ベルギー 王女。 シャルロッテ・フォン・ベルギエン

なぜヨーロッパでは女王が続々誕生するか

ベルギー 王女

2017年、にて はじめイギリスのトリニティ・カレッジに留学、その後アメリカの大学院に留学した。 帰国後の1980年にに任官した。 などに配属された後、1989年に空軍、2001年にはベルギー・・空3軍のに昇進した。 1999年12月4日、デュデケム・ダコ伯爵令嬢と結婚した。 2004年、ベルギー北部のの独立を目指すを念頭に置いて「一部の政党は、国をばらばらにしたいと考えている。 彼らは私を相手にすることになるだろう。 私は恐ろしくもなれる。 油断はしない」と語り、同党支持者を怒らせたことがある。 2013年7月3日、父は7月21日の建国記念日をもってフィリップ王子に譲位すると表明した。 当日、アルベール2世の退位布告への署名の後、フィリップは即位の宣誓を行い、予定通り第7代ベルギー国王に即位した。 用心深く付き合いづらい性格といわれ、とも呼ばれる国内の分離独立運動に対しては、寛大で友好的だった父アルベール2世のような政治的手腕を発揮できないのではという指摘もある。 アルベール2世が譲位に踏み切った背景には、国王としての年齢的な理由もさることながら、まだ自身の目の黒いうちに政治に関する経験の浅いフィリップに少しでも多くの政治経験を積ませるための配慮があり、2014年に予定されている次の総選挙の1年前というタイミングを選ぶに至ったとみる向きもある。 日本との関係 [ ] で行われた1999年12月の成婚式には、日本から 当時 と同 当時 が参列している。 2002年6月には夫妻で来日し、の対戦()を皇太子夫妻とともに観戦した。 2005年6月には賓客として来日した。 2012年6月に300人のベルギー人ビジネスマンを連れて夫妻で来日、日本とベルギーの経済関係の強化の働きかけを行ったほか、マティルド妃はの被災地を訪問した。 2016年10月11日から14日まで、マチルド王妃とともに国王として初来日(国賓)。 10月22日のに参列し、同日中に赤坂離宮でと会談を行った。 子女 [ ]• 王女(2001年 - )• 王子(2003年 - )• 王子(2005年 - )• 王女(2008年 - ) 系譜 [ ] フィリップ 父: 祖父: 曾祖父: 曾祖母: 女 [1] 祖母: [4] 曾祖父: ヴェステルイェートランド公 [2] 曾祖母: デンマーク王女 [3] 母: 祖父: 曾祖父: ルッフォ・ディ・カラブリア公 フルコ 曾祖母: () 祖母: () 曾祖父: ロッサーナ伯 アウグスト 曾祖母: リニョン伯女 マリーア・クリスティーナ• と(の廃王の娘)の次女。 皇后の姪にあたり、同とは母方の従姉妹同士となる。 国王の三男。 国王の次女。 長兄はデンマーク国王、次兄は国王。 [4]の次姉、[2]と[3]の次女が、ノルウェー国王妃。 系図 [ ] ()• 2013年7月22日閲覧。 ( 2013年7月3日 2013年7月5日閲覧)• 2013年7月21日. 2013年7月22日閲覧。 2013年7月4日. 2013年7月23日閲覧。 外務省公式ウェブサイト• 外務省公式ウェブサイト• 日本経済新聞 2016年8月15日. 2017年10月8日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 フィリップ ベルギー王 に関連する および があります。 (オランダ語) (フランス語) (ドイツ語) (英語)• - 地位の継承.

