ファミマ ファックス。 ファミマTカードトップ

マルチコピー機|サービス|ファミリーマート

ファミマ ファックス

セブンイレブン・ローソン・ファミマなどコンビニでのfaxの送り方 事前に準備するのは、原稿と宛先のFAX番号、そして小銭だけ。 コンビニにより多少の違いはありますが、操作方法はほとんど変わりません。 コピー機を扱った経験のある方なら、 誰でも簡単 にfaxすることが出来ますよ。 セブンイレブンでのfaxの送り方 基本はタッチパネルの案内に従って進めていけば大丈夫です。 難しいことは何もありません。 どうしても、事前にやり方を知っておきたい!という心配症の方のために、コンビニの中でも一番店舗数の多い、セブンイレブンを例にとって、 詳しいfaxの送り方を説明致します。 マルチコピー端末のタッチパネルで「ファクス」を選択。 ファクス使用同意の確認事項が出てきますので、ざっと目を通したら「同意する」をタッチします。 次に、faxを送る「宛先番号」を入力し、間違いがないことをしっかり確認したら、「これで決定」をタッチ。 続いて、「送信サイズ」の選択です。 A4・B4・A3の中から、原稿サイズに合ったものを選択しましょう。 同じ画面で、画質や濃度の変更もできますよ。 次に、「送信結果レポート」をプリントするかしないか選択します。 faxを送ったという証拠になりますので、大切な取引に関わる場合はプリントしておくと安心ですね。 プリントすることにより、料金が追加で発生することはありません。 コピー機に原稿をセットします。 コピーをするときと同じ要領で、印刷面を下にして画面の左上に原稿の角を合わせたら、カバーをして「原稿を読み取る」をタッチします。 複数ページあるときは、前の原稿を取り出し、次の原稿をセットして再度「読み取る」をタッチ。 これを原稿の枚数分繰り返します。 全ての原稿の読み取りができたら、画面に「読み取った枚数」がカウントされていますので、念のため実際の原稿の枚数と相違ないことを確認しましょう。 問題なければ「これで決定」をタッチ。 コイン投入口にお金を入れたら、「送信スタート」をタッチして、送信が完了するまで待つだけ。 画面に「送信が完了しました」の表示が出てきますので、他に用がない場合は「終了」をタッチします。 「送信結果レポート」を印刷するようにした場合は、このタイミングで排出トレイから出てきます。 領収書プリント画面が表示されますので、必要な場合は「領収書を印刷する」をタッチ。 領収書が印刷されて出てきます。 お仕事関係のfaxの場合は、忘れずに印刷するようにしましょう。 最後に、おつり、原稿の取り忘れがないか確認して、完了です! コンビニ各社のfaxの特徴や料金について どのコンビニも、送信の手順はほとんど同じですが、 受信ができるところと出来ないところ、また 海外には送れるか否かなど、違いがあることが分かりました。 料金も各社で微妙に異なるようなので、業界の中でも店舗数の多い4社について、比較してみたいと思います。 セブンイレブンのfaxの特徴や料金について セブンイレブンのfaxで出来るのは送信のみ。 受信は出来ません。 また、海外への国際faxにも対応していません。 その代わり、 「0570」で始まるナビダイヤルや「050」で始まるIP電話にfaxできるのは、セブン イレブンだけです。 料金は、サイズや画質に関わりなく一律50円。 現金以外にも、nanacoで支払うことができます。 余談ですが、マルチコピー機にnanacoをセットしたまま、置き忘れてしまうケースが多発しているようです。 くれぐれもお気をつけ下さいね。 ローソンのfaxの特徴や料金について ローソンのfaxは、クロネコFAXと提携しているので、 送信以外に受信もできます。 また、 海外へ 国際FAXの送信が可能です。 料金は、国内送信は一枚50円、ファインモードだと60円。 受信は1枚50円です。 海外へは地域によって違い、1枚100円~150円。 ファインモードを選んだ場合は、120円~180円です。 ファミリーマートのfaxの特徴や料金について ファミリーマートもローソンと同じく、クロネコFAXと提携しているので、 送信と受信、そして国 際FAXの送信ができます。 