初穂料 書き方。 初穂料とは何か?お金の入れ方やのし袋の書き方について解説

初穂料》お宮参り・初穂料とは・地鎮祭・のし袋・封筒・七五三・金額・新札

初穂料 書き方

(1)初穂料の由来と意味 初穂料とは神社に支払う謝礼の表書きに用いられる言葉ですが、もともとはその年に収穫された最初の米(最初の稲穂=初穂)に由来しており、更に農作物の収穫を感謝し神様に奉納するための供物からきています。 現代では、神様に献じる祭祀の費用という意味で「料」をつけた初穂料を神社での祭祀、祝詞、お祓いなどの謝礼の表書きとして用います。 (2)初穂料の読み方 初穂料(=はつほりょう)。 (お守りの例…安産祈願、交通安全、家内安全、開運、合格祈願、健康長寿、縁結びなど。 ただし、神式の 葬儀では、玉串料という表書きは用いますが、初穂料という表書きはNGです。 また、お守りやお札を授かる謝礼には、初穂料は用いますが、玉串料という表書きは用いません。 初穂料の書き方 (1)安産祈願の初穂料 書き方と相場 安産祈願 参拝するのは氏神様(産土神)あるいは安産祈願の御利益があるとされる神社など。 戌の日(いぬのひ)に行います。 のし袋の書き方 上段には、御初穂料、御礼、御玉串料など。 下段は姓のみ、もしくは夫婦連名とします。 紅白の蝶結びの水引きがついた熨斗袋を使います。 なお、熨斗袋がない場合には白い封筒でも構いません。 初穂料の金額の相場 ・安産祈願はお産の軽い犬にあやかって、戌の日に行います。 事前に神社の社務所に問い合わせ、申込をしておきます。 このとき、料金も確認しておくと良いでしょう。 予約不要の神社もあります。 料金については、お気持ちでと言われた場合には、およその相場は5,000円〜10,000円くらい。 神社によっては、腹帯や安産のお守りをはじめ、お札などをお下がりとして下さることがあります。 初穂料の書き方 (2)お宮参りの初穂料 書き方と相場 お宮参り 参拝するのは氏神様(産土神)あるいは安産祈願の御利益があるとされる神社など。 事務局のある福岡県では、安産祈願をした同じ神社(例えば水天宮など)にお礼参りを兼ねてお宮参りを行う慣習もあります。 予約が必要かどうかと、初穂料はおいくらですかと尋ねると良いでしょう? 当日社務所(受付)に声をかけ、お宮参りに来た旨を伝えて初穂料をお渡しします。 最近では赤ちゃんの両親が出す例が増えていますが、赤ちゃんの健やかな成長を祈る気持ちから祖父母が出したいと言われた場合には甘えるのも良いと思います。 神社への謝礼は現金を紅白の蝶結びの水引きの熨斗袋または白封筒に入れます。 のし袋・白封筒の表書きは 「御初穂料」「御礼」「御神饌料」「御玉串料」など。 下段には赤ちゃんの名前を書きます。 読み方が難しい場合には名前にふりがなをふっても良いでしょう。 地方によっては、右の見本画像のように下段にお父さんの氏名と赤ちゃんの名前を並べて書く地域も あります。 初穂料の金額の相場 ・中に入れる金額は神社によって異なります。 目安は五千円程度でしょう。 お祓いを受けたあとで縁起物などを頂く場合には10,000円という神社もあります。 予約の際に神社に確認しましょう。 ・お祓いを受け祝詞をあげて頂くと、神社からお守りやお札などを頂くことがあります。 このお守りやお札は七五三参りの時などを利用して神社に納めるのが良いとされます。 その節目の歳を厄年として、身を慎み精神を安定させた状態で過ごすことにより健康で無事に過ごすことができるとされます。 最近では境内に厄年を紹介する掲示がされている神社も増えてきています。 生まれ年や年齢と性別によって厄年が異なります。 厄除けとは厄年を迎えた人が「厄年祓い」を行うことをさします。 神社への謝礼は現金を紅白の蝶結びの水引きの熨斗袋または白封筒に入れます。 のし袋・白封筒の表書きは 「御初穂料」「御神饌料」「御玉串料」など。 下段には厄払いを受ける人の姓または、フルネームを書きます。 初穂料の金額の相場 ・中に入れる金額は神社によって異なります。 目安は5,000円程度でしょう。 お祓いを受けたあとでお守りなどを頂く場合には10,000円という神社もあります。 予約の際に神社に確認しましょう。 ・頂いたお札は翌年の初詣でなどの際を利用して神社に納めます。 神社への謝礼は現金を紅白の蝶結びの水引きの熨斗袋または白封筒に入れます。 のし袋・白封筒の表書きは 「御初穂料」「御神饌料」「御玉串料」など。 ・会社の場合には、下段には企業の名前と代表者の氏名を書きます。 ・個人の場合にはフルネームを書きます。 初穂料の金額の相場 のし袋・白封筒の表書きは 「御初穂料」「御神饌料」「御玉串料」など。 ・会社の場合には、下段には企業の名前と代表者の氏名を書きます。 ・個人の場合にはフルネームを書きます。 予約時に確認して下さい。。 右の見本画像を参照して下さい のし袋・白封筒の表書きは 「御初穂料」「御神饌料」「御礼」「御玉串料」など。 ・下段には新郎新婦の姓を書きます。。 初穂料の金額の相場 ・中に入れる金額は神社によって異なります。 およその目安は100,000円〜となります。 ホテルや結婚式場で神前式の結婚式を挙げる場合には、初穂料は式場側で設定しているケースもあるようです。 従って、次のような取引は、課税の対象となりません。 (1)給与・賃金 (2)寄付金、祝金、見舞金、補助金等 (以下略) 詳細は国税庁タックスアンサー>消費税>….

