ナカノ ヒトゲノム パカ。 ナカノヒトゲノム11話ネタバレと感想。マキノとアカツキの過去について

Blu

ナカノ ヒトゲノム パカ

突如巨大な動物に襲われかけたアカツキと美少女・更屋敷カリンは、和装の男鬼ヶ崎カイコクの助けや、巨大パンダと和解するという方法で、なんとかピンチを脱出。 第1ステージクリア、と言いながら登場したアルパカのかぶりものをした謎の人物パカにより、リアルゲーム「ナカノヒトゲノム」の実況をし、再生数1億ビューを稼がなければならないと告げられます。 13番街というチームに振り分けられたアカツキ、カリン、カイコクは、そこで仲間となる5人の人物と出会います。 おのおのがゲームの実況をしており、名前の知られた存在。 彼らは協力し、パカに提示されるステージをクリアしながら、再生数を稼いでいくことになります。 1巻では、リアル「ナカノヒトゲノム」のルールと、13番街メンバーの紹介を兼ねた内容。 特に主人公であるアカツキの魅力である、ナチュラル実況を可能とさせる、マイペースかつ天然な部分が前面に押し出されています。 「リアルゲーム実況をし、再生数を稼いでいく」という大きな目的と、各ステージクリアという課題が提示されていますが、パカが何者なのか、なぜゲーム実況者が集められているのかは、1巻の段階では不明。 監視者であるパカですらわからない、謎の少女の存在や、焼却炉で燃やされていた人のような何かなど、謎が深まります。 1巻では第1ステージ「アニマル合戦」、第2ステージ「取り替えこっくりさん」が行われ、何とか課題をクリアしてきました。 おもにゲーム実況者である主要キャラクターの紹介と、彼らが取り込まれたリアルゲームのルールの一部が公開され、第3ステージの内容と課題、そしてパカの正体が判明するか、という緊迫したところで終わっています。 第3ステージは、卵から誕生した少女と、学園のアイドルである光源氏の恋を成就させるというのが課題。 アカツキの他にも、格闘ゲームが得意でアカツキの友人駆堂アンヤ、恋愛シミュレーション実況を得意とする逢河マキノ、育成シミュレーション実況で人気の伊奈葉ヒミコが活躍します。 ステージをクリアするために、アカツキ達が奔走するところはもちろんですが、本編には路々森ユズとカリンの入浴シーンが登場するのも見所。 また、パカの正体を暴こうと迫るカイコクと忍霧ザクロの連携が見られるなど、実況者の中で交流も楽しめるポイントです。 また、1巻の段階では実況者であること、得意なゲームや性格などしかわかっていなかった各キャラクターの隠された部分が明らかになってきます。 アンヤが睡眠障害を持っているというのも明らかになりましたが、ユズのアカツキに対する異常な執着が注目ポイント。 マンイーター戦ではぞっとする場面もありますが、それ以上にぞわりとするユズのヤンデレな一面にも注目です。 「ナカノヒトゲノム」3巻:「ナカノヒトゲノム」システムの謎が深まる! 2巻から少しずつ各キャラクターの抱えている事情や、問題が明らかになってきていますが、3巻ではカイコクとザクロの生い立ちが公表されました。 カイコクは、実はお金持ちの御曹司ですが、祖父と折り合いが悪く、勘当された身です。 どうやら祖父はカイコクを跡継ぎにしようとし、熱心に指導をしていたようですが、カイコクが反発していた様子。 家を出た彼は、そのまま「ナカノヒトゲノム」に連れ去られたのでした。 対するザクロは、他の人とは少々事情が違う様子。 2年前に行方不明になった双子の妹、サクラを探しており、「ナカノヒトゲノム」をプレイして、わざと失踪者になっているのです。 「鬼退治」ステージでサクラの持ち物が発見され、現段階では命を落としたのでは、と言われています。 「ナカノヒトゲノム」4巻:ゲーム外の動きも活発に! 兄はヒミコを守るため、両親によって養子に出されましたが、後に行方不明となり7年が経過。 法律上は死亡したことになっており、そのことに責任を感じているのです。 ちなみにこの巻では、ヒミコが怒るシーンがあるのですが、そのキレっぷりがあまりにひどく、アンヤにトラウマを残すこととなりました。 そして「ナカノヒトゲノム」ゲームの外の動きも活発になるのが4巻の見所。 アンヤの兄、駆堂シンヤが、カリンの兄で探偵業を営む更屋敷ヒノキに、アンヤの捜索を依頼します。 