メリー クリスマス イブ。 クリスマス・イブ (山下達郎の曲)

定番でシンプルなクリスマスメッセージ文例

メリー クリスマス イブ

今年もクリスマスの季節がやってきました。 この時期になると、「メリークリスマス!」とか「ハッピークリスマス!」なんて言うことも多いですが、そもそもこの言葉にはどんな意味があるんでしょう? またいつ頃からいつ頃に言うのか、いつ言うのかに困ったことはありませんか? タイミングを外して言ってしまうと、何だか恥ずかしく感じるかもしれません。 では、メリークリスマスの意味ですが、これは「楽しいクリスマスを!」とか「良いクリスマスを!」という意味になります。 なぜなら、メリークリスマスの「Merry(メリー)」には、楽しいとか陽気という意味があるからです。 日本では、当日になると言うことが多い「メリークリスマス」ですが、海外ではクリスマスの当日の前から言うことが多いそうです。 そもそもがクリスマスは、イエス・キリストの生誕祭ですから、キリスト教信者以外には関係ないお祭りだったんですが、日本では一つのイベントとして楽しまれていますね。 メリークリスマスの「Xmas」は、略語ですが、「X'mas」と書くのは間違いなので、気をつけて下さい。 メリークリスマスはわかりましたが、ハッピークリスマスは、どんな時に使うのでしょう? ハッピーという言葉を使う挨拶は、例えば、「Happy Birthday」や「Happy new year」などがありますよね? では、この場合のハッピーの意味ですがm自分の希望が達せられることで喜びと満足を感じること。 それは、必ずしも表面に表われていないなんて意味があったりします。 一方メリーはと言いますと、愉快に仲間と話し合い、笑ったり、歌ったりする、陽気なイメージを表しているんですね。 ワインを飲んだりするのも、楽しさ倍増ですよね? ハッピーにはおめでとうという意味が含まれているので、クリスマスの時に「クリスマスおめでとう!」みたいな感じで使うんですね。 ですので、ハッピークリスマス!というのは「クリスマスおめでとう!」を示し、メリークリスマスというと「楽しいクリスマスを!」という感じの意味があります。 若干意味は違いますが、お祝いごとなので、多少の違いは気にしないで使っているのが、いかにも日本人らしくて素敵だと思います。 英語の「I wish you a merry Christmas! 」がメリークリスマスの略語だと書きましたが、いつ言うべきかとというと、一般的には11月の終わりごろから12月に入るくらいで、別れ際の挨拶として使われると言います。 例えば、何かの別れの際に「GOOD LUCK! 幸運を祈る! 」みたいな感覚で使っても良いかも知れません。 そもそもがクリスマスのお祝い自体は、クリスマスの4週前の日曜日(待降節と呼ばれます)から始まるものなので、もしクリスマスのお祝いの後で、再会することが決まっている場合は言わないのが通例です。 何しろ、元々は別れ際の挨拶ですから、また会うことが決まっているなら、言ってしまうとおかしくなっちゃいますよね? ただ、日本人の感覚では、クリスマスに別れの挨拶の習慣は余りないので、単に「クリスマスおめでとう! ハッピークリスマス! 」とか、「楽しいクリスマスを! メリークリスマス! 」という意味で使っても問題はありません。 いつ言うのか カードを渡す時期も 迷ってしまうこともあるとは思いますが、基本的にはイヴからクリスマスにかけて言えば、問題ないかと思います。 クリスマスが12月25日だから、24日の夜はクリスマスイヴという認識は間違っていません。 ただ、イブが前夜祭というのは間違っています。 と言うのも、イブというのは英語で「evening」の略として書かれます。 ここから考えると、クリスマスイヴというのは、クリスマスの夕方から夜にかけてという意味になります。 つまりは、クリスマスの夜は前日の夜ということではなく、当日の夜になりますが、25日の夜はすでにクリスマスではないということになります。 何しろ、キリストが生まれたのは夜のことですから。 ここで聖書に書かれているあるフレーズが問題になってきます。 創世記という言葉を聞いたことがある人もいらっしゃるかと思いますが、そこの記述では「夕べがあり、朝があった」となっています。 ということは、一日の始まりは朝からではなく、夕方からということになるんですね。 ですので、現在のクリスマスイヴはクリスマスの始まりを示していて、クリスマス自体は25日の日没で終了となるわけです。 だから、イヴの日=聖夜は間違っていないと言うことです。 イヴに渡されるプレゼントも、醍醐味ですしね。 クリスマスの祝うタイミングも、ユダヤ暦を使用していないカトリック教では、現代でも25日の0時からクリスマスが始まるとされていますが、重要な祝い日ということで、「晩の祈り」や「前夜ミサ」が行われることもあります。 日本ではクリスチャンが少ないこともあり、正しい意味を知らずに、クリスマスイヴやクリスマスという扱いになっていますが、実際にはクリスマスイヴからクリスマスが始まると言うことは意外と知られていません。 クリスマスの正しい時期を知っていると、ハッピークリスマス!やメリークリスマス!の意味合いも変わって来ますし、子供が楽しみにしているプレゼントを渡すタイミングも変わってくるかも知れませんね。 挨拶の時間帯が本当は違うということも、豆知識として押さえておくと良いのではないでしょうか? クリスマスの意味や日にちはわかりましたが、ここで一つ注意すべきことは、クリスマスはキリスト教のお祭りですので、もちろん!キリスト教以外の国ではタブーとまではいかないにしても、他の宗教の方に挨拶する時には、気を付けないといけません。 