蕁 麻疹 様 血管 炎。 アレルギーの病気についてQ&A 蕁麻疹|一般の皆様へ|一般社団法人日本アレルギー学会

じんましん

蕁 麻疹 様 血管 炎

改變 主要表現血管內皮細胞,血管周圍有較多的,可見及外溢,血管壁有。 直接熒光檢查顯示血管壁及周圍有Ig及補體沉著。 發病機制 本病為一種新的疾病,病因及發病機理極其複雜。 1、誘因誘發蕁麻疹性血管炎的因素不明。 有報導認為是化學物質、藥物 如碘劑 等,反覆寒冷刺激,以及病毒、細菌、寄生蟲等過敏原引起的超敏性血管炎。 2、的損害、抗以及反應免疫複合物在的作用下引起C1q結合或,進一步導致傳統途徑的補體活化,產生及。 這些介質可損傷血管內皮細胞,導致血管炎的發生。 有學者指出,對本病與的關係應予以重視。 中年婦女多見,可伴有不規則,繼而皮膚出現風團皮疹,持續時間可達24~72小時,甚至幾天不消失,風團上可有水皰及。 但無,消退後遺留或,自覺癢感。 可伴有四肢疼痛及腫脹、、,可出現。 血管炎性常是、、SLE等的早期,故應密切觀察病程變化。 輔助檢查 1 檢查可發現周圍白細胞正常或增加,嗜中性粒細胞比例增加,快,嚴重而持久的低補體血症最常見,特別是補體C4降低更明顯。 2 直接熒光檢查顯示血管壁及周圍有Ig及補體沉著。 診斷方法 臨床表現主要為皮膚風團持續24小時以上;伴發熱、、等;淋巴結腫大;嚴重者可有腎臟損害。 實驗室指標:真皮血管內皮細胞腫脹,血管周圍有較多的中性白細胞,可見核塵及紅細胞外溢,血管壁有纖維蛋白樣變性。 血沉快、嚴重而持久的低補體血症;檢查顯示白細胞碎裂性血管炎。 直接熒光檢查顯示血管壁及周圍有Ig及補體沉著。 鑒別診斷 1、在組織學上有時可見血管內皮細胞腫脹;除外,還有浸潤,也可見核塵,大多數見到血管壁炎性細胞浸潤,但無、壞死等的特徵。 2、本病還需與 SLE 進行鑒別,前者除病理學檢查以外,還可用簡單的「玻片壓疹法」來區別:用壓在UV皮損上,原有的消退,而臨床上不明顯的變得肉眼可見;根據UV患者抗ds2DNA抗體和抗Sm抗體陰性,無或僅有輕微的損害,可與SLE鑒別。 治療措施 藥治療無效,可首選皮質類固醇激素,防止腎臟損害,亦可用氨苯碸治療。 可用加減四妙勇安湯等治療。 應用皮質類固醇的劑量應根據病情決定,一般相當於30~50mg,可以分次口服或緩慢,待恢復正常、皮損大部分消退後,逐漸減量。 由於有時病程可長達數月,因此,要注意的。 5mg口服,12小時1次,每周連用3次。 一般抗組胺類藥物無效,但可以對症。 本病的併發症有:、左心衰、雙疼痛等嚴重疾病,故應積極給予有效治療。 另外導致本病治療的有效率不高的最主要原因是因為常常並發慢性阻塞性疾病和急性。 1、慢性阻塞性呼吸道 疾病慢性阻塞性呼吸道疾病是一種因變而導致氣道受阻的疾病,一般是指及兩種疾病。 病徵在初期可能不易被察覺,但隨著病情發展,徵狀漸漸加重。 一般徵狀有:經常、容易,雖然及肺氣腫病情惡化較慢,卻會損害,影響肺功能,也可引致,甚至死亡。 2、急性喉頭水腫 急性喉頭水腫主要表現為,青紫,早期會有嗆咳. 嚴重者會導致窒而死亡,特別對小兒來說是危及生命的一種兇險急症,由於小兒狹窄、粘膜後組織疏鬆等特點,後易發生喉頭水腫、。 因此應積極地預防並治療。 預防 本病由於病因不明,故無有效的預防措施。 有報導稱本病是由於過敏反應引起,故發病時應嚴格排查,一旦確定是由過敏原引起,應立即移除過敏原,並避免與過敏原再接觸。 同時應適當地鍛煉,提高機體的免疫力,改善。 健康問答網關於蕁麻疹性血管炎的相關提問•

