ペルソナ 5 スクランブル クリア 後。 【ペルソナ5スクランブル】終盤やクリア後の効率のいい経験値稼ぎの方法まとめ【P5S 攻略】│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【ペルソナ5S スクランブル】クリア後の感想と評価。これは無双じゃなくてペルソナだ!【イマイチな所と良かった所】

ペルソナ 5 スクランブル クリア 後

良かった点 1, しっかりとペルソナになっている 冒頭でも書きましたが、「ペルソナ無双」にはなっていません。 基本的に 戦闘はシンボルエンカウント方式 敵に接触して戦闘が始まる になっており、戦闘中にはペルソナスキルの使用や総攻撃といったシステムを入れることで体感的にはしっかりとペルソナになっています。 ジェイル ダンジョン 内をギミックを解きながら探索するのも過去作のような印象を受けます。 また戦闘以外では今までの作品のように訪れる街の探索やBANDイベント 絆イベントのようなもの もあります。 こちらでは仲間との会話やご当地の名産を買う等で楽しむことができます。 2, 戦略性を盛り込んだアクションが面白い 難易度が上がる程 敵の弱点とこちらのキャラやペルソナの相性を考えて効果的な手段を探す、無心で敵を殴るだけではないアクションが面白いです。 ペルソナスキルを使う際 上画像 は周りの動きが全て止まります。 このシステムのおかげで上手くアクションと戦略性を両立できているなと感じます。 またこのシステムは アクションな苦手な方にもおすすめできる理由になります。 歯ごたえのある戦闘をしたい方は2周目からになってしまいますが特定条件で解放される難易度でプレイすると強敵と戦うことも可能です。 3, とにかくかっこいい・スタイリッシュ これもペルソナシリーズ恒例ですが 本作もしっかりかっこいい・スタイリッシュです。 特にメニュー画面は何か選択する度にキャラが動いてかっこよく表示されるのでかなり手が込んでいるなと感じます。 実際は少なくはないのでしょうがこのシステムのせいで少なく感じてしまいます。 過去作では好感度によってキャラクターと特別な関係を築くことができましたが今作ではできません。 また前作で特別な関係になれたキャラでも今作では会話すらできないキャラもいてこれが残念に感じるプレイヤーも多いかと思います。

