ガラケー女 今。 ガラケー女子ってどう? 男子に聞いたら意外な回答が! |「マイナビウーマン」

ガラケー女子ってどう? 男子に聞いたら意外な回答が! |「マイナビウーマン」

ガラケー女 今

ある日突然、自分の名前や顔写真、住所などの個人情報がインターネット上で公表される。 情報が広がるスピードは速く、2時間もあれば数百万人が、自分を犯罪者として叩き始める。 家族まで危険にさらされ、仕事の信用も失う。 そんなこと、自分の身には降りかかるはずがないと思っているのではないだろうか。 しかし、こういったネットでの誹謗中傷事件は10年ほど前から増え続けている。 なぜ、こんなことが起こるのか…。 誹謗中傷書き込みで犯罪者にされた被害者を取材。 彼らもまた、まさか自分にこんなことが…と思っていた。 常磐自動車道で2019年8月10日に発生した「殴打事件」では、宮崎文夫被告が、当時24才の男性にあおり運転を仕掛け、その後無理矢理停止させ、「殺すぞ」などと怒鳴りながら殴打した。 その様子を脇でガラケーを使い撮影する「ガラケー女」も注目された。 1件の投稿がツイッターに上がった。 このツイートは瞬く間に広がり、その女性の顔と名は犯罪者として日本中に知れ渡ることとなった。 【2019年8月17日(土) 午前6時】 彼女が事態に気づいたのは午前6時のことだった。 「あの日は、休日だったにもかかわらず、早朝からたくさんのメールが送られてきたんです。 タイトルには『宮崎の女だろう』などと書かれており、わけがわかりませんでした。 電話も執拗に鳴り続けていたのですが、知らない番号だったので無視していると、友人から連絡が。 慌てて出ると、私を犯罪者とする内容の情報がネットに流れており、実名と顔写真も公開されていると教えられました。 何が起こっているのか状況がわかりませんでしたが、自分が犯罪者扱いされている事実に対し、どう対処すべきなのかを考えました」 当時を振り返り、そう話すのは、茨城県で起きたあおり運転殴打事件の容疑者と間違われ、ネットに個人情報を流されてしまった被害女性Aさんだ。 落ち着いた物腰、冷静な語り口調の彼女だが、当時はパニックを起こしたという。 この事件は、8月10日に起こった。 宮崎文夫被告の車に同乗し、その蔵匿・隠避にかかわった、通称「ガラケー女」と、インスタグラムにアップされたAさんの写真の服装やサングラスがたまたま似ていたことと、宮崎被告がAさんのインスタグラムをフォローしていたことから、Aさんが「ガラケー女」だというデマが流されたのだ。 【2019年8月17日(土) 午前7時44分】 苦情の電話が300件以上鳴り、インスタグラムへの誹謗中傷だけでも1000件以上。 知らない人からのいわれのない悪口や脅迫にさらされ、通常なら、恐怖で思考停止になってもおかしくはない状態だ。 にもかかわらず、彼女の行動は早かった。 「何をしていいのかわからなかったのですが、とにかくなんとかしなきゃと必死でした。 周囲の人に相談しても、誰も経験のないことで、答えが見つからない。 なのに、私への投稿はものすごいスピードで増え続け、一時、インスタグラムが読み込み中のまま開かない状態にまでなりました。 怖くて仕方がなかった。 それでとりあえず、フェイスブックに自分の声明を投稿することにしたんです」(Aさん) それが7時44分のこと。 《起きたら犯罪者扱いされててびっくりですが完全に事実と異なりますので無視してください》 こう投稿するが、これがさらに火に油を注ぐこととなった。 《捕まれBBA(ババア)》《殺人未遂犯した後にのうのうと生きてインスタ更新できないよね。 (中略)精神異常者》をはじめ、文字にすることもはばかられるような誹謗中傷が殺到。 