次の

アレルギー性紫斑病とは…原因・症状・治療法 [アレルギー] All About

蕁 麻疹 様 血管 炎

皮膚の一部が突然赤く腫れ上がり、しばらくすると消えてなくなる症状• 血液中に ヒスタミンという物質が作られて、血管内の水分が外に滲み出て皮膚が腫れ上がる• の7割が原因が特定できない 特発性で、はっきりと原因がわからないことも多い• アレルギー性• 食物(そば、エビなど)• 薬剤( 抗菌薬、解熱薬などが多いが、全ての薬で生じうる)• 植物や昆虫(ハチなど)• アレルギーではないが、原因、悪化因子がわかるもの• 機械性:物理的にひっかいたところにができる• 温熱:温まると出てくる• 日光:日光にあたると出てくる• コリン性:入浴、運動、緊張など汗をかく刺激で出る• 特殊なタイプの(の仲間の病気)として、様や血管性 浮腫がある じんましん(蕁麻疹)の症状• 放っておいても1日以内に改善するのがの特徴• 繰り返したりしない限り、あえて検査は行わないことがほとんど• 確定できる検査はないが、以下の検査で診断できる• アレルギー性のものは血液検査及び皮膚検査( 皮内アレルギーテスト、 プリックテスト)で判定できる• 非アレルギー性のものに関しては発生する原因の刺激を与え、その反応をみることで判定する• 薬に関しては普段の1000分の1の量など極めて微量の薬を飲み、その反応を見ることがある• 自己判断でテストを行うことは極めて危険であり、強いアレルギー反応はといって命の危険につながることがあるため、勝手に行ってはならない じんましん(蕁麻疹)の治療法 は、見た目上、ぷっくらと赤く皮膚が膨れている状態(膨疹)で、かゆみを持つという特徴があり、見た目と症状から診断することが多いです。 上記のような症状に該当してご心配な方は()は、皮膚科、アレルギー科、内科クリニックの受診をお勧めします。 食べ物や花粉などの一般的なものではなく、特殊な原因によるの場合は、皮膚科やアレルギー科の専門医を受診するのが良いでしょう。 息苦しさや立ちくらみ、吐き気、腹痛などもある場合は、に進行していることもあるため、救急車の利用による総合病院の受診が望ましいです。 検査をする場合は、血液検査や皮膚検査(原因の可能性がある物質をごく少量皮膚につけて反応を確かめる検査)などを行います。 基本的には皮膚科で専門的に行われることが多いですが、総合病院でないクリニックでも皮膚科であれば実施可能なところがほとんどです。 ただし、を何回も繰り返したりしない限りは、あえて検査は行わないことが多いです。 じんましん(蕁麻疹)でお困りの方 放っておいても1日以内に改善するのがの特徴です。 1日以上症状が継続したり、かゆみで辛い時は抗ヒスタミン薬やステロイド薬の塗り薬、内服薬を使用します。 だけでなく、息苦しさや立ちくらみ、吐き気、腹痛なども認められる場合はに至っている可能性があります。 に関する詳細は別記載のページに譲りますが、アドレナリンという注射薬を太ももに打つことで症状が改善します。 また、症状改善後に再度症状が起こることが知られており、1泊入院して、症状が起こらないか確認することが多いです。 の原因は不明なことが多くありますが、原因がアレルギーとわかれば、原因物質を避けることが重要になります。 慢性的にが出てくる場合は、定期的に皮膚科に通院し、詳しく検査し、原因を特定することが望ましいです。 その場合も、に至っていないようなであれば、基本的にクリニックでの診療が可能です。

次の

蕁麻疹と湿疹の違い

蕁 麻疹 様 血管 炎

ぶつけたわけでもないのに、押しても消えない赤い斑点ができる場合、医師の診察を受けましょう 食物アレルギーや薬物アレルギーが原因となって発生する病気の一つである「アレルギー性紫斑病」。 紫斑というのは、いわゆる内出血の青あざのことです。 2011年から医学的な正式名称が「IgA血管炎」になりました。 発見者に因んで、「ヘノッホ・シェーンライン紫斑病(Henoch-Schonlein紫斑病)」とも言います。 全身の小さな血管、特に毛細血管に炎症が起こって、様々な症状を起こす病気です。 免疫グロブリンの一種であるIgAと呼ばれるタンパク質が他の免疫に関わるタンパク質と複合体と呼ばれるものに作って血管壁にたまって、血管炎を起こします。 血管は全身にありますから、皮膚への血管が炎症を受けると、紫斑や浮腫が出てきます。 腎臓への血管なら、血尿や蛋白尿がでてくるわけです。 アレルギー性紫斑病の原因・好発年齢・性別 アレルギー性紫斑病は4~6歳の男児に多いです。 原因としては、感染症・薬剤・食物・昆虫などが挙げられます。 特に感染症が多く、扁桃炎などの上気道感染後に起こるものが見られます。 遺伝的素因の可能性も言われています。 アレルギー性紫斑病の検査・診断法 血液検査では特有のものがないので、なかなか診断は難しく、症状を合わせて診断されます。 名前の通り、ぶつけたり転んだりしていないのに押しても消えない赤い斑点がある場合は、「アレルギー性紫斑病」の可能性があります。 ただし、紫斑だけなら、血を止める血小板が下げる「血小板減少性紫斑病」の可能性もありますので、覚えのない紫斑がある場合は、まずは医療機関への受診をおすすめします。 注意が必要なのは、腹痛から始まる場合です。 後から紫斑が出てくる例もあります。 胃腸炎より腹痛の強い場合は、この病気も疑いましょう。 血を固める凝固因子という体内のタンパク質である「凝固第13因子」が、アレルギー性紫斑病では低くなっていることがあります。 アレルギー性紫斑病の治療法・後遺症・再発リスク 基本的には、症状に応じた対症療法です。 まずは、アレルギー性紫斑病の原因を除くことが大切で、溶連菌などに対しては抗生物質を使用します。 止血剤、ビタミンCなどの血管強化薬、抗アレルギー薬などの内服で治療することもありますが、その効果ははっきりしません。 関節の痛みには、アセトアミノフェンなどの鎮痛薬が使われます。 また、炎症を抑えるために、ステロイドを使用しますが、特に、腹痛が強いなど重症感のある場合は、を使用します。 腹痛が強く、上記の凝固第13因子が低い場合には、凝固第13因子を補充することもあります。 この病気は、数週間で後遺症無く治ることが多いですが、しばしば再発が見られます。 腎炎を合併してしまった場合、治療も複雑になり、安静の必要がなります。 また、治るのに時間がかかったり、慢性化する場合もありますので注意が必要です。 足にぶつけたわけでもないのに青あざが出ている場合、血小板の数が減っているか、この「アレルギー性紫斑病」の可能性が否定できないため、医療機関を受診されることをおすすめします。

次の