美味しいカレー。 西友

西友

美味しいカレー

「市販のルーの組合わせと、簡単なひと手間で美味しいカレーをつくる」 のが今回のカレーのコンセプト。 どうしてこのメーカーのカレールーじゃないとだめなの? という疑問などに答える形で説明させて頂いていきますね。 特に難しくないので肩の力を抜いておつきあい頂ければと思います! 市販のルーでカレーを美味しく作るポイント1! 「ゴールデンカレー」「プレミアム熟カレー」を使用 さて今回のカレーは「家庭のカレー」というよりは「お店のカレー」の美味しさを目指しています。 「こだわりの香辛料を存分に使ったスパイシーさ」 「さまざまな食材が入っていることによる奥深い味わい」 「何日も煮込んだような完成度」 これが個人的に、お店のカレーならでは思っている魅力です。 そんなカレーを理想とした上で様々なルーの組み合わせを研究しました。 結論から言うと 「ゴールデンカレー」 ヱスビー食品 「プレミアム熟カレー」 江崎グリコ これら2種類のカレールーを1:1のバランスで使用します。 自宅で作るという視点で「美味しさ、作りやすさ、安さ」のバランスが最もいい組み合わせだからです。 まず ゴールデンカレーを使用することでスパイシーさを取り入れます。 ゴールデンカレーにはカルダモンやクミン、コリアンダー等の スパイスが合計で35種類使われています。 これはスーパーなどで買えるルーの中では、スパイスの種類が非常に多く、スパイシーな味わいのカレーとなっています。 キーマカレーを作る時などにももってこいのルーです。 そして プレミアム熟カレーを使用し、豊富な食材による奥深い味わいをプラス。 熟カレーの特徴はマンゴーやパッションフルーツ、ホタテやイワシ、カカオマスなど 20種類という多種多様な食材が使われているところです。 複数の風味が重なり合った味わい、特に果物が多いため熟カレーで作ったカレーは酸味の美味しさが加わった味になります。 この、35種類のスパイスが使われていて非常にスパイシーなゴールデンカレーと、20種類という多種多様な食材が使われているプレミアム熟カレーをブレンドします。 そうすることで、 スパイシーな味わいと多種多様な食材の旨味がベストマッチ!美味しいカレーに仕上がります ちなみにおすすめの辛さは両方とも「中辛」です。 市販のルーでカレーを美味しく作るポイント2! 野菜はミキサーにかける 何日も煮込んだような味わいも、お店で食べるカレーの特徴ですね。 とはいえ、一般家庭で もちろん筆者も 何日もカレー作りに時間をかけられるわけでもありません。 そこでじゃがいも以外の 野菜をミキサーにかけてから煮込むことで始めから深い味わいにすることができます。 具体的には「短時間で野菜が何日も煮込んだような深い味わい」にすることができます。 これにより煮込む時間を大幅に短縮しつつ美味しい味わいに仕上がります。 ちなみに じゃがいもを後から入れるのは、カレー特有のゴロゴロ感を一部残すためです。 普通カレーをつくる時も、じゃがいもも他の野菜と同時に入れると煮崩れしてしまいます。 特にこのカレーはじゃがいも、肉以外はミキサーにかけるため、ゴロゴロ食感を楽しむためには大事な工程になります。 さて、大きくわけるとこの2つがポイントになります。 では作り方に入ります! あとがき いかがだったでしょうか。 今回のカレーをつくるにあたって、食品メーカーさんの凄さを改めて感じました。 手軽なひと手間でここまで美味しいカレーに仕上げられたのは特に ゴールデンカレー、プレミアム熟カレーのおかげです。 料理をつくっていると、味や風味まで含めてまるで「自分がこんなに美味しい料理をつくった!」という気持ちになることもあります。 でもそれって、食材を育てた農家の方、近くまで運んだ運送の方たちのおかげですし、 今回ならカレールーの商品開発の方たちの力があってこそなんですよね。 食材、調味料、加工食品、あらゆる食べ物とそれに関わる人への感謝をいつでも忘れないように、生きていきたいものです。

