ご教示ありがとうございます 意味。 「併せて」の意味とビジネスでの使い方、類語「合わせて」との違い

「ご教授」の意味とビジネスの使い方!「ご教示」との違いは?英語も紹介

ご教示ありがとうございます 意味

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の

「併せて」の意味とビジネスでの使い方、類語「合わせて」との違い

ご教示ありがとうございます 意味

いつもご教示ありがとうございます。 詰めの甘い日本語教師です。 今日は、自分で作成したテストの正解についてお尋ねします。 問題は、以下のような空欄にことばを入れる形式の問題です。 【問題】母親が取得可能な有給育児休暇期間を( )、日本( )韓国( )有給育児休暇期間が長い。 解答をみると、日本( が )となっているものがあまりにも多く考えこんでしまっています。 ・・・・こんなことなら、教科書通りに出しておけばよかった。。。 実際、私も前に「日本(の方)(が)」と書いています。 どうかご教示のほどお願いいたします。 「は」と「が」の使い分けでオリジナルの問題を……それは相当の難問です。 出題文の空欄は選択式ではなく記入式なのですか。 それはムチャでしょう。 出題文に関しては、ハもガも入りそうです。 ほかの空欄も……。 母親が取得可能な有給育児休暇期間を{比較すると/比べると/(比べたグラフを)見ると/調べた結果によると……etc. }、日本{は/(の方)が}韓国{より(も)/に比べて/……etc. }有給育児休暇期間が長い。 ほかにもいろいろ考えられそうです。 とりあえず、{は/が}の話に限りましょうか。 文脈を用意すれば、正解率が上がるかもしれませんが、それはそれでむずかしい話になりそうです。 難問とは知りながら少し書いてみます。 〈日本(は)としたのは、韓国との対比であるからです〉と考えさせるのであれば、たとえば、下記のようにします。 日本の方( )有給育児休暇期間が長い(ようです)。 これなら、順に ハ ハ ガ でしょうね。 2つのハは対比でしょう。 ただ、これだって、1つ目をガにする人がいそうです 泣。 あるいは、下記のようにしてみます。 日本の有給育児休暇期間( )韓国よりも長い。 これならハ(主題提示)ですかね。 ガもOKの気がします。 日本有給育児休暇期間( )韓国より長いのは〜。 これならガでしょうね。 理由は省略します。 以下は少し本題から離れます。 質問者が書いた「教科書通り」の問題はどんなものになるのでしょう。 昔、別のところで下記のような質問がありました。 『Japanese for busy people I』という教科書に出てきたそうです。 ===========引用開始 Lessonn9 存在文 [Target dialogue] かとう:すみません。 【この近くに駐車場がありますか。 】 店の人:ええ、ありますよ。 かとう:どこですか。 店の人:あそこにコンビニがありますね。 駐車場はあのコンビニのとなりです。 かとう:どうもありがとう。 最初の【この近くに駐車場 が ありますか】と言う文ですが、私は【この近くに駐車場 は ありますか】の方が自然に感じてます。 新しい情報を提示する際の助詞は「は」ではなく「が」を使うと教科書内でも説明しています。 私もその点は理解しています。 練習問題にも ・この近くにバス停がありますか。 ・この近くに郵便局がありますか。 のように、「が」を使用して所在を聞く練習問題が掲載されています。 ===========引用終了 中国の出版社から出ている教科書も、同様の例文をガにしていたそうです。 当方は、ハのほうが自然に感じますが、理由を説明するのはかなりむずかしい気がします。 やはりハとガの問題に触れるなら、相当準備が必要そうです。 詳しくは下記をご参照ください。 前回のご質問に対する回答で、ちょっとしたケアレスミスがありましたので訂正させてください。 A:そうでないと失礼だと思われるからですよ。 の場合は、この主題提示(あるいは限定)がされていないため、 《「腕を組まない(=そう [ だ ] )」と失礼だと思われるからですよ。 》 というストレートで適確な応答を形成することができる。 と書いていますが、これは誤った内容です。 二重否定の文を書こうとして間違いました。 agylee1さんにはご斟酌いただいたのだと思いますが、お詫びして下記のように訂正させていただきます。 A:そうでないと失礼だと思われるからですよ。 の場合は、この主題提示(あるいは限定)がされていないため、 《「腕を組まない(=そう )」ということをしないと、失礼だと思われるからですよ。 》 というストレートで適確な応答を形成することができる。 どうも大変失礼をいたしました。 1. 「は」の本質的用法が主題提示です。 主題として提示するため、他との対比になる場合もあるし、限定になる場合もある。 シチュエーション次第ですが、基本はあくまで主題提示です。 ・母親が取得可能な有給育児休暇期間を比較すると、日本は韓国より有給育児休暇期間が長い。 2. 「が」の本質的用法は主格、または(一部の)目的格の指定(または特定)です。 ・母親が取得可能な有給育児休暇期間を比較すると、日本が韓国より有給育児休暇期間が長い。 または、 (母親が取得可能な有給育児休暇期間を比較する場合)「韓国より有給育児休暇期間が長いのは日本だ」という特定の意図。 3. なので、「は」「が」の選択問題としては、もう少しシチュエーションや文脈を明確に示す必要があると思います。 質問文に記載されているだけの文であれば、どちらの意図にも解釈できてしまう。 「は」を適用する必然性があるとすれば、日本について述べたい(主題提示の)文脈であることが明白な条件を示しておく必要があります。 例:このグラフを見て、日本の現状について韓国と比較して述べなさい。 「が」を適用する必然性があるとすれば、「有給育児休暇期間が長いこと」について述べたい文脈であることが明白な条件を示しておく必要があります。 例:このグラフを見て、有給育児休暇期間の長さに着目して述べなさい。 皆さま ご教示ありがとうございます。 実は、このテストの前の授業で比較・対照の表現のテキストの例文を練習しました。 例文1:100グラム当たりのビタミンCの量を【比較すると】、リンゴは4mg、ミカンは35mgである。 例文2:近年は、リンゴとミカンの生産量を【比べると】、ミカンの方が多い。 テストの答えは、最初の( )には、比べると/比較すると、の両方のパターンがありました。 私こと、詰めの甘い日本語教師は、(自分が勉強不足にもかかわらず)安易に後件の文を作って問題としてしまいました。 今回は、はじめにお教えくださったほい3さまの、アドバイスのように両方正解とすることにいたします。 その際、どうして「は」「が」どちらも正解とする理由だけは、 (ご教示くださったもろもろ勉強させていただいて)学生にFBとして説明したい思います。 次からは、もう少し慎重に考えて問題を作りたいと思います。 ありがとうございました。

