アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー おすすめ。 【楽天市場】ヨーグルトメーカー IYM

アイリスオーヤマの口コミとおすすめヨーグルトメーカー

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー おすすめ

今回のレビューでは、飲むヨーグルトばかり作っています。 「飲むヨーグルト」が作れる&自動メニュー搭載でますます便利に 健康のためにヨーグルトを毎日食べるといいのはわかっているけれど、忙しい朝などは、器に移してスプーンでゆっくり食べる時間はありません。 そんな時でも手軽に飲めるのが、飲むヨーグルト。 市販の飲むヨーグルトには砂糖がたっぷり含まれたものが多いので、習慣的に飲むにはカロリーや糖質が気になりますが、「KYM-013」で手作りすれば、好みに合わせて甘さを調整できるので安心です。 また、「KYM-013」の進化点は、飲むヨーグルトを作れるようになったことだけではありません。 「プレーン」「カスピ海」「甘酒」「塩麹」「飲むヨーグルト(500ml)」「飲むヨーグルト(1,000ml)」という6つの自動メニューが搭載され、それぞれスイッチひとつで切り替えて作れるようになりました。 違うのは、プレーンヨーグルトは材料を常温に戻してから調理することが推奨されているのに対し、飲むヨーグルトは材料が冷えた状態で使用すること。 また、飲むヨーグルトの調理には必ず牛乳パックを使用します。 最初、飲み口がキャップタイプの牛乳パックで作ってみました。 キャップタイプならスターターを入れた後にふたを閉めて振ればしっかり混ざるから、混ぜ棒要らず! と思ったのですが…… 8時間後、できあがったのはゆるめのプレーンヨーグルト。 なぜ? 再びチャレンジしても同様の結果だったのですが、レシピを見ても取扱説明書を見ても、理由がわからない。 理由がわかってひと安心です。 メーカーに理由を聞いてみたところ、「飲むヨーグルト」モードは厳密な温度管理が必要なため、通常の牛乳パックとは大きさと容量が微妙に違うキャップ付きの牛乳は使用できないのだそう。 ちなみに、冷えた材料を使用することも、保温スタート時の温度をある程度一定にすることで、失敗のリスクを減らすという目的があるそうです。 「飲むヨーグルト」は、酸味がひかえめでまろやかな仕上がり 改めて、飲むヨーグルトを作りましょう。 飲み口がキャップタイプでないパックの牛乳と、スターターとなるドリンクタイプのヨーグルト。 自動メニューのおかげで、温度や時間の設定は不要。 とろみやのどごしはよく知っている「飲むヨーグルト」そのものなのですが、ヨーグルト特有の酸味は弱いような。 砂糖や香料で調味されている市販の飲むヨーグルトに慣れているせいかもしれません。 とてもまろやかで、ヨーグルトが苦手な人でもゴクゴクいけそうなやさしい味です。 メーカーによると、たしかに「KYM-013」で作る飲むヨーグルトは酸味が少し弱く、牛乳感が強めになる傾向が強いそう。 「牧場などで販売されているまろやかでとろみの強いヨーグルトを目指しています」とのこと。 なお、スターターとして使用するヨーグルトの種類によって、仕上がりは多少変わるそうです。 1LにR1のドリンクタイプ(加糖)、グラニュー糖15gでほんのり甘いくらいです。 このくらいの甘みであれば、そのまま飲んでもいいし、味に変化をつけたい場合はジャムやフツーツビネガー(とろみが増します)を加えても甘くなりすぎないのでおすすめ ちなみに、フルーツビネガーは「KYM-013」のおまかせモードで作ったもの。 飲み口がキャップタイプでないパックに入った豆乳が見つからなかったので、空の牛乳パック(500ml)に豆乳を入れ替えて作ります プレーンの飲むヨーグルトと同じ要領で材料を混ぜ、「飲むヨーグルト500ml」で8時間保温。 これはこれでおいしいんだけれども 当然、ほかのヨーグルトメーカーでは「飲むヨーグルト」は作れない 「どうせ、ゆるいヨーグルトができるんだろうな」と思いつつ、やらずにはいられなかったのが、ほかのヨーグルトメーカーで飲むヨーグルトは作れないのか? という検証。 容量によって加熱温度を微調整する必要があるくらいですから、失敗して当然です。 「飲むヨーグルト」調理の温度管理の難しさを実感しつつ、これはこれでおいしくいただきました まとめ これまで、飲むヨーグルトを自宅で作る方法は、「プレーンヨーグルトに水と砂糖を加えてミキサーなどでかくはんする」というのが一般的でしたが、「KYM-013」はスイッチひとつ、しかも牛乳パックのまま作れるので、より手軽に自宅で手作りの飲むヨーグルトを楽しめるようになります。 「健康のためにヨーグルトメーカーを買っても、結局あんまり食べなくなりそう」という方でも、手軽に摂れる飲むヨーグルトなら、3日坊主にならずに「ヨーグルト健康法」を続けられるのではないでしょうか。 「飲むヨーグルト」モードについては、本当に温度管理が重要、かつ難しいようです。 そのため、使用できるパックの形状が限られていたり(といっても、ごく一般的なものを使えばいいだけなのですが)、豆乳での調理はできなかったりと、まだアレンジを楽しむというところまではきていませんが、今後、とろみや酸味の調整などのアレンジができるようになればうれしいなと思います。 その他の機能面では、自動メニューが搭載されたことで、格段に使い勝手が向上しました。 最近は多機能なヨーグルトメーカーが続々と発売され人気を博していますが、作れるメニューの幅が広がった分、調理のたびにレシピを開いて温度と時間を確認したり、設定ボタンを何度も押すのは少々手間。 自動メニューの搭載によってその手間が軽減されるのは、ヨーグルトメーカーを頻繁に使用する人ほどうれしいと思います。 もともと、「IYM-012」の大ヒットによってヨーグルトメーカー市場で強い存在感をしめしていたアイリスオーヤマですが、「KYM-013」の発売によって、ヨーグルトメーカー市場において他メーカーを1歩リードする存在になったのではないでしょうか。