Aさんは、自分では対応しきれないと、朝9時に知人に相談。 そこからさらに弁護士の小沢一仁さんを紹介してもらった。 ここで、ネット炎上に詳しい小沢さんと巡り合えたのは幸運だったといえる。 【2019年8月17日(土) 午前9時〜午前中】 「私はまず、Aさんに警察へ相談に行くこと、そしてデマを否定する声明文を出すことを提案しました。 間違った情報が流れて騒ぎになった場合、なるべく早く、当事者からデマを否定する正式な文書を出した方がいいからです」(小沢さん) とはいえ、Aさんも午前7時の段階でデマを否定する投稿を上げたが、余計に炎上した。 早く弁明することは重要だが、タイミングと文章の内容が大切で、これらは専門家に任せた方がいいと小沢さんは注意を促す。 その後、Aさんは小沢さんの言う通り、警察の生活安全課に相談に行く。 ところが…。 「警察に説明しても信じてもらえませんでした。 相談に来たという記録だけ残すと約束してもらい、帰りました」(Aさん) こういった件で、すぐに警察が動くことはまれだそうだが、後々、脅迫やストーカー行為など、別の刑事事件に発展することも考え、相談の履歴は残すべきだという。 【2019年8月17日(土) 午後〜深夜】 Aさんが警察に行き、ネット環境から少し離れている間に、情勢は変わっていた。 それまでは罵詈雑言一色だったのだが、朝7時台に出したAさんの声明などを受け、「人違いだったら大変ですよ」などといった冷静なツイートが増えたのだ。 そして夕方には「デマだ」という声が大きくなっていった。 「Aさんがガラケー女であるという根拠が、サングラスや着ている服が似ているということだけ。 あまりに理由がお粗末なことに気づいた人が増えていったんです」(小沢さん) デマだという声が増えつつある今こそ、あらためて正式な声明文を出すタイミングだと小沢さんは考え、早急に文書を作成。 日付が変わった18日深夜に、Aさんが代表を務める会社のホームページ上に、デマを否定する声明文を公表した。 【2019年8月18日(日) 夕方以降〜現在】 声明文のおかげで事態は落ち着いたが、さらにAさんの無実を決定づける出来事が、18日夕方に報道された。 これで完全に解決したように思われたが、実はこの件に関する被害が、事件から半年たった今でも続いている。 「容疑者の逮捕で、私への疑いは晴れましたが、会社関係者や取引先への説明を兼ねて記者会見を開きました。 これですべてが明らかとなり、嫌がらせも収まると思ったのですが…。 一度ネットで炎上すると、思いがけない方向へ飛び火してしまうのだ。 「Aさんは、あくまでも被害者です。 ですから、誹謗中傷の中でも内容が悪質だった人やリツイートして拡散した人などに対して訴訟を起こすべく動いています。 これは当然のことです。 今回の件は、犯罪者を懲らしめたいという思いで多くの人が誹謗中傷の投稿を流したのだと思います。 しかし、たとえ正義感に基づく行動でも、無関係の人を傷つければ、違法行為になるんだということを知ってほしいですね」(小沢さん) 人を貶めるような情報は信じない、拡散しないようにするべきだと小沢さんは続ける。 そしてAさんは、今回のことは誰にでも起こり得ることだと警鐘を鳴らす。 「私に起きた一件が、SNSやインターネットを利用するすべての人の意識を変えるきっかけになってくれればと思っています。 それは被害者になり得るんだ、ということだけでなく、リツイートボタンひとつで簡単に加害者にもなり得て、逆に訴えられる可能性もあるんだということも含めてです」(Aさん) ネットに意見を投稿する際は、一度立ち止まって、情報の真偽を見直す癖をつけるべきだと、Aさんと小沢さんは口をそろえる。 自分の素性をさらした状態で言えないせりふは決して吐くべきではないのだ。