日本人ならそんなに問題視しませんが、敬虔な信者の方なら、気分を害することもあるからです。 例えば、ハロウィンもそうですが、日本人の感覚で家を訪れた方が殺されてしまうなんてニュースもありましたよね? 日本人は、他宗教を排斥とか少ないので良いですが、海外でもしメリークリスマス!という場合は、相手がキリスト教信者であることを確かめてからの方が、安心してお祝いの文句を言えると思います。 英語で「Merry Cristmas!」とあるように、メリーの後の言葉はキリストを表していることも知っておきましょう。 「Xmas Tree」は英語ですが、こちらは問題ないと思います。 ただ、年末になると、色々な宗教のお祝い事が重なることもあるので、もしいつ言うのか分からない場合や誰にでも使える言葉として「Happy holidays! 」という言葉を覚えておけば、相手がどんな宗教の方デモ安心ですね。 クリスマスには、教会でミサが行われますが、その内容は、パンとぶどう酒で祝うのが通例だと言います。 聖書を読んだことがある方はご存じかも知れませんが、パンはキリストの肉体を、ぶどう酒はキリストの血を表しています。 ですので、この二つは揃うことで、聖なる肉体を表わしているんですね。 ちなみに、良く「Merry Cristmas」を略して「X'mas」なんて使われることがありますが、これにも実は意味があります。 クリストスと発音します 」が使われるので、このような略式の違いが出るんですね。 ギリシャ語で使われる場合には、「X」がキリストを表し、英語では「' アポストロフィー 」が省略語として使われるので、+mass ミサを意味 がくっつくことで、「X'mas」と記述するそうです。 メリークリスマス!といつ言うのかも大事ですが、その言葉の意味を知っておくと、よりイベントが楽しくなるかも知れませんね。 「ハッピークリスマス!」を使う人も最近増えているそうですが、やはり日本人には「メリークリスマス!」の方がしっくりと来る感じがします。 イルミネーションもイヴが、一番輝く気がしますね。 クリスマスイヴは、12月24日から25日の朝 正しくは日没まで と書きましたが、これを今現在使われるグレゴリオ暦で換算することで、毎年のクリスマスの曜日などが決まるんですね。 1年を約365日間とするグレゴリオ暦ですが、閏年の換算を97回に設定していることもあり、ユリウス暦とはちょっと違うんですね。 ユリウス暦を使っている国もありますが、その国ではグレゴリオ暦で1月7日の公現祭までを、クリスマスの日として扱っています。 ユリウス暦では、4年に一度閏年があるとされ、結果128年の間に一日のずれが出る計算になります。 ちなみに、日本では余り馴染みがないかも知れませんが、キリスト教の国ではクリスマスよりも「復活祭 イースター 」が重要視されていることもあり、いつ言うかのタイミングもまた、人それぞれです。 ただ、キリスト教の国では、1月7日まで「メリークリスマス!」と使うので、誰かが使っていても驚かないようにして下さいね。 メリークリスマスの意味合いが分かった所で、実際に使われている例をご紹介しますと。 日本では、メリークリスマスを略して「メリクリ!」なんて使うこともありますよね? これは英語圏の海外の国も同様で、同じように略して使うことがあります。 楽しいクリスマスを過ごせますように!こんな意味合いを込めて、「I wish you a merry Christmas! 」と言うのですが、これが略されて「Merry Cristmas」になり、更に略されて「メリクリ!」なんて呼ばれるそうです。 アメリカでは、「Merry Christmas and a Happy New Year!」と言う言葉もあり、新年とクリスマスを同時に祝う地域もあるとのことです。 また前述しましたが、メリークリスマス!はキリスト教の人にしか使えない為、争いを避ける意味でも、新年を祝う言葉として、「Happy Holidays 」と使われることも多いです。 いつ言うのかタイミングも、上記しましたが、11月の終わり頃から1月7日までが最適です。 イベントとは面白いものですね。 敬虔なクリスチャンが少ない日本人でも楽しめるのは、ここが日本と言うことが大きいと思います。 宗教紛争を失くしたいなら、イベントだけを楽しめる日本人の真似をしたらよいのでは?と思うのは、私が日本人であり、かつ無宗教派だからでしょうね。 宗教自体を悪くいうつもりはありませんが、人が幸せになるための宗教が紛争の種になるのは、何だか納得できない所でもあります。 結局のところ、メリークリスマスのメリーの意味がわかれば、「メリークリスマスイブ」も「ハッピーメリークリスマス」も同じ意味を指していることがわかると思います。 ただ、両方とも用法が間違っていますので、使わないで下さいね? 今までのことを簡単にまとめてみますと。 「メリークリスマス!」は「メリー=楽しいOR陽気な」+「クリス=キリスト」+「マス=ミサ」をくっつけた言葉で、意味は「楽しいクリスマスを!」ということ。 そして、メリークリスマスを言うタイミングは、11月の終わり頃から1月7日まで。 クリスマスイヴは、12月24日から12月25日の日没まで。 これだけわかれば、怖いものはないと思います。 ちなみに、クリスマスに付物のサンタのプレゼントですが、サンタが生まれたのはコカコーラ会社の宣伝だと言われたり、プレゼントは元々子供を授かるという意味だったなど色々言われていますが、サンタの存在は不思議ですよね? 子供が楽しみにしているサンタが、実在していたかどうかも謎ですが、日本人としては楽しければ良いか!で済んでしまうのがすごいと思います。

