素早い対応ありがとうございます。 早い対応へのお礼メール|2つの敬語表現で好印象を獲得【例文あり】

迅速な対応って英語でなんて言うの?

素早い対応ありがとうございます

「ご対応」の正しい使い方 「ご対応」という表現は 、「対応」に「ご」をつけた尊敬語で、相手にこちらの事情や状況をお汲みとって対応していただきたい時や、対応していただいた時に使います。 相手の行動を左右する言葉ですから、尊敬の念をもって丁寧な表現を使うようにしましょう。 例えば、相手から誠意ある対応を受けた心遣いに対して感謝の思いをあらわす場合、「迅速なご対応をいただきありがとうございました」という使い方をします。 使うタイミング 「ご対応」を使うシーンには、これから対応していただきたい旨をあらわすシーンと、これまで対応していただいたことへの感謝の言葉をあらわすシーンがあります。 どちらの場合も使うタイミングを逃さないようにしたいものです。 とくに感謝の言葉をあらわすさいには、 伝える機会を逃してしまったら、相手に伝わらない、理解されないことがありますので、できるだけ早く伝えるようにしましょう。 たとえ短い言葉や文章でも、早く伝えることによって相手に好印象を与えます。 「ご対応」の言い換え表現 「ご対応」の言い換え表現は「ご説明」「ご案内」「ご配慮」などがあります。 対応してもらった内容によって適切な表現に変えるとよいでしょう。 ご対応を正しく使い円滑な関係を築くコツ 「迅速なご対応ありがとうございました」というフレーズは、質問やクレームなどに対して素早く誠意ある対応をしてくれた相手に、感謝の気持ちを丁寧な言葉で表現したいときに使います。 このように感謝の気持ちを言葉にして丁寧に伝えないしっかりと感謝の気持ちを伝えることで、こちらの印象も良くなり、相手の対応も変わってくることがあります。 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」というフレーズは、こちらが期待していた通り、あるいはそれ以上の適切な対応をしてくれたときに、感謝の気持ちを「迅速なご対応ありがとうございました」と同じようなフレーズで表現しています。 このような似た言い回しをいくつか覚えておくと、言葉のバリエーションも広がりますね。 迅速な対応の「迅速」と「最速」や「急速」との違い 「迅速」と「最速」や「急速」は少し違った意味になります。 「迅速」は物事の進行が速いことをさしています。 それに対して「最速」は対象となるものの中で最も速いことです。 また、「急速」は物事の起こり方が進む速度が非常に速いことを示しています。 一見、似ている言葉ですが使用する場面も変わってくるため使い分けに注意しましょう。 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」を使う場面 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」は、ビジネスシーンで使用頻度が高いフレーズのひとつです。 それだけ私たちはビジネスを通じて人と関わる機会が多いということでしょう。 その中には、自分一人で完結する仕事ばかりではなく、急な飛び込みの仕事や客先からの緊急クレームの対応など、同僚や上司、取引先の力を借りないと出来ないこともあると思います。 そのような時、かわりに素早い対応してくれた相手に、「迅速なご対応をいただきありがとうございました」という丁寧な言葉で感謝の思いを伝えることは、協力してくれた相手とのより強い信頼関係を築いていくうえでとても大切なことです。 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」を使う場面 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」も、こちらが手に負えない難しい仕事を適切に対応してくれた相手に使うフレーズです。 同じ言葉のかけ方ひとつで相手の対応だけでなく、品格や信頼も上がっていきます。 相手の対応に対して、こちらも丁寧な敬語で応えることは、私たちビジネスパーソンにとって基本的なマナーとして覚えておきましょう。 今回は、急を要する案件でしたが 貴社のご支援なしでは、進めることができなかったかと存じます。 今後も、何かとお世話になることと存じますが、 何卒よろしくお願い申し上げます。 心よりお礼を申し上げます。 何かとご面倒をおかけすることもあるかと思いますが 今後ともご指導、ご助言をいただきますよう よろしくお願い申し上げます。 丁寧な対応とご丁寧な対応の違い 丁寧な対応とご丁寧な対応の意味は基本的に変わりません。 使用する場面にも差はありません。 しかし、ご丁寧な対応の方が丁寧な対応よりも相手を更に敬った表現になっています。 目上の人に使用する際はご丁寧な対応を使用した方がよいでしょう。

