荒野行動観戦ボイス。 荒野行動 オフライン 観戦

荒野行動で観戦できなくする方法と観戦する方法!できないバグ解決

荒野行動観戦ボイス

設定メニューの開き方 設定メニューは、「戦闘中」「個人空間」のどちらからでも開くことができます。 開き方1. 戦闘中に設定メニューから開く方法 画面右上の地図の横の「歯車のアイコン」をタップします。 開き方2. 個人空間から設定メニューから開く方法 画面上部よりもやや右にある「歯車のアイコン」をタップします。 おすすめのカスタマイズ設定 各設定項目について説明します。 戦闘設定 照準の形 画面中央に表示される照準の形を選びます。 エイムアシスト 機能 説明 ON エイムのアシストあり OFF エイムのアシストなし エイムアシストとは、敵に照準を合わせる補助機能です。 初心者は「ON」がおすすめです。 中級者は「OFF」がオススメです。 命中通知 命中通知とは、敵が被弾している時の血しぶきオン・オフの設定です。 「ON」がオススメです。 瞬殺モード 瞬殺モードをONにすると、スナイパーライフルを持っている時に• 射撃ボタンを押しっぱなしでスコープを覗き• 射撃ボタン離すと発射 します。 詳細: 左手射撃 機能 説明 オートON 常に画面左側に射撃ボタンが表示される オートOFF ADS中のみ、画面左側に射撃ボタンが表示される OFF 画面左側に射撃ボタンなし 収納リスト アイテムの説明の表示・非表示の設定。 機能 説明 オートON 常にジャイロスコープON オートOFF ADS(スコープを覗いた状態)の時のみジャイロスコープON OFF 常にジャイロ機能がOFF 「OFF」がオススメです。 端末のスペックによって設定を変更します。 最も画質が高いのは「高画質」ですが、そのぶん電池消費・発熱が大きくなります。 ゲーム画像の描写は、パラパラ漫画のように静止画を複数枚表示させています。 例えば、「30フレーム」の場合、1秒間に30コマを表示」させています。 ただし、フレームを上げると、充電の消耗とスマホの発熱が大きくなる点に注意が必要です。 ドローディスタンス 中 標準 中高 最高 ドローディスタンスは、大きいほど遠くの敵や建物が見えるようになります。 「最高」がオススメです。 好みに応じて、「標準」「綺麗」「華麗」「写実」から選びます。 録画設定 機能 説明 絶妙な瞬間 敵を倒した瞬間を写真保存する機能。 戦闘後に保存するとスマホに写真が保存されます。 キルしたタイミングが動作が重くなる点に注意が必要です。 録画機能 ゲーム画面を録画機能。 ONにすると動作が重くなることがあります。 使う時にだけONにONにすることをオススメします。 動作が重くなる原因になるため、使う時以外は、OFFにしておきましょう。 3Dタッチ機能をONにすると、画面右側のどこでも強く押せば射撃ができます。 詳細: ブーストモード ブーストモードとは速く走ることができる機能です。 起動方法を設定します。 機能 ブースト起動までの時間 素早くドラッグ オススメ! 早い 持続的ドラッグ 遅い 「素早くドラッグ」がおすすめです。 斜め撃ちモード 斜め撃ちモードとは、遮蔽物に隠れてつつ半分身体を出して射撃できる機能です。 感度設定 スコープ感度 エイムの感度の設定。 カメラ死角 カメラ死角の設定 射撃スコープ感度 スコープ覗いて射撃しながら視点を動かす時の感度の設定。 ジャイロスコープ感度 ジャイロスコープ(端末を傾けて照準を動かす)の感度の設定。 ジャイロスコープ死角 ジャイロスコープ死角の設定 ルームモードの観戦カメラ感度 ルームモードを観戦するときのカメラ感度の設定。 基本的にはデフォルト(初期設定)のままでOKです。 サウンド設定 機能名称 説明 主音量 主音量 を100段階で調整 音効 音効の音量を100段階で調整 インターフェイス インターフェイス(各種ボタンを操作した時の音)の音量を100段階で調整 BGM BGMの音量を100段階で調整 ボイス 機能名称 説明 付近チャンネル 自分がいる場所の近くの人のVC(ボイスチャット)が聞こえる チームチャンネル 協力プレイで仲間の(ボイスチャット)が聞こえる マイマイク 自分の声のON・OFF 消費通知 SCボイス SCボイスでは、協力プレイ中の仲間へ伝える定型文を設定します。 VC(ボイスチャット)機能を使わずに協力プレイする場合には、仲間に情報を伝えるのに重要です。 得に重要度が高いのは、次の項目です。 敵発見• 救助してくれ• 物資を持っている• 安全区域の縮小に気をつけて•