次の

メリークリスマスの意味!挨拶はいつから言うべき?

メリー クリスマス イブ

今から約2000年前、ユダヤ(イスラエル)のナザレという村に住むマリアという乙女のもとに、天使ガブリエルが訪れます。 天使ガブリエルはマリアに「あなたは神の子を身ごもる」という神のお告げをもたらしたのです。 驚いたマリアでしたが「仰せの通りになりますように」と答えました。 そのころユダヤを治めていたローマ皇帝アウグストゥスは、ユダヤの全住民に住民登録をするように命令を下しました。 マリアの許婚であるヨセフは、身重のマリアを連れて故郷であるベツレヘムに向かいました。 宿屋に空きはなく、旅の途中で産気づいたマリアは牛やロバのいる小屋でイエス・キリストを出産し、幼いイエスは飼い葉桶に寝かされたといわれています。 イエスが生まれると、羊飼いが夜通し羊の群を番をするところに天使が現れ、救世主が生まれたことを伝えます。 急いで小屋に向かった羊飼いたちは、飼い葉桶に寝かされているイエスを拝みます。 救い主を最初に訪れたのは、この貧しい羊飼いたちだったとされています。 また遠く東の国では、占星術の博士たちがトップスター(ベツレヘムの星)によって新しい王が生まれたことを知り、イエスを訪ねてきます。 彼らはイエスを拝み、黄金、乳香、没薬を贈りました。 日本でも、クリスマスにカトリック教会ではキリスト生誕時の情景を表したジオラマが飾られたり、キリスト教の幼稚園・保育園・小学校ではクリスマスのお遊戯会でイエス誕生の様子の劇(聖劇)を子どもたちが演じたりします。 聖書などの古代から残る書物には詳細なキリストの誕生日について言及されているものはみつかっていないようです。 ではなぜ12月25日になったのでしょうか。 キリスト教が広まりはじめたローマ時代にヨーロッパで冬至のお祭りが盛んにおこなわれていたそうです。 冬至とは、一年のうち日が出ている時間が一番短くなる日です。 この日を境にまた日照時間がどんどん長くなっていため、新しい太陽の神様の誕生を祝うという意味で「太陽の生誕祭」とされていました。 イエスキリストの誕生日は日付が特に残っていないため、この日をキリストの生誕祭にしようという流れになり、現在のクリスマスの日付になったとそうですよ。 ) 12月24日のクリスマスイブにはいったいどんな意味が込められているのでしょうか。 クリスマスイブはクリスマスの前日という認識をされている方もいるでしょう。 しかし正確にはそうではないようです。 キリスト教のユダヤ暦では日没=日付の変わり目としています。 つまりクリスマスイブにすでにクリスマスが始まっているのです。 そのため教会でもイブの夕方からミサを行っているのですね。 日本では12月24日、25日の過ごし方にはあまり差はないかもしれませんが、アメリカでは夕方から教会へ出かけるのがポピュラーな過ごし方だそうです。 また、日本ではカップルで過ごすことが多いようですが、アメリカでは恋人がいても家族優先で過ごすとされています。 クリスマスの時期の挨拶としてよく使われる「メリークリスマス」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。 メリー・クリスマスは英語で「Merry Christmas」と言います。 「I wish you a merry Christmas! 」「We wish you a merry Christmas! 」の略であり、merryには「陽気な」「楽しい」という意味があります。 つまり「楽しいクリスマスを! 」という意味です。 日本ではクリスマスイブやクリスマス当日に「メリークリスマス」の挨拶をしますが、欧米では11月の終わりごろから別れ際の挨拶としても使われるようです。 