億トレーダー 手法。 日本で余裕で億越えの有名なトレーダー(テスタさん、CISさん、BNFさん、片山さん)|トレードペディア

FX成功者の億を稼ぐトレーダーの体験談をまとめてわかった必要資金と手法とは

億トレーダー 手法

億トレーダーの使っているインジケーター 果たして億を稼いでいる人はどんなインジケーターを使っていて、 どんな手法なのか、、、初心者ではなくても気になりますよね。 億トレーダーにも様々なやり方で億を稼ぐ人もいますが、私が紹介するのは一番教科書通りの手法で億トレーダーになったのかなと思います。 移動平均足 まぁありきたりになってしまいますが、友人いわく、これが1番最強のインジケーターらしいです。 毎日チャートと睨めっこしていると頭の中で 「あ、このパターンは上がるな」とか 「あー騙しだな」などとわかってくるらしいです。 私もこれには同感しましたが、最強なのかは疑問に思いました。 まぁ彼の中で極めたインジケーターが移動平均線なのでしょうね。 デットクロスや ゴールデンクロスだけに 囚われずに、彼の中では色んなパターンがあるそうです。 一目均衡表 2番目に推しているインジケーターがこの一目均衡表。 移動平均線についで、かなりの人気のインジケーターですね。 このインジケーターの優れているところは、 雲と呼ばれる部分があり、そのあたりで、取引注文を入れている方が多いので、値は複雑な動きになりやすいため、 初心者の方は雲に突入したら取引を控えるのが賢明といえるでしょう。 ADX ADXは私も愛用しているインジケーターですね。 このインジケーターの素晴らしいところは、 トレンドの強さや弱さがわかるところです。 私的にはこのインジケーターを極めることが初心者が中級者になる第一歩かなと思っています。 億とレーダーも愛用しているようで大変このインジケーターの話で盛り上がりました。 億トレーダーの手法 億を稼ぐ友人の手法を紹介します。 私も友人もFXの方がメインで稼いでいるのですが、バイナリーオプションも楽しんでやっているので、バイナリーオプションでの手法を紹介していきたいと思います。 時間 まず取引している時間なのですが、15分が多いみたいで、ついで5分。 1分 となるようです。 私の場合は圧倒的に1分が多いのですが、億トレーダーは1分では歪みで負けることを嫌い、確実に流れを読み15分でのエントリーを行っていくようです。 私はせっかちなのとバイナリーは遊びなので1分でガンガン取引していくタイプなので15分もあれば10回エントリーしちゃいますね。 笑 15分取引の良いところは、先ほども言った歪みで負けづらいというところと 読みを誤り負けそうだなと判断した場合、 売却して負けを最小限に抑えることができるといったところでしょう。 1分では、掛けた金額が0になるか1. 8倍になるかですが 15分という長い取引なら損切りができるので可能な戦略です。 1分はギャンブル性が高いのに比べて、 15分ならFXで稼ぐ力を持っている人なら、ほぼ確実に資金を増やしていけるでしょう。 エントリーポイント お待ちかねのエントリーポイントなのですが、正直にいうと裁量が大きくものをいうやり方だなと思いました。 億トレーダーがいうには、自分のエントリーのパターンが 100パターン近くはあるらしくそのどれかのパターンが来たらエントリーするだけだと、、 その友人にとっては明確なエントリーポイントであっても、初心者からしたら完全に裁量とみなされるなぁと思いましたね 私は才能がないのでFXで専業として稼ぐようになるまでに10年かかりましたが、この天才は最初からFXで稼いでいる強者です。。 正直100パターン聞かされても覚えられないので、 あーこのパターンなら初心者でも、わかりやすいエントリーポイントだなと思えるパターンだけ覚えました。 まず使っているインジケーターは先ほどの通りで、チャート時間は1分と5分と15分と1時間 1分、5分、15分の時間帯で 雲に入っていないこと、 市場が切り替わる時間ではないこと、指標発表が近い時間にないこと、その上で大きな時間帯でのトレンドを確認し、 1分のトレンドの強さ 《ADX》が大きなトレンドの方向に向き、5分足も同様にトレンドの方向に力が加わってきたらエントリー 5分の方ではADXのトレンドの強さを確認さずにエントリーします。 損切りの有無ですが、5分足の方でADXでの強さが確認できなかったらエントリーしてから10分で売却することが多いようです。 裁量が強い この通り、正直言うとこのエントリーポイントも簡単そうで難しいです。 聞いている中で意味不明なエントリーポイントもあったのですが、私にもなぜそこで勝てると思うのか?というエントリーポイントなどもあり 友人の頭を切り開いて、どういう構造になっているのか見てみたいと思いましたね。 冒頭で億トレーダーの手法をこっそり公開などと期待をもたせて申し訳ないのですが、初心者の方でも取り組みやすいエントリーポイントを1つだけ教えるだけになってしまいました。 まとめ 億トレーダーといっても、様々な手法を持っている方がいますし、取引量と資金量が多いので、だいたい年に数回の取引やスイングだったり こまめにDAYやスキャルで稼ぐ億の人がバイナリーで遊んでいるような気がします。 しかも結局は裁量が大きくものをいう世界です。 頭の回転を止めたものが負けていく世界だと私は思っています。 いくつ勝てるパターンを持っているかで、競っているような世界とも言えるんでしょう。 使うインジケーターを決めたらそれを極めて、その中でいろんな勝てるパターンを研究していくのがバイナリーで勝てるようになるコツといえます。

