テクニクス イヤホン。 価格.com

<CES>テクニクス初の完全ワイヤレスイヤホン「EAH

テクニクス イヤホン

また悩みの種が増えました。 本日、パナソニックから完全ワイヤレスイヤホン3機種が発表されました。 その最上位機種となる Technics(テクニクス)ブランドのノイズキャンセリングモデル「」がとっても素敵。 体験会で感じたことをレポートします。 最上位機種「EAH-AZ70W」はノイキャンの効きがすごい! 主要メーカーでノイキャンを搭載した完全ワイヤレスイヤホンといえば、Apple(アップル)の「 AirPods Pro」とソニーの「 WF-1000XM3」が2トップとして君臨しています。 この2機種で悩んでる人も多いのでは? EAH-AZ70Wはその 2強と互角に戦える実力を持っていると確信しました。 発売されたら、ノイキャン完全ワイヤレスイヤホンは3強時代に突入しちゃうでしょう。 それくらい、すべてにおいてバランスがよい製品でした。 その根拠は2つ。 まず ノイキャンの効果がすばらしいです。 ノイキャンがいいと評判の AirPods Proと互角と言ってもいいでしょう。 Photo: 三浦一紀 発表会では、飛行機のファーストクラス(?)を再現したブースで視聴をしました。 部屋のスピーカーからは低くブーンとうなるような、あの飛行機内の騒音が流れています。 正直耳障りな音です。 Photo: 三浦一紀 イヤホン本体はやや大きめ。 耳の小さい人は大きいと感じるかも。 しかしEAH-AZ70Wを装着してノイキャンを有効にすると、その音が きれいさっぱり消えます。 試しに目の前の机を軽く叩いてみましたが、その音もかなり音量が抑えられています。 Photo: 三浦一紀 この穴は通話用のマイク。 もちろん通話時もノイズキャンセリングは働く。 この強力なノイキャンを実現しているのが、 デュアルハイブリッドノイズキャンセルです。 これが結構すごいんですが、いかんせん機構の説明が難しい。 簡単に言うと、イヤホンの外側と内側で2段階のノイズキャンセリングをしているんです。 そして、外側はデジタル処理、内側はアナログ処理することで、 音質劣化と遅延を最小限にしているのだそうです。 Photo: 三浦一紀 充電ケースはアルミ製。 ヒンヤリとした質感。 トップのヘアライン加工が高級感あります。 いつまでも聴いていられる繊細で透明感のある音 さて、EAH-AZ70Wが新たな刺客である根拠その2は「 音質」です。 ノイキャンを目一杯効かせている状態でも、音が小さくなったり音質に影響しているとは感じられませんでした。 音の傾向は、かなりダイナミックレンジが広く、 高音から低音までよく出ているという印象。 また、全体的に 音の輪郭が繊細で透明感があります。 EAH-AZ70Wには 10mmのドライバーが搭載されているのですが、その実力は伊達じゃないという感じ。 長時間聴いていても疲れるような音ではないので、長時間の移動、それこそ飛行機や新幹線の中でノイキャンと共にその実力を発揮するでしょう。 Photo: 三浦一紀 Technicsロゴがかっこいい。 10mmドライバーということでちょっと大きいけどその分音質がGood。 なおコーデックは、 SBCのほかAACをサポート。 普段iPhoneを使っている身としては、AAC対応はとってもハッピー! また、 左右独立接続型となっているので遅延も少なく、動画視聴時くらいなら大丈夫でしょう(音ゲーはほんの少しのズレが致命傷となるので有線にしましょうね)。 EAH-AZ70Wが持たざるもの ノイキャン、音質ともに2強に匹敵する、いや凌駕するものを持っているEAH-AZ70Wですが、持たざるものもあります。 