次の

アイリスオーヤマの口コミとおすすめヨーグルトメーカー

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー おすすめ

作り方• 乾燥大豆をよく洗い、たっぷりの水 豆の3〜4倍 に一晩浸す。 1の水を捨て、圧力鍋に豆が隠れるくらいの水をいれ沸騰させ、アクをすくい、蓋を閉め、高圧に達してから、20分煮る。 米麹と塩を袋に入れ、米麹を一粒ずつほぐす。 2の煮汁を200mL別の容器にとる。 熱いうちに、水気を切った大豆をフードプロセッサーでペースト状にすりつぶす。 消毒した専用容器に3の米麹・塩、煮汁(200mL)、ペースト状の大豆を入れよくかき混ぜる。 出来上がったら、密閉容器に入れ、空気が入らないようラップをかぶせ冷蔵庫で保存する。 白身魚の自家製西京焼き 西京味噌で 作り方• 乾燥大豆をよく洗い、たっぷりの水(豆の3〜4倍)に一晩浸す。 1の水を捨て、圧力鍋に豆が隠れるくらいの水をいれ沸騰させ、アクをすくい、ふたを閉め、 高圧に達してから20分煮る。 牛乳パックの注ぎ口をハサミで切る。 2の豆が熱いうちに、納豆と混ぜ合わせ、消毒した牛乳パックに入れる。 4の牛乳パックの口を開けたまま、ふきんをのせ、外ぶたをずらして乗せる。 冷蔵庫で2〜3日寝かせると食べごろ。 Point! 牛乳パックを使用すると、そのまま捨てることができ便利です。