次の

「ガラケー女」に間違われた女性、デマ拡散の人たちに損害賠償請求 「死ね」「自首しろ」と10万件: J

ガラケー女 今

女性は川崎市で小売店を営む地主の家庭に生まれ、市内の高校の普通科に進学。 「彼女は『あの人がいい、この人がいい』と男性に惚れやすいところがありました。 卒業後はデパートの販売員を経て、営業事務の仕事を探して転職したと聞いていました」(同級生) 直近の勤務先である都内の大手AV機器メーカーには十数年前から在籍。 同社関係者が明かす。 「社内では目立たない存在で、親しい人もいなさそうでした。 本社で事務の仕事をしていましたが、最近、港湾の流通センター内の事務所に異動しています」 前出の友人は、仕事の愚痴をこう聞いていた。 「社内のシステムが変わり、『事務にエクセルを使うようになったけど、苦手で作業が滞っちゃう』と。 それを『産休明けで戻ってきた同僚の当たりがきつい』と周囲のせいにしていた」 母に虐待、妹とは絶縁状態 一方で「料理が趣味」という家庭的な顔も見せる。 「『料理の投稿サイトで上位になった』と喜んでいました。 週末は料理や食材の買い出しをして過ごしていた。 身なりはカジュアルでオシャレに着回していましたが、かなり節約もしていました」(同前) ただ、感情の抑えがきかない面もあり、母を家に入れないなどの虐待をする姿が近所で目撃されている。 「母親の認知症が進んでおり、『叩いてしまったので、市に相談して施設に入れることにした』と話していた。