次の

【お宮参りの初穂料】金額やのし袋の書き方など分かりやすく解説

初穂料 書き方

「初穂料」「玉串料」「神饌料」とはいずれも神様にお供えするもののことで、神社に対してのお礼に値します。 「初穂料」と「玉串料」は使い方が非常によく似ており、七五三やお宮参りや厄よけなどを行った際にそのお礼としてこの名目で金封を用意します。 「神饌料」は地鎮祭や棟上げや通夜祭などでお祓いを頂いた時にお礼を贈る名目として使われます。 全て神様に対するものですが、それぞれ意味がありますので、用途に合わせて使いわけます。 包む袋は基本的には祝儀袋を用意しますが、普通の無地の封筒に包む場合も少なくありません。 中にはお財布から直接出される方もいるようです。 ですが、「神様に捧げるもの」ですのであらかじめ必要とわかっている時には、神様への敬意も示し、きちんとご祝儀袋に包んでお供えしたいものです。 水引は基本的には花結び(蝶結び)のものを選びます。 ただし、神前結婚式の場合には一度きりのお祝いに使用する結び切りの水引がかかったものを選びます。 水引の色は紅白で5本のものにします。 ただし、水引の選び方は地域によって違いがあり、例えば、関西では通常花結びを使う何度あっても嬉しい一般のお祝いにも淡路結びを用いるようで、地域によっては淡路結びと結び切りのみしか扱っていない文房具店も多々あるそうです。 基本的には、そのような一般のお祝いには花結びを使用し、何度も結び直せる花結び用いることで「繰り返したいお祝い」だということを表現しますが、大切なのはその地域のルールにならうことです。 ご自分の地域はどのようになっているのかを事前に確認をして、地域ごとのルールに合わせましょう。 お金の用意 まずは新札を用意しましょう。 いかなるお祝いにしても、お祝いする気持ちと礼儀を込めて包むお金は必ず新札にします。 新札でご祝儀を用意するのには「この日のために用意しました」という気待ちを表すためという理由も含まれいるため、できるだけ新札で用意できるように努めましょう。 近年では、金額が決められている神社も多く、事前にHPや電話などで問い合わせておくと良いでしょう。 また、「金額はお気持ちから」と掲載している神社もあり、その場合は5,000円〜が一般的となっています。 神社によっては、金額に応じて授与物(お守り・千歳飴・文房具など)が異なることもあります。 また、お宮参りの祈願は、七五三や厄除けなど、複数で祈祷を受けるのとは異なり、ひと家族ごとに行う傾向もある為、少し高めの金額設定になっている場合もあります。

次の

お宮参りの初穂料2】のし袋の書き方・封筒・袋・名前・新札・金額相場

初穂料 書き方

スポンサーリンク 裏の書き方(中袋なし) 次は、初穂料ののし袋で、中袋がないときの裏書きの書き方です。 中袋の有無に関係なく、封筒の情報として必要なのは、 「金額、郵便番号・住所、名前」 になります。 中袋なしの場合は、表書きで、すでに名前は書いてあるはずですから、 裏書きには金額と郵便番号・住所を書きます。 封筒の左下の部分を使用し、右側が金額、左側が郵便番号・住所となります。 このとき、後から書き換えられないように、「大字(だいじ)」と呼ばれる漢数字を用いるのが一般的です。 以下に、漢数字と大字の対応関係を表でまとめておきます。 漢数字 大字 一 壱 二 弐 三 参 五 伍 十 拾 千 阡 万 萬 裏の書き方(中袋あり) 中袋があるタイプののし袋を使用するときは、金額や郵便番号・住所、名前は中袋に書きますので、 のし袋の裏には何も書く必要はありません。 このとき、大字を使って書くのは、中袋なしの場合と同様です。 次に、 裏書きの書き方ですが、 郵便番号・住所と名前を左下の部分に書きます。 市販ののし袋によっては、中袋の裏に住所や名前を書けるよう、あらかじめ記入欄が印刷されているものがあります。 その場合は、その枠内に収まる形で必要事項を記入されてください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 中袋なし・あり、それぞれの場合で、のし袋の封筒の書き方についてご理解いただけたかと思います。 ちなみに、初穂料の お札の入れ方ですが、 人物の肖像が表向き・上方になるような向きで入れてください。 また、封筒を書く際に筆ペンを使用することになるかと思いますが、 筆ペンで文字を書くコツを紹介している動画がありましたので、この場で共有させていただきます。

次の