次の

FXの億トレーダーが使う手法を見せてもらったら衝撃だった件

億トレーダー 手法

ここ最近の株価の乱降下で利益40億円を稼ぎ出した投資家が話題になっています。 その投資家とはcis(シス)。 元2ちゃんねるの住人で今もツイッターで取引実況をしています。 資産は100億円以上でトップクラスの個人投資家です。 ネットを検索するといろいろ手法が公開されており、初心者にとっていろいろ参考になります。 そこで今回cis氏の投資手法をまとめ独自の手法を作っていきます。 SPONSORED LINK• cisとは cis氏の経歴を調べると元パチプロ、元ゲーマーだったようです。 パチンコは理論上勝てる方法が存在しており、その理論に沿って実行すれば必ず勝てるギャンブルです。 ゲームは、何度もプレイすることである程度パターン化しクリアしていくものです。 もこれらと共通点がありこの経験をもとに取引している可能性があります。 はゼロサムゲームといわれますが、cis氏にとって株取引はゲームで勝利することと同じように感じます。 cis氏の手法 cis氏の投資手法はシンプルです。 強気のものを買い、弱気のものを売るという順張り手法です。 投資期間は短期で、がメインです。 これらを基本とし投資手法を設計しています。 心理面でもしっかり考えがあり、一日の収支で一喜一憂せず理論上でのプラスを常に意識し感情をコントロールしています。 これはパチンコの期待値という考え方が元になっているようです。 関連記事 ではもう少し具体的な手法を探っていきます。 cis氏はをゲームとして考えています。 はゼロサムゲームです。 ゼロサムゲームとは参加者の勝ちと負け額の合計がゼロになるゲームのことです。 簡単にいうとお金を奪い合うゲームです。 このゲームに勝つためには敵を知る必要があります。 cis氏はこの敵である他のプレイヤーの特徴を徹底的に調べ対策を練っています。 ネット上では、パッシブファンドの行動パターンを読み、先回りして買うことで利益を得たというコメントがあります。 このように投資家別に投資パターンを調べ投資していると思われます。 関連記事 パッシブファンドの標的とした具体的手法 パッシブファンドとは直訳すると「受け身のファンド」という意味で積極的に攻める売買をしません。 指数と連動するようにポートフォリオを組み、できるだけ指数と同じパフォーマンスで運用します。 投資家の中では弱者でありデイトレーダーによくカモられる存在です。 以下の記事から具体的手法を読み取っていきます。 しすのやってることはただ一つ。 グロベやSGXみてパッシブ運用が主流の 外人機関投資家が裁定買いするところを先回り買いするだけ。 それだけしかしないから銘柄がいつも同じ。 パッシブ機関は簡単に 手法変えないから常にしすの財布。 それがBNFからしすが教わった最大の肝 出典: わかりやすい例をあげようか 例えば年金が移動平均がクロスするたびにポジションを機械的にどてんする アルゴリズムを採用しているとしよう。 この場合しすは移動平均がクロ スしそうなときに買って買い上がってクロスさせれば年金が買うので儲かる。 今の例みたいに単純ではないけどパッシブやってる運用者のアルゴリズムをみつければ ずっと財布にできる 出典: 例えばしすはドコモとトヨタのパッシブは解析できているからエントリー回数が多い 出典: しすが常に特定の銘柄しかやらないのはパッシブ運用者の影響度か高い銘柄しかやらないから。 そしてパッシブは先物裁定が多いので先物感応度が高い銘柄しかやらないから 市場で儲けるには安く売るバカと高く買うバカをみつけること。 そのバカとは金だけはもっているパッシブ運用のバカである 年金とか 出典: 記事から裁定買いにパターンがありそれを読み取って先回りして買いを入れるというものです。 パッシブファンドの注文方法はインデックスの株をまとめて買うバスケット取引で、実際の注文は証券会社に委託します。 