次の

「ガラケー女」に間違われた女性、デマ拡散の人たちに損害賠償請求 「死ね」「自首しろ」と10万件: J

ガラケー女 今

筆者が家族と連絡を取り合うのに使うのはLINEとキャリアメールです。 数年前からほとんどの家族、親戚はLINEで連絡が取れるようになりましたが、いまだにキャリアメールで連絡をしなければならない人がいます。 その理由は簡単で、相手がまだ「フィーチャーフォン(ガラケー)」を使っているからです。 本音を言ってしまえば、その人にだけ連絡をするのにキャリアメールを使うのはなかなか面倒で、できることなら今すぐにでもスマートフォンへ買い替えてほしいとも思っています。 筆者に限らず、読者の方々にも「スマホに変えたら?」と言いたくなる、フィーチャーフォンユーザーが周りにいるという人は少なくないでしょう。 それと同時に、フィーチャーフォンユーザーにも「変えたくない」それ相応の理由があります。 今回は、フィーチャーフォンをなぜ使い続けるのか、筆者の見聞きした話をご紹介します。 2014年にNTTドコモが発売したフィーチャーフォン「N-01G」(NECモバイルコミュニケーションズ製) 理由1:使い慣れたものを使い続けたい フィーチャーフォンを使い続ける理由として「使い慣れているから」という人は多いでしょう。 キー操作が中心のフィーチャーフォンと、タッチパネル操作が中心のスマートフォンは、同じ文字入力をするだけでも、操作性は全く違います。 フィーチャーフォン全盛期でも、機種変更で今までと違うメーカーの機種を選ぶと、文字入力で同じキーを押しても出てくる記号が違ったり、改行やトグルの操作が違ったりするため、それが嫌で買い替えても同じメーカーを使い続ける人は多くいました。 スマートフォンに変わることで物理キーがなくなるだけでなく、メニュー画面やメール作成画面なども大きく変わってくるため「今まではココを押せばこの操作ができた」が通用しなくなるのは大きなストレスだと考える人が多いのです。 過去にはテンキー付のスマートフォンもあったが……。 写真はソフトバンクが2011年に発売した「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」(シャープ製) スマートフォン黎明(れいめい)期には、スライド式でテンキーが利用できる機種も存在しました。 ただ、あくまでも文字入力がフィーチャーフォンのように行えるだけ。 UI(ユーザーインタフェース)はスマートフォン用に作られており、フィーチャーフォンに慣れたユーザーからすると「全くの別モノ」になるため、これは「望んだ新型の携帯電話ではない」といった声もありました。 理由2:スマートフォンは「高い」 フィーチャーフォンを使い続ける人たちがスマートフォンに変えない理由として挙げるのが「価格」です。 これは本体代金のみならず、毎月の利用料金も「高い」「高くなる」と考える人がまだまだ多くいます。 最近になって本体価格が安い機種や、格安SIM、そして大手携帯電話会社の「家族プラン」として提供されるさまざまなプランやキャンペーンでフィーチャーフォンと変わらない本体価格、月額料金で利用できるものも増えてきています。 それでもフィーチャーフォンユーザーに根付いた「高い」というイメージを払拭(ふっしょく)するまでには至っていません。 携帯電話の使い道が「最低限の連絡」だけになっているユーザーにとって、継続してアップデートを行っていかなければならないスマートフォンは「長く使えないもの」で、買い替えがフィーチャーフォンより短い「2年後」に見えているのも「高い」と感じる部分です。 例えば、NTTドコモの「」のように、本体代金も安く、「3年目以降も毎月のランニングコストがとても安い金額になる」と言われても、製品寿命が短いスマートフォンは「その頃には買い替え」と考えると、フィーチャーフォンで困っていないユーザーにはまだまだ割高に見えるようです。 対象機種を購入すると、月額1500円をずっと割り引く「docomo with」 理由3:スマートフォンは「怖い」 筆者がこれまでにスマートフォンに変えない人から話を聞いてきた中には「スマートフォンは怖い」という人が少なからずいました。 何が「怖い」のかを掘り下げて聞いてみると、多くの人は「ウイルスにかかるんでしょ」と、セキュリティ面への不安を持っています。 フィーチャーフォンでも迷惑メールに悩まされ、いわゆる「ワンクリック詐欺」にだまされそうになった経験がある人だと、多機能なスマートフォンを狙った攻撃は「さらに怖いもの」と印象づけているようです。 セキュリティ対策を行うアプリをインストールすることで防げるといっても、そもそもフィーチャーフォンから大きく使い勝手が変わるハードルの高さから、スマートフォンへ買い替えないユーザーには響かない話なのです。 「ガラホ」という選択肢は有効? フィーチャーフォンを使い続ける理由を満たした上で、周りのスマートフォンユーザーともスムーズに連絡がとれるよう、LTEやLINEアプリに対応した携帯電話として「ガラホ」という選択肢も用意されています。 しかも、最近はフィーチャーフォンがガラホに取って代わり、新品のフィーチャーフォンは絶滅しそうな勢いです。 ガラホはOSがAndroidベースなので、UIはフィーチャーフォンと異なります。 操作性が変わるわけですから、ガラホは決して最適解とはいえないのです。 関連記事• 携帯市場がガラケー(フィーチャーフォン)専門店をオープン。 依然としてユーザーからの強いニーズがあり、ビジネスマンやシニア層を中心に売れているというガラケー。 売れ筋の機種やサポートなどについても話を聞いた。 日本国内で、特有の進化を続けてきた従来型携帯電話(ガラケー)。 そんなガラケーが、中古市場で人気を集めています。 どんな人が購入しているのでしょうか?• NTTドコモの「iモード」に対応する携帯電話が、2016年12月までをめどに出荷を終了することになった。 ただし、iモード対応のらくらくホンについては当面の間出荷を継続する。 すっかりスマホが主役になってしまった携帯電話市場だが、この冬春モデルでは国内3キャリアがフィーチャーフォンの新機種を発表している。 その最新6機種をスペックで比較してみよう。 11月15日に「携帯市場 神田本店」がリニューアルオープン。 中古フィーチャーフォンの旗艦店として端末の買取・販売、アクセサリー関連の販売、購入後のアフターサービスまで一貫して提供する。 これまで発売されてきた携帯電話の歴史が分かる展示も行う。 関連リンク•

次の