ポピー キッズ イングリッシュ。 【徹底比較】「ポピーKids English」と「こどもちゃれんじEnglish」幼児の英語はどっちがいい?|ホムスタ!〜home study〜

幼児英語学習はこれで決まり!ポピーKids Englishをやるべき3つの理由

ポピー キッズ イングリッシュ

小学校から英語の授業も始まっているし、幼稚園・保育園のうちから英語の学習をさせてあげたいな。 ポピーとこどもちゃれんじから英語の教材が出てるようだけど、どう違うの?どっちを選べばいいの? 6歳ごろまでの幼児の成長は本当にあっという間で、記憶力や物覚えも一番早い時期ですよね。 小学校だけでなく、これからの未来を生きていく子どもたちにとって英語を使えることは私たち親世代よりもずっと重要になってきます。 代表的な幼児向け通信教育であるポピーとこどもちゃれんじでも、幼児のうちから英語が楽しく学べる教材が出ていて、気になっている方も多いのではないでしょうか? そこでこの記事では、幼児向けの英語教材である「ポピーKids English」と「こどもちゃれんじEnglish」を様々な観点から比較してご紹介します! Contents• 「ポピーKids English」はこんな子におすすめ• 英語に触れるのが初めての子• 小学3年生からの英語の授業を楽しみたい• 英語を聞く話す力の基礎を学習したい 「こどもちゃれんじEnglish」はこんな子におすすめ• こどもちゃれんじを受講しようと思っている• DVDやしまじろうで、遊びながら英語に親しみたい• 幼児ポピーは親子で一緒にコミュニケーションをとりながら学習できる脳力開発教材、 こどもちゃれんじは豊富な付録としまじろうが人気の教材として有名です。 「ポピーKids English」と「こどもちゃれんじEnglish」を比較してみよう そんな2大幼児向け通信教育が出している幼児向け教材について、• 教材の内容• 身につく英語の力• 学習サポート• メリット、デメリット の5つの観点で比較してみましょう。 教材の内容は? ポピーKids English ポピペンを使って、毎月届く「ポピペンBOOK・おはなしBOOK」で学習 こどもちゃれんじEnglish 2ヶ月に1回届く「英語のおもちゃ・DVD・テキストブック」で学習 ポピーKids Englishは、ポピペンという音声ペンを使って学習を進めていきます。 テキストの絵をポピペンでタッチすると英語がペンから聞こえてくるしくみで、小さなお子さんでも持ちやすい形で使いやすいですね。 ポピペンの音声を聞くだけでなく真似したり、質問に答えたりしながら、身の回りにある英単語にたくさん触れて自然と覚えていけるように教材が作られています。 ちなみに、こどもちゃれんじEnglishだけでも受講は可能です。 どんな英語の力が身につくの? ポピーKids English 小学4年生までに身につけたい「話す・聞く力」の育成に特化 こどもちゃれんじEnglish 「話す・聞く」に加えてアルファベットの練習も ポピーKids Englishは、ポピペンとテキストを使って英語の音とリズムに慣れる「聞く力」を重点的に学習できる教材になっています。 日本語は「あいうえお」の5つの母音で音が作られていますが、英語は20個以上もあります。 音は理屈で覚えるのはとても難しいですよね。 幼児期のうちにたくさんの英語の音を聞いて英語独特の音とリズムをしっかりと体に入れられれば、将来英語を使ってコミュニケーションを取りやすくなります。 レベルが上がるにつれて単語から会話文なども出てくるので、普段の生活の中でも英語で会話を楽しむことができそうですね。 またポピペンには録音機能がついているので、お子さんが自分で話した音を確認することもできます。 「すごい!お手本と同じように読めたね!」と褒めてあげれば、お子さんも自信がついてたくさん話したくなりますね! こどもちゃれんじEnglishは、1〜3歳までの教材では遊んだりDVDを見たりしながら英語の音をたくさん聞くことができます。 毎回年齢に合わせたおもちゃが届くので、気に入ったおもちゃなら何度も遊びながら英語に触れることができそうですね。 また年中の教材あたりからはアルファベットを読んだり書いたりする練習も始まります。 