次の

とても迅速な対応をして頂きありがとうございます。

素早い対応ありがとうございます

「ご対応」の意味と類語 「ご対応」とは「物事に応じて行動する」という意味 「ご対応」の「対応」とは「物事に対して応じるために行動をする」という意味の言葉です。 ビジネスシーンでは主に予期せぬ出来事が起こった際や、前もって決められた予定に対し行動した際に使われます。 「ご対応」の「ご」は接頭語の「御(ご)」であるため、「ご対応」は目上の人へ使う言葉として適切であるといえるでしょう。 「対処」や「措置」は「ご対応」の類語 「ご対応」の類語には「対処」や「措置」が当てはまります。 「対処」とは「ある事柄に対して適切な処置をとること」を意味し、「措置」には「解決に向けて取り計らう」という意味があります。 問題に対する処置を行う際や、解決をしようと行動した際は「対処」や「措置」と類語に言い換えてみてください。 他にも「対応」した内容によって類語を使うことができます。 例えば目上の相手に説明をした場合は「ご説明」を、回答をした場合は「ご回答」を「ご対応」の代わりに使うことができます。 状況や内容に合わせて使い分けてみてください。 「ご対応」の上司への使い方 目上へ対応する際は「ご対応いたします」 自分が対応をする側である場合に「ご対応いたします」が使えます。 「いたします」は謙譲語を使った敬語表現であるため、「ご対応いたします」は目上の人へ使える丁寧な言い回しとなります。 自分が目上の人に対して、物事に応じるための行動をとる際に「ご対応いたします」と使ってください。 「ご対応させていただきます」は使い方に注意 「ご対応いたします」と同じ意味を持つ「ご対応させていただきます」は使い方に注意が必要です。 「させていただきます」は敬語表現ではあるものの、相手の許可を得てから行動を起こす際に使える言い回し方です。 例えば相手から「対応してほしい」と依頼を受けた場合に「対応させていただきます」と使うことができます。 相手からの依頼ではない場合や、許可をとっていないことに関しては間違った敬語表現となるため注意して使ってください。 「ご対応いただきありがとうございます」は対応へのお礼 「ご対応いただきありがとうございます」は対応してくれたことへのお礼の言葉となります。 「~してもらう」の謙譲語である「~いただき」に目上への感謝を表す「ありがとうございます」を加えた「ご対応いただきありがとうございます」は目上へ使う敬語表現として適切であるといえます。 ビジネスメールにも「ご対応」が使える 話し言葉としてだけでなくメールや手紙の書き言葉として「ご対応」は使えます。 こちらからが依頼した内容に対して相手が対応をしてくれた際、早急に感謝を伝えるのであればメールが適しています。 話し言葉と違い声色や表情で相手の感情を読み取ることができないため、直接会話をするときよりも丁寧な言葉使いを意識してください。 「ご対応」を使ったお礼の例文 「早速のご対応ありがとうございます」の例文 相手に対応してくれたことに対する感謝を伝える際に「早速のご対応ありがとうございます」が使えます。 例えば急な依頼にも関わらず対応してくれたことに感謝をする際は「急な申し出にも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」となります。 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」の例文 急な依頼に対応してくれたことに対してお礼を伝える際の言い回しとして「迅速なご対応をいただきありがとうございます」という言葉もあります。 「お忙しい中ご対応いただきありがとうございました」の例文 対応してくれたことに対し感謝を伝える際に使える言葉の1つに「お忙しい中ご対応いただきありがとうございました」という言い回しがあります。 「お忙しい中」を使うことで相手への気遣いを表現することができます。 例えば「先日はお忙しい中ご対応いただきありがとうございます」となります。 まとめ 「ご対応」とは物事に応じて行動を起こす際に使われる言葉で、目上の人へ使える敬語表現です。 相手が対応をしてくれた際には「ご対応」の前に「迅速な」や「お忙しい中」と付けることで相手への気遣いを表すことができます。 対応の内容によっては類語に言い換えることができるため、状況によって使ってみてください。