証券会社はVWAPギャランティ、引け値ギャランティ取引という注文で執行していきます。 VWAPギャランティ取引は、VWAP値の価格で売買できる特徴があります。 証券会社が機械的に買い集めて立会終了後VWAP値で注文を執行します。 引け値ギャランティは引け値を基準にして取引するものです。 証券会社が機械的に買い集めて立会終了後、引け値で注文を執行します。 これらの注文パターンを先読みして買いを入れるわけです。 下記のサイトに詳しく書かれています。 かなり古い記事なので今も通用するかわかりませんが参考になります。 1日のうちでも刻々と変化する株価。 成行で買い(売り)の発注をしたら、その日の高値(安値)で買い付け(売り付け)てしまった。 あるいは、指値注文したら、わずかな価格差で約定できなかった。 これらのリスクを軽減するための株式売買方法が「VWAPギャランティ取引」です。 mizuho-sc. html• 知ってる人は知っている。 cisさんも財布にしていたという噂のあれです。 hatena. 引値ギャランティーよりもマイナーな気がする これも証券会社の手法です。 hatena. TOPIX(東証株価指数)や日経平均などの指数に連動した「パッシブファンド」は、行動を先読みされてしまう点で不利だという話。 今回事件になったのはマドフ証券の子会社が運用していたヘッジファンドですが、バーナード・マドフの本業はヘッジファンドではなく、マドフ証券という証券会社なのです。 diamond. 強気弱気の判断するにはなにか基準が必要です。 その基準とは「セクタ内株価」「チャート」「出来高」などです。 まとめると ・強気と判断するもの 1. セクタ内強い銘柄や出来高の多い銘柄 2. 出来高、値動き、成り行き買いの回数と枚数、VWAP これらを確認し銘柄を選定し売買します。 cis氏トレードまとめ ではcis氏のトレード手法をまとめました。 投資種類 、スイング 2. 投資手法 順張りがメインで強気のものを買い、弱気のものは売る。 資金の大きい機関投資家の行動パターンを把握し先回りして売買する。 一日の収支で一喜一憂せずトータルの収支をみて感情をコントロールする。 監視銘柄、指数 日経先物・指数 グローベックス日経先物リアルタイム パッシブファンドが好む先物感応度が高い銘柄 流動性、出来高、値動きのいい銘柄 4. テクニカル指数 日足 日中足 出来高 VWAP 独自投資手法開発 これらの情報を基に具体的手法を開発していきます。 cis氏のトレード手法を基本を継承し「強い銘柄に順張り」で設計していきます。 まずは銘柄選定からいきます。 強い銘柄とはどのようなものか定義します。 強い銘柄は、値動き、出来高、流動性から判断し定義します。 値動きは「株価変動率」で判断します。 流動性、出来高は前日と比較し数倍になっているもの、約定数の多いもの、板の状況で判断します。 このような銘柄にあてはまるものは小型株に多く、ストップ高した銘柄や、注目されているセクタ群などから探します。 監視銘柄は毎日更新しその銘柄群から投資する強い銘柄をピックアップします。 銘柄選定に参考にできる記事 さらに下記ツールを使って銘柄を監視し急騰を察知します。 こちらのツールを改良し変動率を計算できるようにすればさらに銘柄選定や銘柄監視に役立ちます。 パッシブファンド攻略 パッシブファンド攻略はまだパターンがわかりませんのでこれから研究していきます。 またある程度パターンがわかればこのサイトでまとめたいと思います。 さいごに 今回まとめて100億円稼げる投資家の思考がなんとなくわかったと思います。 具体的手法は流行ってしまえば通用しなくなるものですが、基本的な思考方法は変わることはありません。 この記事を参考にして自分で研究し勝てる手法を開発してください。

次の

FXの億トレーダー!ジジ氏、池辺氏が稼いだ手法とは!?

