乃木坂 飽きた。 【乃木坂46】オタ卒直前、「推し変」に引き戻された男のはなし。

乃木坂46・齋藤飛鳥、センター抜てきへの複雑な思い「否定的な意見が私に届く時がある」

乃木坂 飽きた

先日、乃木坂ファンの友人と食事に行きました。 あのメンバーがどうだとか、あのおたくがどうだとか、いつものようにくだらない話をしていると、そこにいた1人の男が「最近また乃木坂熱が上がってきた」と言うのです。 はじまりは、非・推されメン。 男が元々推していたのは、選抜経験ゼロ回、単独でのお仕事もめったにないアンダーメンバー。 絵を描くことが得意な彼は、握手会に参加するだけでなく、イラストや握手会レポートマンガをSNSに投稿し、周りの人にそのメンバーの魅力を伝えていました。 「オタ卒」へ。 ところが昨年の終わりごろ、「乃木坂に飽きてきた…。 」と言い出したのです。 急にどうしたのだね?と話を聞いてみると、今のアンダーメンバーは報われなさ過ぎる、握手券を積んだりイラストで応援したりしたが、いつまで経っても日の目を見ない、と。 そのメンバーに対してではなく、乃木坂46の選抜システムへ不満を持ち続けることに疲れてしまった様子。 飽きてきたという言葉どおり、その後握手券の枚数を減らし、ライブなど現場へ足を運ぶことも少なくなったのでした。 フェードアウトの途中で…。 私は彼と、数ヶ月に1度は乃木坂つながりの飲み会で顔を合わせていたので、乃木坂46から完全に離れてはいないけれど、きっとこのまま関心が薄れてフェードアウトしていくのだろうなあ、なんてさみしく思っていました。 ところがそんな折、彼から発せられた「最近また乃木坂熱が上がってきた」。 しかも、元の推しメンとは真逆とも言える、選抜率100%、さまざまなメディアで活躍する目立つメンバー。 きっかけはちょっとしたことだったようですが、彼いわく「目立つメンバーを推すことが、こんなに楽しいとは思わなかった」とか。 ライブでは単独のMCがある。 コンビニに行けばその子の載った雑誌が置いてある。 彼はいま乃木活が楽しくて仕方がないそうです。 私は今まで、あまり報われないメンバー1人だけに注目し続けたことがなかったので、なるほどそういうものか~…なんて興味深く聞いていたのでした。 新たな気づき。 会話の中でもうひとつ、なるほどと思ったことがありました。 彼がいまハマっているのは、過去の乃木坂出演番組を見返すこと。 ところが推しメンの変わったいま、あらためて視聴してみると、まあ面白いと。 選抜常連メンバーなのでほぼ毎回出演していて、その子がフィーチャーされている回も多く、放送当時に気づかなかった新たな発見に溢れているようです。 「最近のベストショットはこれ」と、放送キャプチャー画像を見せながら笑顔で語る彼。 楽しい時期をふたたび。 ハマり出した頃がいちばん楽しかった~、なんて話をよく聞きます。 なんとなくグループに興味を持ち、テレビや雑誌を見るようになり、ネットを漁って徐々にメンバーの情報・関係性・エピソードを覚えて行く時期。 1番かどうかは人によりそうですけれど、楽しい時期であることに間違いありません。 推し変した彼にもきっとこの時期があったはずで、そう考えると、アイドルグループを追いかける上で極めて楽しい時期をもう1度体験しているようなもの。 飲み屋で楽しそうに話す彼を見て、私は純粋にうらやましいなと思ったのでした。 まとめ。 この話を読んで、乃木坂ファンのみなさまはどう感じるのでしょうか? 報われないメンバーを見捨てるなんて…と白い目で見るのか、そういう楽しみ方もあるんだ~と感心するのか。 アンダーメンバーにとって、こういうことが実際に起きているのは辛い現実かもしれませんが、きっとこの逆のケースもあるはず。 最近、乃木坂熱が冷めてきたなーなんて方。 1度距離を置いてあらためてグループを見てみると、もしかしたら今まで気づかなかったメンバーの意外な面が見えてくるかもしれません。 彼はいま、別グループへ移るでも趣味を変えるでもなく、2度目の乃木坂46を楽しんでいます。 Twitterの反応 楽しくなくなったら終わりなんだよな あまりに出番がないと、いつか花開く、それだけのポテンシャルはある、と信じてきた自分が嫌になっちゃう オタ卒直前、「推し変」に引き戻された男のはなし。 アイドルの応援は義務じゃない。 自分の人生に潤いを感じられなくなればやめた方がいいんだから。 箱推しですので。 逆に私がオタ卒するとしたらきっかけは何なのか考えさせられます…? — pachpachpatch pachipachi6052 推し変か・・・。 どんな気持ちになるのかな。 推し増しする一方だから。 オタ卒直前、「推し変」に引き戻された男のはなし。 さんから— だいせんせ kokokokua2 オタ卒直前、「推し変」に引き戻された男のはなし。