英語の音をたくさん聞きつつも、アルファベットも覚えさせたい場合には、こどもちゃれんじEnglishの方がいいかもしれません。 学習サポートの充実度は? ポピーKids English 毎月「親用ガイド」でコミュニケーションの取り方や教材の解説がわかる こどもちゃれんじEnglish こどもちゃれんじと一緒に受講することで割引価格になる ポピーKids Englishは、毎月教材と一緒に「親用ガイド」という冊子が届きます。 その月の教材の使い方や解説、ポピーKids Englishを使った親子での遊び方などが丁寧に書かれています。 幼児ポピーや小学生ポピーと同じように、学習だけでなく親子のコミュニケーションや子育てを応援するサポートが充実しているのがポピーならではですね。 こどもちゃれんじEnglishのサポートとしてありがたいのが、こどもちゃれんじを受講していれば割引価格で英語の学習ができることです。 この後の料金の比較で詳しくご紹介しますが、こどもちゃれんじEnglishだけよりも月額で約700円ほど安く受講できるので、家計にはありがたいですね。 料金はどちらが安い? ポピーKids English 月額1,680円、1年間で20,160円(税込) こどもちゃれんじEnglish 1回2,280円〜、1年間で13,680円〜(税込) 教材が届く頻度が違うので、月額・1回あたりの金額と1年間の金額で表示しています。 年間で見ると「こどもちゃれんじEnglish」の方が安いですね。 ただしこの金額は、• こどもちゃれんじと一緒に受講• 1年間分の一括払い• 1〜3歳向けの「ぷち」の料金 という条件のもと、一番安い金額で算出しています。 より詳しく比較をしてみると、次の表のようになります。 年中以上で英語を学習するなら、ポピーKids Englishの方が安くなる上、料金形態も分かりやすいですね。 メリット、デメリットは? ポピーKids Englishのメリット• 小学校4年生までの英語の学習がしっかりできる• 付録が最低限なので教材の管理が楽• 費用が安い ポピーKids Englishのデメリット• 英語を書く、読む学習はあまりない• ポピペンの購入が必要 ポピーKids Englishのメリットは、新学習指導要領に合わせて学校での英語の授業にスムーズに入れることを目的として作られている教材だということですね。 初回にポピペン(3,300円)を別途購入する必要はありますが、1本あればレベル1〜3までの3年間すべて学習できます。 英語を書いたり読む活動はあまりありませんが、年齢に合わせた無理のない教材構成になっているので、初めての英語学習にはちょうどいい学習内容だと言えます。 こどもちゃれんじEnglishのメリット• 英語の4領域をすべて学習できる• 豊富な付録で遊びながら英語に親しめる• しまじろうがたくさんいる こどもちゃれんじEnglishのデメリット• 内容が盛りだくさんでお子さんによってはキャパオーバーになるかも• こどもちゃれんじと合わせると費用が割高• 大量の付録の管理が必要 こどもちゃれんじEnglishは、英語を聞くだけでなく書いたり読んだりと英語の4領域を幼児のうちから学ぶことができます。 料金も一般的な英会話教室に比べると安く抑えられるのでお得感はありますね。 ただし、個人的には幼児のうちまでアルファベットは書ける必要はないと感じます。 お子さんによっては書くことでキャパオーバーになってしまう子もいるかもしれませんね。 またこどもちゃれんじと一緒に受講すれば割引になるのは嬉しいですが、逆にこどもちゃれんじと一緒にやらない場合はあまり料金面でのメリットは感じにくいでしょう。 まとめ:総合的には「ポピーKids English」がおすすめ! ここまで「ポピーKids English」と「こどもちゃれんじEnglish」について比較してきましたが、 総合的にはポピーKids Englishがおすすめです!• 教材の作りに過不足がなくて必要な英語力が身につきやすい• 費用が続けやすい価格• ポピペンを使った学習は、お子さんはかなり楽しめそう という理由が大きいですね。 英語の授業だけでなく英語でのコミュニケーションが不可欠となってくる未来に向けて、お子さんにぴったり合った英語教材で楽しく学習してくださいね。