億トレーダー 手法

1、株トレーダーが億トレーダーになるのに必要な3つこと 株のトレーダーの中にも専業トレーダーやサラリーマントレーダーなど、毎日の相場との関わり方によって位置づけが違ってきます。 そして目標とする億トレーダーについて知ることで、少しでも早く近づくことができるでしょう。 (1)株トレーダー:運だけでは勝てない投資手法の確立 もし、あなたの買った株が「運」よく10倍になることがあったとして、 それが投資対象を分析し狙った投資ではなく、「運」よくうまくいっただけであれば、本物の専業トレーダーではありません。 手元にまとまった運用資金ができたことは、大きな強みになりますが、それを「運」に任せて運用し続けていると、いずれ大きな失敗で資金を失う可能性も高くなります。 「運」まかせのトレードで得たお金はすぐになくなるものです。 たとえ時間とお金を使っても、自分にあったトレード手法を確立し、確実に利益を積み重ねるという方法で億トレーダーを目指しましょう。 たとえ失敗があったとしても挽回する力量を備えていれば、専業トレーダーとしての成功を手にする可能性は高くなるはずです。 (2)株トレーダー:焦らない!相場観を身に着けるまでの時間が必要 「運」や「相場」だけでなく、「確立されたトレード手法」に従ってトレードし、安定した利益が出せるようになるまでには、時間が必要になります。 そこまで辛抱することができないと「専業トレーダー」の道は難しいでしょう。 「安定して継続的に利益を出すことができる」というのが、専業トレーダーにとっての絶対条件です。 これは簡単にできるようになるものではありません。 実際に、長期にわたって継続的に利益を出し続けられているのは、トレーダーの10%程度と言われています。 トレーダーとしての経験を重ね、実力をつけ、自分にあったトレード手法を身につけることができれば、専業トレーダーへの道はそう遠くはないかもしれません。 (3)株トレーダー:チャンスを待つだけの資金が必要 毎日トレードを行えば、当然失敗を繰り返してしまうこともあるでしょう。 トレーダーとしての手腕が発揮できる前に、投資資金が底をついてしまったら大変です。 そのため、無くなっても生活に影響のない金額の範囲で始めましょう。 あるいは株トレードのシミュレーションを利用するなど、自分にとって経済的なダメージの少ない金額でトレードを行い、経験を重ねていくことが専業トレーダーへの第一歩となります。 2、成功している億株トレーダーの共通点 多くの投資家がいる中で、億トレーダーとして成功する投資家もいれば、いつまでたっても投資資金が一向に増えない(むしろ減っていく)投資家もいます。 では億トレーダーとして成功している投資家と、それ以外の投資家では何が違うのでしょうか。 成功している億トレーダーの共通点から、 億トレーダーとなるために何が必要なのかを考えてみましょう。 (1)順張りを好む 日本人は、株価が下がってくると割安とみて買い、上がってくれば割高だとみて売るという「逆張り」好きと言われています。 それに対して成功している 億トレーダーは、上がっていく銘柄を素直に買う「順張り」、上がっていくはずの銘柄の株価が、その流れに反して下がったときに買う 「押し目買い」を好むという共通点があります。 逆張りは、株価が反発(反落)することで利益を狙うものですが、安く買い高く売るという、株式投資の基本に沿っているようにも思えます。 しかし株価が下がっているのには理由があり、株価が下がったからといって、株価が「割安」になったとは限らず、反発する保障はありません。 むしろボロ株を買ってしまうリスクも伴います。 株価のトレンドが持つパワーは強力で、それに逆らう「逆張り」はリスクを伴うため、精神衛生的にもあまり好ましい投資スタイルとは言えません。 それよりも 成長する銘柄を見極め、その成長トレンドにのって利益をあげていく「順張り」のほうが利益を得られる可能性は高いと言えます。 また 精神的にも楽で、投資を長く続けやすいというのも成功の秘訣かもしれません。 (2)チャートのきれいな銘柄を好む これは「順張りや押し目買いを好む」という特徴に繋がると言えますが、 成功している億トレーダーは、チャートが右肩上がりのきれいな上昇トレンドを描いている銘柄を好むという共通点があると言えます。 