おう りゅう ぶ き。 海自最新潜水艦「おうりゅう」就役 漢字では「凰龍」 リチウムイオン電池を世界初使用

SATORI電話占いの桜龍(おうりゅう)先生は当たる?口コミや評判は?

おう りゅう ぶ き

海上自衛隊に引き渡された潜水艦「おうりゅう」=神戸市兵庫区和田崎町1 世界で初めてリチウムイオン電池を搭載した海上自衛隊の潜水艦「おうりゅう」の引き渡し式が5日、三菱重工業神戸造船所(神戸市兵庫区)であった。 水中での機動力を高めた主力潜水艦「そうりゅう」型の11隻目で、呉基地(広島県呉市)に配備される。 新しい潜水艦は、全長84メートル、幅9・1メートル、基準排水量2950トンで、建造費は660億円。 リチウムイオン電池を搭載することで、従来の鉛蓄電池よりも水中に潜って航行できる時間を延ばした。 同造船所で建造する潜水艦は戦後28隻目。 海自が所有する潜水艦としては20隻目で、2021年度末に22隻まで増やす計画だ。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、この日の式典の出席者は85人と通常よりも大幅に少なかった。 三菱重工の阿部直彦防衛・宇宙セグメント長が引き渡し書を外園博一防衛技監に手渡した後、乗員65人が艦上に並んで自衛艦旗を掲げた。 乗員らは操縦を訓練しながら呉を目指す。 (長尾亮太).

次の

【ドラクエウォーク】りゅうおう討伐攻略!こころSが優秀すぎる!

おう りゅう ぶ き

三菱重工業は4日、防衛省向け潜水艦「おうりゅう=写真」の命名・進水式を神戸造船所(神戸市兵庫区)で開いた。 防衛省の村川豊海上幕僚長や、三菱重工業の阿部直彦執行役員防衛・宇宙セグメント長ら約300人が参加した。 艤装(ぎそう)工事を経て2020年3月に引き渡す予定。 おうりゅうは「そうりゅう」型の11番艦で、建造費は約660億円。 ディーゼル機関で発電し、蓄えた電気で水中走行する。 従来の潜水艦は動力源として鉛蓄電池を備えていたが、おうりゅうは初めてリチウムイオン蓄電池を採用した。 同電池はジーエス・ユアサテクノロジー(京都府福知山市)が納入。 鉛蓄電池に比べ、水中航行能力が高くなり、水中航行距離も延びるという。 三菱重工業神戸造船所で建造した戦後28隻目の潜水艦。 日刊工業新聞2018年10月5日.

次の

【ドラクエウォーク】りゅうおう討伐攻略!こころSが優秀すぎる!

おう りゅう ぶ き

tags: , , , , , , 三菱重工神戸造船所にて海上自衛隊の新潜水艦が進水、艦名は「おうりゅう」と命名されました。 そうりゅう型潜水艦として11隻目にあたり、リチウムイオン電池の搭載は少なくとも軍用潜水艦としては世界初といいます。 そうりゅう型潜水艦11番艦は「おうりゅう」と命名 新型潜水艦「おうりゅう」の命名/進水式(1分14秒)。 防衛省は2018年10月4日(木)、三菱重工神戸造船所(神戸市兵庫区)にて、新規建造された潜水艦の命名式および進水式を実施しました。 「おうりゅう」と命名されたこの潜水艦は、そうりゅう型潜水艦11番艦にあたります。 そうりゅう型11番艦「おうりゅう」。 漢字では「凰龍」と書く(2018年10月4日、乗りものニュース編集部撮影)。 起工は2015年11月16日で、同年度予算で建造されたものです。 防衛省『我が国の防衛と予算 平成27年度予算の概要』によると、これまでそうりゅう型で採用されていた鉛電池に代わり、新たにリチウムイオン電池を搭載することで、水中持続力などを向上しているといいます。 発火や爆発のリスクに関しては以前より安全性を確認されていた潜水艦用リチウムイオン電池でしたが、予算などの問題から長らく搭載を見送られており、海上自衛隊の潜水艦としてはもちろん、少なくとも軍事用の潜水艦としては「おうりゅう」が世界初の採用です。 一方で、これまでのそうりゅう型に搭載されていたスターリング機関(潜航中も発電機を動かせる非大気依存機関)は搭載されていません。 つまり、リチウムイオン電池だけで鉛電池+スターリング機関を代替することを意味します。 詳細は明らかにされていませんが、水中最大速力は約20ノットと、従来のそうりゅう型と遜色ない数字が公表されています。 なお、ディーゼルエンジンにリチウムイオン電池を組み合わせた「おうりゅう」は建造費643億円、ひとつ前の姉妹艦であるそうりゅう型10番艦「しょうりゅう」は、ディーゼルエンジン、スターリング機関、鉛電池の組み合わせで建造費513億円(防衛省『我が国の防衛と予算 平成26年度予算の概要』による)です。 「おうりゅう」は全長84. 0m、幅9. 1m、深さ10. 3m、基準排水量2950t、水中最大速力約20ノット、乗員数は65名。 今後艤装や各種試験を実施したのち、2020年3月に引き渡しの予定です。 ちなみに三菱重工神戸造船所において戦後に建造された潜水艦としては28隻目にあたります。 同社は1918(大正7)年以来、今年で潜水艦建造100周年を迎えたとのことです。 【了】.

次の