次の

【例文つき】「ご教示」と「ご教授」の違い&正しい使い方とは

ご教示ありがとうございます 意味

社会人になると頻繁に使うことになる「ご教示ください」や「ご教授ください」という言葉ですが、明確な違いを理解して使いこなしている人はごくわずかでしょう。 そこでまずは、この二つの違いについて理解することからスタートしましょう。 学問・技芸と知識・方法の違い 「教授」という言葉の意味は何らかの技芸や学問を授けるというであり、「教示」は何らかの方法や知識を教えるという意味になります。 このようなざっくりとした説明だと非常にわかりにくいので、もっと簡易的に説明します。 つまり、「教授」は解決するための技能そのものを教えるために長期的なものとなり、「教示」は解決するための直接的な方法を教えるため短期的なものとなります。 今すぐに答えを教えてもらいたい場合は「教示」という言葉を使えばいいですし、これからも長い付き合いになるのだから色々と教えてもらいたいという意味が込められている場合は「教授」という言葉を使えばいいでしょう。 メールで頻繁に使われているので要注意 この「教示」や「教授」という言葉はメール文書でも非常に頻繁に使われていますが、その意味を理解した上で使えている人は非常に少ないです。 ついつい、「ご教授ください」という言葉を敬語表現のテンプレートのように用いている人もいますが、実は使い方が間違っていて盛大に自爆している人も多いので社会人の方々は本当に気をつけてください。 稀にある誤字について さらに発展したミスになりますが、「ご教授」と「ご教示」という言葉の選び方以前に漢字変換でミスをしてしまって送ってしまうパターンもあります。 こちらは明らかにミスがあることに気がつけるので、発生確率は少なめですが、使い慣れていないと「漢字変換で出てきたからそのまま使う」というケースもありますので注意しましょう。 具体的には、「ご享受ください」というミスがありますが、これは与えられたものを受け入れて楽しむという意味になりますので、文章として通じません。 誤変換は会社PCでこそ注意 「ご教授」以外に「ご教示」と似たような使われ方をされるのがこの「ご指導」と「ご指南」という言葉です。 「ご指導ご鞭撻のほどお願いします」や「ご指南ほどよろしくお願いします」という使われ方をされますが非常に似ているシチュエーションで使われますので、ごちゃごちゃになる可能性が高いです。 「ご指導」は意図された方向に教え導くことであり、「ご指南」は武術や武芸の手ほどきをするときに使われる言葉で「将軍指南役」という言葉もこのような意味があります。 こうやって見ると、「ご指南」と「ご教示」は意味が異なるので使い分けも簡単ですが、「ご指導」と「ご教示」の使い分けは難しいということが見えてくるでしょう。 「ご教示」と「ご指導」の違いについて 「ご指導」の意味や使う場面をもっと深く考えると、わからない物事へのやり方を教えてもらうことになります。 「ご教示」だとわからないことに対する簡単な情報提示、「ご教授」だと専門的な知識を長い時間を設けて教えてもらうことになるので、どちらかというと「ご教授」に近い言葉であることがわかります。 使い方の具体例について ご教示ありがとうございます 何かわからないことを教えてもらった後に「ご教示」という言葉を使いたいなら、「ご教示ありがとうございます」という使い方になるでしょう。 もっとかみ砕いた意味は「教えてくれてありがとう」なので、メールでも頻繁に使う言葉となります。 わからないことを簡易的に教えてもらった場合に、テンプレートのように用いても問題ない言葉となっています。 それくらい使う頻度が高い表現です。 ただし、大学における研究室でいろんな物事を教えてもらったといった長い期間をかけて何かを教えてもらったときに使う言葉は、こちらの「ご教示ありがとうございます」よりも「ご教授ありがとうございます」になるでしょう。 