このような銘柄は、トレンドが変わりチャートが崩れるまでは値動きが予想しやすく、リスクを抑えながらも着実に利益を出せる可能性が高くなると言えます。 成功している億トレーダーは、このような銘柄を好んでトレードすることで、リスクを抑えながら着実に利益を重ねていけるのだと言えます。 (3)リスク管理を徹底している ここぞという時にはリスクをとって大きなトレードを仕掛けることができなければ、なかなか億トレーダーにはなれません。 もちろん億トレーダーとなれる実力があっても必ずうまくいくわけではなく、損失を出すこともあります。 失敗しても損失を挽回できる範囲に留めてリスクを最小化しましょう。 厳しい相場を生き抜き、成功している億トレーダーは、こういったリスク管理を徹底していると言えます。 (4)情報網をもっている 成功している億トレーダーは、同じ億トレーダーの仲間や独自のコネクションを通して、 最新の情報をリアルタイムで得ながらトレードをしていることも多いようです。 3、専業株トレーダーのメリット・デメリット 専業トレーダーとなればこんな良いことがある、あるいはこんなはずじゃなかったと後悔しないために、専業トレーダーとなることのメリット・デメリットを知っておきましょう。 後述する「億トレーダー」のように、個人で数億、数十億を稼ぐことも可能です。 また税金面でもメリットがあります。 給与所得などの総合課税所得に対する最高税率は55. 945%(所得税45%+住民税10%+復興所得税0. 年俸1億円のプロ野球選手と、年間1億円稼ぐ億トレーダーでは、プロ野球選手は税金を払えば手元に半分も残らないのに対し、億トレーダーは8,000万円近く残り、手取り額には大きな差があります。 プロ野球選手や億トレーダーのような高額所得者でなくても、年間課税所得330万円以上の所得税率は譲渡所得税率を超えてくるため、税金面でのメリットが生じてきます。 またストレスの大きな原因となっているといわれる、 職場での人間関係に悩まされることもありません。 日本株でトレードをするのであれば、株式市場が開いているのは9時〜15時で、基本的にトレードはこの時間内で行うことになります。 米国株や先物取引など、取引をする対象によってトレードする時間帯は異なりますが、なにを取引対象とするかも自分のスタイルに合わせて選ぶことができます。 デイトレードなど短期売買であれば、市場が開いている時間内はパソコンの画面に張り付いていることが多いと思います。 値動きの大きい寄付から1時間程度に集中してトレードするというスタイルのトレーダーもいます。 また長期投資では、あらかじめ指値で注文を入れておき、この時間帯にも相場を見ないというトレーダーもおり、時間の自由度はかなり高くなります。 もちろん、トレード手法や投資銘柄の分析などにも時間を割くことが必要となります。 会議や取引先との打ち合わせのように、決められた時間的な制約も基本的にありません。 満員の通勤電車や煩わしい職場の人間関係、物理的・時間的な制約から解放され、自分のペースで生活できるというのは、専業トレーダーの大きなメリットだと言えます。 専業トレーダーとなれば、自分の好きなだけトレードに時間を割くことのできるので、その分トレードチャンスを増やすことができるというメリットもあります。 またいつでも相場を確認できるので、いち早く急変やその兆候に対応することができ、損失拡大やリスク軽減にもつながります。 サラリーマンでは給料が少ないということはあっても、マイナスになることはありませんが、専業トレーダーはマイナスになることも十分考えられます。 安定して継続した利益が出せるということが、専業トレーダーとしての条件とはいいましたが、「常に」勝ち続けることは難しいのも事実です。 それでも最終的には利益が出るように立て直せる、実力とメンタルが専業トレーダーには必要となります。 また病気やケガでトレードができなくなれば収入はなくなり、その際にも雇用保険などの保障はありません。 まとまった資金ができれば、株式投資だけでなく不動産に投資し、安定した家賃収入を確保するといったことも考えていくとよいでしょう。 トレーダー?個人投資家?自営業? 株式投資が当たり前の欧米などに比べれば、日本では専業トレーダーは「職業」として受け入れられにくい部分があります。 