次の

【欅坂46】何回聴いても飽きない欅坂46の曲

乃木坂 飽きた

先日、乃木坂ファンの友人と食事に行きました。 あのメンバーがどうだとか、あのおたくがどうだとか、いつものようにくだらない話をしていると、そこにいた1人の男が「最近また乃木坂熱が上がってきた」と言うのです。 はじまりは、非・推されメン。 男が元々推していたのは、選抜経験ゼロ回、単独でのお仕事もめったにないアンダーメンバー。 絵を描くことが得意な彼は、握手会に参加するだけでなく、イラストや握手会レポートマンガをSNSに投稿し、周りの人にそのメンバーの魅力を伝えていました。 「オタ卒」へ。 ところが昨年の終わりごろ、「乃木坂に飽きてきた…。 」と言い出したのです。 急にどうしたのだね?と話を聞いてみると、今のアンダーメンバーは報われなさ過ぎる、握手券を積んだりイラストで応援したりしたが、いつまで経っても日の目を見ない、と。 そのメンバーに対してではなく、乃木坂46の選抜システムへ不満を持ち続けることに疲れてしまった様子。 飽きてきたという言葉どおり、その後握手券の枚数を減らし、ライブなど現場へ足を運ぶことも少なくなったのでした。 フェードアウトの途中で…。 私は彼と、数ヶ月に1度は乃木坂つながりの飲み会で顔を合わせていたので、乃木坂46から完全に離れてはいないけれど、きっとこのまま関心が薄れてフェードアウトしていくのだろうなあ、なんてさみしく思っていました。 ところがそんな折、彼から発せられた「最近また乃木坂熱が上がってきた」。 しかも、元の推しメンとは真逆とも言える、選抜率100%、さまざまなメディアで活躍する目立つメンバー。 きっかけはちょっとしたことだったようですが、彼いわく「目立つメンバーを推すことが、こんなに楽しいとは思わなかった」とか。 ライブでは単独のMCがある。 コンビニに行けばその子の載った雑誌が置いてある。 彼はいま乃木活が楽しくて仕方がないそうです。 私は今まで、あまり報われないメンバー1人だけに注目し続けたことがなかったので、なるほどそういうものか~…なんて興味深く聞いていたのでした。 新たな気づき。 会話の中でもうひとつ、なるほどと思ったことがありました。 彼がいまハマっているのは、過去の乃木坂出演番組を見返すこと。 ところが推しメンの変わったいま、あらためて視聴してみると、まあ面白いと。 選抜常連メンバーなのでほぼ毎回出演していて、その子がフィーチャーされている回も多く、放送当時に気づかなかった新たな発見に溢れているようです。 「最近のベストショットはこれ」と、放送キャプチャー画像を見せながら笑顔で語る彼。 楽しい時期をふたたび。 ハマり出した頃がいちばん楽しかった~、なんて話をよく聞きます。 なんとなくグループに興味を持ち、テレビや雑誌を見るようになり、ネットを漁って徐々にメンバーの情報・関係性・エピソードを覚えて行く時期。 1番かどうかは人によりそうですけれど、楽しい時期であることに間違いありません。 推し変した彼にもきっとこの時期があったはずで、そう考えると、アイドルグループを追いかける上で極めて楽しい時期をもう1度体験しているようなもの。 飲み屋で楽しそうに話す彼を見て、私は純粋にうらやましいなと思ったのでした。 まとめ。 この話を読んで、乃木坂ファンのみなさまはどう感じるのでしょうか? 報われないメンバーを見捨てるなんて…と白い目で見るのか、そういう楽しみ方もあるんだ~と感心するのか。 アンダーメンバーにとって、こういうことが実際に起きているのは辛い現実かもしれませんが、きっとこの逆のケースもあるはず。 最近、乃木坂熱が冷めてきたなーなんて方。 1度距離を置いてあらためてグループを見てみると、もしかしたら今まで気づかなかったメンバーの意外な面が見えてくるかもしれません。 彼はいま、別グループへ移るでも趣味を変えるでもなく、2度目の乃木坂46を楽しんでいます。 Twitterの反応 楽しくなくなったら終わりなんだよな あまりに出番がないと、いつか花開く、それだけのポテンシャルはある、と信じてきた自分が嫌になっちゃう オタ卒直前、「推し変」に引き戻された男のはなし。 アイドルの応援は義務じゃない。 自分の人生に潤いを感じられなくなればやめた方がいいんだから。 箱推しですので。 逆に私がオタ卒するとしたらきっかけは何なのか考えさせられます…? — pachpachpatch pachipachi6052 推し変か・・・。 どんな気持ちになるのかな。 推し増しする一方だから。 オタ卒直前、「推し変」に引き戻された男のはなし。 さんから— だいせんせ kokokokua2 オタ卒直前、「推し変」に引き戻された男のはなし。