次の

ポピーKids Englishを購読2年目!バイリンガル育児ママの正直な感想。

ポピー キッズ イングリッシュ

ポピーキッズイングリッシュはレベル変更ができる! 冒頭でもお話しましたが、ポピーキッズイングリッシュは 受講途中でのレベル変更ができるので安心してください。 使ってみたけど、ちょっと難しすぎるな… といった時でも大丈夫! レベルの変更を希望する場合には、 2ヶ月前に利用しているポピー支社に連絡をします。 支社によって締め切りの日にちが違ったりするから、まずは早めの連絡が大事だよ! ポピーキッズイングリッシュの3つのレベル ポピーキッズイングリッシュのコース別対象年齢と内容は、このように設定されています。 レベル別の内容• レベル1 家の中、家族を中心に身近なものの単語や日常生活でよく使う表現• レベル2 友達とのコミュニケーションを中心に、小学校3年生までに習う単語や表現• レベル3 学校や季節の行事を中心に、小学校4年生までに習う単語や表現 でも年齢だけじゃ、本当に自分の子のレベルに合っているか不安だよね。 うん、これから解説するカリキュラムをしっかり確認してから決めたほうがいいね! ポピーキッズイングリッシュのレベルごとの料金 ポピーキッズイングリッシュは上記のようにレベル1~レベル3までありますが、 どのレベルを選んでも月々1,680円です。 月々の料金にプラスして、 初回のみすべてのレベルでポピペン(1本3,300円)を購入するよ。 レベルとしてはとてもやさしく、 挨拶や1~10の数字、色や日常的な生活グッズなど初めての英語学習でも取り組みやすい内容になっています。 その月に学習した単語をまとめたページをファイリングすると、オリジナルの絵辞典を作ることができます。 毎月1冊ついてくる「おはなしbook」も絵柄でストーリーの分かる簡単な内容。 ひらがなさえ読めれば、一人でもできるね! 逆に年中さんより小さかったり、まだひらがなが読めない場合は親のサポートが必要だよ。 レベル1は すでに英会話教室に通っている年少~年長さんの「復習教材」としての使い方もおすすめです。 単語や挨拶レベルだったレベル1から、一気にコミュニケーションがとれるようになってきましたね。 「ボールをみつける」「どの動物の後ろ姿なのかを当てる」といった、ほんの少し考える問題がでてきます。 書く練習ではなく、発音や読み、形の特徴をつかむような学習です。 ポピーキッズイングリッシュはあくまで「小学校での学習の先取り・補完」を目的にしているので、問題の難易度としてはそれほど高くありません。 難しい問題を解くためじゃなくて、発音やリスニング力を高めるための教材だよ。 なので年少さん、年中さんでもこれまでに英語をならっている子ならレベル2から始めてもいいかもしれません。 How many? Waht's this? このように 完全に小学生向けの内容になるので、基本的には幼児にはおすすめできません。 「曜日の英語を聞き取り、理解することができている」ことを前提とした問題。 レベル2では大文字を学習し、レベル3では小文字を練習します。 幼児ならまずはレベル1。 すでに英語学習しているならレベル2を検討。 がいいと思うよ! ここから音声も確認できるよ! ポピーキッズイングリッシュの教材付録 最後にちょっこと本教材以外の付録についてご紹介します。 ちなみに基本教材はこちら。 これは気が付いたときにすぐできるように、お部屋の目立つ場所に貼りたいね。 「おもちゃや本など身近なものに貼って、英語で確認」するような使い方ができます。 これもレベル1のテーブルゲームだよ! ポピーキッズイングリッシュはぴったり合ったレベルから始めよう! ポピーキッズイングリッシュは 月額1,680円というお手頃価格で始められる、人気の家庭英語学習教材です。 レベル選びについての判断目安はこちら。 レベル3がおすすめな人• ある程度の英語を聞きとれ、文章で発語ができる人• 早くから小学校4年生までの英語を先取りしたい人• 資料請求をすると詳しいパンフレットがもらえますので(ポピペンのお試しはなし)、教材の内容やカリキュラムを確認してみてください。

次の

【ポピーキッズイングリッシュ】レベル変更はできる?迷ったときの選びかたを解説!