また 収入が安定しないために、賃貸契約やローン、クレジットカードなど様々な面で支障が出ることもあります。 それまで職場での人間関係が煩わしいと思っていた人でも、いざそれがなくなると、同僚と飲みにいって愚痴っていたことを懐かしく感じるものです。 社会人になると、職場や仕事関係の人間関係が大部分を占めている人も多く、それがなくなった後、何もしなければ、人と交流する機会は減っていきます。 お金は得られても、人や社会的なつながりを失ってしまうのでは本末転倒だと言えます。 自由に時間が使えるというメリットを生かして、自分から交流関係を広げることも専業トレーダーには必要だといえるでしょう。 4、専業株トレーダーに向いている人の特徴と心構え (1)専業株トレーダーに向いている人の特徴 以下のような特徴にあてはまるのであれば、専業トレーダーとして向いていると言えます。 計画的で、自己管理ができる• 目先の結果に一喜一憂せず、 冷静な判断ができる• 切り替えが早く、 自分の間違いを認めることができる 逆に、 感情的に取引をしてしまう人や、 自分の考えに固執して間違いを認めないような人は、トレードを次にうまくいかすことができずに、大きな失敗をしやすいため、トレーダーには不向きです。 また専業トレーダーは資金管理やスケジュール管理などを計画的に行える、自己管理ができる人でなければ続けていくのが難しくなると言えるでしょう。 (2)専業株トレーダーとなる心構え 専業トレーダーとなるからには、生活費や社会保険料・税金など、すべてのお金をトレードの収益によってまかなっていくという心構えが必要となります。 いくらトレーダーに向いているとしても、思うように利益が出ず、損失を出すこともあります。 そんなときにも生活していけるのか、どう対応するのかを想定しておく必要があります。 また 投資資金とは別に、少なくとも半年〜1年程度の資金を準備しておくようにしましょう。 トレードができるのも生活ができてこそで、この余裕資金は投資における気持ちの余裕ともなって、冷静なトレードにも繋がります。 専業トレーダーとなった後にも、失敗して資金を失い、トレードを続けられなくなることもあります。 そうなれば、トレードから身を引くという覚悟も必要です。 あえて「専業」にこだわる必要はなく、「兼業」トレーダーに戻ることもできます。 そして、 トレードを休むのも方法の一つです。 それまでの経験は無駄にはならず、資金がたまり、再びチャレンジする時に活きてくるはずです。 5、専業株トレーダーのブログをチェック 成功している専業億トレーダーは、どのようなトレードをしているのか、彼らのブログをご紹介します。 成功者の投資スタイルそして生活スタイルまで垣間見ることができると思います。 ぜひ、良いところは盗んでください。 あなたに足りない手法や投資の精神を学べることと思います。 (1)専業億トレーダーの銘柄予想・トレード記録 (2)投資家テスタの投資日誌 (3)かぶ1000投資日記 7、億トレーダーを目指すあなたへオススメの本 最後に億トレーダーを目指す上で、参考になるオススメの本をご紹介します。 (1)株3年生の教科書 利益を増やし、損失を減らすという、投資の利益を最大化するための思考のフレー ムワークと実践法が解説されている良書です。 (2)億を稼ぐトレーダーたち スゴ腕を持った9人のトレーダーたちがどうやって成功に至ったのか、どんな迷いを経て現在の手法や考え方に到達したのか、その成功土台にある「成功哲学」に迫 った良書です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 専業トレーダーとして株だけで生活をしていくのは、決して簡単なことではありません。 専業トレーダーにはメリットもありますが、リスクやデメリットも伴います。 専業トレーダーを目指すのであれば、それらのメリットやデメリットを理解した上で、しっかりとした心構えを持って臨まなければなりません。 成功している専業トレーダーのスタイルなども参考に、継続的に利益をあげられる自分の投資スタイルを確立し、しっかりと準備した上であれば、専業トレーダーという選択肢もみえてくるのではないでしょうか。

次の