料金は、国内なら送受信ともに1枚50円。 海外へは1枚100円~120円です。 ミニストップのfaxの特徴や料金について ミニストップもクロネコFAX提携店です。 送信と受信、及び国際FAXが可能。 料金は、国内送信は1枚50円。 ファインモードなら60円。 国際FAXは1枚100円~150円。 ファインモードなら120円~180円です。 さらに、 フリーダイヤル(0120から始まる場合のみ)へは1枚30円で送信できます。 他のコンビニに比べてお得ですね。 近くにあればラッキーですけど、たかだか20円のためだけに、わざわざ探すこともないでしょう。 コンビニでのfax受信方法 クロネコFAXと提携しているコンビニなら、に預けたデータをコンビニのコピー機で取り出す、という要領でfaxを受信することができます。 会員登録などは不要で、すぐに利用できる嬉しいサービスです。 受信するためには 10桁の「文書番号」が必要になります。 あらかじめ送信してくれた人から聞いて、控えておきましょう。 それでは 詳しい受信の方法を説明します。 faxが受信できるコンビニは、ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ・コミュニティーストア・ポプラです。 店舗によっては取り扱いがない場合もあります。 セブンイレブン・スリーエフはクロネコFAXと提携してないので、受信はできません。 コンビニが近くにない!コンビニまで行くのが面倒な人はインターネットFAX ここまでコンビニfaxの使い方を説明してきましたが、実はコンビニに行かなくてもパソコンやスマホなど、 電子メールが使える環境であれば、いつどこにいてもfaxを送受信できる『 』というサービスがあるんです! 始めからそれを言えよ!と思われたかもしれませんが、eFAXの利用には、事前の申し込みと月額1,500円(税別)が掛かります。 見積りや発注書のやり取りをfaxで依頼される機会が多いが、fax機は場所を取るので置きたくない、また、外出先でfaxが必要になるケースが頻繁にある、という方には是非おススメしたいサービスです。 eFAXの使い方 それでは、いったい どういう仕組みで電子メールを使ってfaxできるのか、簡単に説明致します。 宛先に『国番号+相手先のfax番号@efaxsend. com』と入力して送信すると、 相手先のfax機からはデータが紙で出力される。 自分専用のfax番号は、 全国57都市の市外局番から選ぶことができます。 最大5つのアドレスで同時にfaxを受信できますので、 他の人とデータの共有が可能です。 送受信にかかる費用は1枚につきたったの10円。 しかも、 毎月150ページ分は無料で送受信できま すので、余程大量にfaxのやり取りをしない限り、基本使用料以外の費用が掛かることはほとんどありません。 eFAXを導入するメリット eFAXはただ便利なだけじゃないんです。 利用する事で、 3つの節約に繋がります。 また、固定電話はほとんど使わないけれど、faxのためだけに電話回線を引いていた、という場合は 回線料金も不要になります。 さらに、必要なデータだけ印刷すればいいので、 紙代やインク代も節約できるんです。 緊急の場合は、オフィスにいる誰かにfaxをスキャニングしてもらって、メールに添付して送ってもらう、なんてことも。 もしオフィスに誰もいなければ、取引先への対応も遅れてしまいますよね。 eFAXなら、自分のメールアドレスに直接faxが届くので、 いつどこにいても、すぐにfaxを確認 す ることができます。 また、送信も自分のスマホから出来ますから、 コンビニを探す手間も省けま すね。 さらに、届いたfaxはデータで管理できるので、見たい書類を スピーディーに検索することができるんです。 eFAXなら fax 機 本体が不要なので、空いたスペースを有効活用できます。 また、届いたfaxをデータで残しておけるので、 紙でのファイリングが不要になり、その分の空間も節約出来ますよ。 30日間無料でトライアルできる eFAXなら、初期費用0円、fax機も不要。 オンラインで簡単に、約2分程度でお申込が完了します。