ポピー キッズ イングリッシュ

教材は紙タイプですが、まるでタブレットやスマホで遊んでいるかのような感覚で楽しみながら学んでいけるのがいい点ですね。 また「さすがポピーだなあ」と感じるのが、ちょうどその成長期にあったワーク内容が盛り込まれていること。 迷路あそび、間違いさがしと英語を組み合わせたり、学校生活の様子を描いたりと、、成長期や、実際の生活にあった内容が多いのもポピーキッズイングリッシュのおすすめポイントですね。 絵や文字とネイティブ英語の発音がしっかりと結びつくので自然に英語が覚えられるようになっていきますよ。 ポピー Kids English(キッズイングリッシュ)の教材内容 この項ではポピー Kids English(キッズイングリッシュ)のの各レベルごとの教材内容についてもう少し詳しく見ていきましょう。 ポピーキッズイングリッシュのメイン教材は毎月届けられる「 ポピペンブック(ポピペンBook)」と「 おはなしブック(おはなしBook)」です。 12ヶ月一括払い時は5%割引が適用となります• 初回月のみ、月会費とは別にポピペン(3,300円)の購入が必要です• 12ヶ月一括払い時はポピペンの料金は3130円となります 英語の教材というと、とっても高額というイメージがありますが、さすがポピーの英語教材というだけあって、お値段はとってもお得ですね。 ポピペンを使って何度も繰り返して学習ができたり、実際に声に出したり録音して自分の発音を聞いて比べたりすることもできますので、学習効果としてもかなり期待ができます。 ワークブックもカラーで楽しく学ぶことができ、お子様が大好きな絵本も毎月届けられますので、これだけの内容で月々約1,500円で学べるのはとってもお得と言えるでしょう! 見本ではなく、レベル1~レベル3までの共通パンフレットになりますが、雰囲気などもわかりますし、年間で学ぶフレーズなどもわかりますので、他の教材との比較もしやすくなりますよ! もちろん幼児ポピーや小学ポピーを受講していなくても、単独で受講することができますので、まずは気軽に資料請求をしてみましょう! ポピーの英語教材・ポピーKids Englishは何歳から始める?レベル等を解説:まとめ 今回は幼児から中学生までに人気の通信学習教材「月刊ポピー」の英語教材「ポピー キッズイングリッシュ(ポピー Kids English)」の各レベルの教材内容や難易度についての解説、こどもちゃれんじEnglishとの比較などをしてきました。 もう一度おさらいをするとこんな感じです。 ポピペンでお子様が楽しく英語の勉強ができます! また、少し英語を学習したことがあるお子様であれば、最初から少し難易度の高いレベルに挑戦することもできるのがいい点です。 50年近く教育に携わってきたポピーの英語教材ですので、その効果も十分期待できます。 ただしっかりとしたレベルの教材を選んであげないと、レベルが合わずに英語嫌いになってしまうという可能性もなくはありません。 ポピーイングリッシュキッズは英語を教えるというものではなく、お子様が「楽しく英語を覚えていく」ための教材です。 英語が好きになり、親しみを持つようになれば、どんどん自分で吸収をしていき、英語の知識が増えていきますので、まずはいくつかの教材の無料体験や無料資料請求をしていき、お子様にぴったりの教材を探してあげて下さい。 英語学習はとにかく幼児期の教育が重要と言われています。 大きくなればなるほど音を聞き分ける力が薄れていき、日本語に慣れてしまい、「R」と「L」の音や「B」と「V」の音が聞き分けられなくなってしまいますので、1日が重要と思って行動していきましょう。 ポピーキッズイングリッシュはとてもオススメできる英語教材ですので、ぜひ資料請求をして、その雰囲気を味わってみて下さい!.

次の