またアメリカでは「メリークリスマス」が一般的ですが、イギリスでは「ハッピークリスマス」という言葉をよく使うようです。 有名なハリー・ポッターのなかにも「ハッピークリスマス」という言葉が登場しますね。 ただし最近のアメリカでは 「メリークリスマス」よりも「ハッピーホリデイズ」という言葉が主流です。 アメリカは移民国家のため、キリスト教以外の宗教の人も多く住んでいます。 相手がキリスト教徒ではないことも多く、どの宗教を信仰する人に対しても使える「ハッピーホリデイズ」がクリスマスカードなどに使う言葉としても一般的になってきているそうです。 クリスマスといえば、ツリーを飾るのが一般的ですよね。 ではクリスマスツリーを飾る習慣はいったいどこから始まったのでしょうか。 実はクリスマスツリーは、キリスト教とは関係はなく、北欧で暮らしていた古代ゲルマン民族の冬のお祭りからきているといわれています。 8世紀ごろのこと、北欧の厳しい寒さにも強いかしの木は「永遠の命の象徴」と称され、もみの木に宿る小人が村に幸せを運んでくれるという信仰が広まったことがはじまりだといわれています。 かしの木を飾りつけることで幸せを運ぶ小人がその気にとどまり、力を与えてくれるとされていました。 やがて、ゲルマン民族はキリスト教に改宗されていきます。 その際にキリスト教と大きく関わりのあるもみの木が、樫木のかわりになったそうです。 もみの木は三角形の形をしており、キリスト教の信仰である三位一体を表しているため、こちらが採用されたという流れがあります。 では彼はいったいどこからやってきたのでしょうか。 サンタクロースの起源は4世紀ごろ、現在のトルコの司祭だった「聖ニコラス」がモデルだといわれています。 彼はとても裕福な家で育ちましたが、一方で貧しい人を助け、自分の持っているものを与えていたそうです。 ニコラウスの近所には大変貧しい家族が住んでいました。 娘が3人おり、彼女たちは結婚を望んでいましたが、家が貧しいゆえにこのままでは娼婦にならなければいけないという状況にいました。 ニコラウスはその話を耳にし、ある夜に貧しい一家の家の煙突から金貨を投げ入れました。 その金貨が暖炉の近くにあった靴下の中に入り、娘たちはそのお金で救われた…という伝説があるそうです。 「聖ニコラウス」が「サンタ・クロース」となり、そこから煙突から入ったり、靴下にこっそりプレゼントを入れたりという有名なエピソードが伝わったんですね。

次の

エイジア エンジニア 一人のメリークリスマス 歌詞

メリー クリスマス イブ

私、ディズニーか何かのアニメで見たクリスマスのこんな飴ちゃん(キャンディーケーン)がほしかったんですよ。 そしたら次の日、英語のお手紙が入っておりまして。 読めないので親のところにもってったら、 「『今年はコレがなかったから、別のでごめんね』って書いてあるよ」 と言われて。 まぁサンタさんがないって言うなら仕方ない。 それより、サンタさんが手紙かいてくれた!!!という事実が嬉しくて(今思いだすと、アレはどう考えても父の字なんだけど)学校でサンタいない派のクラスメイトに見せまくった思い出があります。 わりとアバウトな絵を描きましたが、どうにかつながってくれそうです。 それにしてもブリッジを長く結うのは難しいですね。 長さがたまに左右で違ってたりするのでドキドキします(笑) 写真はヨレヨレしてますが、三つ葉とかの植物っぽいモチーフをたくさん入れてみたり。 更に外側の枠にはオリーブなどをモチーフにした柄を入れていく予定です。 まずは一周繋げなくちゃ!!先はながいな!! それではみなさんも、心穏やかなクリスマスをお過ごしください。 私の今年のクリスマスの予定は、エアコン業者とランデブーです。

次の