次の

【美味しいカレーの作り方】これよりウマい家カレーのレシピがあったら教えてくれ

美味しいカレー

日本の国民食とも言える欧風カレー。 そもそも欧風カレーは、 イギリスがインドを植民地とした1700年代後半に、カレーの原料と米をイギリスへ持ち帰ったのが始まりとされています。 その後、イギリスでカレー粉を開発、それが日本に上陸しました。 現北海道大学の創立者クラーク博士がふるまったものが、日本初のカレーとされています。 その後、洋食店のメニューとしてカレーの普及は進みました。 現代のいわゆる欧風カレーは1973年、東京に開店した欧風カレーの専門店ボンディの創立者・村田紘一氏によって名づけられたといいます。 つまり欧風カレーとは、日本生まれのカレーといっても過言ではありません。 今や家庭料理のメニューとしてはずせない美味しい欧風カレーの作り方について知っていきましょう。 ターメリック 小さじ1• ガラムマサラ 大さじ1• コリアンダー粒 大さじ2• 玉ねぎ 2個• バター 20g• マッシュルーム 適量• 牛ロース肉 適量• 赤ワイン 200cc• クミン 大さじ1• 小麦粉 大さじ7~8• 水 800cc• カルダモン 適量• クローブ 適量• ローズマリー 適量• シナモン 1本• 生クリーム 適量• ブルーベリージャム 適量• 塩 少々• ターメリックとレッドペッパーを合わせる• ガラムマサラ、コリアンダー、合わせたスパイスをミキサーにかけカレー粉を作る• たまねぎとマッシュルームをスライスする• 鍋にバターを溶かし、しんなりするまで玉ねぎとマッシュルームを炒める• 別の鍋で牛肉に赤ワインを加え炒める• さらに別の鍋でバターを溶かしクミンを炒め、泡だったら小麦粉を焦げないよう炒める• そこにミキサーにかけたカレー粉を加え炒める• 玉ねぎを炒めた鍋に水と赤ワインを加え砂糖を加え煮る• つぶしたカルダモン、クローブ、シナモン、ローズマリーを加え煮立たせる• 牛肉を加え、煮ている間にアルミホイルを乗せアクとりをする• 炒めたカレー粉を2回に分けて加える• ブルーベリージャム、塩、生クリームを加え煮込んだら出来上がり• 牛細切れ 500g• 塩 4g• 玉ねぎ 4個• バター 35g• 人参 2本• じゃがいも 3個• トマト 2個• 鶏ガラスープの素 3g• にんにく 2片• ローリエ 1枚• カレールー 1パック• 油 大さじ3• 牛肉に塩をまぶし、よくもみ込む• 玉ねぎの半量は薄く切り、バターと水100mlほど入れ、あめ色になるまで炒める• 途中水分がなくなったら少し足し40分ほど炒め焦がさないようにする• にんじんは皮をむき一口大の乱切り、玉ねぎ2個はくし切りにする• じゃがいもは皮付きのまま乱切り、トマトはヘタをとり適当な大きさに切る• 鍋ににんにくを入れ油でいため香りをつけたら取り出す• そこに牛肉をいれや黄色がついたら水を入れて沸騰させ、アクを取る• トマト、炒めた玉ねぎ、鶏がらスープの素、ローリエを入れ20分ほど煮る• フライパンに油をいれジャガイモ、にんじん、玉ねぎの順に入れ火が通るまで炒める• 炒めた野菜はザルに揚げて油を切り、カレー鍋に加え15分ほど煮る• カレールーを細かく切って火を止めた鍋に加え、溶けたら弱火で15分煮る• ナツメグ、あればナンプラーを数滴加え混ぜたら出来上がり.

次の

東京都内の本当に美味しいカレーの名店おすすめ26選【ランチにぴったりなコスパ最強店からミシュラン掲載人気店まで】 | VOKKA [ヴォッカ]

美味しいカレー

材料(6皿分くらい)• 牛スネ肉(シチュー用) 500gくらい• ニンジン 3本• ジャガイモ 中サイズ5個• 玉ねぎ 3個• ニンニク 1片• マギーブイヨン 1個• バター 少々• ガラムマサラパウダー 少々• オレガノ 少々• 月桂樹の葉 1枚 こだわり1. 牛肉はバシッと焼き目を付けてから2時間煮込む 僕はビーフカレーとポークカレーが好きです。 今回はビーフにしました。 お肉は薄切りではなくシチュー用のスネ肉を使います。 ゴロゴロっとしたお肉がたっぷり入っていると嬉しいですよね。 高い国産肉じゃなくて、安いオージービーフで全然OKです。 牛肉はちょっと大きめの一口サイズに切って、塩・胡椒、それにオレガノを振っておきます。 そしてニンニクをみじん切りにしてフライパンにサラダ油を敷き、牛肉と一緒に炒めます。 この時のコツは、ちょっと強めの火でお肉の各面にバシッと焼き目を付けること。 しっかり焼き目を付けてから煮込みます。 これによって、お肉の表面がコーティングされて、お肉の旨味が閉じこめられるようになるのです。 あまり強火にしすぎるとニンニクが焦げて苦くなるのて気をつけましょう。 焦げてしまったニンニクは取り除きましょう。 月桂樹の葉を入れて煮込み始めます。 沸騰したら弱火にして、蓋をして2時間ほど煮込みます。 圧力鍋などをお持ちなら、もっと短い時間でできると思います。 こだわり2. 玉ねぎは2種類用意する! お肉を煮込み始めて1時間半くらい経ったら、そろそろ野菜の仕込みに入りましょう。 まずは玉ねぎから。 僕は玉ねぎは2種類用意します。 これがこだわり。 一種類は、良く言う「飴色玉ねぎ」ですね。 これは玉ねぎをスライスして、ゆっくりとろ火で炒めるのです。 これはすごく美味しいのですが、昔ながらのおうちカレーの玉ねぎも欲しい! というわけで二種類用意します。 まずは飴色玉ねぎ。 こちらは玉ねぎ2個を薄切りにして、フライパンにサラダ油を敷いて弱火で炒めます。 薄切りは包丁でやると面倒だし涙が出るので、僕はスライサーでやってしまいます。 スライサーがあると、包丁使いが苦手な人も簡単に薄切りや千切りができて良いですよ! 僕が使っているスライサーは「」。 これすごく便利です。 カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ 立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!! 立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!! 立花岳志のFacebookページをフォローしよう!! ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう! 無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!! 「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!.

次の