ゲーム内部ではカイコクが、ゲーム失格者やリタイアした者が強制収監される「白の部屋」へ収監されてしまいますが、その原因となったのは第7ステージ「呪奪の三姉妹」とのかくれんぼの最中に、13番街メンバーのデータが書かれた紙を発見したため。 ゲーム内外双方から、少しずつ「ナカノヒトゲノム」の謎に迫っていきます。 4巻では、人が死んでいると思しき描写も登場する強制収監施設「白の部屋」にカイコクが収監されてしまうという、かなり緊迫した場面で終了しました。 5巻では、「白の部屋」に収監された者たちがどうなったのか。 他の行方不明者がどうなっていたのかが明らかになります。 ユズの行動を怪しんでいたカイコクが、ユズの自室を調べたことにより「白の部屋」に強制収監されてしまいます。 厳しい監視の中、浴槽の下にあった抜け道を通ったカイコクの前に現れたのは、他の番街の実況者。 13番街メンバーよりも早く誘拐された、男女嶋ナナミ、ザクロの妹であるサクラをはじめとしたゲーム実況者たちでした。 カイコクは地下に住む実況者たちと合流し、「ナカノヒトゲノム」のシステムを知ることになります。 一方、カイコクへの処遇を不服として、一時はゲームからの離脱を口にしたアカツキたちでしたが、敗者復活ゲームとなる「ホワイトパズル」に挑むことになります。 パズルゲームを得意とするユズを中心に謎に挑みますが、その過程で明らかになったのは、ユズが何を考え、行動しているのか。 そして、何者なのかでした。 得意分野を活かし、仲間を救うために尽力しましたが、5巻ではユズがパカ側、つまりはゲーム主催者側の人間であることが明らかになります。 しかし、なぜアカツキに執着するのか、第1巻「こっくりさん」でも登場した、関係者らしき少女は本当に姉なのか、多くの謎は明かされていないままです。 「ナカノヒトゲノム」6巻:幼児が可愛くて震える! そして、外部で調査を続けていたカリンやアンヤの兄、ヒノキたちにも新たな動きがありました。 失踪者たちを調査していたヒノキたちは、彼らがフリーゲーム「ナカノヒトゲノム」をプレイしていた可能性にたどり着きました。 さらなる調査を続ける中で、アカツキの実家である入出家を訪れたヒノキとシンヤは、ぐるぐるまきの包帯にくるまれた人形を、アカツキだと口にする、母ユカコの異常な姿を見たのでした。 今までちょっと天然な気質を見せていたものの、裏表がなさそうだったアカツキに、実は養子であり、義母ユカコとは歪な親子関係を結んでいたという事実が判明しました。 入出家は何か「ナカノヒトゲノム」に関わっているような描写も見られ、緊迫感が増します。 「ナカノヒトゲノム」7巻:島の謎が明かされる!? 一方、島へ上陸することを決意したヒノキとシンヤ。 アカツキの叔父にあたる仁木イチヤと協力していくことになります。 イチヤの口から明かされたのは、島には7人の定例会議メンバーがおり、元々はテーマパークの予定地だったが、遺伝子研究施設として買い取られたこと。 アカツキの義父である入出アキトが島を引き継ぎ、現在はアカツキが所有者となっているという事実です。 パカを含め、「ナカノヒトゲノム」に関わっているのは、この研究施設に関わりのある人間であることが示唆されました。 アカツキ自身は、島の所有権を持っていることを知っているのか、どこまで事情を把握しているのかは不明です。 主人公でありながら、巻を追うごとに謎が深まっていくアカツキの今後も気になります。 『ナカノヒトゲノム』8巻:明かされるカリンの過去。 そして……? ついに再生回数が1万回達成となる9巻。 それと並行して、ユズがゲームから離脱したことが告げられます。 それと平行して明かされるユズの秘密。 そしてマザー・ミミクリーとユズ、そしてひいてはアカツキとの関係が示唆される描写……。 かつてこっくりさんの時に約束したアカツキのある約束が意味を持ってくることになりそうです。 このゲームに関してアカツキが真相に迫ったとき、果たしてどんな全容が見られるのでしょうか? 緊迫したリアルデスゲームに巻き込まれた、という内容ではありますが、絵柄とキャラクターの雰囲気も相まって、ホラー色が強いわけではありません。 残酷描写が苦手な方でも手に取りやすいライトさはありながら、謎の部分ではしっかりと読ませてくれます。 まだまだ謎の多いリアルゲーム「ナカノヒトゲノム」がどうなっていくのか、アニメ化も決定して盛り上がっていく本作の、今後の展開から目が離せません。