次の

【荒野行動】観戦に遅延が導入予定!ゴースティング対策で

荒野行動観戦ボイス

グラフィックが大幅リニューアルされたことで、スマホへの負担が増えたという声が多い。 ただ設定画面では、より詳細に画質設定できるようになったので、設定を落とせば動作を軽くできるぞ! プレイ困難な人向けの設定方法 動作が重すぎてプレイが困難なプレイヤーは、まず画質に関する設定を全て「低」「OFF」にしよう。 そこから徐々に設定を上げていって、自身の端末に合った最高パフォーマンスを見つけよう。 サクサク動かせる動作設定 設定名 設定 画像レンダリングレベル バランス 画質カスタマイズ 全てチェックを外す フレームレート 最大限 60フレーム ドローディスタンス 最高 録画設定 全てOFF 優先したい設定項目 【最優先】フレームレート 優先したい設定項目としては「フレーム数設定」で、これはできるだけ高い設定 最高 にしておきたい。 フレーム数とは1秒間のコマ数のことで、上げると映像がより滑らかになる。 【優先】ドローディスタンス 描画距離 描画距離を低く設定すると遠くの敵を確認しづらくなり、索敵に影響が出る。 理想は「最高」設定で、重い場合でも、できるだけこの設定は高めに設定しておきたい。 Androidは省エネ設定をONに 画面タイプはお好みで設定すればOK。 画質カスタマイズ 基本的にはチェックを入れることで、高画質になったり細かい描写まで表現できるようになる。 こちらもチェックを外すことで、発熱や電池の消耗を抑えることが可能。 スマホスペックと要相談。 フレーム数設定 フレーム数は多いほうがヌルヌル高画質にゲームを楽しむことができる。 その分スマホへの負担は大きくなるので、スペックと相談して自身にあった数値を探そう。 フレーム数が高いほど、 エイムが合わやすくなる。 ドローディスタンス 描画距離 ドローディスタンスが高いほど、 遠くの敵を視認することができる。 ただスペックが足りないと動作が重くなる原因にもなるので、端末によって調整が必要。 オフにした場合、全て自分の手でアイテムを拾う必要がある。 勝手に収納しないようしたい場合はオン。 チェック推奨だが、武器変更時に不要な弾薬が残る場合があるので注意。 メリットしかないので、チェック推奨。 自動にしておき、後で個数の調整をしよう。 容量が気になる人は切っておこう。 多すぎて容量オーバーになった時に個数調整をしよう。 多すぎて容量オーバーになった時に個数調整をしよう。 多すぎて容量オーバーになった時に個数調整をしよう。 アタッチメントの収納設定 自身が所持している武器に、装備できるアタッチメントを自動で拾うかどうか。 基本的にアタッチメントにはデメリットが存在しないので、全てチェックしておくことをおすすめする。 おすすめ感度設定.

次の

「荒野行動」のおすすめ設定!1位になれる設定も解説!

荒野行動観戦ボイス

観戦ボイスについて 荒野行動ではほかの人のプレイの様子を 観戦することができます。 一方で観戦されたり観戦するときの仕様については説明があまりなく、分かりづらいという方も多いようです。 特に観戦中に自分の声が相手に聞こえたり、観戦していることがフレンドにバレることもあるので注意しましょう。 そこで今回の記事では観戦中のボイスON・OFF機能についてやフレンドを観戦してもバレないかどうかについてご紹介していきたいと思います。 観戦ボイスON・OFFのやり方 観戦ボイスをONにしたとき 荒野行動では観戦の設定でボイスがONになっていると 自分のプレイ中のボイスチャットが観戦している人に聞こえるようになります。 フレンドなど見知った相手であればともかく、まったく知らない人でも自分の声や会話が観戦をしている人に聞こえてしまいます。 特にボイスチャットで個人情報などをしゃべった場合は観戦中の見知らぬ人にも自分のことを知られてしまうことにもなりかねません。 ボイスON・OFF設定の仕方 荒野行動で観戦している人から自分の声を聞こえないようにするには設定から観戦ボイスをOFFにする必要があります。 設定画面を開いたら「社交設定」のタブを選択しましょう。 社交設定のタブには「観戦」という項目があり、その中の「ボイス」をOFFにすることで他の人からボイスチャットが聞こえなくなります。 逆にフレンド戦などでボイスチャットを聞こえるようにしたいときはONにしましょう。 フレンドを観戦するとバレる? 何もしなければバレない ホーム画面からフレンドを観戦した場合 ただ見ているだけなら相手には自分のことは分かりません。 自分がフレンドのことを観戦しているとばれたくない場合はそのまま試合を見ていましょう。 メッセージや贈り物を送るとバレる 一方で観戦中に メッセージやRPGなどの贈り物を送ると相手に自分のことがバレてしまいます。 アイテムを送るときは自分のことを相手に知られてもいいというときだけにしておきましょう。 まとめ 荒野行動では観戦中の仕様がよくわからなくて不安という方も多いようです。 特に観戦中のボイスON・OFFは自分の声が相手に聞かれてしまうことにつながるので注意しましょう。 また自分が観戦するとき、相手にバレたくないときはメッセージや贈り物を送るのは控えるのがおすすめです。

次の