吸」の情報と、鬼殺隊剣士、時透 無一郎と炭治郎との関係についてまとめてみました。 黒死牟の能力「月の呼吸」「始まりの呼吸」とは? 黒死牟が持つ「月の呼吸」と「始まりの呼吸」とはどんな技や特徴があるのでしょうか? 呼吸法から黒死牟の能力を見ていきましょう。 黒死牟が「始まりの呼吸」の使い手であることでパワーアップされ、緩急自在に姿を消すことができる時透無一郎でさえ、即座に腕を切り飛ばされています。 上弦の鬼の中でも別格の強さといえるでしょう! そして、第178話で 「月の呼吸」は「始まりの呼吸(日の呼吸)」から派生した呼吸法であることが判明しました。 その「月の呼吸」を黒死牟から引き出したのは、他ならぬ黒死牟の弟の緑壱でした。 「始まりの呼吸(日の呼吸)」 始まりの呼吸(日の呼吸)は 、後に発生する全集中の呼吸はすべてここから派生したものです。 日の呼吸の特徴的な能力として 「透き通る世界」という物を透視する能力があります。 出典:鬼滅の刃 8巻 日の呼吸に選ばれた者は、黒死牟や炭治郎のように 生まれつき額に赤い痣が発現しています。 また、 炭治郎がつけている日輪が描かれた花札風の耳飾りが「日の呼吸の継承者の証」であることが判明しています。 このことから、黒死牟と炭治郎の祖先は、過去に浅からぬ因縁があったと考えられるでしょう。 2人はどちらも 赤い痣を持つ能力者でした。 しかし、圧倒的な強さを持つ弟の縁壱に、巌勝は激しい嫉妬心を抱いていました。 この弟への嫉妬心が、黒死牟という鬼へと変貌させた要因の一つとなったように思います。 いつの時代も、親族間の争いは、あらゆる問題の引き金となることが多いですよね。 鬼舞辻と知り合った詳しい経緯はまだ分かりませんが、いずれ判明することになるでしょう。 なお、黒死牟は、時透 無一郎に「 お前は私が、継国家に残してきた子供の末裔、つまり私の子孫だ」と伝えています。 この時、無一郎は「 黒死牟は始まりの呼吸の剣士ではないか?」と推測していましたが、12巻の99話で登場した人物が、本来の始まりの呼吸の剣士である 「継国縁壱(つぎくによりいち)」だったのではないかと推察します。 日の呼吸の継承者の証である「 花札風の耳飾り」をつけていますね。 この剣士が「大切なものを何一つ守れなかった」という言葉は、兄・巌勝の鬼化を止められなかったことを指しているのかもしれません。 出典:鬼滅の刃 12巻 出典:鬼滅の刃 12巻 なお、この剣士が話をしている「 炭吉(すみよし)」という炭屋を営んでいる男は、炭治郎の400年前の祖先のように見えます。 他の鬼とは異なり、自分と対等な位置に据えているのだからその実力は計り知れないものがあります。 鬼殺隊すべてを返り討ちにしているせいか、交戦記録が一切残っていないのも不気味です。 黒死牟・時透 無一郎・炭治郎の関係性は? 黒死牟・時透 無一郎・炭治郎の3人には、特別な結びつきがあるということが判明してきました。 この3人の関係性について見ていきましょう。 黒死牟と時透 無一郎の関係 166話において、黒死牟は「 お前は私が、継国家に残してきた子供の末裔、つまり私の子孫だ」と時透 無一郎に伝えています。 無一郎は風の呼吸法「霞」を使う剣士であると同時に日の呼吸の剣士の子孫でもあり、黒死牟と血縁関係があるのは納得できますね。 そもそも、日輪刀を握ってたった2ヶ月で柱となれたのは、日の呼吸の剣士の子孫のため特別な才能があったからとも考えられます。 悲しい予想ですが、無一郎は同系統の力を持つ黒死牟には及ばず、鬼にされてしまう気がしてなりません。 炭治郎と時透 無一郎の関係 無一郎の父親は炭治郎の父親と同じく赤い瞳の持ち主です。 そして、炭治郎の家「竈門家」には、代々伝わる「ヒノカミ神楽」という神事が存在します。 呼吸法は「日の呼吸」に関連しているようですが、詳しくは炭治郎自身も分かっていません。 どちらも赤い瞳の父親を持ち、かつ「日の呼吸」を継承するところから、 2人は遠いところで縁戚関係があるのではないかと推察します。 なお、炭治郎は「ヒノカミ神楽」を、十二鬼月の下弦の伍・累との戦闘時より用いており、全集中の呼吸で剣技に使うと水の呼吸を上回る威力を発揮します。 出典:鬼滅の刃 5巻 しかし、反動が強すぎて肉体が追いつかず、激しく消耗する点が難点です。 逆を言えば、ヒノカミ神楽を使いこなせれば、無一郎と同等の柱の実力を持てるポテンシャルを秘めているのです。 出典:鬼滅の刃 8巻 炭治郎と黒死牟の関係 先ほども述べましたが、 12巻の99話で登場した剣士が黒死牟で、一緒に話をしていた「炭吉」という男が炭治郎の祖先ではないかと推察します。 実際、このシーンは炭治郎が夢の中で回想しており、祖先の遠い記憶が炭治郎の中に残っていたのではないでしょうか。 出典:鬼滅の刃 8巻 始まりの呼吸の剣士と、炭焼きを生業(なりわい)としている炭吉との接点が何なのか明確な説明はありません。 炭吉はこの剣士を「命の恩人」と呼んでいることから、何らかのいきさつがあって、知り合いになったようです。 どういう経緯で「始まりの呼吸=日の呼吸」が炭治郎の祖先に受け継がれていったのか、物語が進むにつれて判明するでしょう。 黒死牟(こくしぼう)が持つ「月の呼吸」「始まりの呼吸」と3人の関係性のまとめ この記事では、「月の呼吸」「始まりの呼吸」の特徴や、黒死牟、時透 無一郎、炭治郎の3人の関係性をご紹介しました。 黒死牟は、無一郎でさえ全く歯が立たないほどの凄まじい能力の持ち主です。 「はじまりの呼吸」の剣士の可能性が高い黒死牟と戦うためには、炭治郎が「ヒノカミ神楽」を完璧に使いこなせることが必須となるでしょう! 黒死牟の「月の呼吸」と炭治郎の「ヒノカミ神楽」、この先、必ず激突することになるでしょう。