次の

乃木坂46山下美月、「フライングM字開脚」にファンがエンドレス再生状態!

乃木坂 飽きた

齋藤は「先ほど、23rdシングルの選抜メンバーが発表されました。 今回私は、センターのポジションです。 ありがとうございます」と報告すると、「しっかりと、私の気持ちをお伝えさせて頂きますね」と切り出す。 「時々、皆さんや周囲の人からどうしても感じ取ってしまうものがあります。 それは暗い色の塊で、確実に存在しているんですね。 私が、『気のせいだよ』『そんなことないよ』待ちをするようなオンナではない事は理解していただいているという認識で話を進めますが、あとひとつ。 中二病でもない事を先に言及しておきます。 笑 要は否定的な意見が私に届く時があるんです。 形は様々ですし、その意見が私に向いていない時もあります」 グループを愛するがゆえにファンやスタッフから色々な考えが日々伝わってくるという齋藤。 センター発表後の涙については「不意に与えられたポジションに怖くなったし、なんとなく逃げたくなったし、これは私自身にかけられている『期待』の形ではないからと跳ね除けたくなってしまいまして。 でもそんな考えになってしまう自分が気持ち悪くて、あぁこういう感覚は久々だなと、不思議と冷静な気持ちのまま涙がボロボロ止まらなかったんです」とつづった。 メンバーの卒業などもあり日々変化し続ける乃木坂46。 メンバーであるとともに1人のファンとして齋藤は「昔を回顧したくなる気持ちも重々分かります。 安易な気持ちで、受け入れてください 好きになってくださいなんて言えないです。 言えたところで、そもそも耳や目を向けてもらえるなんて全然思ってません。 相変わらず自信もないです」とした上で、「ただね、もう分かったんです。 『これが乃木坂46です!どーん!』ってしていなくては。 我々がちゃんと立っていなくては。 皆さんも戸惑ってしまいますよね。 我々は見てくださる皆さんの為に、どーん!と立つのです」と決意のコメントをつづった。 そしてブログは「本当にありがとうございます、23rdシングルも引き続き見守ってくださいませ。 飽きた冷めたと言われないよう、精一杯努めます。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 ありがとうございます。 ありがとうございます」との感謝の言葉で締めくくられた。 《松尾》.

次の