次の

【ペルソナ5スクランブル】クリア後の要素と周回プレイについて│きまぐれゲームプレイ日記

ペルソナ 5 スクランブル クリア 後

*注意!この記事は本作のネタバレを存分に含みます。 オッス!超ゲーマーMEXISSだ!!!! ペルソナ5スクランブルをクリアしましたーーーー!!! ペルソナ5Sクリアしてしまった・・・。 なんだかiPhoneのSiriと話しをしたくなりました・・w この作品を「無双だから抵抗感がある」という人に対して猫ガナ風に言いたい。 結論から言うとペルソナ5をクリアして楽しめた人は、 この作品をプレイしないのはもったいない。 特に、怪盗団が好きだったり物語に惹かれた人はなおさらね! 今回はペルソナ5Sをクリアして感じた いまいちなポイントと良かったポイント をまとめました! 関連作である• ペルソナ5• ペルソナ5R この2つをプレイしたプレイヤーの目線で書きます。 ペルソナ5Sのいまいちだったポイント 前作の用語をバリバリ使う 今作では、前作にあたる ペルソナ5の用語や出来事を遠慮なく語ります。 そのため、 「今作で初めてペルソナをプレイした人は話が頭に入ってこないだろうな~」って感じれられる場面が多かった。 「そもそも心の怪盗団ってなんだ?」• 「こいつらはどうやって仲間になったんだ? 」• 「シャドウとかシドーってなんやねん」 前作のあらすじや経緯とかはまったく語られない。 物語は前作をクリアしてる前提で進んでいくのです。 クリアしてる人からすればまったく気にならないけど、 ペルソナ5をプレイしてない人にオススメできない要因の1つでもある。 序盤はグラフィックが気になる 今作のグラフィックはぶっちゃけ 良くないです。 ペルソナにグラフィックを求めてる人はそこまで多くはないと思いますが、 会話シーンのキャラに目を向けると 「え?PS4なのに?」とジャギジャギ感が気になるんですよ。 左下の顔は綺麗だけどね! 決して褒められたものではないグラフィックですが中盤以降は・・・ 慣れます! ストーリーのことしか頭に入ってこなくなるし、ずっとプレイしていると脳が勝手に 「これが普通」 と認識するようになるのかもしれませんw スムーズなプレイを阻害するロードの長さ 今作で1番気になるポイントは間違いなく ロード• 街を探索してるときのエリア移動• ダンジョンを攻略してる最中のエリア移動 このエリア移動する際に必ずロードが入るのですが、これが ま~~長い! 長いだけならいいのですが、この2つのエリア移動はプレイ中に 頻繁に行うものです。 何回も繰り返される長いロードでエリア移動すること事態が面倒になっていましたw 今作のロードは長さと量のどちらも兼ね備えている。 街の探索でダッシュができない 今作の楽しみの1つでもある街の探索。 ゲーム内で再現された日本の都市を歩きまわるのはすごく楽しい。 ・・・のだが。 ダンジョンで息切れをすることもなく 全力でダッシュできるジョーカーが、現実では ジョギングしかできない! これは 「じっくり街並みを堪能して欲しい」という開発者の計らいか? 確かに、街に着いたときはゆっくり見て回りたいもの。 だけど、 1通り見終わった後の街をジョギングで移動するのは正直苦痛だった。 怪盗団は旅行中かもしれないけど、プレイヤーはゲーム中だ!w ダッシュボタンを付けてじっくり見て回るのか、快適に移動するのかは プレイヤーに選択させる方がよかったように思う。 ペルソナ5Sの良かったポイント ペルソナ5同様の濃いシナリオをテンポよく楽しめる! 今作をクリアするのに掛かった時間は 38時間。 ペルソナ5をクリアするのに掛かった時間は 100時間超え。 一見、今作のボリュームが少ないように思えてしまう。 たしかに全体的なボリュームはペルソナ5の方が上ですが、今作の ストーリーの濃さはまったく引けをとっていなかったんです。 ペルソナ5はストーリー本編とはべつにやることが多い。 コープだったり人間パラメーターだったり、メメントスだったりと。 楽しい部分でもあるけど、時間はかかるよね! 