まず 外音取り込み機能の音質が不自然です。 AirPods Proの外音取り込みの音に慣れてしまっていると、あまりにも「マイクから拾った音をデジタルで増幅しているな」という感じです。 Photo: 三浦一紀 充電ケースには充電用のUSB-C端子がある。 Qi充電には対応していないけど、USB-Cというのはうれしい。 次に、 Qi充電に対応していないこと。 充電はUSB-Cなのでそれは大満足なのですが、できればQiに対応してくれていたほうがよかったかな。 そして、 装着検知機能がありません。 この機能は、イヤホンのどちらかを耳から外したときに自動的に再生が一時停止になるというものです。 ただ、人によってはこの機能は不要という人もいるでしょう。 僕がそうなんですけどね。 ちなみにバッテリー駆動時間はノイキャンありで6. 5時間、充電ケースを含めると19. 5時間です。 ケースを含めた再生時間は2強よりもやや短いですね。 それぞれ、致命的なデメリットというわけではありませんが、これらの機能が搭載されていたら、さらに2強を脅かす存在になっていたかもしれません。 パナソニックブランドのミドルレンジ「RZ-S50W」も さて、ノイキャン完全ワイヤレスイヤホンの勢力図を塗りかえる勢いがあるEAH-AZ70W。 気になるお値段は、メーカー発表はオープン価格。 予想実勢価格は 3万1000円(税別)です。 性能的には適正だとは思うんですが、「ちょっと高いかな…」という思う方もいるかもしれません。 そんな方にはもうひとつ、ノイキャン搭載の新モデル「」があります。 こちらは予想実勢価格が 2万1000円(税別)です。 Photo: 三浦一紀 EAH-AZ70Wと違うのは、 ドライバーが8mmであることと、Technicsブランドではなく Panasonicブランドであることです。 Photo: 三浦一紀 やや丸味を帯びたデザインで耳に着けると大きめに見える。 ドライバーが違うので音質も若干異なります。 EAH-AZ70Wに比べるとややレンジが狭く感じますが、その分中音域が聞き取りやすく、 ロックやボーカル曲に合うチューニングとなっています。 こちらのほうが好みという方もいるかもしれません。 ちなみに ノイキャンに関しては両者ともほぼ同等です。 仕組みも一緒。 ほとんど違いは聞き分けられませんでした。 両者の音を焼肉で比べると、 EAH-AZ70Wが上ロース、RZ-S50Wが上カルビといった感じ。 どちらもおいしいんですけど、より赤身が多いEAH-AZ70W、適度に油があるRZ-S50Wというイメージです。 音に関しては個人の好みもありますから、一概にどっちがいいかなんて言えません。 お好きなほうを選びましょう。 Photo: 三浦一紀 充電ケースはプラスチック製。 USB-Cで充電ができる。 ノイキャン完全ワイヤレスイヤホン選びが難しくなった! EAH-AZ70WそしてRZ-S50Wが登場したことにより、ノイキャン完全ワイヤレスイヤホンの選択肢が増えました。 しかもですよ。 価格帯を見てみると EAH-AZ70WとAirPods Proがほぼ同じ、そして RZ-S50WとWF-1000XM3がだいたい同じなんです。 パナソニックさんの本気を感じます。 3強どころか4強ですね、もはや。 ああ、頭が痛い...。 両機種とも 発売は4月中旬の予定。 カラーはブラックとホワイトが用意されています。 今までAppleかソニーの2択で悩んでいた人も、パナソニックの2機種が登場したことでさらに悩みに拍車がかかりそう。 でも、ガジェットは悩んでいるときが一番楽しいんですよね。 ネットで比較したり、実際に聞き比べして、大いに悩もうじゃありませんか! Source:.