ご教示いただければ幸いです 「ご教示いただければ幸いです」は使い方としては何らかのわからないことに対してできる限り丁寧に教えてもらいたい場合で、相手に良い印象を与えやすい使い方となります。 もっと尖った使い方をすると「ご教示いただければ幸甚です」となりますが、「幸甚」という言葉はかなりマイナーで「非常にありがたく幸せに感じている」という意味を持っているので、あまりにも丁寧にしすぎているという指摘もあります。 曖昧な表現として認識される可能性あり この「ご教示いただければ幸いです」という表現は「教えて貰えれば非常に助かります」とか「教えて貰えるととってもうれしい」という意味になりますので、相手によっては必須ではないという認識を持たれる恐れがあります。 丁寧に教えてもらいたいことをアピールしている言葉になっているのですが、言葉としては弱く捉えられてしまうことがあるので、教えられないこともあると考えましょう。 これは「ご教示いただければ幸いです」以外の「いただければ幸いです」という言葉すべてに当てはまりますので、曖昧さを回避したい場合は言い換えましょう。 必ず連絡が欲しいときは「連絡いただけると幸いです」ではなく「連絡のほどお願い申し上げます」としましょう。 ご教示お願いします こちらは先ほど記載した「ご教示いただければ幸いです」とは異なり「教えていただけると助かるので教えてください」という意味を込めた強い敬語表現となっています。 いわゆる、教えてもらいたい部分があるから是が非でも教えてもらいたいという意志を示せる言葉なので、どうしても教えてもらいたい部分があったときには使える言葉でしょう。 敬語の落とし穴について 今まで敬語をそこまで使っていない方々も、社会人になって四苦八苦しながら敬語を駆使することになりますが、実は間違った使い方をしているけれどはびこってしまっているという表現も周りの人たちの使い方から学んでそのまま使っているという方も多いのが実状です。 今回解説している「ご教示」と「ご教授」という言葉でも敬語の落とし穴にたたき込まれてしまうケースがありますので、わかりやすく解説いたします。 わかりやすく解説すると、「~ください」という表現は命令形の「しろ」を敬語に下だけなので、敬語にしていてもできる限り丁寧に「教えろ」といっているようなものなので、使えないと言うことです。 これが「~してください」という敬語表現の落とし穴なので、新入社員は絶対に使ってはいけません。 敬語を覚えたての新入社員は使わないようにしてください。 もしかしたら「ご教示願います」も危ないかも 「ご教示願います」という言葉は「ご教示ください」よりも、目下の方がお願いするときには適切な表現となっていますが、社外には使わない方がいいという意見があります。 というのも、「~ます」という表現は丁寧語の一種であり、敬語のレベルとしては尊敬語や謙譲語よりも弱いので、社外の対応には使えないという意見があるからです。 もちろん、これは認識の問題であり、「ご教示願います」でも十分すぎるほど丁寧と感じる人だっています。 社外に使う場合は安全策にする このように「ご教示ください」や「ご教示願います」にはちょっとした罠がありますので、社外対応の場合は封印した方が安全です。 もちろん、後者の「ご教示願います」はかなりの頻度で使われているので、問題ないという認識も強いのですが、万が一がありますので、隙は見せない方がいいでしょう。 その安全策といえる「ご教示」の使い方は「ご教示のほど何卒よろしくお願いいたします」や「ご教示くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 」となります。 かなり長い敬語表現ですが、しっかりと丁寧語を使った表現となっているので、「ご教示」という言葉を使った場合の最適解となるでしょう。 なにげに使い方が難しい言葉.

次の