次の

「早速のご対応」はメールで使っていいの?不自然でない使い方を解説

素早い対応ありがとうございます

相手に早い対応をしてもらった時に、お礼メールを送る場合がありますね。 その際に、「 早い対応をしてくれて、ありがとうございます。 どう伝えれば、 ビジネスマナーを踏まえた正しいお礼の仕方になるのでしょうか? 目上・上司・社外など、あらゆる相手に使える敬語表現が次の2つ。 その表現が・・・• 迅速(じんそく)なご対応• 早速(さっそく)のご対応 これらの用語によって、 相手に失礼な印象を与えずに「早い対応」をしてくれたお礼を伝えることができます。 あらゆる状況で使用できるので、ぜひ使い方をマスターしていきましょう! ちなみに、私は過去にどう伝えればいいか分からず、「早々のご対応」という表現を使ってしまいました。 今になってみれば、恥ずかしい限りです…。 なぜ「早々のご対応」という表現が良くないのかについても、お伝えしていきますね。 そんなことにならないよう、 早い対応 への お礼メール を送る際の 敬語 表現についてしっかりと把握しておきましょう! まずは「迅速なご対応」についてお伝えしていきますね。 迅速なご対応に、心より感謝申し上げます。 迅速なご対応、ありがとうございました。 適切な敬語表現で、相手にお礼メールを書くことができれば、 マナーのある人だと認知してもらえます。 早い対応への感謝の気持ちを適切に表してくれたら、メールの受け手側は「これからも協力的に仕事を進めよう!」と思う可能性が高まるでしょう。 迅速なご対応という表現を頭に入れておくと、社会人生活で大いに役立ちますよ! 「迅速なご対応」という表現の他にも、「 早速のご対応」という便利な敬語表現もあります。 次の見出しで「早速のご対応」について見ていきましょう。 早速のご対応に感謝申し上げます。 早速のご対応、誠にありがとうございました。 早い対応をしてくれた後に、「早速のご対応」という文言があると、状況にマッチしている印象が強くなりますね。 すぐに対応してくれたことを的確に伝えることができます。 細かな気遣いの積み重ねによって、コミュニケーションスキルが高い社会人として認められる可能性がグッと上がりますよ! 「迅速なご対応」と「早速のご対応」は、どちらを使うのがよいのでしょうか? 次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 迅速なご対応と早速のご対応の使い分けは? 「迅速なご対応」と「早速のご対応」で大きな意味の違いはないので、基本的にどちらを使っても構いません。 ではどちらの方が使いやすいのでしょうか? それは・・・ 迅速なご対応 迅速なご対応は、 様々な使い方が可能です。 その理由は、「迅速なご対応によって~」「迅速なご対応のおかげで~」の~部分に、その後の結果も書けるから。 例えば次のような使い方ですね。 〇〇さんの迅速なご対応によって、問題を解決することができました。 迅速なご対応のおかげで、資料を完成させることができました。 それに対し、「早速のご対応」の方では、その後に続く文章に書く言葉が 感謝の言葉に限定化されてしまいます。 例えば、下記のような形式ですね。 早速のご対応ありがとうございました。 早速のご対応に感謝申し上げます。 「早速のご対応によって~」「早速のご対応のおかげで~」という使い方はしません。 ちなみに、「早々(そうそう)のご対応」という表現もありますが、この表現はオススメしません。 どうしてなのか次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 早々のご対応は相手に失礼? 「早々のご対応」は すぐの対応を意味します。 「迅速なご対応」もしくは「早速のご対応」と一見同じように思えますが、 注意が必要な表現です。 それは、早々は基本的に目下・友人などに使う言葉だから。 目上や社外の方に使うのは失礼にあたります。 わざわざリスクを負って、「早々のご対応」を使う必要はないので、避けるようにしましょうね。 どの表現にするか迷ったら、 「迅速なご対応」を使うのがベスト。 最も使いやすく、目上・社外にも無難な表現ですからね。 どちらも意味に大きな違いはありませんが、 使える幅が広いのは「迅速なご対応」ということを頭に入れておきましょう。 ただ単に「対応ありがとうございました」よりも、これらの用語を盛り込むことで、相手が受ける印象が良くなりますよ! 例えば、見積もりの作成を早く対応してもらった状況があるとします。 その場合、• 見積もり作成の件、ご対応ありがとうございました。 見積もり作成の件、迅速なご対応ありがとうございました。 どちらの方が印象が良いでしょうか? もちろん、後者の方が早く対応してもらったことに対する感謝の気持ちが強いので、印象が良いですよね! 私自身も、相手に早く対応してもらった際のお礼メールには、「迅速なご対応」を入れて、感謝の気持ちを伝えるようにしています。 ぜひ「 迅速なご対応」「 早速のご対応」の表現をお礼メールの中に盛り込んでいきましょう!.

次の