次の

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー おすすめ

IYM-013 KYM-013 サイズ (横幅x奥行x高さ) 15. 4cm 15. 4cm 重さ 約630g 約630g コード 約2. 0m 約2. 0 15. 4 15. 4 15. 4 15. 4 重さ 約760g 約630g 約630g 約630g 約630g コード 約1. 3m 約2. 0m 約2. 0m 約2. 0m 約2. 0m 自動メニュー — のむヨーグルト プレーンヨーグルト カスピ海ヨーグルト 甘酒 塩麹 のむヨーグルト プレーンヨーグルト カスピ海ヨーグルト 甘酒 塩麹 プレーンヨーグルト 甘酒 プレーンヨーグルト カスピ海ヨーグルト 甘酒 塩麹 付属品 容器 計量スプーン 牛乳パック用ふた 水切りカップ 容器x2 計量スプーン 牛乳パック用クリップ 水切りカップ 混ぜ棒 容器 計量スプーン 牛乳パック用クリップ 水切りカップ 混ぜ棒 容器 計量スプーン 牛乳パック用クリップ 水切りカップ 容器 計量スプーン 牛乳パック用クリップ 水切りカップ カラー ホワイト ホワイト ホワイト ミント ホワイト ホワイト• サイズの若干の変更• 重さはIYM-013以降は軽くなる• コード長さがIYM-013以降が長くなる• IYM-013以降は自動メニュー機能が追加• IYM-013、KYM-013は「のむヨーグルト」の自動メニューあり• IYM-014の自動メニューは2つ(プレーンヨーグルト・甘酒)• KYM-014の自動メニューは4つ(プレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・甘酒・塩麹)• IYM-013のみ容器2ヶ付属• IYM-013、KYM-013は混ぜ棒が付属• IYM-012のみ牛乳パック用ふたが付属(他機種は牛乳パック用クリップ)• KYM-013のみ2つのカラーがある 箇条書きにすると、このような違いになります。 5 〇 だいたいは40度で8時間発酵ということなんだけど、楽しくなってきて種菌にするヨーグルトを何にするか?この菌は何度が好きなのか?何時間発酵させるのか?添加するのは煮沸した砂糖か、ガムシロか?バニラビーンズを入れるにはどうするか?調べたり学んだり一日中ヨーグルトのことばかり考えてしまう楽しさが待っています。 買ってきた高級なヨーグルトを倍に増やしていけるお得感もあります(オリジナルのクオリティには敵わないけど)R1や岩泉ヨーグルト増やすのが楽しい。 迷ってるなら買った方がいいです。 〇家族がアレルギー体質なので、ヨーグルトを毎日食べさせようと色々調べたらこちらを見つけました。 牛乳パック事入れて作れるなんて凄く便利。 かき混ぜるスプーンや牛乳パックのキャップも付いててこのお値段なのでとてもお得です。 キャップはただ乗せてるだけなのでゆるいです。 なので冷蔵庫に入れる時には大きめのクリップで止めておきます。 〇冬はインフルエンザ対策、春は花粉症対策に飲むヨーグルトを毎日家族に飲ませます。 某メーカーさんの飲むヨーグルトを購入すると1人1日約130円かかるので、こちらのヨーグルトメーカーを購入しました。 飲むヨーグルトを作るには温度や時間の調整が必要ですが美味しく出来上がります。 経済的にも助かっています。 〇ちょっとお高めのヨーグルトもお得に量産できます。 買って良かったです。 〇花粉症対策 腸内環境改善 に毎日ヨーグルトを摂りたくて購入。 飲むヨーグルトと、プレーンヨーグルトを作りました。 どちらも簡単にできて大満足です。 ともに牛乳パックで作りましたが、プレーンヨーグルトは食べる度容器から専用スプーンですくうのが面倒 牛乳パックの口で手が汚れる ので付属の容器で作るか、熱湯消毒してうつしかえるといいかもと思いました。 5 〇温度調節出来るので、使い方は無限にひろがりました。 〇血糖値が高く(250以上)通院での薬治療でもあまり下がりませんでした。 そこで毎食後カスピ海ヨーグルトを飲むために購入しました。 飲み始めてすぐ効果あり約半分(120前後)の血糖値で安定しています。 この商品は私の血糖値コントロールと便秘対策には必要です。 〇自動メニューで、プレーンヨーグルトは失敗なく作れるのですが、カスピ海ヨーグルトは賞味期限が近いヨーグルトを種菌に使うとうまくできないことがあります。 ただ手動で28度にして1~2時間追加すると出来ていることもあります。 スプーンがヨーグルトの重みでぶれやすく、牛乳パックに入れにくいので、少々不器用でも入れやすいように柄がもう少し安定していたら良かったと思いました。 5 〇 1年間使用して、不足ありません!使わないとレビューが書けないと思い様子を見ていましたが、あっという間に時が経ってしまいました。 作っているのは、ヨーグルト数種類、塩麹、醤油麹、天然酵母起こしと甘酒です。 ヘビーローテーションです。 付属品の容器と長いスプーンも大活躍中です。 スプーンは常に熱湯消毒をしていますが、変形していません。 容器は底に耐熱使用表記がないので、アルコールで消毒しています。 親戚達も購入しました。 年配でPCができないため、使用注意点とレシピ等は私の方から伝えました。 各々問題なく使用し、満足しています。 牛乳パックでヨーグルト作りはコストパフォーマンスが良いです。 但し、取り出しには工夫が必要です。 最後に残ったヨーグルトはパックの一片をハサミで切り開き、ゴムベラで側面と底についているのをかき出します。 良い商品をありがとうございます! 〇ヨーグルトも甘酒も塩麹も市販のものを購入してましたが、かなりの無駄をしてしまいました。 簡単便利なヨーグルトメーカーです。 もう手放せません。 〇パックで作れ、容器の煮沸消毒をしなくても良いので、簡単でした。

次の