次の

未来の女王、ベルギー王室エリザベート王女について知っておきたい11のこと

ベルギー 王女

com/kylieellway) 王位継承者としての王女たち 現在、ヨーロッパで女王として在位しているのはイギリスのエリザベス女王、デンマークのマルグレーテ女王の2人です。 しかし、今後、続々と新女王が誕生する見込みです。 スウェーデン、オランダ、ベルギー、スペイン、これらの国々で、王女が第1位の王位継承者となっているのです。 ヨーロッパで王室のある国は7カ国あります。 その7カ国とはイギリス、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、オランダ、ベルギー、スペインです(ルクセンブルク、モナコ、リヒテンシュタインの3公国は除く)。 7カ国のうち4カ国で新たに女王が誕生する見込みというのは少なからず、インパクトがあります。 スウェーデンでは、1980年、王位継承法の改正により、それまでの男子継承から、男女の区別のない長子継承に変わり、カール16世グスタフ国王の長女のヴィクトリア王女(1977年生まれ)が王位継承者となりました。 スウェーデン国民は史上初めての女王誕生に期待しています。 オランダでは、1983年、王位継承法が改正され、長子継承になりました。 二女、三女と女子が続いており、いずれにしても、オランダ次期国王は女王の可能性が高いです。 オランダでは、女王が戦前から3代にわたり続きました。 女王の国と言って良いでしょう。 ベルギーは男系男子にのみ、王位継承資格を認めてきましたが、1991年、ベルギー議会は男女同権の観点から、王位継承権者を長子継承とすることを決め、憲法が改正されました。 そのため、フィリップ国王の長子のエリザベート王女(2001年生まれ)が最上位の王位継承者です。 ベルギー国民は次期国王として史上初の女王が誕生すると期待を寄せています。 エリザベート王女は2014年、オランダ語、フランス語、ドイツ語の3カ国語で第1次世界大戦の100周年追悼スピーチを行うなど、才女としても知られています。 スペインの王位継承者はレオノール王女(2005年生まれ)です。 19世紀の8代目国王イサベル2世の以来の女王の登場となる見込みです。 レオノール王女は容姿端麗で、将来、美しい女王になると国民に期待されています。 スペインの王位継承は日本と同じく、原則として男系男子による王位継承しか認められていません。 しかし、日本と異なるのは、直系の男子がいない場合に限り、女王が認められます。 スペインではかつて、男女平等の観点から男子優先を廃止し、長子優先にしようとする動きが国会でありました。 レティシア王妃(当時は王太子妃)が男子を生み、長女のレオノール王女の継承順位が下がるのを防ぐため、早期に、法改正をすべきということでしたが、2006年にレティシア王妃の第2王女の懐妊が発表されたため、法改正は行われませんでした。 現在のところ、フェリペ6世現国王に男子がいないため、次期王は女王となる可能性が高いのです。

次の

ベルギー王妃一覧

ベルギー 王女

10月 25日(現地時間)、ベルギーのフィリップ国王( 59)とマチルド王妃( 46)の長子エリザベート王女( 18)が、ベルギーで成人とみなされる 18歳の誕生日を迎えた。 つまり、このままいけばエリザベート王女は将来、ベルギー初の女王となるということ。 Photo:Twitter (MonarchieBe) 王女が成人年齢に達したことで、国王が突然退位する事態になった場合でも、王女は摂政などの国王の権限代行者なしで、王位を引き継ぐことができるように。 そんな未来のベルギー女王である王女の節目の誕生日とあって、ブリュッセル王宮では盛大な祝賀行事が行われた。 Photo:Twitter (MonarchieBe) 式典にはロイヤルファミリーはもちろんのこと、ベルギーの全閣僚が出席。 王女にはバースデーギフトとして、ベルギーの切手に登場する栄誉が与えられ、父フィリップ国王が撮影したポートレートが使われた。 翼を広げて能力を発揮し、幸せになって欲しい。 それが心からの願いです」と、父親としての祝辞を述べたそう。 「 18歳というのは大人への転換点。 私にはまだ学ぶことがたくさんあることはわかっています。 私は今後、世界をより理解するよう努力し、よりよい世界の発展に尽くします。 国家は私に期待してほしいです」と力強く述べ、そのスピーチを聞いていたマチルド王妃が涙をぬぐう場面も。 私たちは強いチームです。 ママ、いつもそばにいて、私の話を聞いてくれてありがとう。 パパ、信頼してくれてありがとう」と、 18 歳らしい言葉で家族に感謝するシーンもあったそう。 Photo:Twitter (MonarchieBe) そのスピーチからも未来の女王となるにふさわしい、しっかり者ぶりが伝わってくるエリザベート王女。 オランダ語で教育を行う学校を経て、現在、イギリス・ウェールズにある国際的な教育機関が運営するアトランティック・カレッジに留学中。 フランス語、英語に堪能でドイツ語も勉強しており、テニスやスキー、スキューバダイビングなどのスポーツに打ち込む一方、ピアノ、料理もたしなみ、ボランティアも精力的に活動している文武両道なプリンセスとしても知られている様子。 Photo:Instagram(belgianroyalpalace) まだ学生の王女が本格的に公務で活躍するのはもう少し先となりそうだけど、 18 歳になったエリザベート王女の動向には今後ますます注目が集まりそう!.

次の