次の

鬼滅の刃の名前の漢字が難しくて読めないので読み方とかまとめてみた。

こくしぼう コラ

16,011• 3,761• 7,714• 2,044• 218• 1,705• 503• 620• 169• 119• 11,629• 107• 1,520• 1,595• 545• 289• 374• 544• 132• 278• 397• 198• 302• 228• 334• 451• 214• 128• 107• 448• 240• 117• 139• 2,249• 805• 402• 116• 273• 171• 151• 131• あるいは自分の血筋で鬼への適性を期待してる可能性もあるけど。 不死川兄弟は実力というか一時的に鬼になっても人に戻れる体質が邪魔だからじゃないかな。 桃先輩の勧誘時にも「血を飲んでも鬼にならない体質の物も稀にいる」みたいなこと言ってたけどこれ時間限定で鬼変身できる玄弥みたいな体質の事じゃないかって指摘もあったし。 二人が兄弟なら似た体質の可能性もあるし、変身に余計な血を使うかもしれない駒は とりあえず勧誘しないことにしたのでは。

次の

獪岳(鬼滅の刃)

こくしぼう コラ

と言うかもう鬼になる前から性根が腐ってたとしか -- 名無しさん 2019-10-07 21:19:26• 愈史郎の言ってた事、黒死牟にも当てはまるような気がする…弟が凄すぎたのもあるけど。 -- 名無し 2019-10-15 20:35:52• こいつの技って攻撃範囲が広いけど、何カ所も同時に攻撃する技って、人間相手には有効だろうが、首を切断する以外の攻撃がダメージにならない鬼相手にはほとんど意味がない気がする(再生能力が高くない雑魚鬼には意味があるかもしれんが)。 高速で近付いて首をぶった切る技に特化してる善逸の方が鬼狩りの才能があったといわれても仕方ないかもしれない -- 名無しさん 2019-10-15 21:00:03• 高速の踏み込みから一撃必殺クラスの一撃ぶっぱなす基礎を養って、他の型でも高機動・高威力 -- 名無しさん 2019-10-19 05:20:36• 忍者みたいに日輪刀を背に取り付けるスタイル取ってたけどあれじゃ雷の呼吸が持ち味とする高速抜刀を生かせないような… -- 名無しさん 2019-10-19 06:43:23• それが鬼になって完全に未練を捨てたのかと。 鬼の身体能力と習ったはずの理論を組み合わせれば疑似壱ノ型ぐらいはできそうなのにそれをしなかったあたり、壱ノ型なんてなくても自分は強いって感じのコンプレックスが無意識にしろあったのでは? -- 名無しさん 2019-10-22 19:32:38• 善逸の呼び方からするに、獪岳が人だったころからの名前なのかな? 猗窩座と狛治、黒死牟と継国厳勝みたいな「鬼の名」とは別に「人の名」があるわけではないというか -- 名無しさん 2019-11-05 17:32:03• 本編見る限りありえなかったと思うけど 獪岳が壱の型以外の技で敵を牽制している隙に善逸が高速抜刀でトドメ刺すって攻撃連携絶対格好いいと思うから本編で見たかったわ -- 名無しさん 2019-11-09 21:00:35• ・・・雷の一の呼吸が使えないから雷の剣士として不完全?