次の

ナカノヒトゲノムラジオ【配信中】~どうか死ぬ気で聴いて下さいませ~

ナカノ ヒトゲノム パカ

サイトに移動したら「ナカノヒトゲノム」で検索してね ナカノヒトゲノム【実況中】のあらすじ 入出アカツキはネットで有名なゲーム実況者。 「ナカノヒトゲノム」というフリーゲームの実況を行っていたある日、 クリアしたところで画面上に不思議な文章が現れました。 それは「ナカノヒトゲノム」のクローズドステージのプレイ権限を与えるというもの。 「これよりお迎えに上がります」 ネット上では失踪ゲームと呼ばれるこのゲーム。 最近巷では連続少年少女失踪事件が起こっていました。 「まさか・・・ねえ」 ふと意識が飛んだと思ったら目が覚めたときには大自然の森の中。 このゲームのゴールは 「ナカノヒトゲノムリアル実況」で再生数一億ビューを達成するということ。 「どうか死ぬ気で実況してくださいませ」 謎の監視役パカに見張られながら、カリスマゲーム実況者たちが実況される側に!! アカツキたちは無事に「ナカノヒトゲノム」から脱出できるのか?! ナカノヒトゲノム【実況中】のネタバレと感想 脱出ゲームが得意で花粉実況で有名な入出アカツキ ホラー実況で有名な更屋敷カリン 戦国実況で有名な鬼ヶ崎カイコク 育成シュミレーションゲームが得意でささやき実況で有名な伊奈葉ヒミコ 格闘ゲームが得意な駆堂アンヤ パズルや迷路などのやり込みゲームが得意な路々森ユズ ステルス系ゲームが得意な忍霧ザクロ 恋愛ゲームが得意で単語実況で有名な逢河マキノ ネットで話題の8人の実況者たちが集められました! 逃げることは許されず怪我や死の可能性もアリ。 再生数一億ビュー達成という目的は皆同じですが、 それぞれの方法で再生数を稼ぐところなんかが面白い。 ユズが入浴シーンで再生数を稼ごうとするところなんてまさに女の子の特権ですよねw 普段あまりしゃべらないようなキャラクターが 得意分野のときには饒舌になるのも見ものです。 個人的にはザクロが好き。 名前も好きだし見かけによらず真面目なところが押しw ちなみに当初は7人編成だったようですが、 あまりにもクセが強いのでナチュラルな主人公のアカツキが誕生したのだとか。 確かに、アカツキのおかげでまとまりが感じられますね! 仲間割れをしたり、チームワークを発揮したりしながら物語は進んでいきますが、 このゲームの真の目的は未だ謎のまま。 パカに関わる人物?の接触で少しずつ明かされていきそうです。 基本ギャグ多めですが、シリアスな場面も出てきて謎に引き込まれてしまいます。

次の

ナカノヒトゲノム11話ネタバレと感想。マキノとアカツキの過去について

ナカノ ヒトゲノム パカ

第2回の配信日は変更ございません。 配信を楽しみにお待ちいただいておりました皆様には、大変ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございません。 今後の配信予定、詳細は以下をご確認くださいませ。 今後も「ナカノヒトゲノムラジオ【配信中】~どうか死ぬ気で聴いて下さいませ~」を宜しくお願い致します。 【今後の配信予定】 7月6日 土 配信お休み 7月13日 土 第1回配信 ゲスト:鬼頭明里さん 7月20日 土 第2回配信 ゲスト:山下大輝さん 8月3日 土 第3回配信 以降、隔週土曜日 配信 佐藤拓也(鬼ヶ崎カイコク役): 最終回に間に合いましたー! ありがとうございます。 テレビの放送は終わっちゃったけどまたみんなに会いたい! 完全にロス。 ひとまず、津田さん、ラジオ、お疲れ様でした! 津田健次郎(パカ役): 今まで聴いて下さり本当にありがとうございます。 無事に最終回を迎えることが出来ました。 サトタク君と楽しく収録しました。 またいつか何かをやる時は 是非聴いて下さいね。 ありがとうございました。 それではまたいつの日かフェ~w 音泉アプリの再生ページをチェック! ・07 本編(誰でも聴けます) ・07 おまけ(音泉プレミアムサポーターのみ).

次の