一方で今作ではそういった 時間を要する要素はほぼない。 そのため、続きが気になるストーリーをテンポよく楽しめるんだ。 ペルソナ5は期間が1年であり、今作は1ヶ月。 1ヶ月だけだけど、その分無駄な日はなく1日一日がとても濃かった。 新キャラが魅力的 新キャラで登場した 善吉と ソフィアの2人。 主人公のジョーカーを喰ってしまうレベルで目立っていたしストーリーを盛り上げてくれた。 「明智と芳澤の代わりがこの2人か~・・」 ペルソナ5Rの仲間だった2人が魅力的だったから、善吉とソフィアに対しては懐疑的だったんですよ。 クリア後には 大好きなキャラになりましたけど。 続編があるとしたら出て欲しい! 娘を持っているイケオジと妹のようなAI。 どちらも怪盗団にはいないタイプのキャラでいいアクセントになっていた。 何より、感動的なシーンをいくつも生み出してくれた。 さすがのBGMとメニュー画面 期待していた所を期待以上に作ってくれた。 ペルソナシリーズといえばBGMとメニュー画面の オシャレさも特徴のゲーム。 今作でもそのオシャレさは健在だ。 BGMは最高のオープンニングに始まり、リミックスされたBGM、オリジナルのBGM。 どれもがカッコよく、ゲームを盛り上げてくれた。 そして、メニュー画面。 このメニュー画面をデザインした人は地球人ではない。 オシャレ星人だ。 ゲーム界のメニュー画面選手権に出場したらブッチギリの優勝だろう。 ペルソナらしさ満載の戦闘 今作の開発に協力しているのは爽快感溢れる無双シリーズで有名なコーエー。 そのため、今作の戦闘でも爽快感をたのしむことができる。 ただし、常に爽快な戦闘を楽しめるわけではない。 雑魚は無双シリーズ同様に圧倒することもできるけど、 強敵ともなると、敵の体力と攻撃力が高くこちらが圧倒される。 「もはや敵の方が爽快感を感じてるんじゃね?!」と思ってしまうレベルだ。 だが、ペルソナ好きが求めているのは爽快感じゃないはず。 敵の弱点を突きつつ常に思考を巡らせる戦闘こそがペルソナらしさ。 今作はアクションゲームではあるけど、その ペルソナらしい戦闘が存分に再現されているんだ! ペルソナらしいと思えた理由はこちら。 ペルソナを使用する際には画面が止まり、何をするのかを考える時間がある。 味方とバトンタッチして敵の弱点を突くのが大事。 敵の弱点を突けば総攻撃で1網打尽にできるけど、それは敵も同じ。 何も考えずにゴリ押しプレイはできない• ペルソナ5と同様にSP管理はシビア 雑魚は爽快に強敵はしっかり考える。 無双のよさとペルソナのよさが上手く共存していた戦闘システムでした! 全国を旅する楽しさ! ペルソナ5の舞台は東京。 今作は東京・仙台・札幌・沖縄・京都・大阪が舞台。 ダンジョンの攻略だけじゃなくしっかりと街も観光するし、 ご当地の食べ物をすんごい美味しそうに食べやがるんですよ怪盗団のやつら。 深夜に何回飯テロを喰らったことかw プレイしていると怪盗団と一緒に全国を旅してる気分に浸れるんですよ。 プレイの最中に 「現実でも全国旅してぇ~~!」って思ったプレイヤーは死ぬほど多いはず。 ペルソナという作品を楽しみながらも旅行もたのしめる作品でした。 ペルソナ5Sの総合的な感想 ペルソナ5クリアして楽しかった人は 買い。 ペルソナが初めて、もしくは無双アクションに期待してる人は オススメしない。 今作は上記の通りオススメできる人とできない人を簡単に分けれます。 ペルソナ5が面白かった人が買って後悔することはないだろう。 ペルソナ5の世界観と良さをそのままに戦闘をアクション寄りに変えた 続編に違いありませんから。 ペルソナは知らないけど 「アクションだし面白そう」とプレイしてもたのしめるだろうけど、本来の面白さの60%くらいしか味わえないかもしれません。 ペルソナ5とペルソナ5Rをクリアした俺は買って良かったと心から思いました。 ペルソナ5のファンには最高のゲームだ! ~この記事が面白かったら はてブボタンを ワンプッシュ!お願いします!~ 【ペルソナ関連の記事!】 mexiss.

