チック 症候群。 チックとトゥレット症候群の違い

【まとめ】チック症とドーパミンの関係を図でわかりやすく!

チック 症候群

チック症になる原因は チック症の基本的な原因は、生まれつきチックをおこしやすい脳の体質であろうと考えられています。 チックのなかでも体と声のチックを持つトゥレット症候群では、その家族や兄弟でもチックがみられやすく、チックの出やすい体質が遺伝する傾向があるといわれています。 チックはドーパミンという神経伝達物質を抑える作用の強い薬がチックに有効であることから、ドーパミンを中心とする神経伝達物質のアンバランスが関係すると考えられています。 つまり、チックは親の育て方や、本人の性格に原因があっておきているわけではありません。 チックになりやすい素質をもつ人が、発達の過程で神経伝達物質のアンバランスが生じやすい年齢にさしかかり、運動の調節に関わる神経の活動に不具合をきたして、チックが発症してくると考えられています。 しかし、どういうメカニズムが加わり慢性化してしまうのか、どういうサインがあると慢性化しそうかということは今のところわかっていません。 家庭や幼稚園、保育園や学校などにおけるストレスはチックの根本的な原因ではありませんが、誘引として作用することがあります。 どれくらいチックになりやすいか、どれくらいストレスを感じやすいかは、ひとりひとりの子どもで異なっています。 同じ心理的ストレスによっても、どのようなこころの状態になるか、そしてチック症が誘発されたり、悪化するかは一律ではありません。 幼児期の終わりから学童期のはじめころにチックは発症しますが、そもそも発症しやすい時期であること、卒園や就学をめぐって緊張したり、興奮することなどが関連しているようにも考えられます。 チック症には一過性と慢性がある チック症は、チックがほとんど毎日のように起こる期間が 1年以上か、それ以下かによって一過性と慢性に分けられます。 慢性チックは、運動性チック障害と音声チック障害、そしてトゥレット症候群の3つに大きく分けられます。 一過性チック症とは、チックの持続が1年未満のチック症であり、チックの種類は、運動チックだけや音声チックだけ、または両方ある場合もあります。 一過性チックは6〜7歳ころにもっともよく見られます。 目をパチパチさせたり、キュキューッとつぶったりするのが数ヶ月目立っていたのが、いつの間にか消えていたというのが典型的な症状です。 慢性チックは、慢性運動チックまたは慢性音声チックが1年以上続いた場合に慢性といわれます。 大人になっても、日常的にまばたきが目立つ人、体の病気がないのに、しょっちゅう咳払いをくり返す人の中には、慢性チック障害の疑いがあります。 トゥレット症候群とは、運動チックおよび音声チックの両方が多様にあらわれ、それが1年以上続くチック症のことです。 チック症は心の状態で変わる チックは心因性ではありませんが、周囲の状況やそれに関連するこころの状態によって変化することがしばしばあります。 緊張が増加していくときや、強い緊張が解けたときに症状が増加し、適度の緊張を保って精神的に安定しているときには症状が減少する傾向にあります。 幼稚園、保育園や学校ではチックが目立たないのに家庭ではチックが多いことがありますが、これは家庭に問題があるからではなく、むしろ学校などで緊張したあとでリラックスするためです。 長期の休暇に入ると、始めに一時的にチックが増え、やがて減っていくのですが、休暇の終わり頃に再びチックが増えるとうことも多くあります。 緊張や不安だけでなく、楽しいことで気持ちが高ぶったときにもチックは増加する傾向にあります。 テレビを見たりゲームをしたりしているときにチックがめだつことはよくあります。 同じように楽しいことに集中して作業をしているときにはチックは減少する傾向にあります。 また、こころの状態だけでなく、チックは疲労でしばしば増加して発熱で減少することがあります。 一日の中では夕方から夜にかけて増加する傾向にあります。 しかし、睡眠中にはほとんどみられません。

次の

チック・トゥレット症候群

チック 症候群

こんばんは。 Sawaoです。 昨日は当直で運動もブログも お休みさせていただきました。 いつもコメントありがとうございます。 今後とも応援よろしくお願いしまーす。 今日も引き続き、トゥレット症候群について つぶやかせていただきます。 先日も申し上げましたが、治療は家族ガイダンスや 心理教育や環境調整が基本となります。 まずは子どもさん本人の性格や長所、家庭や学校なども 含めた本人や周囲の全般的な対処能力も大まかにつかんでおく ことが大切です。 もちろんチックは家族の育て方や本人の気持ちで起こるのでは ないことを説明することも重要です。 その上で、チック症状のみにとらわれずに、チックを本人の 特徴の1つとして受容し、長所も含めて本人全体を評価します。 (トゥレット症候群の治療・支援のためのガイドブック参照) Sawao的にも診察や心理検査などを通じて 子どもさんの長所や良いところを把握しご本人やご家族に 説明します。 また、お子さんと親御さんの関係がチックを注意することに よってギクシャクしている場合もあります。 そのような場合は、 チック症状に注目せず、出来る限り良いところを評価していただくように アドバイスします。 ご家族に受け入れられていると感じ お子さんが安心できると 苦手なことも素直に認めて本人なりにがんばれるようになってきます。 しかし、チック症状や併存症状が重症であれば 薬物療法が検討されます。 (トゥレット症候群の治療・支援のためのガイドブック参照) 次回は薬物療法についてつぶやきたいと思います。 最後に運動ですが、今日もサイクリングをしました。 細々ですがなんとか続けています。