次の

新たな刺客!テクニクスのノイキャン完全ワイヤレス「EAH

テクニクス イヤホン

2020年のCESはパナソニックが面白い。 特にオーディオビジュアルでは有機ELテレビのフラグシップからHDR対応VRグラスの試作機までパナソニックの「画質」へのこだわりを貫いた骨太な製品が並び、テクニクスとパナソニックの両ブランドからは初の完全ワイヤレスイヤホンも発表された。 CESを取材しながら少し先の未来を便利にしてくれそうな先進技術に感銘を受けることもあるが、やはりすぐにでも買って試せる、あるいは体験できる製品と出会える喜びは大きい。 こんな当たり前のことをパナソニックの展示に触れながら再確認した次第だ。 本稿ではテクニクスの完全ワイヤレスイヤホンのファーストインプレッションをお伝えしよう。 でも注目されている「EAH-AZ70W」を短時間ながら音を聴いたり、ノイズキャンセリングと外音取り込みの効果を体験できたので、その印象を報告したい。 これは外側のマイクによるフィードフォワード側がデジタル方式、耳の内部を解析するフィードバック側がアナログ方式を使ってノイズの解析・消音処理を行うことを意味している。 パナソニックの担当者は「オーディオと電話、両方の製品を手がけてきたパナソニックの技術資産を活かす形を追求してたどり着いた技術」だと話している。 アルゴリズムはパナソニック独自に開発したものを使うが、SoCやアンプ、DAC、ANC処理に用いるICチップなどシステム構成については情報を開示していない。 ドライバーは10mm口径のグラフェンコートをかけたPEEK振動板。 ドライバー前後の空気の流れを精密にコントロールする「アコースティックコントロールチャンバー」を設けて、ダイナミックな振幅を実現する。 チャンバーを設けたことがイヤホンのサイズも影響を与えていることはなかった。 音楽再生・ハンズフリー通話の操作は側面に設けたタッチセンサーで行う。 このセンサーとBluetoothアンテナを共有する独自のアンテナ設計技術にも、パナソニックが電話製品の開発で培ってきた資産が活きている。 ペアリングした音楽再生機器との間の通信は、接続の安定性と低遅延、バッテリーの消費効率を高めるため左右同時接続方式を実現することに腐心したという。 同社の担当者によると「クアルコムが現在提供しているTWS Plusは、オーディオ用SoCのQCCシリーズと最新のモバイル向けSnapdragonのSoCとペアリングすることが左右同時接続の条件になるが、EAH-AZ70Wはどんなプレーヤーにも左右同時接続ができることが強み」だと話していた。 だからといって「クアルコムのSoCを使っていない」という明快な回答も得られなかった。 現時点ではテクニクス、パナソニックの両ブランドから発表されたイヤホンともにSoCの名前や詳細は明かされていないため、あとは引き続き日本発売の正式発表で明らかになる情報を待ちたい。 なお今回の取材時点ではEAH-AZ70Wが対応するBluetoothオーディオのコーデックもわからなかった。 イヤホンの本体はIPX4相当の防滴対応なのでスポーツしながら使える。 バッテリーはANCをオンにしてイヤホン単体で約6. 5時間、ケースによるチャージを合わせれば約18時間になる。 急速充電も可能だ。 なお欧米での発売予定時期もまだ6月と少し先なので、音質はファイナルの仕上がりではないという。 だからあくまで方向性を知るところまでに評価の方もとどめたい。 音切れについても同様に現時点ではコメントを控えておきたい。 昨年末に発売されたハイレゾイヤホン「EAH-TZ700」の煌びやかな高域、立体的な低音のイメージを頭のどこかに残して試聴を開始したからだろうか、意外にも中低域が束になってガツンと押し寄せてくるようなパワフルな音づくりが特徴的だった。 アグレッシブなロックやジャズ、EDMの音源によく合いそうだ。 10mm口径のドライバーだが、本機には磁性流体は使われていない。 個人的な好みから言えば高域の透明感はもう少し欲しいところだが、これからチューニングを練り上げて行く段階で変わってくるものと思う。 装着感は耳にしっかりとフィットするし、とても良かった。 ANC機能を載せた完全ワイヤレスイヤホンも、2020年は「小型軽量」であることがひとつの競争軸になりそうな期待感がわいてきた。 ケースのサイズ感もちょうど良いと思う。 ひとつ気になったことはタッチセンサーリモコンの感度がものすごく良すぎたことだ。 装着時前後の誤動作を避けるためにも、もう少しバランスを整えてほしいと思う。 またANCの消音効果は高いのだが、筆者は少し内圧が気になった。 外音取り込みをオンにした状態でもややANC効果が残っているような感じがしたので、もう少し外音側の明瞭度を上げる方向に振ってしまっても良さそうだ。 パナソニックのブランドから発売される完全ワイヤレスイヤホン()は今回音を聴くタイミングを逃してしまったため、考察を加えるまでにとどめておく。

次の

Amazon

テクニクス イヤホン

この商品は パナソニック テクニクス カナル型 ノイズキャンセリング 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 防滴 ブラック EAH-AZ70W-K カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カスタマー評価 5つ星のうち4. 2 5つ星のうち4. 3 5つ星のうち4. 5 5つ星のうち4. 4 5つ星のうち4. 2 5つ星のうち4. 6 価格 ¥42,800より ¥7,999 ¥36,300 ¥23,800 ¥21,800 ¥15,800 販売者 からお求めいただけます Amazon. jp Amazon. jp Amazon. jp カラー ブラック ブラック ブラック ブラック ネイビー ブラック 商品の形状 イヤホン インイヤー イヤホン 完全ワイヤレス イヤホン イヤホン 商品の重量 14. 00 グラム 53. 00 グラム 250. 00 グラム 17. 00 グラム 情報が提供されていません 100. 00 グラム.

次の