次の

【P5S】ペルソナ5スクランブルクリア後感想 P5の正式続編!夏だ!旅行だ!世直しだ!【ややネタバレあり】

ペルソナ 5 スクランブル クリア 後

クリア後の感想です。 仲間との再会を噛み締めるように過ごしました。 プレイ時間は58時間でした。 だからといって長い、と感じこともなく、むしろあっと言う間だったな、という感じです。 所々涙ぐみながらプレイしました。 以下感想 ジェイル ダンジョンであるジェイルは想像していたよりもかなり広く、また、パレスと違い何度も出入りすることができます。 (きちんと物語上の理由づけもしっかりしています) 高低差によるアクションやスノーボード、カート、ギミックがたくさんありきちんと練られています。 どのジェイルもパレスのように個性的で、飽きが来ず、最後まで楽しくプレイできました。 アクション コーエテクモスタッフの頑張りが出ています。 アトラススタッフの要求がかなり高かったのだろうと思われますが、ビックリするくらい原作再現です。 もしかしたら、本来はロイヤルよりも先に出すつもりだったのかもしれないですね・・・ シャドウにアタックをかけると、アクションのモードに入り、敵がわらわらと出てきます。 本編のように、カバーをしたり高低差を狙ってチャンスエンカウントを狙うと有利な状態からスタート出来ます。 クリティカルやweakを突くと相手がダウン(強敵にはダウンゲージが存在し、それを全てブレイク)すると、総攻撃をかけられるといった具合です。 さらにはシャンデリを落としたり、車を爆発させたり、身の回りにあるものを使って派手な立ち回りも出来ます。 コマンドと違い全ての攻撃が範囲攻撃になったり、先制行動という概念がないので、「速」はオート回避になっていたり アクションになったことで、魔法もテコ入れがなされています。 各メンバーのアクションもキャラクターに沿ったものになっており、ペルソナの力を借りて攻撃できたり、何かとスタイリッシュです。 特にジョーカーのアクションはよくここまで沢山のパターンを作ったなと本当におどろきました。 難易度はいつもどおり、立ち回りを理解するまではノーマルでもそれなりに難しく、油断するとすぐにやられてしまう所まで 原作再現です。 育成・やりこみ コープがないので、ペルソナの強化は合体や、バトルの報酬でペルソナを得たときもらえるポイントで強化していくのですが、 これを稼ぐのがなかなか大変です。 合体するペルソナの素材もレベルが一定以上必要と条件があり、余計にペルソナポイントの出費がかさみます。 同様にレベル上げもロイヤルと比較するとかなりしんどいです。 二週目でもレベルを引き継げるようですが。 クエストに関しては種類が多いものの、ストーリーの進行を妨げないようにするためか、パターンはやや少なめです。 ストーリー、キャラクター 本編の後日談ということで、もう一度彼らに会えればなんでもいいやくらいの気持ちだったのですが ストーリーもかなり作り込んでいます。 100点満点中150点くらいです。 ペルソナは弱っちくなっても、怪盗団の強さは健在でした。 どんなことがあっても自由を求め、前へと進んでいく怪盗団らしさをこれでもというほど見せてくれました。 新キャラのソフィア、善吉もそんな怪盗団に感化され変わっていきます。 善吉は大切なものを守れず、後悔と諦めの日々から、今あるものを守る為前に進んでいきます。 ソフィアは自分に心を理解して、自分の意思を獲得していきます。 特に善吉がある人物に怪盗団の強さを説くシーンや、ソフィアのラストシーンは素晴らしかったです。 ジェイルの王たちも、パレスの悪党とも違い、コンプレックスだったり、挫折や失敗といったトラウマから再生する人間らしい意思を見せつけてくれます。 ペルソナらしい、意思と自由の物語でした。 ペルソナ5を楽しくプレイ出来た人は、必ず買いだと思います。 素敵な夏休みをありがとう。 2周目に突入します。 オタカラBOXを買ったものの、 ゲームは「どうせただのペルソナ無双だろ?」と大して期待していませんでしたが、 その期待はいい意味で裏切られました! しっかりペルソナ5していて、「ペルソナ7:無双3」くらいでしょうか? ペルソナ5の世界観を最大限に活かしつつ、無双もできてます。 ストーリーがとても楽しかったです。 ちなみにバトルの難易度は「EASY」でも難しいです。 下手なので、何度も死にました。 できれば「セーフティ」がほしかったです。 あと、残念なのは、ペルソナが少ないことです。 ペルソナ5の半分くらいに減っています。 攻略のお世話になった「シヴァ」も「ヴィシュヌ」も そして「サタナエル」もいないっぽいです。 それだけが残念でした。 まあ、ソフィアがメチャクチャ可愛いので、 残念な点はすべて許せてしまいますがw P5Sクリアしたけどすげえな… ドラクエとかの無双はやった後の感じが、ガワがドラクエの無双でしたって感じなのに、P5Sは戦闘だけアクションのペルソナやってる感じしかしないし、そのアクションもしっかりペルソナしててなんだこれすげえ面白いぞっていう感想しかない。 P5S感想 シナリオに絶対悪は約1名以外存在せず、人間の弱さと感情を上手くまとめて展開していたと思う。 ラストも良かったと思います。 新キャラのソフィアと善吉も好きになりました。 とても面白く、満足度の高いゲームだと感じました😋😋 — アルファギア arufagia 感想諸々。 ・コーエーだけど無双じゃないアクションRPG ・SP回復できんとしんどいからルブランカレーは偉大 ・大正義ヨシツネ ・ムド料理?を受け継ぎし者現る ・ソフィー可愛い😊ご利用サンクス ・ちゃんと続編してるから前作やるとキャラに感情移入できる 楽しい旅でした!! — モイモイ gangeesnp ペルソナ5s。 やっとクリアしますた。 やり込んではいないのですが、個人的には楽しめたな。 面白かった。

次の