・・・気にするな猾岳・・・そもそも呼吸は・・・我が弟の日の呼吸以外からして・・・不完全で無意味・・・ -- 名無しさん 2019-11-09 22:50:03• メンタルが鬼殺隊よりも鬼向きすぎてダメだった -- 名無しさん 2019-11-15 22:26:14• マジで寺の子だったのか 悲鳴嶼さん知ってたのか、知ってて敢えて触れなかったのか 獪岳の方はどうだったんだろ -- 名無しさん 2019-11-18 15:02:10• ログ化を提案します -- 名無しさん 2020-01-07 11:48:05• 一の型が出来ないのは自分が左利きと気付いてないせいとかの考察をどこかで見たな -- 名無しさん 2020-01-24 00:22:42• 読者と作者が嘲笑してサンドバッグにするためだけに生まれたキャラだなと思いました(小並感 -- 名無しさん 2020-04-05 07:29:00• 儂はなんだかんだ「鬼の理不尽な強さ」を存分に見せてくれる強敵だからなぁ……無惨様?もはや笑いごとじゃすまない -- 名無しさん 2020-04-10 13:48:53• この話の後からこれまで以上に善逸が頼りになるキャラになった希ガス -- 名無しさん 2020-04-13 13:39:49• 善逸をあれだけ憎んだ彼が二次創作じゃ善逸のオマケみたいな扱い受けてるのが皮肉というか -- 名無しさん 2020-04-26 17:44:32• 悲鳴嶼さんの件といいじいちゃんと善逸の件といい人間関係ですれ違い続きの人生が悲しいわコイツ -- 名無しさん 2020-05-19 12:35:53• 皮肉にも、こいつのやらかしで爺ちゃんが切腹した事で善逸は必死に修業し意識を失わなくても真の実力が発揮できるようになったんだよな -- 名無しさん 2020-05-24 18:21:20• 作中に出てくる雷の型が1つか2つだけなのはマズイから作られた、と身も蓋もない考察 -- 名無しさん 2020-06-14 12:41:36• ちょっとフレイザード思い出した(年齢重ねてたらヤバかったというあたり) -- 名無しさん 2020-06-16 19:29:44• まぁ血鬼術が未熟って言っても、実際、「純粋な剣技」では善逸が上回り実力勝ちした訳だからなぁ(まぁ見下していた為の油断とか多少の傷なら再生できる警戒心の無さとかも敗因かも知れないけど) -- 名無しさん 2020-07-03 05:24:35• 逆に言ったら、血鬼術が未熟な状態でも(穴埋めとは言え)上弦に加えられたんだからスゲェヤツではある。 -- 名無しさん 2020-07-04 08:41:54• 「実は一の型も使えるけど、弟弟子の善逸の方が完成度が上だった為、単純比較されるのが嫌で封印してた説」だって元となる基本が出来なくて応用は出来るなんて変だもん。 -- 名無しさん 2020-07-04 09:00:21• だって相手が反応できない高速で狙った所を斬るって考えて見れば最強の型じゃない? -- 名無しさん 2020-07-04 09:05:18• どこまでも人間らしくて復讐者じゃなかったってだけだと思う。 むしろ好きな方だけと善逸は師匠の時間は取るくせに昼は真面目に練習しようとせず師匠から逃げまわってるもん。 ノイローゼになるで -- 名無しさん 2020-07-07 14:37:55 名前: コメント:.

次の