次の

インターネット ファックスの e Fax ホームページ

ファミマ ファックス

スポンサーリンク セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの3つとも店舗の奥やレジ横にある「コピー機」にファックスの機能もついています。 その機械を操作してFAXを送信します。 お釣りがあれば取り出す、原稿を忘れずに持ち帰る 大まかにはこのような流れになります。 それでは次に例としてセブンイレブンの送り方を解説していきます。 送り方の例 セブンイレブン まずはコピー機のある場所に行きます。 次にコピー機の原稿をセットする機械の横に液晶のタッチパネルがあります。 それを操作していきます。 左下の「ファックス」というボタンを押します。 「使用同意」のボタンが出てくるので「同意します」のボタンを押します。 送信したい相手のFAX番号を入力します。 入力し終わったら「これで決定」のボタンを押して先に進めます。 「送信サイズ」と「送信画質」と「送信される原稿の濃さ」を選択します。 ・送信サイズ セットした原稿と同じサイズを選択します。 もし分からなければコピー機のふたを開けて、原稿のサイズを見てください。 A4やA3とかふちの部分に書いてあります。 原稿用紙がA4サイズの紙なら、A4と入力すれば問題ありません。 ・画質 標準か高画質を選択。 グラフや画像などでなく、普通の原稿ならそのまま標準でいいと思われます ・濃さ これも特に薄く書かれた文字でなければそのまま「ふつう」のままで問題ないと思われます 決まったら「これで決定」を押します。 次に「送信結果をプリントする」の画面が出ます。 これを選択すると、「いつ・誰にFAXを送信したか」のレポートの紙が出てきます。 特に送信した証明が必要でないのなら、これは「プリント」しないで大丈夫でしょう。 次に原稿データの読み取りです。 ・原稿は左上に空白が空かないよう、左奥に合わせます ・原稿の内容が書かれた面は、コピー機の透明な部分に映るよう自分から見れば、裏にしてセットさせます *コピー機の原稿の読み取りは、ようするに、透明な部分に文字が当たるようにしないと読み取りができません。 ちゃんと読み取りができたら、「読み取った枚数1枚」などと液晶画面に表示されます。 スポンサーリンク 原稿が2枚以上で複数ある場合は、1枚目の原稿をふたを開けてはずして1枚目の原稿にしたのと同じように、2枚目の原稿をセットして、さらに原稿の読み取りのボタンを押して、2枚目以降を機械にどんどん読み取らせていきます。 読み取りが完了したら、相手先にFAXを送信します。 「送信スタート」のボタンを押します。 送信が終わったら、終了です。 原稿とお釣りを忘れずに持って終わりです。 もし相手が会社の担当者なら入れておいた方が良いかも 例えば私用で親や兄弟にFAXを送るだけなら、相手が自分だと判別しやすいですから、自分や相手の名前は必要ないと思います。 しかし、例えば免許証のコピーを会員サービスの会社に送る場合は、相手側を想像すれば ・相手の会社には、1日に何枚も自分と同じようなFAXがたくさん来ている ・自分が送る会社の担当者以外にも、社員がたくさんいれば、誰宛のFAXか名前なしで送ってしまうと、気づかれない恐れがあるため ・送信先の担当者名 ・自分の名前 を原稿や送り状をもう1枚セットして送っておいた方がいいでしょう。 原稿用紙をFAX機に読み取らせられればいい コピー機にはコピー用紙、年賀状のプリント用には、プリント専用の年賀状用紙が売っています。 FAXも何か専用の紙を用意して、それに原稿を映させて送らないといけないのでしょうか? 特にコンビニのFAXであれば、そういうった物は必要ありません。 上で解説した通り、原稿がFAXの機械に読み取りされれば大丈夫です。 読み取れればいいので、きちんとはっきり文字が書かれていれば、原稿は例えば ルーズリーフの紙 メモ用紙 書籍のページ などでもそのまま機械に読み取らせて、うまくいけば大丈夫です。 原稿の紙を、コンビニのコピー機でコピーしてからそれをFAXで送信するという手間はいらないです。 秘密にしたい情報だけど大丈夫?」と心配に思う方もいるかもしれません。 ですが今のコンビニのコピー機は、送信が終わるもしくは失敗しても、データが自動で消去される設定となっていますから、心配しなくとも大丈夫です。 FAXの送信をしても、相手にうまく送信ができない場合があります。 理由は ・自分のFAX番号の入力を間違っていた ・相手のFAXへの送信が混んでいて話し中になっていた など色々あります。 このように送信に失敗した場合は、FAXが届かない限りは、基本的には50円は引かれません。 ただし数は少なくまれですが、エラーでも50円引かれてしまう可能性はあるようです。 送信に失敗した場合は、エラーとなって「送信に失敗した」と液晶画面に表示されます。 50円のお金も引かれずにそのままです。 もう1度、最初から送信のやり直しをしないといけません。 もし何だか変だなと思いつつも、50円の料金のお金が引かれたなら、送信がうまくいったと考えられます。

次の

コンビニでFAXを受信する方法!使い方をイチから伝授!

ファミマ ファックス

取扱い商品・サービス• 駐車場• ATM• Famiポート• たばこ• コピー・FAX• 証明写真• イートイン• カーシェアリング• 電気自動車用急速充電器• Wi-Fi• セルフレジ• 免税店TAX-FREE SHOP• 多目的トイレ• タクシー呼出電話サービス 決済手段• FamiPay• PiTaPa• 楽天Edy• WAON• Tマネー• QUICPay• d払い• LINE Pay• PayPay• 楽天ペイ• Alipay• WeChat Pay• au PAY• J-Coin Pay• ゆうちょPay• メルペイ• pring.

次の