次の

チック障害について

チック 症候群

チック症、ジル・ドゥ・ラ・トゥレット症候群 チック症は皆さんもよくご存知と思います。 一般的に「癖」と言われていますが、神経学的には、不随意運動の一種で、環境や精神活動の影響を受けますが、運動の疾患として治療を行っています。 幼児期から発症することが多く、男子に多い傾向にあり、症状は成長につれて消失するか、軽快します。 運動チックと、発声や言語の特徴による音声チックに分けられます。 運動チックは、顔面や首、肩などの筋が不随意的に収縮を繰り返し、まばたき、顔しかめ、首振り、うなずき、口ゆがめ等が多く、音声チックは、ンンン、という声や鼻すする、咳払い等が多く見られます。 チックは、顔や手足が動く運動チックと、発声や言語の特徴による音声チックに分けられます。 運動チックは、顔面や首、肩などの筋が不随意的に収縮を繰り返し、まばたき、顔しかめ、首振り、うなずき、口ゆがめ等、音声チックは、ンンン、という声や鼻すする、咳払い等が多く見られます。 さらにチックは、単純なチックと複雑なチックに分けることが出来ます。 単純チックは上記に述べた単純な動きを示しますが、複雑運動チックは、体の後方にそらす、拍手、ジャンプ、四肢の屈伸、等、より複雑な日常動作を繰り返すような症状、複雑音声チックは、無意味な言語、反復言語、汚言(悪い言葉を繰り返す)、反響言語(おうむ返し)などがあります。 こうした症状が1年以内に消失するものを一過性チック、運動性か音声チックのいずれかが1年以上続くものを慢性チック、両者が1年以上続くものをトゥレット症候群と言います。 瀬川先生は、チックを不随意運動ととらえ、1970年代から、終夜ポリグラフ脳波を施行し、睡眠中の体動が異常に多くみられることからドパミン神経系の異常があると考えました。 しかしその体動の出現の仕方が、正常よりも低く、瀬川病(ドパミン神経が低下していることがわかっている)より多いことから、チックでは、ドパミン神経は一見多いように見えるが、脳の中では活性が低下しており、その為に受容体の過感受性が起り(受容体が過敏な状態)チック症状が起こっている、と考えました。 また、そのドパミン神経が足りない状態は、ドパミン神経の発達過程に起こることから、脳が発達するに従い徐々に改善し自然に緩解すると考察しました。 しかし、複雑チックの場合は、ドパミン神経だけではなく、「強迫性障害」を合併することがあることから、セロトニン神経の低下が関連し、経過が長くなると考えました。 それは、神経生理学的検査により、トゥレット症候群の睡眠ポリグラフでは、セロトニン神経の低下を示すノンレム睡眠中のオトガイ筋筋電図の低下がみられ、トゥレット症候群の治療には、ドパミン神経の薬だけでなく、セロトニン再取り込み阻害薬の有効性を報告しています。 また、衝動性眼球運動検査では異常所見がみられ、大脳基底核のドパミン神経が低下している所見や、さらに「見ていけない」を見てしまう(saccade to cue が多くなり抑制が効かない、というデータも出てきました。 瀬川先生は、長年、チックやトゥレット症候群に、少量L-ドパ療法にてドパミンを極少量投与することにより、受容体過感受性を改善させる治療を行っていました。 決して、ドパミンを遮断する薬は使わず(ドパミンをさらに低くするのは発達に影響はでる)、ドパミン遮断薬を使い続けた症例の知能が下がるなど、ドパミン遮断薬の副作用を訴え続けていらっしゃいました。 当クリニックでも、少量L-ドパ療法を継続しています。 しかし、重症例には、少量L-ドパ療法では改善しない例もあり、最近では、アリプラゾール(ドパミンstabilizer)を使うことも多いです。 アリピプラゾールは、最近、セロトニンも同時に安定化することも報告されており、良い治療の一つと考えています。 また少量L-ドパ療法は保険外適応でもあり、使用にあたり十分なご説明をさせていただいております。 (当院、倫理審査委員会にて承認されています) 私達は、チックは不随意運動の一つであり、強迫性障害の合併により複雑チックになると考えており、そのための神経学的診察や検査、治療を行っています。 また、チックには、注意欠陥多動性障害、学習障害、自閉スペクトラム症等、高次脳機能障害も合併します。 合併症に対する早期発見、早期治療も、発達検査等を併用しながら、早期に治療をしていきます。 早い治療で、早く改善することが出来ますのでできるだけ早い受診をおすすめいたします。 初発症状 ・運動チック(顔を動かす、頚、手を動かす、ジャンプ、複雑な動きを繰り返す) ・音声チック症状(声を出す、鼻鳴らす、言葉を繰り返す、汚言等) ・同じ動作を繰り返す、「しないと気が済まない」等、強迫性障害 当院で行う検査• 脳波+睡眠ポリグラフ• 衝動性眼球運動検査(ドパミン神経の低下を評価)• Gating SEP• 表面筋電図• 発達検査(必要に応じて) 当院で行う治療• 生活指導(規則正しい睡眠リズム、早寝早起き)• 少量L-ドパ療法• アリピプラゾール• セロトニン再取り込み阻害薬 など.

次の